So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年09月| 2018年10月 |- ブログトップ
前の5件 | -

産地をめぐりあじわう1日「政所茶秋まつりin奥永源寺」へ行ってきました〔滋賀県東近江市〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

政所茶生産振興会が主催した「政所茶秋まつりin奥永源寺」が2018年10月21日(日曜日)、二つの会場で行われました。

s_181021政所茶秋まつり06.JPG
~ 「政所茶秋まつりin奥永源寺」のチラシ。

産地をめぐりあじわう1日「政所茶秋まつりin奥永源寺」で企画されたイベントは、道の駅「奥永源寺渓流の里」における政所茶喫茶、茶葉の直売会など、そして政所茶の産地をめぐるツアーです。






さて、2018年10月21日(日曜日)午前9時20分頃、産地をめぐるツアーの集合場所である政所茶縁の会(滋賀県東近江市政所町966)へ行ってきました。

s_181021政所茶産地をめぐるツアー01、政所茶縁の会.JPG
~ 政所茶縁の会がある建物、政所茶生産振興会の事務局にもなっています。

午前9時30分から始まった産地をめぐるツアーの案内役は、政所茶縁の会代表で政所茶生産振興会事務局も兼ねる山県蓮さんと玉露生産者の福井さんです。

政所茶縁の会を後に、御池川にかかる政所橋を渡って急坂横にある茶畑へ向かいました。

s_181021政所茶産地をめぐるツアー03.JPG

s_181021政所茶産地をめぐるツアー08.JPG
~ 坂の上から茶畑と御池川にかかる政所橋を見る。

s_181021政所茶産地をめぐるツアー05、茶畑(滋賀県立大学栽培).JPG
~ ススキが敷かれた茶畑は、畝仕立てではなく株仕立てです。

三番新芽が出ていました。

s_181021政所茶産地をめぐるツアー07、三番新芽.JPG

急な坂道をさらに上り、推定樹齢300年の滋賀県指定自然記念物「政所の茶樹」へと向かいました。

s_181021政所茶産地をめぐるツアー12.JPG
~ 推定樹齢300年の「政所の茶樹」は、毎冬の積雪で押しつぶされるために枝が横に広がっていました。

次に訪れたのは、佐藤製茶工場(現在休止中)です。

s_181021政所茶産地をめぐるツアー18.JPG
~ 給葉機・蒸機。

佐藤製茶工場にある粗揉機・中揉機・精揉機・乾燥機などの製茶機械はいずれもレトロなもので、とても興味深く見学しました。

産地をめぐるツアーが終わると、道の駅「奥永源寺渓流の里」で政所茶と政所だんごのセットをいただきました、甘楽茶楽タイム。

s_181021政所茶秋まつり01、政所茶喫茶.JPG

s_181021政所茶秋まつり03.JPG







nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「平成30年度愛知県民茶会」、圓福山豊川閣妙厳寺(豊川稲荷)で開催されました。 [茶室めぐり]

愛知県文化協会連合会と公益社団法人豊川文化協会が共催する「平成30年度愛知県民茶会」が2018年10月14日(日曜日)、圓福山豊川閣妙厳寺(豊川稲荷)において開催されました。

s_181014愛知県民茶会④.JPG
~ 豊川閣妙厳寺の本殿。

豊川閣妙厳寺の最祥殿と千松殿を会場に、愛知県文化協会連合会加盟(三河部)の13の文化協会による16席の茶席が設けられました。

s_181014愛知県民茶会⑤.JPG
~ 「平成30年度愛知県民茶会」の会場の最祥殿。






さて、2018年10月14日(日曜日)午前9時20分頃、「平成30年度愛知県民茶会」が開かれる豊川閣妙厳寺へ行ってきました。

s_181014愛知県民茶会①.JPG
~ 豊川閣妙厳寺の総門にあった「平成30年度愛知県民茶会」の案内板。

茶会が始まる午前10時よりも30分以上前に会場の最祥殿へ入場しましたが、茶会が既に始まっている茶席がありましたので、宗徧吉田流(豊川文化協会)による抹茶席と煎茶道売茶流(刈谷文化協会)による煎茶席の2席に参席しました。

次の3枚の写真は、煎茶道売茶流の茶席(席主:飯田清仙窟)で撮った写真です。

s_181014愛知県民茶会⑩、売茶流(飯田清仙窟).JPG
~ 屏風(吉田稼雲筆「花鳥風月図」六曲一隻)、盛り物「秋興」(秋のおもしろさ)。

s_181014愛知県民茶会⑭.JPG

玉露(真緑園「貴翠」)の2煎だしでした。

s_181014愛知県民茶会⑯.JPG
~ 一煎目。

お菓子は、荒川屋「座花酔月」(花を前に座し月に酔う)でした。

s_181014愛知県民茶会⑰.JPG

地元紙の東愛知新聞の10月15日付記事によれば、2004年以来14年ぶりの豊川市での開催となった「平成30年度愛知県民茶会」へは6,000人近い来場者があったそうです。






nice!(78)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~山吹色の会」、2018年10月18日(木)に開かれました。 [笹屋伊織の女将塾]

