So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等) ブログトップ
前の5件 | -

産地をめぐりあじわう1日「政所茶秋まつりin奥永源寺」へ行ってきました〔滋賀県東近江市〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

政所茶生産振興会が主催した「政所茶秋まつりin奥永源寺」が2018年10月21日(日曜日)、二つの会場で行われました。

s_181021政所茶秋まつり06.JPG
~ 「政所茶秋まつりin奥永源寺」のチラシ。

産地をめぐりあじわう1日「政所茶秋まつりin奥永源寺」で企画されたイベントは、道の駅「奥永源寺渓流の里」における政所茶喫茶、茶葉の直売会など、そして政所茶の産地をめぐるツアーです。






さて、2018年10月21日(日曜日)午前9時20分頃、産地をめぐるツアーの集合場所である政所茶縁の会(滋賀県東近江市政所町966)へ行ってきました。

s_181021政所茶産地をめぐるツアー01、政所茶縁の会.JPG
~ 政所茶縁の会がある建物、政所茶生産振興会の事務局にもなっています。

午前9時30分から始まった産地をめぐるツアーの案内役は、政所茶縁の会代表で政所茶生産振興会事務局も兼ねる山県蓮さんと玉露生産者の福井さんです。

政所茶縁の会を後に、御池川にかかる政所橋を渡って急坂横にある茶畑へ向かいました。

s_181021政所茶産地をめぐるツアー03.JPG

s_181021政所茶産地をめぐるツアー08.JPG
~ 坂の上から茶畑と御池川にかかる政所橋を見る。

s_181021政所茶産地をめぐるツアー05、茶畑(滋賀県立大学栽培).JPG
~ ススキが敷かれた茶畑は、畝仕立てではなく株仕立てです。

三番新芽が出ていました。

s_181021政所茶産地をめぐるツアー07、三番新芽.JPG

急な坂道をさらに上り、推定樹齢300年の滋賀県指定自然記念物「政所の茶樹」へと向かいました。

s_181021政所茶産地をめぐるツアー12.JPG
~ 推定樹齢300年の「政所の茶樹」は、毎冬の積雪で押しつぶされるために枝が横に広がっていました。

次に訪れたのは、佐藤製茶工場(現在休止中)です。

s_181021政所茶産地をめぐるツアー18.JPG
~ 給葉機・蒸機。

佐藤製茶工場にある粗揉機・中揉機・精揉機・乾燥機などの製茶機械はいずれもレトロなもので、とても興味深く見学しました。

産地をめぐるツアーが終わると、道の駅「奥永源寺渓流の里」で政所茶と政所だんごのセットをいただきました、甘楽茶楽タイム。

s_181021政所茶秋まつり01、政所茶喫茶.JPG

s_181021政所茶秋まつり03.JPG







nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「政所茶(まんどころちゃ)」の茶畑へ行ってきました〔滋賀県東近江市政所町〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

2018年10月15日(月曜日)の午後0時10分頃、「政所茶」産地の滋賀県東近江市政所町(まんどころちょう)へ行ってきました。

s_181015政所町茶園①.JPG
~ 愛知川(えちがわ)上流の御池川に架かる橋より対岸の茶畑を見る。

s_181015政所町茶園②.JPG

東近江市の奥永源寺地域にある7集落※で生産されている「政所茶」の起源は、リーフレット「近江・奥永源寺 政所茶」(道の駅「奥永源寺渓流の里」発行)を参照すると、室町時代にまで遡るそうです。

※7つの集落:蓼畑町・杠葉尾町・黄和田町・政所町・箕川町・蛭谷町・君ヶ畑町。






さて、愛知川上流の御池川沿いの急斜面にある「政所茶」の茶畑で農薬を使わないで栽培されている茶樹はほとんどが在来種だそうです。

s_181015政所町茶園⑪.JPG
~ ススキが敷かれている斜面にある茶畑。

茶畑の横の急な坂道を上ります。

s_181015政所町茶園③.JPG

s_181015政所町茶園⑤.JPG

s_181015政所町茶園⑥.JPG

上ってきた坂道を振り返ると、「政所茶」の畑が見下ろせます。

s_181015政所町茶園⑧.JPG

三重県境に近い政所町は冬期、多いところで1メートル以上の雪が積もるそうです。






nice!(83)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

道の駅「奥永源寺渓流の里」へ行ってきました〔政所茶・政所番茶〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

