So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

道の駅「奥永源寺渓流の里」へ行ってきました〔政所茶の生産地、滋賀県東近江市〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

2018年11月30日(金曜日)の午後0時40分頃に、滋賀県東近江市蓼畑町(たてはたちょう)にある道の駅「奥永源寺渓流の里」へ行ってきました。

s_181130道の駅奥永源寺渓流の里01.JPG
~ 廃校を利用した道の駅「奥永源寺渓流の里」、奥に旧体育館が見えます。

道の駅「奥永源寺渓流の里」は、2003年(平成15年)に閉校した旧政所(まんどころ)中学校の校舎を活用して2015年10月10日にオープンした道の駅です。

同駅は、道の駅としての3つの機能(休憩機能・情報発信機能・地域連携機能)だけでなく、市役所の出張所、診療所があり、防災機能、医療機能、行政機能を兼ね備えています。

s_181130道の駅奥永源寺渓流の里03、直売所.JPG
~ 道の駅「奥永源寺渓流の里」の直売所。



さて、道の駅「奥永源寺渓流の里」の直売所には「政所茶」コーナーがあります。

s_181130道の駅奥永源寺渓流の里06.JPG

「政所茶」は、東近江市の奥永源寺地域にある7集落※で生産されているお茶で、リーフレット「近江・奥永源寺 政所茶」(道の駅「奥永源寺渓流の里」発行)を参照すると、その起源は室町時代にまで遡るそうです。

※7つの集落:蓼畑町・杠葉尾町・黄和田町・政所町・箕川町・蛭谷町・君ヶ畑町。

次の写真をご覧ください。愛知川上流の御池川にかかる政所橋から撮った茶畑です。

s_181130政所茶04.JPG

政所橋を渡り、両側に茶畑がある坂道を上ります。

s_181130政所茶05.JPG

先道の上で振り向くと、眼下に今通ってきた茶畑が見えました。

s_181130政所茶09.JPG

急斜面にある「政所茶」の茶畑で農薬を使わないで栽培されている茶樹は、ほとんどが在来種だそうです。

s_181130政所茶07.JPG
~ 落ち葉が敷き詰められている「政所茶」の茶畑。

「政所茶」の茶畑における作業は終わり、これから積もる雪がとける来年の春まで越冬期間となるそうです。




nice!(85)  コメント(0) 

東海農政局「食品安全セミナー(2018年11月)」に参加しました [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

農林水産省の地方組織の東海農政局は2018年4月より毎月1回、消費者を対象とした「食品安全セミナー」を開催しています(参加費:無料)。

s_181129東海農政局01.JPG
~東海農政局は、名古屋城正門エリアにある「金シャチ横丁義直ゾーン」の隣にあります。

「食品安全セミナー」は、年間統一テーマが「食品安全と行政の取組」の第一部と毎月変わる食品安全に関する個別テーマの第二部の2部構成です。

s_180416東海農政局④.JPG
~ 東海農政局の消費者の部屋に設置されていた「食品安全セミナー」のチラシ、2018年4月16日撮影。



さて、2018年11月29日(木曜日)午後1時頃、「食品安全セミナー(2018年11月)」が開かれる名古屋能楽堂へ行ってきました。

s_181129東海農政局07、名城と名古屋能楽堂.JPG
~ 正面が名古屋城、左側の建物が名古屋能楽堂です。

s_181129東海農政局08、名古屋能楽堂.JPG
~ 名古屋能楽堂。

午後1時30分より始まった「食品安全セミナー(2018年11月)」の内容は次の通りです。

第1部:「食品安全と行政の取組」
  (講師:東海農政局 消費・安全部 消費生活課 森 茂樹さん)
第2部:「食中毒を防ぐために」
  (講師:中部大学 応用生物学部 食品栄養科学科 教授 森山龍一さん)

s_181129東海農政局10、食品安全セミナー.JPG
~ セミナー開始1分前の会場の様子。

なお、12月14日(金曜日)午後1時30分より始まる次回の「食品安全セミナー」も名古屋能楽堂で開催されます。

s_181129東海農政局11、食品安全セミナーポスター.JPG
~ 第2部は名古屋市立大学大学院システム自然科学研究科 教授の湯川 泰さんによる「遺伝子組換え作物の現状と課題」が組まれています。

