So-net無料ブログ作成
西尾の抹茶めぐり ブログトップ
前の5件 | -

「西尾の抹茶めぐり(2019年)」(名鉄桜町前駅~稲荷山茶園公園) [西尾の抹茶めぐり]

2019年5月18日(土曜日)、名鉄電車に乗って「西尾の抹茶めぐり」に出かけました。昨年の「西尾の抹茶めぐり」の回数は7回でしたが、今年は今回が初めてです。

スタート地点は、名鉄西尾線の西尾駅の二つ手前の桜町前駅。急行停車駅の桜町前駅で降車したのは午前9時8分頃です。

s_190518西尾の抹茶めぐり01、桜町前駅.JPG
~ 名鉄西尾線の桜町前駅。

桜町前駅より、寄り道、遠回りをしながら、稲荷山茶園公園を目指しました。最初のチェックポイントは、眞緑園製茶がある三叉路です。

s_190518西尾の抹茶めぐり02、眞緑園製茶.JPG
~ 眞緑園製茶(西尾市桜町中新田31-1)、建物の裏に棚式被覆栽培茶園があります。

眞緑園製茶よりファミリーマート西尾伊藤町店がある交差点まで、15分ほど歩きました。

s_190518西尾の抹茶めぐり03.JPG
~ 大和園(西尾市上町北側25)の看板がある交差点から先へ進むと、棚式被覆栽培茶園が広がるエリアに入ります。

s_190518西尾の抹茶めぐり06、棚式二重被覆茶園(清水さん・赤堀さん).JPG
~ 赤堀製茶場(西尾市上町善兵衛屋敷60)近くの棚式二重被覆茶園。正面が赤堀製茶場。

(上の写真)右側の茶園の一部は手摘み摘採が終わっていました。

s_190518西尾の抹茶めぐり09、摘採が終わった茶園.JPG
~ 遮光度を上げるために被覆資材が二重になっています(二重被覆)※。

※遮光栽培(光合成を抑制)することにより、うま味成分のテアニン(アミノ酸)が渋味成分のカテキンへの生成が抑制されます。

農道を進むと、正面に赤堀製茶場とあいや(西尾市上町横町屋敷15)が見えてきました。

s_190518西尾の抹茶めぐり12、赤堀製茶場.JPG
~ 正面が赤堀製茶場、左奥の白い建物があいやです。

赤堀製茶場の手前を右折し、葵製茶(西尾市上町上屋敷7)の工場・本店の前を通り、稲荷山茶園公園へ向かいました。

s_190518西尾の抹茶めぐり13、葵製茶の工場.JPG
~ 葵製茶の工場と伊藤園の自販機(葵製茶と伊藤園の関係は?)。






さて、地域団体商標と地理的表示(GI)の両方に登録されている「西尾の抹茶」栽培の中心が、矢作川左岸に広がる小高い丘陵地にある稲荷山茶園(西尾市上町稲荷山茶園)です。

桜町前駅をスタートして右往左往しながら約40分歩いて、目的地の稲荷山茶園公園(西尾市上町稲荷山茶園5)に着きました。

s_190518西尾の抹茶めぐり17、稲荷山茶園公園.JPG
~ 稲荷山茶園公園にある案内板。

s_190518西尾の抹茶めぐり18、稲荷山茶園公園.JPG
~ 稲荷山茶園公園。

稲荷山茶園公園の展望台から棚式被覆栽培茶園の写真を撮った後、「西尾の抹茶」関連施設へと向かいました。

s_190518西尾の抹茶めぐり21、愛知てん茶組合保冷庫.JPG
~ 農事組合法人愛知てん茶組合の保冷庫。

※てん茶(碾茶)を茶臼等で微粉末状に製造したものが抹茶です。参照:公益社団法人日本茶業中央会「緑茶の表示基準」(2019年3月改訂版)。

愛知てん茶組合の保冷庫を見た後、おしろタウンSHAO(シャオ)へ向かいました。途中、赤堀さんの真新しい看板がありました。

s_190518西尾の抹茶めぐり25、赤堀製茶場の看板.JPG
~ 赤堀製茶場の真新しい看板。






nice!(98)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「西尾の抹茶めぐり2018」(第7回) [西尾の抹茶めぐり]

