So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

花子さんで「京蕪」(薯蕷製)と「初霜」(きんとん製) [甘楽花子]

甘楽花子(かんらく はなご)(以下、「花子さん」)は、京都・東山丸太町交差点の東(聖護院山王町)にある京菓子のお店です。

s_181201甘楽花子01.JPG
~ 花子さんは、京都聖護院郵便局西隣のビルの1階です。

ご主人の内藤豪剛(ひでたか)さんが、あん炊き、生地作り、包餡などのすべての工程をお一人でこなされています。店内には16席ほど(テーブル席+カウンター席)の喫茶スペースがあり、ショーケースに並んでいる生菓子からお好みの生菓子を選び、抹茶または煎茶といっしょにいただくことができます(予約不要)。

s_180625甘楽花子④、店内.JPG
~ 花子さんの店内(この写真のみ移転新店オープン日の2018年6月25日撮影)。



さて、2018年12月1日(土曜日)の午後0時5分頃、花子さんへ行ってきました。

ショーケースに並んでいるお菓子の中から選んだのは、「京蕪」(上用まんじゅう)です。

s_181201甘楽花子04、京の蕪.JPG
~ 生菓子と抹茶のセット税込800円。

「京蕪」をいただいた後、お菓子を追加しました。

s_181201甘楽花子06、初霜.JPG
~ 菓銘「初霜」(きんとん製)。

☆ 甘楽花子(かんらくはなご)
 (京都市左京区聖護院山王町16-21メゾン・ハギタ101号)



nice!(92)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理