So-net無料ブログ作成
笹屋伊織の女将塾 ブログトップ
前の5件 | -

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~桃花色の会」、2019年3月6日(水曜日)に開催されます。 [笹屋伊織の女将塾]

享保元年(1716年)創業の京菓匠「笹屋伊織」がプロデュースする「京都イオリカフェ」が主催する笹屋伊織の女将塾「愛される所作~桃花色の会」が2019年3月6日(水曜日)、名古屋・名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルームにおいて開催されます。

s_190206女将塾「愛される所作~梅紫色の会」02.JPG
~ 2019年2月6日に開催された「愛される所作~梅紫色の会」(午後の部)の様子。

笹屋伊織の女将塾「愛される所作 ~桃花色の会」の開催概要は次の通りです。

・ 開催日   :2019年3月6日(水曜日)、午前・午後・夜の3部制
・ 開催場所  :名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルーム
・ 今月のお菓子:蓬莱山(ほうらいさん)
・ 参加費   :2,000円(税込)
・ 定員    :各回24名

女将塾「愛される所作」の講師は、講演歴15年、2018年の講演実績91回の京菓匠「笹屋伊織」十代目女将の田丸みゆきさんです。

s_190206女将塾「愛される所作~梅紫色の会」03.JPG
~ 講師の田丸みゆきさん、2019年2月6日に開かれた女将塾「愛される所作 ~梅紫色の会(午後の部)」で撮影。






さて、2018年度笹屋伊織の女将塾の最終回となる「愛される所作~桃花色の会」で田丸先生が取り上げる今月のお菓子は、上記の通り、「蓬莱山(ほうらいさん)」です。

今は少なくなりましたが、結婚披露宴の引き出物などとして使われる祝い菓子の「蓬莱山」※は、きんとんで飾り付けた薯蕷饅頭の中に色とりどりの小さな薯蕷饅頭が入っているので「子持ち饅頭」と呼ばれることがあります。
(※)「蓬莱山」は中国の不老不死の仙人が住むと伝わる理想の島のことです。

次の写真は、2018年3月8日に行われた女将塾「愛される所作~桃色の会」で撮った「蓬莱山」です。

s_180308女将塾「愛される所作~桃色の会」08.JPG

s_180308女将塾「愛される所作~桃色の会」09.JPG

s_180308女将塾「愛される所作~桃色の会」10.JPG


笹屋伊織の女将塾「愛される所作」にご興味のある方は、開催詳細、申込方法などが載っている「田丸みゆきオフィシャルサイト」の講演情報ページをご覧ください(ウェブ申込ができるようになりました)。→ こちら

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。







nice!(77)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~梅紫色の会」を受講しました。 [笹屋伊織の女将塾]

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~梅紫色の会」が2019年2月6日(水曜日)、名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルームにおいて開催されました。午前・午後・夜の3部制(各回定員24名)。

 ・午前の部:11:30~12:30
 ・午後の部:14:00~15:00
 ・夜の部 :19:00~20:00

講師は、享保元年(1716年)創業の京菓匠「笹屋伊織」10代目女将の田丸みゆきさん※です。

s_190206女将塾「愛される所作~梅紫色の会」04.JPG
~ 4月からの女将塾「愛される所作(2019年度)」のチラシが出来上がったことを紹介する田丸先生。今回掲載した写真はすべて2019年2月6日に撮影したものです。

2018年度の笹屋伊織の女将塾「愛される所作」は前年度同様、毎月のテーマカラーが決まっています。

「好評につき、今年度も毎月の色のテーマを決めました。お召し物や小物に各月のテーマの色を身につけてお楽しみください。」
が田丸先生から受講者へのメッセージです。

※田丸先生のプロフィール、定期セミナー情報などについては、「田丸みゆきオフィシャルサイト」をご覧ください。 → こちら

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトに載っているセミナーレポートをご参照ください。








さて、2019年2月6日(水曜日)の午後2時5分頃より始まった笹屋伊織の女将塾「愛される所作~梅紫色の会」(2018年度第11回)の午後の部を受講しました。

s_190206女将塾「愛される所作~梅紫色の会」02.JPG
~ 2018年度第11回の女将塾のテーマカラーは梅紫色」。

田丸先生が今回の女将塾で取り上げたお菓子は、「春のきんとん 秋のきんとん」です。「きんとん」は、茶席菓子の代表格で、芯となる餡玉に篩(ふるい)で出したそぼろ餡をつけたお菓子です。

