So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「INAXライブミュージアム」において企画展「和製マジョリカタイル-憧れの連鎖」」、2019年4月9日(火曜日)まで開催中 [INAXライブミュージアム]

愛知県常滑市にある「INAXライブミュージアム」は、世界のタイル博物館、窯のある広場・資料館、建築陶器のはじまり館、土・どろんこ館、陶楽工房、ものづくり工房から構成される複合文化施設です。

s_181103INAXライブミュージアム01、世界のタイル博物館.JPG
~ 総合受付がある世界のタイル博物館。

s_181103INAXライブミュージアム05、窯のある広場・資料館.JPG
~ 窯のある広場・資料館(文化財保全工事のため休館中)。

s_181103INAXライブミュージアム07、ものづくり工房.JPG
~ ものづくり工房。






さて、2018年11月3日(土曜日/文化の日)午後1時5分頃、観て、触れて、感じて、学び、創り出す「INAXライブミュージアム」」内の「土・どろんこ館」へ行ってきました。

s_181103INAXライブミュージアム08、土・どろんこ館.JPG

「土・どろんこ館」企画展示室において2019年4月9日(火曜日)まで、

企画展「和製マジョリカタイル-憧れの連鎖」

が開催されています。

s_181103INAXライブミュージアム09、企画展「和声マジョリカタイル-憧れの連鎖」.JPG
~ 企画展が行われている企画展示室。

・開館時間 :午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
・休館日  :毎週水曜日(祝日の場合は開館)、年末年始
・共通入館料:一般600円、高・大学生400円、小・中学生200円(税込)

「和製マジョリカタイル」とは、この企画展のリーフレットを参照すると、~「和声和製マジョリカタイル」とは、大正初めから昭和10年代に日本で生産された多彩式レリーフタイルで、近代イギリスのヴィクトリアンタイルを模倣したもの。~ だそうです。

この企画展においては、和製マジョリカタイルの魅力、和製マジョリカタイルの誕生、世界へと広がった憧れの連鎖などのテーマに分けて、展示・解説が行われています。

s_181103INAXライブミュージアム13.JPG
~ テーマ「憧れの連鎖」に展示されている「タチオアイ柄タイル」と「タチオアイ柄タイルの復元」。

企画展示室には、多くのタイルがある「マジョリカタイル回廊」がありました。

s_181103INAXライブミュージアム14、マジョリカタイルの回廊.JPG
~ プリントされたタイルの中に、10数枚の本物のタイルが混じっているそうです。

s_181103INAXライブミュージアム15.JPG
~ この写真の中に本物のタイルが1枚混じっています。

☆ 「INAXライブミュージアム」(愛知県常滑市奥栄町1-130)
☆ 2018年11月3日(土曜日/文化の日)午後1時5分頃利用






nice!(82)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理