2018年10月17日(水曜日)、名鉄電車に乗って「西尾の抹茶めぐり」に出かけました。今年7回目の「西尾の抹茶めぐり」です。

午前10時7分頃に名鉄電車を降車したのは、名鉄西尾線の西尾駅の二つ前の桜町前駅です。急行停車駅の桜町前駅で降車したのは初めてですが、駅舎の写真を撮るのを忘れました。

西尾市岩瀬文庫に立ち寄り、企画展「読み書きそろばん~江戸庶民の学びの本~」を観覧した後、西尾市上町上中田西にある棚式覆下栽培(被覆栽培、遮光栽培とも)茶園へ向かいました。

s_181017西尾の抹茶めぐり01.JPG
~ 農道の両脇に広がる棚式覆下栽培茶園。






さて、今年3月中旬より見学させていただいている茶園は、一番茶のみの摘採なので来年5月まで摘採は行われません。

s_181017西尾の抹茶めぐり02.JPG

農道を進むと、正面に赤堀製茶場とあいやが見えてきました。

s_181017西尾の抹茶めぐり05.JPG
~ 右側の白い建物が赤堀製茶場、左の白い建物があいやです。

農道を右折し、葵製茶本店の前を通り、稲荷山茶園公園へ向かいました。

s_181017西尾の抹茶めぐり08、葵製茶本店.JPG
~ 葵製茶本店、2階を改装して金・土・日曜日の週末限定のカフェ「茶房AOI」が2018年9月16日にオープンしました。今回は水曜日なので休業日でした。

s_181017西尾の抹茶めぐり11、稲荷山茶園公園.JPG

稲荷山茶園公園では、お決まりの場所から棚式覆下栽培茶園の写真を撮りました。

s_181017西尾の抹茶めぐり12、稲荷山茶園公園.JPG

稲荷山茶園公園を後に、葵製茶本店、あいや西尾の抹茶ミュージアム「和く和く」の前を通って、旧近衛邸へ向かいました。

s_181017西尾の抹茶めぐり17、あいや本社.JPG

旧近衛邸の茶室で抹茶と季節の和菓子で一服した後、尚古荘を訪ねました。

s_181017尚古荘01.JPG

尚古荘では、茶室「不言庵」を見学しました。

s_181017尚古荘02、不言庵.JPG

s_181017尚古荘04.JPG

s_181017尚古荘06、不言庵.JPG

尚古荘の茶室「不言庵」を見学した後、西尾駅に向かいました。

s_181017西尾の抹茶めぐり20、西尾駅.JPG

西尾駅に着いたのは午後2時7分頃、約4時間の2018年7回目の「西尾の抹茶めぐり」でした。







nice!(81)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「西尾の抹茶めぐり2018」(第4回/一番茶の手摘み見学) [西尾の抹茶めぐり]

