So-net無料ブログ作成
INAXライブミュージアム(愛知県常滑市) ブログトップ
前の5件 | -

企画展「水を見る―秘めたるかたちと無限のちから」、2019年9月24日(火)まで開催中 [INAXライブミュージアム(愛知県常滑市)]

やきものの街「常滑(とこなめ)」(愛知県常滑市)にある「INAXライブミュージアム」は、世界のタイル博物館、窯のある広場・資料館、建築陶器のはじまり館、土・どろんこ館、陶楽工房、ものづくり工房などから構成される複合文化施設です。

s_DSC01578.JPG
~ 世界のタイル博物館、装飾タイル1,000点が展示されています。

s_DSC01581.JPG
~ 窯のある広場・資料館、土管を焼いていた大正時代の窯と建物、煙突が保存されれています(保全工事のため一時休館中)。

s_DSC01583.JPG

s_DSC01587.JPG
~ 建築陶器はじまり館、フランク・ロイド・ライト設計の「帝国ホテル旧本館」の食堂の柱が展示されています。






さて、2019年7月12日(金曜日)午後1時10分頃、観て、触れて、感じて、学び、創り出す体験・体感型ミュージアムの「INAXライブミュージアム」」内の「土・どろんこ館」へ行ってきました。

s_DSC01591.JPG
~ 土・どろんこ館。

「土・どろんこ館」企画展示室において2019年9月24日(火曜日)まで、

企画展 「水を見る―秘めたるかたちと無限のちから」

が開催されています。

s_DSC01592.JPG
~ 企画展が行われている企画展示室。
 
・会  期 :2019年4月26日(金曜日)~9月24日(火曜日)
・開館時間 :午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
・休館日  :毎週水曜日(祝日の場合は開館)
・共通入館料:一般600円、高・大学生400円、小・中学生200円(税込)

企画展「水を見る―秘めたるかたちと無限のちから」は、企画展のチラシを参照すると、「水のかたちとちからを楽しく感じるためのヒントをご紹介します」となっており、企画展会場は、次の5つのセクションに区分されパネル解説が行われています。

1.水のすがたの成り立ち
2.水の流れをつくる
3.水を見に行く
4.水の豊かな表現に挑んだ日本絵画の巨匠-光琳と北斎
5.清め、しぶきで盛り上げ、生き返らせる水

パネル解説だけでなく、今回の企画展「水を見る―秘めたるかたちと無限のちから」においては、数多くの「水を見る」体験装置が設置されています。

s_DSC01601.JPG
~ 体験装置-渦を見る③。

☆ 「INAXライブミュージアム」(愛知県常滑市奥栄町1-130)






nice!(96)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

企画展 「水を見る―秘めたるかたちと無限のちから」、2019年9月24日(火曜日)まで開催中 [INAXライブミュージアム(愛知県常滑市)]

やきものの街「常滑(とこなめ)」(愛知県常滑市)にある「INAXライブミュージアム」は、世界のタイル博物館、窯のある広場・資料館、建築陶器のはじまり館、土・どろんこ館、陶楽工房、ものづくり工房から構成される複合文化施設です。

s_190426INAXライブミュージアム01.JPG
~ 建築陶器のはじまり館(左側の建物)、陶楽工房(右側の建物)、煙突は窯のある広場・資料館(文化財保全工事のため休館中)。

s_190426INAXライブミュージアム02.JPG
~ 土・どろんこ館。






さて、2019年4月27日(金曜日)午後0時20分頃、観て、触れて、感じて、学び、創り出す体験・体感型ミュージアムの「INAXライブミュージアム」」内の「土・どろんこ館」へ行ってきました。

s_190426INAXライブミュージアム03.JPG

「土・どろんこ館」企画展示室において2019年9月24日(火曜日)まで、

企画展 「水を見る―秘めたるかたちと無限のちから」

が開催されています。

s_190426INAXライブミュージアム04.JPG
~ 企画展が行われている企画展示室。

・開館時間 :午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
・休館日  :毎週水曜日(祝日の場合は開館)
・共通入館料:一般600円、高・大学生400円、小・中学生200円(税込)

この企画展「水を見る―秘めたるかたちと無限のちから」は、企画展のチラシを参照すると、「水のかたちとちからを楽しく感じるためのヒントをご紹介します」となっています。

企画展会場は、次の5つのセクションに区分されパネル解説が行われています。

1.水のすがたの成り立ち
2.水の流れをつくる
3.水を見に行く
4.水の豊かな表現に挑んだ日本絵画の巨匠-光琳と北斎
5.清め、しぶきで盛り上げ、生き返らせる水

s_190426INAXライブミュージアム05.JPG
~ 「水のすがたの成り立ち」(滴・流れる水・氷・雲と雨など)