田丸先生が当日朝、京都より新幹線に乗ってご自分で運んできた「春のきんとん」は、菓銘が「菜種きんとん」、「爛漫」および「藤棚」の3種類、「秋のきんとん」は、菓銘が「野菊」、「唐錦」および「木枯し」の3種類です。

s_190206女将塾「愛される所作~梅紫色の会」25.JPG
~ 「春のきんとん」。

s_190206女将塾「愛される所作~梅紫色の会」23.JPG
~ 「秋のきんとん」。

今回の女将塾においては、きんとんの菓子器への盛りつけ方、お茶席におけるきんとんの頂き方、懐紙の折り方、黒文字の使い方などを学びました。詳細につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトに掲載されているセミナーレポートをご参照願います。

s_190206女将塾「愛される所作~梅紫色の会」26.JPG
~ 菓子器に見立てた福桝は、田丸先生が今年の京都・松尾大社の節分祭において福豆撒きをご奉仕された時に使った縁起物です。

なお次回は、2019年3月6日(水曜日)に開かれる女将塾「愛される所作~桃花色の会」です。
 ・今月の色  :桃花色
 ・今月のお菓子:蓬莱山
 ・今月の話題 :老舗
 ・参加費   :2,000円

女将塾への参加申込につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトの講演情報ページよりウェブ申込みされるか、京菓匠 笹屋伊織 本社へ電話でご連絡願います。

受付時間:午前9時~午後5時  定休日:火曜日
電話:(075)692-3833

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。







nice!(105)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~梅紫色の会」、2019年2月6日(水)に開催されます。 [笹屋伊織の女将塾]

享保元年(1716年)創業の京菓匠「笹屋伊織」がプロデュースする「京都イオリカフェ」が主催する笹屋伊織の女将塾「愛される所作~梅紫色の会」が2019年2月6日(水曜日)、名古屋・名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルームにおいて開催されます。

s_181114女将塾「愛される所作~紺色の会」03.JPG
~ 2018年11月14日に開催された「愛される所作~紺色の会」(午後の部)の様子。

笹屋伊織の女将塾「愛される所作 ~梅紫色の会」の開催概要は次の通りです。

・ 開催日   :2019年2月6日(水曜日)、午前・午後・夜の3部制
・ 開催場所  :名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルーム
・ 今月のお菓子:春のきんとん・秋のきんとん
・ 参加費   :2,000円(税込)
・ 定員    :各回24名

女将塾「愛される所作」の講師は、講演歴15年、2018年の講演実績91回の京菓匠「笹屋伊織」十代目女将の田丸みゆきさんです。

s_181114女将塾「愛される所作~紺色の会」04.JPG
~ 講師の田丸みゆきさん、2018年11月14日に開かれた女将塾「愛される所作 ~紺色の会(午後の部)」で撮影。






さて、2月6日(水曜日)の女将塾「愛される所作~梅紫色の会」の今月のお菓子は、上記の通り「春のきんとん・秋のきんとん」です。

「きんとん」といえば、芯となる餡玉にそぼろ状の餡を付けた和菓子ですが、季節によって変身します。そぼろの色使いと菓銘の付け様によって季節を表現する「きんとん」は、和菓子職人の技と感性の見せ所です。

s_161207和の美人度アップ講座07、きんとん(聖夜).JPG
~ 笹屋伊織の「聖夜」(きんとん製)、2016年12月7日開催の女将塾で撮影。

笹屋伊織の女将塾「愛される所作」にご興味のある方は、開催詳細、申込方法などが載っている「田丸みゆきオフィシャルサイト」の講演情報ページをご覧ください(ウェブ申込ができるようになりました)。→ こちら

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。







nice!(85)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~緋色の会」が開かれました〔特別講座「職人による和菓子作り体験」〕 [笹屋伊織の女将塾]

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~緋色の会」が2019年1月23日(水曜日)、名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルームにおいて開催されました。午前・午後・夜の3部制(各回定員24名)。

