So-net無料ブログ作成
たねやグループ ブログトップ
前の5件 | -

鎮守の杜にある赤い暖炉のあるカフェ「八日市の杜カフェ」でアルモニーバナーヌとコーヒー [たねやグループ]

2019年9月14日(土曜日)午後2時30分頃、滋賀県東近江市八日市緑町にある「八日市の杜」へ行ってきました。

s_190914八日市の杜カフェ02.JPG
~ 「八日市の杜」のエントランス。

「八日市の杜」は、2017年1月10日に若松天神社境内(鎮守の杜)にオープンした、和菓子「たねや」、洋菓子「クラブハリエ」、完全予約制の「シェフズカウンター」および「八日市の杜カフェ」から構成されるたねやグループ直営の複合商業施設です。

s_190914八日市の杜カフェ04.JPG
~ 横から見るエントランスホール。




さて、エントランスホールを抜け店舗に入り、「たねや」の和菓子、「クラブハリエ」のバームクーヘン・チョコレート・ケーキが並んでいるショーケースの前を通り、「シェフズカウンター」の先にある赤い暖炉があるカフェを利用しました。

s_190914八日市の杜カフェ05.JPG

静かで、清らかで、落ち着くカフェでオーダーしたのは、アルモニーバナーヌとホットコーヒーです。

s_190914八日市の杜カフェ07、アルモニーバナーヌ.JPG

s_190914八日市の杜カフェ10、アルモニーバナーヌ.JPG

☆ 「八日市の杜」(滋賀県東近江市八日市緑町38-15)

s_190914八日市の杜カフェ01.JPG






nice!(92)  コメント(0) 

特集陳列「湖東焼 彦根で生まれた優雅なやきもの」、たねや美濠美術館において2019年9月下旬まで開催中 [たねやグループ]

国宝彦根城のお堀端にある和洋菓子製造販売のたねやグループが運営する複合商業施設「たねや彦根美濠の舍(みほりのや)」には、和菓子「たねや」、洋菓子「クラブハリエ」、「美濠茶屋」、「美濠カフェ」などがあります。

s_190609たねや彦根美濠の舎01.JPG
~ 入口にある施設名「たねや彦根美濠の舎」が刻まれた大きな石。2019年6月9日撮影。

s_190609たねや彦根美濠の舎02、たねや.JPG
~ 和菓子「たねや」。1階に販売店、2階に「美濠茶屋」。撮影日同上。

s_190609たねや彦根美濠の舎03、クラブハリエ.JPG
~ 洋菓子「クラブハリエ」。1階に販売店、2階に「美濠カフェ」。撮影日同上。






さて、2019年6月9日(日曜日)の午前10時15分頃、「たねや彦根美濠の舎」へ行ってきました。

s_190609たねや美濠美術館01.JPG
~ 「たねや彦根美濠の舎」にある第3の建物です。撮影日同上。

「たねや彦根美濠の舎」を訪ねた目的は、湖東焼に特化したミュージアム「たねや美濠(みほり)美術館」において2019年9月下旬まで開かれている特集陳列「湖東焼 彦根で生まれた優雅なやきもの」を観覧することです。

s_190609たねや美濠美術館13.JPG
~ 「たねや美濠美術館」入口前にある案内板。撮影日同上。

特集陳列 「湖東焼 彦根で生まれた優雅なやきもの」

☆ 「たねや美濠美術館」特集陳列「湖東焼 彦根で生まれた優雅なやきもの」
 ・住 所 :滋賀県彦根市本町1丁目2-33「たねや彦根美濠の舍」内)
 ・展示作品:55点
 ・会 期 :2019年5月29日(金曜日)~2019年9月下旬(予定)
 ・開館時間:午前10時~午後5時
 ・休館日 :不定休(年末年始、展示替え期間中)
 ・入館料 :500円(税込)
 ・備 考 :湖東焼についての詳しいご説明が必要な場合は、
       土日祝日に限り美術館の杉岡さんが案内してくださいます。

湖東焼(ことうやき)は、彦根城下の呉服商・絹屋半兵衛らによる文政12年(1829年)の開窯から明治28年(1895年)の山口喜平窯の閉窯までの67年間、彦根で焼かれた焼物です(参考:彦根城博物館展示解説シート「湖東焼」)。