パネル解説だけでなく、今回の企画展「水を見る―秘めたるかたちと無限のちから」においては、数多くの「水を見る」体験装置が設置されています。

s_190426INAXライブミュージアム11.JPG

s_190426INAXライブミュージアム10.JPG

s_190426INAXライブミュージアム13.JPG
~ 体験装置「渦を見る」。

s_190426INAXライブミュージアム14、体験装置(波を見る).JPG
~ 体験装置「波を見る」。

企画展 「水を見る―秘めたるかたちと無限のちから」は2019年9月24日(火曜日)まで、常滑市の「INAXライブミュージアム」で開催されています。

☆ 「INAXライブミュージアム」(愛知県常滑市奥栄町1-130)






nice!(87)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「INAXライブミュージアム」において企画展「和製マジョリカタイル-憧れの連鎖」」、2019年4月9日(火曜日)まで開催中 [INAXライブミュージアム(愛知県常滑市)]

愛知県常滑市にある「INAXライブミュージアム」は、世界のタイル博物館、窯のある広場・資料館、建築陶器のはじまり館、土・どろんこ館、陶楽工房、ものづくり工房から構成される複合文化施設です。

s_190221INAXライブミュージアム01.JPG
~ 総合受付がある世界のタイル博物館。

s_190221INAXライブミュージアム03.JPG
~ 窯のある広場・資料館(文化財保全工事のため休館中)。

s_190221INAXライブミュージアム09.JPG
~ 建築陶器のはじまり館。

s_190221INAXライブミュージアム10、ものづくり工房.JPG
~ ものづくり工房。






さて、2019年2月21日(木曜日)午後0時25分頃、観て、触れて、感じて、学び、創り出す「INAXライブミュージアム」」内の「土・どろんこ館」へ行ってきました。

s_190221INAXライブミュージアム12、土・どろんこ館.JPG

「土・どろんこ館」企画展示室において2019年4月9日(火曜日)まで、

企画展「和製マジョリカタイル-憧れの連鎖」

が開催されています。

s_190221INAXライブミュージアム14、和製マジョリカタイル-憧れの連鎖.JPG
~ 企画展が行われている企画展示室。

・開館時間 :午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
・休館日  :毎週水曜日(祝日の場合は開館)
・共通入館料:一般600円、高・大学生400円、小・中学生200円(税込)

「和製マジョリカタイル」とは、この企画展のリーフレットを参照すると、~「和声和製マジョリカタイル」とは、大正初めから昭和10年代に日本で生産された多彩式レリーフタイルで、近代イギリスのヴィクトリアンタイルを模倣したもの。~ だそうです。

s_190221INAXライブミュージアム17.JPG

この企画展においては、和製マジョリカタイルの魅力、和製マジョリカタイルの誕生、世界へと広がった憧れの連鎖などのテーマに分けて、展示・解説が行われています。

企画展示室には、多くのタイルがある「マジョリカタイル回廊」がありました。

s_190221INAXライブミュージアム15、回廊.JPG
~ プリントされたタイルの中に、10数枚の本物のタイルが混じっているそうです。

☆ 「INAXライブミュージアム」(愛知県常滑市奥栄町1-130)






nice!(83)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「和製マジョリカタイル―憧れの連鎖」ギャラリートーク、2018年12月23日(日)に行われます [INAXライブミュージアム(愛知県常滑市)]

愛知県常滑市(とこなめし)にある「INAXライブミュージアム」は、世界のタイル博物館、窯のある広場・資料館、建築陶器のはじまり館、土・どろんこ館、陶楽工房、ものづくり工房から構成される複合文化施設です。

s_181207INAXライブミュージアム01.JPG
~ 総合受付がある世界のタイル博物館の外観。

s_181207INAXライブミュージアム02.JPG
~ 世界のタイル博物館1階の展示室への入口。

s_181103INAXライブミュージアム05、窯のある広場・資料館.JPG
~ 窯のある広場・資料館(文化財保全工事のため休館中)。この写真のみ2018年11月3日撮影。他の写真は2018年12月7日撮影。

s_181207INAXライブミュージアム05、窯のある広場・資料館(工事中).JPG
~ 窯のある広場・資料館(文化財保全工事のため休館中)。



さて、観て、触れて、感じて、学び、創り出す「INAXライブミュージアム」内の「土・どろんこ館」企画展示室において2019年4月9日(火曜日)まで、

企画展「和製マジョリカタイル-憧れの連鎖」

が開催されています。

s_181103INAXライブミュージアム09、企画展「和声マジョリカタイル-憧れの連鎖」.JPG
~ 企画展が行われている企画展示室。

・開館時間 :午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
・休館日  :毎週水曜日(祝日の場合は開館)、年末年始
・共通入館料:一般600円、高・大学生400円、小・中学生200円(税込)

