So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等) ブログトップ
前の5件 | -

「山県市ふるさと栗祭り2018」が9月30日(日曜日)に開かれます〔於:四国山香りの森公園〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

2018年9月14日 (金曜日)午後0時10分頃、岐阜市の北隣にある山県市(やまがたし)大桑にある香りをテーマにした公園「四国山香りの森公園」へ行ってきました。

s_180914四国山香りの森公園①.JPG
~ 左の白色の建物が香りをテーマにした体験教室などが開かれている「香り会館」、右側の建物がティハウス「ハーブブレンド」です。

山県市は利平栗発祥の地で、「四国山香りの森公園」に利平栗発祥の地の石碑があります。

s_180914四国山香りの森公園③.JPG






さて、石碑の隣に「利平ぐりの由来」 についての説明があります。

s_180914四国山香りの森公園④.JPG

「利平ぐり」は、山県市大桑の土田健吉さんが天津甘ぐり系の品種と 「大桑大粒」を交配させて育てた品種です。昭和二十五年に土田家の家名 「利平治」をとって 「利平ぐり」と名づけました。

昭和初年健吉さんの祖父利平治さんが実生の中に大粒の見事な栗を発見した。健吉さんは祖父のすすめもあって、この栗を接木によって改良し 「大桑大粒」と名づけ、近隣にも普及したが天津甘栗の輸入により、販路をおさえられるようになった。

健吉さんは、品種改良に意欲をもやし、自家園で直播、接木とあらゆる手段で研究を重ねた結果、昭和十五年中国系の栗が見事に結実した。以後育成過程をするどい観察力でみつめ、品種を固定させて、昭和二十二年県へ報告し、農林水産大臣により二十五年農産種苗法登録第六号として認定されました。


山県市ホームページの市長の部屋に掲載された2018年9月11日付のメッセージ「山県市の名産、利平栗の季節がやってきました!」を参照すると、山県市名産品の利平栗について次の説明が載っています。

通常の栗に比べ甘みが強く大粒で丸みを帯びており、鬼皮の果頂部にうっすらと毛が生えているのが特徴です。生産が難しいため「幻の和栗」と称され、そのおいしさから「栗の王様」と呼ばれるほどです。

利平栗発祥地の岐阜県山県市(やまがたし)において毎年、利平栗の普及と町おこしを目的とした「山県市ふるさと栗祭り」が開催されています。2018年は9月30日(日曜日)に四国山香りの森公園で開催されるそうです。

s_180916山県市ふるさと栗まつり2018チラシ.JPG

☆ 「四国山香りの森公園」(岐阜県山県市大桑726-1)
☆ 2018年9月14日 (金曜日)午後0時10分頃利用






nice!(78)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「とこなめ陶の森陶芸研究所」で特別企画展「尾州の茶の湯文化と常滑焼」開催中(2018年12月2日まで) [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

愛知県常滑市の「とこなめ陶の森陶芸研究所」において2018年12月2日(日曜日)まで、

 特別企画展
尾州の茶の湯文化と常滑焼

が開催されています。

s_180901とこなめ陶の森04、.JPG
~ とこなめ陶の森資料館で撮った同特別企画展のポスター。

・展覧会名:特別企画展「尾州の茶の湯文化と常滑焼」
・会期  :2018年9月1日(土曜日)~12月2日(日曜日)
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日 :月曜日(祝日の場合は翌日)
・観覧料 :無料






