So-net無料ブログ作成
甘楽花子(京都・聖護院) ブログトップ
前の5件 | -

菓銘「水の彩」と菓銘「草の露」 [甘楽花子(京都・聖護院)]

甘楽花子(かんらく はなご)は、京都・東山丸太町交差点の東(聖護院山王町)にある京菓子のお店です。

s_190716甘楽花子01.JPG

s_190716甘楽花子02.JPG

ご主人の内藤豪剛さんが、あん炊き、生地作り、包餡などのすべての工程をお一人でこなされています。店内には16席ほど(テーブル席+カウンター席)の喫茶スペースがあり、ショーケースに並んでいる生菓子からお好みの生菓子を選び、抹茶または煎茶といっしょにいただくことができます(予約不要)。






さて、2019年7月16日(火曜日)午後1時頃、甘楽花子さんへ行ってきました。

s_190716甘楽花子03.JPG

今回はテーブル席で、生菓子2個とお抹茶をいただきました。

s_190716甘楽花子06、水の彩.JPG
~ そぼろの代わりに、さいの目に切った錦玉で三彩の餡玉を包んでいます。キラキラ光る錦玉が水面を連想させます。

s_190716甘楽花子09、草の露.JPG
~ 菓銘「草の露」(きんとん製)。

☆ 甘楽花子(かんらくはなご)
 (京都市左京区聖護院山王町16-21メゾン・ハギタ101号)






nice!(74)  コメント(2) 

花子さんで「京蕪」(薯蕷製)と「初霜」(きんとん製) [甘楽花子(京都・聖護院)]

甘楽花子(かんらく はなご)(以下、「花子さん」)は、京都・東山丸太町交差点の東(聖護院山王町)にある京菓子のお店です。

s_181201甘楽花子01.JPG
~ 花子さんは、京都聖護院郵便局西隣のビルの1階です。

ご主人の内藤豪剛(ひでたか)さんが、あん炊き、生地作り、包餡などのすべての工程をお一人でこなされています。店内には16席ほど(テーブル席+カウンター席)の喫茶スペースがあり、ショーケースに並んでいる生菓子からお好みの生菓子を選び、抹茶または煎茶といっしょにいただくことができます(予約不要)。

s_180625甘楽花子④、店内.JPG
~ 花子さんの店内(この写真のみ移転新店オープン日の2018年6月25日撮影)。



さて、2018年12月1日(土曜日)の午後0時5分頃、花子さんへ行ってきました。

ショーケースに並んでいるお菓子の中から選んだのは、「京蕪」(上用まんじゅう)です。

s_181201甘楽花子04、京の蕪.JPG
~ 生菓子と抹茶のセット税込800円。

「京蕪」をいただいた後、お菓子を追加しました。

s_181201甘楽花子06、初霜.JPG
~ 菓銘「初霜」(きんとん製)。

☆ 甘楽花子(かんらくはなご)
 (京都市左京区聖護院山王町16-21メゾン・ハギタ101号)




nice!(92)  コメント(0) 

3種の菓銘「はしり紅葉」@花子さん [甘楽花子(京都・聖護院)]

甘楽花子(かんらく はなご)(以下、「花子さん」)は、京都・東山丸太町交差点の東(聖護院山王町)にある京菓子のお店です。

s_181101甘楽花子01、外観.JPG
~ 花子さんは、京都聖護院郵便局西隣のビルの1階です。

ご主人の内藤豪剛(ひでたか)さんが、あん炊き、生地作り、包餡などのすべての工程をお一人でこなされています。店内には16席ほど(テーブル席+カウンター席)の喫茶スペースがあり、ショーケースに並んでいる生菓子からお好みの生菓子を選び、抹茶または煎茶といっしょにいただくことができます(予約不要)。