「和製マジョリカタイル」とは、この企画展のリーフレットを参照すると、~「和声和製マジョリカタイル」とは、大正初めから昭和10年代に日本で生産された多彩式レリーフタイルで、近代イギリスのヴィクトリアンタイルを模倣したもの。~ だそうです。

この企画展において、和製マジョリカタイルの魅力、和製マジョリカタイルの誕生、世界へと広がった憧れの連鎖などのテーマに分けて、展示・解説が行われています。企画展示室には、「懐かしくも新しい」タイルの空間を再現した「マジョリカタイル回廊」が設置されています。

s_181207INAXライブミュージアム14.JPG
~ 「マジョリカタイル回廊」の外観。

s_181207INAXライブミュージアム15.JPG
~ 「マジョリカタイル回廊」内のプリントされたタイルの中に、10数枚の本物のタイルが混じっているそうです。

s_181207INAXライブミュージアム16.JPG
~ この写真の中に本物のタイルが1枚混じっています。

なお、この企画展の魅力、みどころを伝えるギャラリートークが12月23日(日曜日)に行われます。

・日 時:2018年12月23日(日曜日)午後2時~2時40分
・場 所:「土・どろんこ館」 企画展示室
・定 員:20名(予約不要)
・参加費:無料(共通入館券の提示必要)

ギャラリートークは、2019年2月9日(土曜日)、3月10日(日曜日)および4月6日(土曜日)にも行われるそうです。

☆ 「INAXライブミュージアム」(愛知県常滑市奥栄町1-130)




nice!(101)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

「INAXライブミュージアム」において企画展「和製マジョリカタイル-憧れの連鎖」」、2019年4月9日(火曜日)まで開催中 [INAXライブミュージアム(愛知県常滑市)]

愛知県常滑市にある「INAXライブミュージアム」は、世界のタイル博物館、窯のある広場・資料館、建築陶器のはじまり館、土・どろんこ館、陶楽工房、ものづくり工房から構成される複合文化施設です。

s_181103INAXライブミュージアム01、世界のタイル博物館.JPG
~ 総合受付がある世界のタイル博物館。

s_181103INAXライブミュージアム05、窯のある広場・資料館.JPG
~ 窯のある広場・資料館(文化財保全工事のため休館中)。

s_181103INAXライブミュージアム07、ものづくり工房.JPG
~ ものづくり工房。




さて、2018年11月3日(土曜日/文化の日)午後1時5分頃、観て、触れて、感じて、学び、創り出す「INAXライブミュージアム」」内の「土・どろんこ館」へ行ってきました。

s_181103INAXライブミュージアム08、土・どろんこ館.JPG

「土・どろんこ館」企画展示室において2019年4月9日(火曜日)まで、

企画展「和製マジョリカタイル-憧れの連鎖」

が開催されています。

s_181103INAXライブミュージアム09、企画展「和声マジョリカタイル-憧れの連鎖」.JPG
~ 企画展が行われている企画展示室。

・開館時間 :午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
・休館日  :毎週水曜日(祝日の場合は開館)、年末年始
・共通入館料:一般600円、高・大学生400円、小・中学生200円(税込)

「和製マジョリカタイル」とは、この企画展のリーフレットを参照すると、~「和声和製マジョリカタイル」とは、大正初めから昭和10年代に日本で生産された多彩式レリーフタイルで、近代イギリスのヴィクトリアンタイルを模倣したもの。~ だそうです。

この企画展においては、和製マジョリカタイルの魅力、和製マジョリカタイルの誕生、世界へと広がった憧れの連鎖などのテーマに分けて、展示・解説が行われています。

s_181103INAXライブミュージアム13.JPG
~ テーマ「憧れの連鎖」に展示されている「タチオアイ柄タイル」と「タチオアイ柄タイルの復元」。

企画展示室には、多くのタイルがある「マジョリカタイル回廊」がありました。

s_181103INAXライブミュージアム14、マジョリカタイルの回廊.JPG
~ プリントされたタイルの中に、10数枚の本物のタイルが混じっているそうです。

s_181103INAXライブミュージアム15.JPG
~ この写真の中に本物のタイルが1枚混じっています。

☆ 「INAXライブミュージアム」(愛知県常滑市奥栄町1-130)
☆ 2018年11月3日(土曜日/文化の日)午後1時5分頃利用




nice!(82)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - INAXライブミュージアム(愛知県常滑市) ブログトップ