So-net無料ブログ作成
東美濃のミュージアム ブログトップ
前の5件 | -

「東美濃のミュージアムめぐり-人間国宝・加藤孝造つながり-(第2回)」 [東美濃のミュージアム]

2019年1月22日(火曜日)、瀬戸黒の技法で国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された加藤孝造さん(1935~)の作品でつながる東美濃にあるミュージアム4館をめぐりました。

「東美濃のミュージアムめぐり-人間国宝・加藤孝造つながり-(第2回)」

最初に訪ねたのは、加藤孝造さんの窯場がある岐阜県可児市の「可児郷土歴史館」です。

s_190122可児郷土歴史館01.JPG
~ 「可児郷土歴史館」(岐阜県可児市久々利1644-1)。

「可児郷土歴史館」においては現在、企画展は開催されていませんが、加藤孝造さんの茶盌2点が常設展示されています。

s_190122可児郷土歴史館02.JPG
~ (左側)加藤孝造さんの師匠の荒川豊蔵さん(1894~1985)の茶碗2点、(右側)加藤孝造さんの茶盌2点。

s_190122可児郷土歴史館03.JPG
~ 作陶中の加藤孝造さんの写真と略歴。

略歴を参照すると、加藤孝造さんは、昭和45年(1970年)に師事していた故・荒川豊蔵さんの助言により、可児市久々利平柴に窯場を築き、制作活動を始めたそうです。

展示されていた加藤孝造さんの茶盌は、瀬戸黒茶盌と志野茶盌1点ずつです(2018年に可児市にご自身の作品71点を寄贈しています)。

s_190122可児郷土歴史館05、加藤孝造「瀬戸黒茶盌」.JPG
~ 加藤孝造「瀬戸黒茶盌」。

s_190122可児郷土歴史館06、加藤孝造「瀬戸黒茶盌」.JPG

s_190122可児郷土歴史館07、加藤孝造「志野茶盌」.JPG
~ 加藤孝造「志野茶盌」。

s_190122可児郷土歴史館08、加藤孝造「志野茶盌」.JPG






さて、「可児郷土歴史館」の後、岐阜県多治見市の「とうしん美濃陶芸美術館」、同「多治見市美濃焼ミュージアム」、そして岐阜県瑞浪市の「瑞浪市陶磁資料館」を訪ねました。

「可児郷土歴史館」以外の3館につきましては既に記事を投稿済です。

1.とうしん美濃陶芸美術館で企画展「とうしんコレクションⅠ」、2019年4月14日(日)まで〔加藤孝造つながり(1)〕

2.人間国宝・加藤孝造さんの黄瀬戸茶盌で一服@多治見市美濃焼ミュージアム〔加藤孝造つながり(2)〕

3.「加藤孝造展示室」がある瑞浪市陶磁資料館〔加藤孝造つながり(3)〕






nice!(83)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「加藤孝造展示室」がある瑞浪市陶磁資料館〔加藤孝造つながり(3)〕 [東美濃のミュージアム]

2019年1月22日(火曜日)の午後1時50分頃、岐阜県の南東部(東美濃)に位置する瑞浪市にある「瑞浪市陶磁資料館」へ行ってきました。

s_190122瑞浪市陶磁資料館02.JPG

「瑞浪市陶磁資料館」は、郷土の人間国宝・名誉市民「加藤孝造展示室」、常設展示室「美濃焼のわざと歴史を知る」、国登録有形民俗文化財「美濃の陶磁器生産用具及び製品」(屋外展示もある)などから構成されてるミュージアムです。1980年(昭和55年)4月開館。

s_190122瑞浪市陶磁資料館14、除雪展示.JPG
~ 常設展示室「美濃焼のわざと歴史を知る」。

常設展示室「美濃焼のわざと歴史を知る」においては、焼物についての勉強ができます。「焼物って何?」、「陶器と磁器の違い」、「下絵・上絵って何?」など。

s_190122瑞浪市陶磁資料館16.JPG

s_190122瑞浪市陶磁資料館18.JPG






さて、「瑞浪市陶磁資料館」の「加藤孝造展示室」においては、瑞浪市出身の人間国宝(国の重要無形文化財「瀬戸黒」保持者)の加藤孝造さんの陶芸作品や絵画が展示されています。