2018年5月17日(木曜日)、名鉄電車に乗って「西尾の抹茶めぐり」に出かけました。今回の目的は、棚式覆下栽培茶園における一番茶の手摘みを見学することです。

名鉄電車を降車したのは、名鉄西尾線の西尾駅の一つ前の西尾口駅です。

s_180517西尾の抹茶めぐり01、西尾口駅.JPG
~ 名鉄西尾線の西尾口駅、2018年5月17日(木曜日)午前9時23分頃。

最初に目指したのは、西尾口駅からわたしの足で20分ほどの西尾市上町上中田西にある棚式覆下栽培(被覆栽培、遮光栽培とも)茶園です。

s_180517西尾の抹茶めぐり02、上町上中田西辺り.JPG
~ 農道の両脇に広がる棚式覆下栽培茶園。






さて、今年3月中旬より見学させていただいている茶園で一番茶の手摘みを見学しました。

s_180517西尾の抹茶めぐり03、棚式覆下栽培茶園.JPG

s_180517西尾の抹茶めぐり06.JPG

この茶園から歩いて10分ほどの稲荷山茶園公園付近の茶園においても新茶の茶摘みが行われていました。

s_180517西尾の抹茶めぐり14.JPG

s_180517西尾の抹茶めぐり18.JPG

s_180517西尾の抹茶めぐり19.JPG

今年2018年の一番茶摘みは、例年より早く終わりそうです。







nice!(94)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

名鉄「西尾お抹茶きっぷ」を利用して「西尾の抹茶めぐり2018」(第3回) [西尾の抹茶めぐり]

2018年5月5日(土曜日/祝日)の午前9時頃、名鉄西尾線の西尾口駅から歩いて矢作川左岸の丘陵地にある稲荷山茶園公園を目指しました。

s_180505西尾の抹茶めぐり17、西尾口駅.JPG
~ 名鉄西尾線の西尾口駅。

西尾口駅から20分ほど歩いた西尾市上町上中田西にある棚式被覆栽培茶園を見学しました。

s_180505西尾の抹茶めぐり01.JPG
~ 農道の両脇に広がる棚式被覆栽培茶園。

s_180505西尾の抹茶めぐり04、手摘み茶園.JPG
~ 被覆栽培されている茶樹。

次に向かったのは、「西尾の抹茶」を代表するスポットの稲荷山茶園公園です。

s_180505西尾の抹茶めぐり11、稲荷山茶園公園付近.JPG
~ 稲荷山茶園公園付近の直掛式被覆栽培茶園。

s_180505西尾の抹茶めぐり13、棚式覆下栽培茶園(稲荷山茶園公園より).JPG
~ 稲荷山茶園公園の展望台よりみる被覆栽培茶園。



さて、稲荷山茶園公園を後に、日本初の古書ミュージアム「西尾市岩瀬文庫」を目指しました。

s_180505西尾市岩瀬文庫①.JPG
~ 日本初の古書ミュージアム「西尾市岩瀬文庫」(西尾市亀沢町480番地)。

煎茶に関する江戸時代の古書を閲覧室で閲覧する前に、休憩室でお抹茶をいただきました。

s_180505西尾市岩瀬文庫③.JPG
~ お抹茶一服200円(干菓子付き)。

「西尾市岩瀬文庫」の次に向かったのは、西尾市文化会館にある茶室「伝想庵」です。

s_180505伝想庵②.JPG
~ 西尾市公共茶室「伝想庵」で行われている「伝想庵茶会」に参加しました。

♪ 「伝想庵茶会」に関する記事は、→こちら


今回の「西尾の抹茶めぐり」の最終目的地は、名鉄西尾線西尾駅の東側にあるヴェルサウォーク西尾1階にある「香嘉園matcha cafe」です。

「香嘉園match cafe」で、名鉄の企画きっぷ「西尾お抹茶きっぷ」に含まれるスイーツ券を利用して、「ドラ息子と金箔入り抹茶のセット」をいただきました。

s_180505西尾の抹茶めぐり15、香嘉園(ドラ息子).JPG
~ どら焼きの上にミックスソフトクリームがのっています。

s_180505西尾の抹茶めぐり16、香嘉園(金箔入り抹茶).JPG
~ 金箔入り抹茶。

なお、2018年6月30日(土曜日)まで開催中の六万石の城下町「西尾の抹茶いっぷくキャンペーン」の期間中、名鉄から企画きっぷ「西尾お抹茶きっぷ」が発売されています。

s_180424名鉄「西尾の抹茶いっぷくキャンペーン」のポスター.JPG

「西尾お抹茶きっぷ」は、「名鉄電車全線1DAYフリーきっぷ+スイーツ券+おみやげ券+抽選券」の内容で、大人一人3,350円です。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析



nice!(94)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

名鉄「西尾お抹茶きっぷ」を利用して「西尾の抹茶めぐり2018」(第2回) [西尾の抹茶めぐり]