2018年10月15日(月曜日)の午前11時20分頃に、滋賀県東近江市蓼畑町(たてはたちょう)にある道の駅「奥永源寺渓流の里」へ行ってきました。

s_181015道の駅奥永源寺渓流の里①、全景.JPG
~ 廃校を利用した道の駅「奥永源寺渓流の里」。

道の駅「奥永源寺渓流の里」は、2003年(平成15年)に閉校した旧政所(まんどころ)中学校の校舎を活用して2015年10月10日にオープンした道の駅です。

同駅は、道の駅としての3つの機能(休憩機能・情報発信機能・地域連携機能)だけでなく、市役所の出張所、診療所があり、防災機能、医療機能、行政機能を兼ね備えています。

s_181015道の駅奥永源寺渓流の里③、直売所.JPG
~ 道の駅「奥永源寺渓流の里」の直売所。






さて、道の駅「奥永源寺渓流の里」の直売所には、室町時代から守り継がれてきたという「政所茶(まんどころちゃ)」のコーナーがありました。

s_181015道の駅奥永源寺渓流の里④、政所茶コーナー.JPG

昨年2017年12月8日に利用した時よりも政所番茶(または政所平番茶)の種類が増えていました。

s_181015道の駅奥永源寺渓流の里⑤、箕番.JPG

政所番茶(または政所平番茶)は、足助の寒茶(愛知県豊田市足助町)、郡上番茶(岐阜県郡上市白鳥町)と同様に揉んでない茶葉です。

s_161209足助めぐり55、三州足助屋敷(足助の寒茶).JPG
~ 足助の寒茶。

s_181012道の駅白尾ふれあいパーク②、お茶の葉.JPG
~ 郡上番茶。

☆ 道の駅「奥永源寺渓流の里」(滋賀県東近江市蓼畑町510)
☆ 2018年10月15日(月曜日)午前11時20分頃利用






nice!(76)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

沼波弄山翁生誕三百年企画展「萬古の粋」、「ばんこの里会館」で2018年12月28日まで開催中 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

三重県四日市市陶栄町にある「ばんこの里会館」において2018年12月28日(金曜日)まで、

沼波弄山翁 生誕三百年企画展 萬古焼の粋

が開催されています。

・展覧会名:沼波弄山翁生誕三百年企画展「萬古焼の粋」
・会期  :2018年9月29日(土曜日)~12月28日(金曜日)
・時間  :午前10時~午後5時(入場は午後4時半まで)
・休館日 :月曜日(ただし祝日は開館)
・入場料 :500円(中学生以下は無料)