 ・午前の部:11:30~12:30
 ・午後の部:14:00~15:00
 ・夜の部 :19:00~20:00

講師は、享保元年(1716年)創業の京菓匠「笹屋伊織」10代目女将の田丸みゆきさん※です。

s_190123女将塾「愛される所作~緋色の会」20.JPG
~ 講演歴15年の田丸先生が洋服姿で講演に登壇するのは、この日が初めてだそうです。

2018年度の笹屋伊織の女将塾「愛される所作」は前年度同様、毎月のテーマカラーが決まっています。

「好評につき、今年度も毎月の色のテーマを決めました。お召し物や小物に各月のテーマの色を身につけてお楽しみください。」
が田丸先生から受講者へのメッセージです。

※田丸先生のプロフィール、定期セミナー情報などについては、「田丸みゆきオフィシャルサイト」をご覧ください。 → こちら

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトに載っているセミナーレポートをご参照ください。








さて、2019年1月23日(水曜日)の午後2時5分頃より始まった笹屋伊織の女将塾「愛される所作~緋色の会」(2018年度第10回)の午後の部を受講しました。

s_190123女将塾「愛される所作~緋色の会」01.JPG
~ 2018年度第10回の女将塾のテーマカラーは「緋色」。

今回の女将塾は特別講座で、職人による和菓子作り体験です。田丸先生より特別講師の紹介がありました。

s_190123女将塾「愛される所作~緋色の会」02.JPG
~ (中央)中堅職人の伊藤さんは愛知県豊田市出身、(右側)入社3年目の川合さんは岐阜県土岐市出身。

今回取り上げた和菓子は「酒まんじゅう(二重餡仕立て)」で、川合さんの実演をお手本に参加者が二重餡を酒まんじゅう生地で包んだ後、(自分で包餡した)酒まんじゅうと(職人が包餡した)普通の薯蕷まんじゅうを食べ比べながらお抹茶をいただくという楽しい企画でした。

s_190123女将塾「愛される所作~緋色の会」17.JPG
~ 川合さんが実際に作った「酒まんじゅう(二重餡仕立て)」(左側)と普通の薯蕷まんじゅう。

s_190123女将塾「愛される所作~緋色の会」18.JPG
~ 上記の写真の酒まんじゅうの断面。

川合さんの実演につきましては割愛しますので、田丸みゆきオフィシャルサイトに掲載されるセミナーレポートをご参照願います。

なお次回は、2019年2月6日(水曜日)に開かれる女将塾「愛される所作~梅紫色の会」です。
 ・今月の色:梅紫色
 ・和菓子 :春のきんとん・秋のきんとん
 ・参加費 :2,000円

女将塾への参加申込につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトの講演情報ページよりウェブ申込みされるか、京菓匠 笹屋伊織 本社へ電話でご連絡願います。

受付時間:午前9時~午後5時  定休日:火曜日
電話:(075)692-3833

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。







nice!(87)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

投扇興体験で盛り上がった笹屋伊織の女将塾「愛される所作~常盤色の会」 [笹屋伊織の女将塾]

2018年12月12日(水曜日)午後2時から始まった笹屋伊織の女将塾「愛される所作~常盤色の会」において、投扇興体験が組まれていました。

投扇興とは、扇を投げて枕(桐箱)の上の蝶(的)を落として、蝶の立・倒、枕と扇の位置により点数表を参照して採点し勝敗を決める日本の伝統遊戯です。

どんな遊戯なのか、田丸先生のお手本をご覧ください。

s_181212女将塾「愛される所作~常盤色の会」10.JPG
~ 扇を投げて枕(桐箱)の上に乗った蝶(的)を落とします。

扇を投げた!

s_181212女将塾「愛される所作~常盤色の会」11.JPG

外れた!

s_181212女将塾「愛される所作~常盤色の会」12.JPG
~ 悔しそうな顔の田丸先生。



さて、田丸先生のお手本が終わると、参加者による投扇興体験。本来は十投ですが、時間がかかるので各参加者5投の合計点数で順位を争いました。

参加者が奇数だったので、最後の組に田丸先生が参戦。ここで本番に強い田丸先生が本領を発揮しました。

s_181212女将塾「愛される所作~常盤色の会」13.JPG

s_181212女将塾「愛される所作~常盤色の会」14.JPG

s_181212女将塾「愛される所作~常盤色の会」16.JPG

扇が蝶(的)を落とした後に枕(桐箱)に乗るという高得点技(35点)です。

s_181212女将塾「愛される所作~常盤色の会」17.JPG
~ 最後はカメラ目線。

この高得点により、田丸先生が優勝しました。




nice!(85)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 笹屋伊織の女将塾 ブログトップ