「西尾の抹茶」(地域団体商標登録 第5204296号 )は、次の通り定義されています。

愛知県西尾市、安城市で生産された茶葉を同地域において、てん茶加工・仕上げ精製し、茶臼挽きした抹茶

~ 組合法人西尾茶協同組合による「西尾の抹茶」の定義。下線はwattanaが引いた。

この定義より「西尾の抹茶」は、原料原産地(=荒茶の産地)および仕上地が愛知県西尾市、安城市の緑茶であることがわかります。

では、「抹茶」と「てん茶(碾茶)」は、どのような緑茶なのでしょうか。公益社団法人日本茶業中央会が2009年(平成21年)9月に定めた茶業界の自主ルール「緑茶の表示基準」を参照すると、「抹茶」の定義は次の通りです。

覆下栽培した茶葉を揉まずに乾燥した茶葉(碾茶)を茶臼で挽いて微粉状に製造したもの 。

~ ・・・同基準20ページに載っている「名称及び定義」より引用。下線はwattanaが引いた。

この定義より、抹茶は、碾茶(てんちゃ)を茶臼で挽いた微粉状の緑茶であることがわかります。



さて、「覆下栽培(おおいしたさいばい)」(被覆栽培とも)とは、寒冷紗(かんれいしゃ)と呼ばれる化学繊維などで茶樹を覆う栽培方法です。遮光することによって、うま味・甘味成分のアミノ酸(テアニン)が、光合成により渋み成分のカテキンへと変化を抑えることができるそうです。

s_180426西尾の抹茶めぐり①、被覆栽培茶園.JPG
~ 農道の両脇に広がる棚式覆下栽培茶園、西尾市上町上中田西辺りで撮影。今回の記事掲載の写真はすべて2018年4月26日(木曜日)に撮影したものです。

s_180426西尾の抹茶めぐり⑨、稲荷山茶園公園.JPG
~ 棚式覆下栽培茶園、西尾市上町稲荷山の稲荷山茶園公園の展望台より撮影。

次の2枚の写真は、棚式覆下栽培茶園における茶樹です。

s_180426西尾の抹茶めぐり③、手摘み茶園.JPG
~ 手摘み茶園。

s_180426西尾の抹茶めぐり⑩、乗用摘採機茶園.JPG
~ (乗用型摘採機による)機械摘み茶園。

覆下栽培には棚式のほかに、茶樹に遮光ネットを直接掛ける直掛式があります。

s_180426西尾の抹茶めぐり⑪、露地、直掛け、棚式.JPG
~ 右側の黒い遮光ネットが茶樹に直接被せられているのが直掛式覆下栽培。奥に見えるのが、棚式覆下栽培茶園。西尾市上町清水辺りで撮影。

「八十八夜行事 in西尾」が5月2日(火曜日)に稲荷山茶園公園において開催されます。茶摘みセレモニー、西野町小学校3年生による初野点披露、手もみ茶(古式製法)実演などが企画されています。

♪ 西尾の抹茶で知られる愛知県西尾市へは、2018年6月30日(土曜日)まで発売されている名鉄の企画きっぷ「西尾のおもてなしランチきっぷ」(名鉄電車全線1DAYフリーきっぷ+ランチ券+抽選券)または「西尾お抹茶きっぷ」(1DAYフリーきっぷ+スイーツ券+おみやげ券+抽選券)のご利用をお勧めします。この2つの企画きっぷの詳細につきましては、名鉄のホームページまたは専用チラシをご参照願います。


s_180424名鉄「西尾の抹茶いっぷくキャンペーン」のポスター.JPG

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析



nice!(82)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 西尾の抹茶めぐり ブログトップ