s_181004ばんこの里会館04.JPG
~ 企画展会場は「ばんこの里会館」3階多目的ホール(三重県四日市市陶栄町4-8)。






さて、2018年10月4日(木曜日)午後1時35分頃、萬古陶磁器振興協同組合連合会が運営する「ばんこの里会館」へ行ってきました。

s_181004ばんこの里会館01.JPG
~ 「ばんこの里会館」は、近鉄名古屋線の川原町駅から歩いて5分ほどです。

沼波弄山(ぬなみろうざん)翁は、江戸時代中期に萬古焼を立ち上げた萬古焼の陶祖として知られています。

s_181004ばんこの里会館05.JPG

それでは、企画展「萬古の粋」で撮った写真の一部をご覧ください(写真撮影OK、SNS投稿歓迎)。

s_181004ばんこの里会館07.JPG
~ 「茶の空間-萬古焼による茶のしつらえ」。

s_181004ばんこの里会館19.JPG
~ 「お茶の時間-名工たちによる白泥・紫泥の急須」コーナー。

s_181004ばんこの里会館12、型萬古白泥色絵花蝶文急須(明治).JPG
~ 型萬古白泥色絵花蝶文急須(明治)。

s_181004ばんこの里会館14、型萬古の木型.JPG
~ 型萬古の木型。

s_181004ばんこの里会館15、紫泥縞手急須.JPG
~ 紫泥縞手急須。

らせん階段の壁側に特設された展示ケースに急須が展示されているほか、1階にも関連展示が行われていました。






nice!(81)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「氷砂糖資料館」へ行ってきました〔中日本氷糖南濃工場併設、岐阜県海津市南濃町〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

「氷砂糖資料館」は、馬印の氷砂糖で知られる中日本氷糖株式会社(本社:名古屋市中川区)の南濃工場(岐阜県海津市南濃町)に併設されています。

s_181004中日本氷糖南濃工場02.JPG

事前に電話またはインターネットで予約をすれば、中日本氷糖南濃工場と氷砂糖資料館の見学ができます。工場見学の内容・申込方法・予約状況など、「氷砂糖資料館」の開館時間・閉館日などにつきましては、中日本氷糖のホームページでご確認ください。






さて、2018年10月4日(木曜日)の午前9時50分頃に、事前にインターネット予約をして、中日本氷糖南濃工場を訪れました。

s_181004養老鉄道美濃津屋駅.JPG
~ 大垣駅午前9時8分発の養老鉄道「桑名行き」に乗車、午前9時36分に美濃津屋駅に到着。写真は、美濃津屋駅を発車した「桑名行き」。

s_181004中日本氷糖南濃工場01.JPG
~ 美濃津屋駅から15分ほど歩くと、中日本氷糖南濃工場に着きました。

午前10時から始まった中日本氷糖南濃工場の見学内容は、クリスタル氷糖製造ライン(4階)、袋入り原料の解袋ライン(3階)、氷砂糖の包装ライン(2階)などの見学でした。

s_181004中日本氷糖南濃工場03.JPG
~ (左から)シード(種になる小さな氷砂糖)、十六面体の結晶のクリスタル、ひと粒ひと粒の形が違う自然結晶タイプのロック。

工場見学に続いて、「氷砂糖資料館」の見学です。

s_181004中日本氷糖南濃工場04、氷砂糖資料館.JPG

工場から「氷砂糖資料館」までの通路には、氷砂糖製造の機械などが展示されています。

s_181004中日本氷糖南濃工場05、唐時代の氷砂糖製造模型.JPG
~ 唐時代の氷砂糖製造模型。

s_181004中日本氷糖南濃工場07.JPG
~ クリスタル氷糖製造機。

s_181004中日本氷糖南濃工場08、氷砂糖資料館.JPG
~ 「氷砂糖資料館」の入館料は、大人300円、学生(小・中・高)100円。事務所で受付時に支払ます。

s_181004中日本氷糖南濃工場18.JPG
~ 「意外に少ない日本の一人あたりの砂糖消費量」。

s_181004中日本氷糖南濃工場16.JPG
~ 結晶室「ムロ」の変遷コーナーに展示されていた結晶を育てる皿。

s_181004中日本氷糖南濃工場09、12種類の砂糖の仲間たち.JPG
~ 「12種類の砂糖の仲間たち」(三温糖・粉砂糖・白ざら糖・グラニュー糖・角砂糖・液糖・氷砂糖・コーヒーシュガー・上白糖・黒砂糖・顆粒等・中ざら糖)。

「氷砂糖資料館」の見学が終わると、おみやげをいただきました。

☆ 中日本氷糖南濃工場と「氷砂糖資料館」
 (岐阜県海津市南濃町津屋2812-100)
☆ 2018年10月4日(木曜日)午前10時~11時10分頃






nice!(78)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等) ブログトップ