So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
深緑茶房 ブログトップ
前の5件 | -

茶カフェ深緑茶房「お茶教室(2018年9月度)」が開かれました。 [深緑茶房]

茶カフェ深緑茶房の「お茶教室(2018年9月度)」が2018年9月18日(火曜日)午前11時より開かれました。

s_180918茶カフェ深緑茶房「お茶教室」①.JPG
~ 三重県松阪市飯南町の茶農家(農事生産法人・有限会社深緑茶房)が直営する茶カフェ深緑茶房は、名駅ミヤコ地下街4番出口を出てセブンイレブンの裏隣です。

講師は、深緑茶房の日本茶インストラクターの堀川由美さん。今回のテーマは、~「材質の違う急須」で淹れる緑茶の飲み比べ~ です。






さて、緑茶の定義、栽培方法、製造方法、緑茶を淹れる道具「急須」についてのレクチャー(テキストあり)の後、今回の「お茶教室」で行った「材質の違う急須」で淹れる緑茶の飲み比べは次の3通りです。

1.茶こしの違い:(左より)底網茶こし・共茶こし・サークル茶こし

s_180918茶カフェ深緑茶房「お茶教室」②、茶こしの違い.JPG

s_180918茶カフェ深緑茶房「お茶教室」③.JPG

2.急須の材質の違い:(左より)磁器・炻器(せっき)・ガラス

s_180918茶カフェ深緑茶房「お茶教室」④、材質の違い(磁器・炻器・ガラス・アルミ).JPG

s_180918茶カフェ深緑茶房「お茶教室」⑤.JPG

3.四日市萬古焼 vs 常滑焼

s_180918茶カフェ深緑茶房「お茶教室」⑥、常滑vs四日市萬古.JPG

s_180918茶カフェ深緑茶房「お茶教室」⑦.JPG
~ (左)四日市萬古焼、(右)常滑焼

なお、2018年10月度の茶カフェ深緑茶房「お茶教室」は10月23日(火曜日)午前11時より開かれる予定です。

☆ 茶カフェ深緑茶房「お茶教室(2018年9月度)」
 (名古屋市中村区名駅四丁目26-25メイフィス名駅ビル1階)
☆ 2018年9月18日(火曜日)午前11時~午後0時10分頃






nice!(74)  コメント(0) 

茶カフェ深緑茶房「お茶教室」、次回は9月18日(火曜日)に開催 [深緑茶房]

名古屋・名駅4丁目にある茶カフェ深緑茶房は、茶農家(農業生産法人・有限会社深緑茶房、本社:三重県松阪市飯南町)が直営する日本茶カフェです。

s_180821深緑茶房「お茶教室」①、外観.JPG
~ 茶カフェ深緑茶房は、名駅ミヤコ地下街4番出口を出て、セブンイレブンの裏隣です。

茶カフェ深緑茶房において新茶で繁忙な5月を除いて毎月、「お茶教室」が開かれています。



さて、次の茶カフェ深緑茶房「お茶教室」は、9月18日(火曜日)午前11時より開かれます。
取り上げるテーマは、~材質の違う急須で淹れる緑茶を飲み比べる~ です。

 ・日 時:2018年9月18日(火曜日)午前11時~
      ~「お茶教室」60分、お茶と甘味の時間:30分ほど)
 ・場 所:茶カフェ深緑茶房
      (名古屋市中村区名駅4丁目26-25メイフィス名駅ビル1階)
 ・講 師:堀川由美さん(日本茶インストラクター)
 ・テーマ:材質の違う急須で淹れる緑茶を飲み比べる
       ① 茶こしタイプ(3種類)の違い 
       ② 急須の材質(3種類)の違い 
 ・参加費:1,500円(税込、お茶と甘味付き)

s_171128茶カフェ深緑茶房「お茶教室」⑤、飲み比べ(材質の違う急須).JPG
~ 2017年11月28日に行われた「お茶教室」(テーマ:材質の違う急須で淹れる緑茶を飲み比べる)の様子。

茶カフェ深緑茶房の「お茶教室」についてのお問合せおよび参加申し込みは;
 茶カフェ深緑茶房
 電話:(052)551-3366






nice!(83)  コメント(0) 

茶カフェ深緑茶房「お茶教室(2018年8月度)」が開かれました。 [深緑茶房]

茶カフェ深緑茶房の「お茶教室(2018年8月度)」が2018年8月21日(火曜日)午前11時より開かれました。

s_180821深緑茶房「お茶教室」①、外観.JPG
~ 三重県松阪市飯南町の茶農家(農事生産法人・有限会社深緑茶房)が直営する茶カフェ深緑茶房は、名駅ミヤコ地下街4番出口を出てセブンイレブンの裏隣です。