東海農政局主催の「食品安全セミナー」の開催予定、参加者募集中のセミナー、これまでの開催状況など詳細につきましては、東海農政局ホームページの「食品安全セミナー」ページをご参照願います。http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/iken/seminar/index.html  




nice!(83)  コメント(0) 

岐阜公園茶室「華松軒」(立礼席)へ行ってきました〔抹茶と和菓子〕 [茶室めぐり]

2018年11月28日(水曜日)の午前11時50分頃に、岐阜城を頂く金華山の麓に広がる岐阜公園へ行ってきました。

s_181128岐阜公園01.JPG

岐阜公園内にある岐阜市歴史博物館において2018年12月9日(日曜日)まで、歴博セレクション「美濃の茶陶-美濃古陶会コレクションより-」が開催されています。

s_181128岐阜公園02、岐阜市歴史博物館.JPG
~ 岐阜市歴史博物館。

s_181128岐阜公園07、歴博コレクションのチラシ.JPG
~ 歴博セレクション「美濃の茶陶-美濃古陶会セレクションより-」のチラシと展示品リスト。桃山期の黄瀬戸、志野、織部など99点が展示されています。



さて、岐阜市歴史博物館において歴博セレクション「美濃の茶陶-美濃古陶会コレクションより-」を観覧した後、岐阜公園内にある茶室「華松軒」へ向かいました。

s_181128岐阜公園08、茶室「華松軒」.JPG

茶室「華松軒」の立礼席(りゅうれいせき)では、作法を気にしないで椅子にすわってお抹茶と和菓子をいただくことができます。呈茶代400円(抹茶・和菓子)。

s_181128岐阜公園09、茶室「華松軒」.JPG
~ 茶室「華松軒」、向かって左側が広間席、右側が立礼席。

s_181128岐阜公園10、茶室「華松軒」(立礼席).JPG
~ 茶室「華松軒」の立礼席。

この日の和菓子は、「亀甲屋本舗」の菓銘「香菊」でした。

s_181128岐阜公園13、抹茶と和菓子(亀甲屋本舗「香菊」).JPG

茶室「華松軒」の隣に、茶室研究の第一人者である中村昌生さんの設計による小間「青翠庵」があります。

s_181128岐阜公園14、茶室「青翠庵」.JPG

☆ 岐阜公園茶室「華松軒」(立礼席)(岐阜市大宮町1丁目)
☆ 2018年11月28日(水曜日)午後0時15分頃利用




nice!(84)  コメント(1) 

12月12日(水曜日)の女将塾「愛される所作~常盤色の会」、「投扇興」体験が組まれています。 [笹屋伊織の女将塾]

享保元年(1716年)創業の京菓匠「笹屋伊織」がプロデュースする「京都イオリカフェ」が主催する笹屋伊織の女将塾「愛される所作~常盤色の会」が2018年12月12日(水曜日)、名古屋・名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルームにおいて開催されます。

s_181114女将塾「愛される所作~紺色の会」03.JPG
~ 2018年11月14日開催の「愛される所作~紺色の会」(午後の部)で撮影。

女将塾「愛される所作」は、午前の部・午後の部・夜の部の3部制です(定員各部24名)。 詳しいことは「愛される所作」の開催スケジュールをご覧ください。

笹屋伊織の女将塾「愛される所作 ~常盤色の会」
・ 開催日   :2018年12月12日(水曜日)、午前・午後・夜の3部制
・ 開催場所  :名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルーム
・ 今月のお菓子:クリスマスの生菓子
・ 体験    :「投扇興」体験
・ 参加費   :2,000円
・ 定員    :各回24名