s_190122瑞浪市陶磁資料館04、加藤孝造展示室.JPG
~ 「加藤孝造展示室」。

「加藤孝造展示室」の入口に、加藤孝造さんが揮毫した銘板が設置されています。

s_190122瑞浪市陶磁資料館05、加藤孝造展示室銘板.JPG

 知恩
 今 仕事をしなければならないこと
 今 知っておかなければならないこと
 今 伝えなければならないこと
   覚悟しています
             加藤孝造

それでは、展示されている加藤孝造さんの作品の一部をご覧ください。

s_190122瑞浪市陶磁資料館07、鉄釉茶盌.JPG
~ 鉄釉茶盌。

s_190122瑞浪市陶磁資料館10、鼠志野茶盌.JPG
~ 鼠志野茶盌。

s_190122瑞浪市陶磁資料館12、瀬戸黒茶盌.JPG
~ 瀬戸黒茶盌。

☆ 「瑞浪市陶磁資料館」(岐阜県瑞浪市明世町山野内1-6)






nice!(83)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

人間国宝・加藤孝造さんの黄瀬戸茶盌で一服@多治見市美濃焼ミュージアム〔加藤孝造つながり(2)〕 [東美濃のミュージアム]

岐阜県多治見市にある多治見市美濃焼ミュージアムにおいて2019年5月26日(日曜日)まで、

 企画展「戦国桃山の茶入」

が開催されています。

s_190122美濃焼ミュージアム02.JPG
~ 多治見市美濃焼ミュージアムの表門横にある企画展と小企画展の案内板。

同ミュージアムのギャラリーM1において大窯期に入る戦国期から桃山期につくられた70数点の茶入が展示されています(展示作品の撮影は禁止)。

 ・展示会名:企画展「戦国桃山の茶入」
 ・開催期間:2019年1月19日(土)~5月26日(日)
 ・開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ・休館日 :月曜日(月曜日が祝日の場合は開館、翌平日休館)
 ・入館料 :大人310円、大学生210円






さて、2019年1月22日(火曜日)の午前11時30分頃、多治見市美濃焼ミュージアムへ行ってきました。

s_190122美濃焼ミュージアム01.JPG

多治見市美濃焼ミュージアムにおいては、企画展「戦国桃山の茶入」のほかに、小企画展「美濃が支えた 江戸時代の食卓」(2019年5月12日まで)、黄瀬戸、瀬戸黒、志野、織部などの美濃桃山陶を始めとする美濃焼の流れがわかる常設展示「美濃焼の1300年の流れ」、人間国宝・加藤孝造コレクションによる「荒川豊蔵展示室」などの展示も行われています。

また、立礼茶室において、9つの「今月の茶碗」の中から好きなお茶碗を選んでお抹茶とお菓子をいただくことができます(呈茶代500円和菓子付)。

今回、瀬戸黒の技術で人間国宝・加藤孝造さんの「黄瀬戸茶盌」でお抹茶をいただきました。

s_190122美濃焼ミュージアム04.JPG
~ 和菓子は、御菓子処「松谷園」の「うながっぱ 美濃初衣」(多治見市の花・桔梗の形のこし餡に きな粉と抹茶をまぶした和菓子)。

s_190122美濃焼ミュージアム05、加藤孝造「黄瀬戸茶盌」.JPG
~ 人間国宝・加藤孝造さんの黄瀬戸茶盌。

s_190122美濃焼ミュージアム06.JPG

☆ 多治見市美濃焼ミュージアム(岐阜県多治見市東町1-9-27)







nice!(84)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

とうしん美濃陶芸美術館で企画展「とうしんコレクションⅠ」、2019年4月14日(日)まで〔加藤孝造つながり(1)〕 [東美濃のミュージアム]