s_180625甘楽花子④、店内.JPG
~ 花子さんの店内(この写真のみ移転新店オープン日の2018年6月25日撮影)。






さて、2018年11月1日(木曜日)の午前11時頃、花子さんへ行ってきました。

ショーケースに並んでいるお菓子の中から選んだのは、菓銘が「はしり紅葉」のきんとんと羊羹です。

s_181101甘楽花子04、菓銘「はしり紅葉」.JPG
~ 左上が菓銘「はしり紅葉」(きんとん)、右下が菓銘「はしり紅葉」(羊羹)です。

「はしり紅葉」(羊羹)、抹茶、そして「はしり紅葉」(きんとん)の順にいただきました。

s_181101甘楽花子08.JPG

ショーケースの中に並んでいた菓銘が「はしり紅葉」という三角形をしたお菓子を追加しました。

s_181101甘楽花子09、菓銘「はしり紅葉」(三角形).JPG
~ 三角形をした「はしり紅葉」は、餡好きにはたまらないお菓子です。

s_181101甘楽花子10.JPG
~ (下から上へ)村雨(漉し餡)・粒餡・栗餡・村雨(白餡※)。※黄色・オレンジ色・緑色の三色に染められた村雨(白餡)が使われていました。

4つの餡のハーモニーを楽しみながらいただきました。

☆ 甘楽花子(かんらくはなご)
 (京都市左京区聖護院山王町16-21メゾン・ハギタ101号)
☆ 2018年11月1日(木曜日)午前11時頃利用






nice!(86)  コメント(0) 

稚児の袖とわだつみ@花子さん新店舗 [甘楽花子(京都・聖護院)]

甘楽花子(かんらく はなご)は、京都・東山丸太町交差点の東(聖護院山王町)にある京菓子のお店です。

s_180716甘楽花子①.JPG

s_180625甘楽花子④、店内.JPG
~ 花子さんの新店舗の店内(この写真のみ、2018年6月25日撮影)。

ご主人の内藤さんが、あん炊き、生地作り、包餡などのすべての工程をお一人でこなされています。店内には16席ほど(テーブル席+カウンター席)の喫茶スペースがあり、ショーケースに並んでいる生菓子からお好みの生菓子を選び、抹茶または煎茶といっしょにいただくことができます(予約不要)。






さて、2018年7月16日(月曜日/海の日)の午前11時30分頃、花子さんで生菓子2個とお抹茶をいただきました。

s_180716甘楽花子③、稚児の袖.JPG
~ 「稚児の袖」(葛焼製)。

s_180716甘楽花子④、わだつみ.JPG
~ 「わだつみ」(きんとん製)。〔わだつみ 海神 海〕

☆ 甘楽花子(かんらくはなご)
 (京都市左京区聖護院山王町16-21メゾン・ハギタ101号)
☆ 2018年7月16日(月曜日/海の日)午前11時30分頃利用






nice!(68)  コメント(0) 

草の露と桂皮餅@花子さん新店舗 [甘楽花子(京都・聖護院)]

甘楽花子(かんらく はなご)は、京都・東山丸太町交差点の東(聖護院山王町)にある京菓子のお店です。

s_180625甘楽花子④、店内.JPG
~ 花子さんの新店舗の店内。

ご主人の内藤さんが、あん炊き、生地作り、包餡などのすべての工程をお一人でこなされています。店内には16席ほど(テーブル席+カウンター席)の喫茶スペースがあり、ショーケースに並んでいる生菓子からお好みの生菓子を選び、抹茶または煎茶といっしょにいただくことができます(予約不要)。
甘楽花子(かんらく はなご)は、京都・東山丸太町交差点の東(聖護院山王町)にある京菓子のお店です。

s_180716甘楽花子①.JPG

s_180625甘楽花子④、店内.JPG
~ 花子さんの新店舗の店内(この写真のみ、2018年6月25日撮影)。

ご主人の内藤さんが、あん炊き、生地作り、包餡などのすべての工程をお一人でこなされています。店内には16席ほど(テーブル席+カウンター席)の喫茶スペースがあり、ショーケースに並んでいる生菓子からお好みの生菓子を選び、抹茶または煎茶といっしょにいただくことができます(予約不要)。






さて、2018年7月16日(月曜日/海の日)の午前11時30分頃、花子さんで生菓子2個とお抹茶をいただきました。

s_180716甘楽花子③、稚児の袖.JPG
~ 「稚児の袖」(葛焼製)。

s_180716甘楽花子④、わだつみ.JPG
~ 「わだつみ」(きんとん製)。〔わだつみ 海神 海〕

☆ 甘楽花子(かんらくはなご)
 (京都市左京区聖護院山王町16-21メゾン・ハギタ101号)
☆ 2018年7月16日(月曜日/海の日)午前11時30分頃利用






(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


nice!(77)  コメント(0) 
前の5件 | - 甘楽花子(京都・聖護院) ブログトップ