さて、2018年9月1日(土曜日)午前11時25分頃、「とこなめ陶の森陶芸研究所」へ行ってきました。

s_180901とこなめ陶の森03、陶芸研究所.JPG

特別企画展「尾州の茶の湯文化と常滑焼」においては、江戸時代から大正時代の常滑の茶道具が展示されています。

s_180901とこなめ陶の森05.JPG
~ 特別企画展「尾州の茶の湯文化と常滑焼」が開かれている展示室。

s_180901とこなめ陶の森08、二代伊奈長三「千筋手白泥藻掛水指」.JPG
~ 二代伊奈長三(1781~1858)作「千筋手白泥藻掛水指」。

s_180901とこなめ陶の森10、常滑焼水指兼掛花入銘「三日月」.JPG
~ 常滑焼水指兼掛花入 銘「三日月」(江戸時代、尾州久田流所蔵)。

s_180901とこなめ陶の杜12、黒楽茶碗銘「萬歳」.JPG
~ 益田鈍翁作・森川如春庵刻 黒楽茶碗 銘「萬蔵」(尾州久田流所蔵)。

この特別企画展「尾州の茶の湯文化と常滑焼」に関連して、特別講演会とお茶会が企画されています。

■特別講演会「尾州久田流の歴史とこれからの茶道」
 ・日時:2018年10月28日(日)午前10時~11時
 ・場所:とこなめ陶の森資料館2階 講座室
 ・講師:尾州久田流家元 下村瑞晃さん
 ・定員:60名(予約不要・無料)
■お茶会「尾州久田流と常滑焼」
 ・日時:2018年10月28日(日)午前10時~午後3時30分
 ・場所:濃茶/陶芸研究所1階茶室、薄茶/同2階和室
 ・定員:濃茶/1席10名x8席、 薄茶/200名
 ・料金:濃茶・薄茶セット1,800円 薄茶のみ600円
     (濃茶のみの販売なし)
 ・備考:濃茶・薄茶とも要予約

開催の詳細および申し込み方法については、「とこなめ陶の森陶芸研究所」のホームページをご参照ください。

☆ 「とこなめ陶の森陶芸研究所」(愛知県常滑市奥条7丁目22番地)
☆ 2018年9月1日(土曜日)午前11時25分利用






nice!(90)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「彦根城博物館」へ行ってきました〔企画展「能面いろは-井伊家伝来能面から-」開催中〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

国宝・彦根城が建つ彦根山(金亀山)の麓にある彦根城博物館は1987年(昭和52年)2月に開館したミュージアムで、その建物は彦根藩の政所であった表御殿を復元したものです。

s_180826彦根城博物館②.JPG
~ 彦根城博物館の玄関。

彦根城博物館において2018年9月17日(月曜日/祝日)まで、

 テーマ展
能面いろは-井伊家伝来能面から-

が開催されています。

 ・会 期 :2018年8月24日(金曜日)~9月17日(月曜日/祝日)
 ・休館日 :会期中無休
 ・開館時間:午前8時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ・観覧料 :一般500円(彦根城とのセットチケットもあります)
 ・アクセス:JR東海道本線・近江鉄道「彦根駅」より徒歩15分ほど

s_180826彦根城博物館③.JPG
~ テーマ展「能面いろは-井伊家伝来能面から-」が行われている展示室1。






さて、2018年8月26日(日曜日)の午後0時20分頃、彦根城博物館へ行ってきました。

展示室1で行われているテーマ展「能面いおrは-井伊家伝来能面から-においては、「翁」、「尉」、「鬼神」、「霊」、「男」、「女」の各グループの特徴や決まりごと、面の種類の見分け方といった能面鑑賞のポイントが紹介されています。

テーマ展のほか、「武家の備え」、「幽玄の美」、「数寄の世界」、「風雅のたしなみ」、「古文書が語る世界」などの常設展を観覧することができます。

s_180804彦根城博物館⑥、羅漢雲鶴文茶碗.JPG
~ 湖東焼・赤絵金彩羅漢雲鶴文茶碗(幸斎・作)

s_180804彦根城博物館⑧、染付名花十友図急須.JPG
~ 湖東焼・染付名花十友図急須。

企画展と常設展を観覧後、午後1時30分より講堂で開催された彦根城博物館友の会主催の講演会「大名と菓子」(講師:彦根城博物館学芸員・奥田晶子さん)に参加しました。

s_180826彦根城博物館④.JPG
~ 講演開始前の講堂。

☆ 「彦根城博物館」(滋賀県彦根市金亀町1番1号)
☆ 2018年8月26日(日曜日)午後0時20分~3時45分頃利用






nice!(77)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ものづくりの心を伝える「INAXライブミュージアム」へ行ってきました〔愛知県常滑市〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

愛知県常滑市にある「INAXライブミュージアム」は、世界のタイル博物館、窯のある広場・資料館、建築陶器のはじまり館、土・どろんこ館、陶楽工房、ものづくり工房から構成される複合文化施設です。