2019年1月22日(火曜日)の午前10時30分頃、東濃信用金庫(本店:岐阜県多治見市、愛称:とうしん)の研修施設「とうしん学びの丘エール」内にある「とうしん美濃陶芸美術館」へ行ってきました。

s_180122とうしん美濃陶芸美術館02.JPG
~ 左側の建物が講義棟、右側が研修棟。写真ではわかりませんが、2棟の奥に「とうしん美濃陶芸美術館」があります。

s_180122とうしん美濃陶芸美術館01.JPG







さて、「とうしん美濃陶芸美術館」において2019年4月14日(日曜日)までの期間、

とうしんコレクションⅠ
-所蔵品でみる美濃陶芸の世界-

が開催されています。

s_180122とうしん美濃陶芸美術館04.JPG
~ 美術館のエントランス、正面に見える陶壁「連」は瀬戸黒の技術で人間国宝の加藤孝造さんが制作したものです。

s_180122とうしん美濃陶芸美術館05.JPG

・企画展名:「とうしんコレクションⅠ」
・開催期間:2019年1月16日(水)~4月14日(日)
・開館時間:午前10時~午後5時
・休館日 :月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)
・入館料 :無料

加藤尊也「志野天目彩茶盌」、加藤孝造「黄瀬戸扁壷」、加藤卓男「藍彩貼花文双耳花入」などが展示されていますが、展示品の撮影は禁止されていますので、作品の写真はありません。

なお、所蔵品展示「美濃茶碗展」が同時開催されています。人間国宝の荒川豊蔵「瀬戸黒茶垸」、同 鈴木 藏「志埜茶碗」、同 加藤孝造「志野茶盌」、林 恭助「曜変」など28点の茶碗が展示されています(所蔵品展の作品も撮影禁止です)。

☆ とうしん美濃陶芸美術館(岐阜県多治見市虎渓山4-13-1)







nice!(87)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

人間国宝・加藤孝造さんの志野茶盌で一服@多治見市美濃焼ミュージアム [東美濃のミュージアム]

岐阜県多治見市にある多治見市美濃焼ミュージアムにおいて2019年1月14日(月曜日/祝日)まで、

 企画展
「あすてん 美濃陶芸の明日展2018」

が開催されています。

s_180907美濃焼ミュージアム①.JPG
~ 多治見市美濃焼ミュージアムの表門横にある企画展の案内板。

今回で5回目となる企画展「美濃陶芸の明日展2018」は、センパイ・セクションとフレッシュ・セクションの二部門構成で、現在活躍中のセンパイと教育機関卒業後5年以内のフレッシュの合計11名の作家の作品が展示されています(展示作品の撮影は禁止)。

 ・開催期間:2018年8月31日(金)~2019年1月14日(月/祝)
 ・開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ・休館日 :月曜日(休日の場合は翌平日)、年末年始
 ・入館料 :大人310円、大学生210円



さて、2018年12月11日(金曜日)の午後1時35分頃に、多治見市美濃焼ミュージアムへ行ってきました。

s_181211多治見市美濃焼ミュージアム01.JPG

多治見市美濃焼ミュージアムにおいては、企画展「美濃陶芸の明日展2018」のほかに、黄瀬戸、瀬戸黒、志野、織部などの美濃桃山陶を始めとする美濃焼の流れがわかる常設展示「美濃焼の1300年の流れ」 、人間国宝・加藤孝造コレクションによる「荒川豊蔵展示室」などの展示も行われています。

また、立礼茶室において、9つの「今月の茶碗」の中から好きなお茶碗を選んでお抹茶とお菓子をいただくことができます(呈茶代500円)。

今回、人間国宝の加藤孝造さんの「志野茶盌」でお抹茶をいただきました。

s_181211多治見市美濃焼ミュージアム03、加藤孝造「志野茶盌」.JPG

s_181211多治見市美濃焼ミュージアム05、加藤孝造「志野茶盌」.JPG

☆ 多治見市美濃焼ミュージアム(岐阜県多治見市東町1-9-27)




nice!(86)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 東美濃のミュージアム ブログトップ