「たねや美濠美術館」における展示品の写真撮影は禁止されていますので展示品の写真はありませんが、鳴鳳作「赤絵金彩鶉図水指」、自然斎作「赤絵金彩斎王代行列図急須」」などが展示されています。

鳴鳳作「赤絵金彩鶉図水指」と同等の作品に彦根城博物館所蔵の芦雁図水指があります。

s_181001彦根城博物館⑤、湖東焼金襽手芦雁図水指(鳴鳳作).JPG
~ 「湖東焼金襴手芦雁図水指」(鳴鳳作)、彦根城博物館において2018年10月1日撮影。

s_181001彦根城博物館⑥.JPG

☆ 「たねや美濠美術館」
 (滋賀県彦根市本町1-2-33「たねや彦根美濠の舎」内)






nice!(83)  コメント(0) 

「八日市の杜カフェ」へ行ってきました〔滋賀県東近江市〕 [たねやグループ]

2019年5月25日(日曜日)午前10時頃、滋賀県東近江市八日市緑町にある「八日市の杜」へ行ってきました。

s_190525八日市の杜03.JPG
~ 「八日市の杜」のエントランス。

「八日市の杜」は、2017年1月10日に若松天神社境内(鎮守の杜)にオープンした、和菓子「たねや」、洋菓子「クラブハリエ」、完全予約制の「シェフズカウンター」および「八日市の杜カフェ」から構成されるたねやグループ直営の複合商業施設です。

s_190525八日市の杜05.JPG
~ 横から見るエントランスホール。






さて、エントランスホールを抜け店舗に入り、「たねや」の和菓子、「クラブハリエ」のバームクーヘン・チョコレート・ケーキが並んでいるショーケースの前を通り、「シェフズカウンター」の先にある赤い暖炉があるカフェを利用しました。

s_190525八日市の杜06、シェフズカウンター.JPG
~ 完全予約制の「シェフズカウンター」(6席)の先に赤い暖炉が見えます。

s_190525八日市の杜07、カフェ.JPG

カフェでオーダーしたのは、期間限定のカフェメニューのスペシャリテデセールです。飲み物はダージリンティーを選びました。

s_190525八日市の杜09、スペシャリテデセール.JPG

s_190525八日市の杜11.JPG

☆ 「八日市の杜」(滋賀県東近江市八日市緑町38-15)






nice!(96)  コメント(2) 

特集陳列「湖東焼 幕末の華やかな器」、たねや美濠美術館で2019年5月下旬まで開催中 [たねやグループ]

国宝彦根城のお堀端にある和洋菓子製造販売のたねやグループが運営する複合商業施設「たねや彦根美濠の舍(みほりのや)」には、和菓子「たねや」、洋菓子「クラブハリエ」、「美濠茶屋」、「美濠カフェ」などがあります。

s_190203たねや彦根美濠の舎01.JPG
~ 入口にある施設名「たねや彦根美濠の舎」が刻まれた大きな石。2019年2月2日撮影。

s_190203たねや彦根美濠の舎03.JPG
~ 和菓子「たねや」。1階に販売店、2階に「美濠茶屋」。撮影日同上。

s_190203たねや彦根美濠の舎02.JPG
~ 洋菓子「クラブハリエ」。1階に販売店、2階に「美濠カフェ」。撮影日同上。






さて、2019年2月2日(土曜日)の午前11時55分頃、「たねや彦根美濠の舎」へ行ってきました。

s_190203たねや彦根美濠の舎04.JPG
~ 「たねや彦根美濠の舎」にある第3の建物です。撮影日同上。

「たねや彦根美濠の舎」を訪ねた目的は、湖東焼に特化したミュージアム「たねや美濠(みほり)美術館」において2019年5月下旬まで開かれている特集陳列を観覧することです。

s_190203たねや彦根美濠の舎05.JPG
~ 「たねや美濠美術館」の入口。撮影日同上。

特集陳列 「湖東焼 幕末の華やかな器」

☆ 「たねや美濠美術館」特集陳列「湖東焼 幕末の華やかな器」
 ・住 所 :滋賀県彦根市本町1丁目2-33「たねや彦根美濠の舍」内)
 ・展示作品:53点
 ・会 期 :2019年1月25日(金曜日)~2019年5月下旬(予定)
 ・開館時間:午前10時~午後5時
 ・休館日 :不定休(年末年始、展示替え期間中)
 ・入館料 :500円(税込)
 ・備 考 :湖東焼についての詳しいご説明が必要な場合は、
       土日祝日に限り美術館の杉岡さんが案内してくださいます。