講師は、深緑茶房の茶長で日本茶インストラクターの松本浩さん。今回のテーマは、~「ほうじ茶(※注)」の飲み比べ~ です。

(※注)、公益社団法人日本茶業中央会が定めた自主ルール「緑茶の表示基準」は「ほうじ茶」を「煎茶や番茶などを強い火で焙って製造したもの」と定義しています。






さて、「ほうじ茶」についてのレクチャーの後、今回の「お茶教室」で行った「ほうじ茶」の飲み比べは3通りです。

飲み比べ(その1)は、=炒り度(焙じ度)の違い/使用茶葉:茎茶(「かりがね」とも呼ぶ)」=です。

s_180821深緑茶房「お茶教室」④、炒り度の違い.JPG
~ 「炒り度(焙じ度)」は、左が炒ってない茎茶、真ん中が弱火で炒った「ほうじ茶」、右が強火で炒った「ほうじ茶」です。

s_180821深緑茶房「お茶教室」⑥、炒り度の違い.JPG
~ 水色(すいしょく)の違い。

飲み比べ(その2)は、=「ほうじ茶」の種類の違い=です。

s_180821深緑茶房「お茶教室」⑦、ほうじ茶の種類の違い.JPG
~ (左から順に)釜炒り茶の「ほうじ茶」、一番茶の「ほうじ茶」、秋冬番茶の「ほうじ茶」。

s_180821深緑茶房「お茶教室」⑨.JPG
~ 水色の違い。

飲み比べ(その3)は、=「抽出温度の違い/使用茶葉:茎茶の「ほうじ茶」=です。

s_180821深緑茶房「お茶教室」⑩、抽出温度の違い.JPG
~ (左)抽出温度(湯温)60℃x抽出時間90秒、(右)90℃x60秒。

s_180821深緑茶房「お茶教室」⑫.JPG
~ 水色の違い。

なお、2018年9月度の「お茶教室」は9月18日(火曜日)午前11時より開かれる予定です。

☆ 茶カフェ深緑茶房「お茶教室(2018年8月度)」
 (名古屋市中村区名駅四丁目26-25メイフィス名駅ビル1階)
☆ 2018年8月21日(火曜日)午前11時~午後0時10分頃






nice!(85)  コメント(0) 

茶カフェ深緑茶房「お茶教室」(2018年7月)~「夏の冷茶」を楽しむ~ [深緑茶房]

三重県松阪市の茶農家(農業生産法人・有限会社深緑茶房)が直営する茶カフェ深緑茶房において毎月(繁忙期の5月を除く)、「お茶教室」が開かれています。

s_180710深緑茶房「お茶教室」01.JPG
~ 茶カフェ深緑茶房は、は、名駅ミヤコ地下街4番出口を出てセブンイレブンの裏隣です。

講師は、深緑茶房の茶長で日本茶インストラクターの松本浩さんです。

 



さて、茶カフェ深緑茶房の「お茶教室」が2018年7月10日(火曜日)午前11時より開かれました。今回の「お茶教室」のテーマは、~「夏の冷茶」を楽しむ~ でした。

年中冷やして飲むペットボトル茶、日本の緑茶飲料の発達史、冷茶の特徴といれ方、冷茶にあう和菓子などについて学んだ後、次の4通りの飲み比べを行いました。

1)お茶の種類(深蒸し茶 vs かぶせ茶 vs 煎茶)

s_180710深緑茶房「お茶教室」03.JPG
~ お茶の種類(深蒸し茶vsかぶせ茶vs煎茶)の違い(茶葉5gx23℃x120秒)

2)浸出時間の違い

s_180710深緑茶房「お茶教室」04、浸出時間1分:3分.JPG
~ 浸出時間の違い(深蒸し茶5gx25℃x1分vs 3分)。

3)硬度の違う水

s_180710深緑茶房「お茶教室」07.JPG
~ 硬度の違う水(軟水36・硬水304・高硬水1310)。

4)急須でいれた深蒸し茶を急冷(オンザロック)

s_180710深緑茶房「お茶教室」10、急須で淹れ急冷.JPG
~ 急須でいれた深蒸し茶(5gx70℃x1分)を急冷(オンザロック)。

☆ 茶カフェ深緑茶房「お茶教室(2018年7月度)」
 (名古屋市中村区名駅四丁目26-25メイフィス名駅ビル1階)
☆ 2018年7月10日(火曜日)午前11時~午後0時15分頃

 



nice!(78)  コメント(0) 

「七夕プレート」@深緑茶房本店 [深緑茶房]

2018年6月29日(金曜日)の午後1時20分頃、三重県松阪市飯南町粥見にある日本茶カフェ「深緑茶房」へ行ってきました。

s_180629松阪市伊勢茶23、深緑茶房本店.JPG
~ 国道166号線沿いにある「深緑茶房」本店。

日本茶カフェ「深緑茶房」は、茶栽培から製茶(一次加工・仕上げ加工)、販売までを一貫協業経営で手掛けている農業生産法人の有限会社深緑茶房の本店に併設されている日本茶カフェです。

s_180629松阪市伊勢茶24、深緑茶房本店.JPG






さて、「深緑茶房」本店へ入店すると、棚に並んでいる茶箱が目に留まります。

s_180629松阪市伊勢茶25、深緑茶房本店.JPG

本店へ入って右側にある日本茶カフェでいただいたのは、和菓子とお茶のセット「七夕プレート」です。

s_180629松阪市伊勢茶26、深緑茶房本店.JPG
~ お茶は、伊勢深蒸し茶「深緑」を選びました。

s_180629松阪市伊勢茶27、深緑茶房本店.JPG
~ スイカシャーベット、パイン大福など。

☆ 日本茶カフェ「深緑茶房」(三重県松阪市飯南町粥見4209-2)
☆ 2018年6月29日(金曜日)午後1時20分頃利用






nice!(67)  コメント(0) 
前の5件 | - 深緑茶房 ブログトップ