女将塾「愛される所作」の講師は、京菓匠「笹屋伊織」十代目女将の田丸みゆきさんです。

s_181114女将塾「愛される所作~紺色の会」04.JPG
~ 講師の田丸みゆきさん、2018年11月14日に開かれた女将塾「愛される所作 ~紺色の会(午後の部)」で撮影。



さて、笹屋伊織の女将塾「愛される所作 ~常盤色の会」において、参加者が「投扇興」を体験するコーナーが組まれています。

投扇興とは、扇を投げて枕(桐箱)の上の蝶(的)を落として、蝶(的)と扇の位置関係などにより点数表を参照して採点し勝敗を決める日本の伝統遊戯のことです。


2016年8月17日に行われた女将塾における田丸先生のお手本をご覧ください。

s_160817和の美人度アップ講座10、投扇興(田丸先生のお手本).JPG

s_160817和の美人度アップ講座11、投扇興(田丸先生のお手本).JPG

s_160817和の美人度アップ講座12、投扇興(田丸先生のお手本).JPG

笹屋伊織の女将塾「愛される所作」の詳細、申込方法などにつきましては、「田丸みゆきオフィシャルサイト」の講演情報ページをご覧ください(ウェブ申込ができるようになりました)。→ こちら

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。








老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

  • 作者: 田丸 みゆき
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





nice!(86)  コメント(0) 

クラブハリエのパン専門店「ジュブリルタン」でランチ〔滋賀県彦根市〕 [たねやグループ]

滋賀県彦根市の松原ミシガン通り沿い(琵琶湖畔)に、和洋菓子製造販売のたねやグループ(本社:滋賀県近江八幡市)のクラブハリエのパン専門店「ジュブリルタン」があります。

2010年7月29日にオープンしたクラブハリエのパン専門店「ジュブリルタン」は、
 ・1階 : パンショップ/パン工房、テラス席(フリースペース)、
 ・2階 : カフェ・バール、デッキ(フリースペース)
から構成されています。

s_181124ジュブリルタン01.JPG
~ 正面がカフェ・バール棟です。

s_181124ジュブリルタン02.JPG
~ 2階のデッキの先にカフェ・バールがあります。






さて、2018年11月24日(土曜日)の午前10時25分頃、クラブハリエのパン専門店「ジュブリルタン」へ行ってきました。

ランチの受付開始が午前10時30分より始まるので、2階のカフェ・バールへ急行しました。

s_181124ジュブリルタン03.JPG
~ 入口の横に黒板メニュー。

・モーニングタイム:午前9時~11時(電話または店頭での事前予約不可)
・ランチタイム  :午前11時~午後3時(同上)

午前10時30分より始まったランチの受付を済ませた後、ランチタイムが始まる午前11時まで時間があるので1階のパンショップでパンを購入しました。

160822ジュブリルタン17、パンショップ (コピー).JPG
~ パンショップの中央のテーブルに並ぶいろいろなパン。

「ジュブリルタン」のカフェ&バールの看板メニューはココット(煮込み料理)ですが、今回は季節のおまかせサラダセットをオーダーしました。

最初に、パンが出てきました。

s_181124ジュブリルタン09、カフェ(季節のおまかせサラダセット).JPG
~ (写真は3人分)パンはおかわり自由です。

続いて、紫芋のスープ。

s_181124ジュブリルタン10、紫芋のスープ.JPG

そして、季節のおまかせサラダがでてきました。

s_181124ジュブリルタン11、葉物サラダと惣菜.JPG
~ リーフサラダに季節の食材を使った6種の総菜を組み合わせたサラダランチです。

s_181124ジュブリルタン12、葉物サラダと惣菜.JPG
~ 惣菜は(手前より時計回りに)、サーモンとクスクスのテリーヌ、ポテトグラタン、エリンギと舞茸のフリット、スパニッシュオムレツ、かぼちゃのサラダ、生ハムとリンゴのコンポート。

☆ クラブハリエのパン専門店「ジュブリルタン」のカフェ・バール
  (滋賀県彦根市松原町1435-83)
☆ 2016年11月24日(土曜日)午前11時~11時45分頃利用






nice!(82)  コメント(1)