s_180813INAXライブミュージアム04.JPG
~ 総合受付がある世界のタイル博物館。

s_180813INAXライブミュージアム02.JPG
~ 窯のある広場・資料館(文化財保全工事のため休館中)。

s_180813INAXライブミュージアム24、土・どろんこ館.JPG
~ 土・どろんこ館。

s_180813INAXライブミュージアム22、陶楽工房.JPG
~ 陶楽工房。






さて、2018年8月13日(月曜日)午前10時頃、観て、触れて、感じて、学び、創り出す「INAXライブミュージアム」」へ行ってきました。

s_180813INAXライブミュージアム01.JPG

最初に訪ねたのは、世界のタイル博物館に併設されているレストラン「ピッツェリア ラ・フォルナーチェ」です。

s_180813INAXライブミュージアム03.JPG

レストラン「ピッツェリア ラ・フォルナ―チェ」では、期間・数量限定の常滑急須で淹れる緑茶と特製ドルチェのセットをオーダーしました。

s_180813INAXライブミュージアム09.JPG
~ フィナンシェ、メロン、琥珀糖、エディブルフラワー、オリーブオイルパウダーなど。

次に訪れたのは世界のタイル博物館です。

s_180813INAXライブミュージアム12、世界のタイル博物館.JPG

世界の装飾タイル約1,000点の常設展示のほかに、染付古便器の展示が行われています。

s_180813INAXライブミュージアム14、染付古便器コレクション展.JPG
~ 染付古便器コレクション。

建築陶器のはじまり館においては、フランク・ロイド・ライト設計の「帝国ホテル旧本館」ダイニングルームの柱などが展示されていました。

s_180813INAXライブミュージアム18、建築陶器のはじまり館.JPG

さて、土・どろんこ館の企画展示室において2018年9月25日(火曜日)まで、企画展「急須でお茶を-宜興・常滑・香味甘美」が開かれています。

s_180813INAXライブミュージアム26.JPG

s_180813INAXライブミュージアム27.JPG

宜興(ぎこう)と常滑(とこなめ)などの急須50点ほどが展示されていました。これらの中から、初代杉江寿門と四代伊奈長三の急須をご覧ください。

s_180813INAXライブミュージアム37、朱泥菊型急須(初代杉江寿門).JPG
~ 初代杉江寿門作・朱泥菊型急須。

s_180813INAXライブミュージアム39、獅子鈕白泥藻掛急須(四代伊奈長三).JPG
~ 四代伊奈長三作・獅子鈕白泥藻掛急須。

☆ 「INAXライブミュージアム」(愛知県常滑市奥栄町1-130)
☆ 2018年8月13日(月曜日)午前10時頃利用






nice!(81)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

常滑焼の急須で淹れる種子島茶とドルチェ@INAXライブミュージアム内レストラン「ピッツェリア ラ・フォルナーチェ」 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

株式会社LIXILが運営する土とやきものの魅力を伝える複合文化施設「INAXライブミュージアム」にある「土・どろんこ館」企画展示室において2018年9月25日(火曜日)まで、

企画展「急須でお茶を-宜興・常滑・香味甘美」

が開催されています。

s_180730INAXライブミュージアム14、土・どろんこ館.JPG
~ 企画展「急須でお茶を」が開かれている「土・どろんこ館」。

s_180730INAXライブミュージアム16、企画展「急須でお茶を」.JPG
~ 企画展「急須でお茶を」が開かれている企画展示室。

s_180730INAXライブミュージアム18.JPG
~ 宜興と常滑を中心とした古今の急須50点ほどが展示されています。

 



さて、2018年7月30日(月曜日)の午前10時頃、「INAXライブミュージアム」へ行ってきました。

s_180730INAXライブミュージアム02.JPG
~ 土管を焼いていた大正時代の窯と建物、煙突が保存されている「窯のある広場・資料館」(現在休館中)。

「土・どろんこ館」の企画展示室で行われている企画展「急須でお茶を-宜興・常滑・香味甘美」を観覧する前に、「INAXライブミュージアム」内にあるレストラン「ピッツェリア ラ・フォルナーチェ」を利用しました。

s_180730INAXライブミュージアム03、ラ・フォルナーチェ.JPG

「ピッツェリア ラ・フォルナーチェ」では、常滑焼の急須で淹れるお茶の種子島松寿園製「松寿」と特別ドルチェ「Amici del te」のコラボレーションを楽しむことができる、2018年8月31日(金曜日)までの期間限定特別メニューをオーダーしました。

常滑焼の急須を選ぶことができました。

s_180730INAXライブミュージアム05、ラ・フォルナーチェ.JPG

一煎目と二煎目は、種子島産の希少品種のお茶を楽しみます。

s_180730INAXライブミュージアム10.JPG
~ ゆっくり待つ ‘‘時間’’ こそ至福の時。

三煎目で、特別ドルチェ「Amici del te」をいただきました。

s_180730INAXライブミュージアム13.JPG

☆ レストラン「ピッツェリア ラ・フォルナーチェ」
 (愛知県常滑市奥栄町1-130 INAXライブミュージアム内)
☆ 2018年7月30日(月曜日)午前10時頃利用

 



nice!(90)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等) ブログトップ