湖東焼(ことうやき)は、彦根城下の呉服商・絹屋半兵衛らによる文政12年(1829年)の開窯から明治28年(1895年)の山口喜平窯の閉窯までの67年間、彦根で焼かれた焼物です(参考:彦根城博物館展示解説シート「湖東焼」)。

「たねや美濠美術館」における展示品の写真撮影は禁止されていますので展示品の写真はありませんが、「赤絵金彩鶉図水指」(鳴鳳作)、「直亮公時代 染付双竜図 薄端形花器 一対」などが展示されています。

「赤絵金彩鶉図水指」(鳴鳳作)と同等の作品に彦根城博物館所蔵の芦雁図水指があります。

s_181001彦根城博物館⑤、湖東焼金襽手芦雁図水指(鳴鳳作).JPG
~ 「湖東焼金襴手芦雁図水指」(鳴鳳作)、彦根城博物館において2018年10月1日撮影。

s_181001彦根城博物館⑥.JPG

☆ 「たねや美濠美術館」
 (滋賀県彦根市本町1-2-33「たねや彦根美濠の舎」内)

s_190203たねや彦根美濠の舎07.JPG
~ 2019年2月2日撮影。






nice!(86)  コメント(0) 

赤い暖炉があるクラブハリエ「八日市の杜カフェ」へ行ってきました〔滋賀県東近江市〕 [たねやグループ]

2018年12月15日(土曜日)午前10時頃、滋賀県東近江市八日市緑町にある「八日市の杜」へ行ってきました。「八日市の杜」は、近江鉄道八日市駅から駅前グリーンロードを歩いて(私の足で)18分ほどのところにあります。一本道。

s_181215八日市02.JPG
~ 近江鉄道八日市駅。

s_181215八日市03 (1).JPG
~ 八日市駅前の駅前グリーンロード。

s_181215八日市の杜01.JPG
~ この看板が目印です。

「八日市の杜」は、2017年1月10日に若松天神社境内(鎮守の杜)にオープンした、和菓子「たねや」、洋菓子「クラブハリエ」、完全予約制の「シェフズカウンター」および「八日市の杜カフェ」から構成されるたねやグループの直営店舗です。

s_181215八日市の杜04.JPG
~ 「八日市の杜」のエントランス。

s_181215八日市の杜05.JPG

s_181215八日市の杜06.JPG
~ 横から見るエントランスホール、和菓子売場が見えます。



さて、「八日市の杜」の洋菓子売場のショーケースに並んでいるケーキの中からモンブランを選び、カフェでイートインする旨スタッフに伝え、引き換え券をもらいました。

s_181215八日市の杜07.JPG
~ ケーキコーナーのレジ横に飾ってあったお菓子の家。

「八日市の杜カフェ」は、完全予約制の「シェフズカウンター」(6席)の先にあります。

s_181215八日市の杜08、シェフズカウンター.JPG
~ 「シェフズカウンター」。

「八日市の杜カフェ」のレジでホットコーヒーをオーダー、ケーキとコーヒーの代金を支払いました(先払い方式)。

s_181215八日市の杜09.JPG
~ カフェのレジ横に飾ってあったお菓子の家。

s_181215八日市の杜10.JPG
~ 火を噴く赤い暖炉の先にロングテーブル、奥にステンドグラスが見えます。

s_181215八日市の杜13、モンブラン.JPG
~ 愛媛県中山産の栗を使うモンブラン。

s_181215八日市の杜12.JPG
~ カフェの中央に設置されたロングテーブルは、八日市波璃絵館 2階のカフェで使っていたものを受け継いでいます。

☆ 「八日市の杜カフェ」
 ・住所  :〒527-0023 滋賀県東近江市八日市緑町38-15
 ・電話番号:(0748)22-7777
 ・営業時間:午前10時~午後6時(オーダーストップ午後5時)
      (和菓子・洋菓子売場は午前9時より営業)
 ・定休日 :年中無休(1月1日を除く)




nice!(93)  コメント(1) 
前の5件 | - たねやグループ ブログトップ