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~山吹色の会」が2018年10月18日(木曜日)、名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルームにおいて開催されました。午前・午後・夜の3部制(各回定員24名)。
 ・午前の部:11:30~12:30
 ・午後の部:14:00~15:00
 ・夜の部 :19:00~20:00

講師は、享保元年(1716年)創業の京菓匠「笹屋伊織」10代目女将の田丸みゆきさんです。

s_181018女将塾「愛される所作~山吹色の会」16.JPG

2018年度の笹屋伊織の女将塾「愛される所作」は前年度同様、毎月のテーマカラーが決まっています。

「ご好評につき、本年度も毎月の日本の伝統色に基づいたテーマを決めました。お召し物や小物に各月ののテーマの色を身につけて楽しみください。」
が田丸先生から受講者へのメッセージです。






さて、2018年10月18日(木曜日)の午後2時頃より始まった笹屋伊織の女将塾「愛される所作~山吹色の会」(2018年度第7回)の午後の部を受講しました。

s_181018女将塾「愛される所作~山吹色の会」01.JPG
~ 2018年度第7回の女将塾のテーマカラーは「山吹色」。

田丸先生が取り上げた今月のお菓子は、バレンタインに並ぶ市場規模に急成長した10月31日のハロウィンにちなんだお菓子です。

s_181018女将塾「愛される所作~山吹色の会」07.JPG
~ 今回の女将塾のために特製されたかぼちゃのランタン(ジャック・オー・ランタン)。

s_181018女将塾「愛される所作~山吹色の会」06.JPG
~ 同じく特製のハロウィンの代表的な仮装の一つ「お化け」です。

田丸先生による京菓子に関するレクチャー ~「五感の芸術」と「インスタ映え」~が終わると、笹屋さんで広報を担当している片山佑美さんにによる「少しの工夫で写真をおしゃれに」と題したレクチャーが続きました。

s_181018女将塾「愛される所作~山吹色の会」09.JPG
~ 「少しの工夫で写真をおしゃれに」と題したレクチャーをする片山佑美さん。

s_181018女将塾「愛される所作~山吹色の会」10.JPG

s_181018女将塾「愛される所作~山吹色の会」12.JPG

女将塾「愛される所作~山吹色の会」における二つのレクチャーの内容につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトにセミナーレポートをご参照願います。


次回は、2018年11月14日(水曜日)に開かれる女将塾「愛される所作~紺色の会」です。
 ・今月の色  :紺色
 ・今月のお菓子:復刻版の桃山製の栗まんじゅう「可美栗(うましぐり)
 ・参加費   :2,000円

女将塾への参加申込につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトの講演情報ページよりウェブ申込みされるか、京菓匠 笹屋伊織 本社へ電話でご連絡願います。

受付時間:午前9時~午後5時  定休日:日曜日
電話:(075)692-3833


老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

  • 作者: 田丸 みゆき
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)








nice!(70)  コメント(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

旧近衛邸でお抹茶と季節の和菓子〔西尾市歴史公園〕 [茶室めぐり]

「西尾の抹茶」で知られる愛知県西尾市の西尾市歴史公園にある旧近衛邸(きゅう・このえてい)は、数寄屋造りの書院と茶室から構成される江戸末期の建物です。

s_181017旧近衛邸01.JPG
~ 庭園から見る旧近衛邸、手前が書院、奥が茶室。

2018年2月末現在の情報が掲載されている西尾市教育委員会事務局文化振興課発行のリーフレットを参照すると、京都にあった旧近衛邸が1985年に取り壊されることを知った西尾文化協会が建築移転を計画し、部材を解体移送し西尾市に寄贈したそうです。

西尾市歴史公園づくりの一環として1995年3月に完成した旧近衛邸は、書院(10畳の「一の間」と8畳の「二の間」)と茶室から構成されています。






さて、2018年10月17日(水曜日)の午後0時50分頃、呈茶が行われている旧近衛邸へ行ってきました。

茶室でお抹茶と季節の和菓子をいただきました。一服400円(お抹茶・季節の和菓子、税込)。

s_181017旧近衛邸02、茶室.JPG
~ 畳廊下より次の間(3畳)と茶室(6畳)を撮った写真です。

s_181017旧近衛邸09.JPG

s_181017旧近衛邸10.JPG

s_181017旧近衛邸12.JPG
~ お抹茶は、賓水園「千代昔」。

s_181017旧近衛邸08、おきなや「紅葉」.JPG
~ 和菓子は夢菓笑おきなや「紅葉」でした。

☆ 旧近衛邸(愛知県西尾市錦城町231-1西尾市歴史公園内)
☆ 2018年10月15日(水曜日)午後0時50分頃利用






nice!(80)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

西尾市岩瀬文庫企画展「読み書きそろばん~江戸庶民の学びの本~」、2018年11月25日(日)まで開催中 [西尾市岩瀬文庫]

「西尾の抹茶」で知られる愛知県西尾市にある古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」では2018年11月25日(日曜日)まで、

 西尾市岩瀬文庫企画展
~江戸庶民の学びの本~

が開かれています。

s_181017西尾市岩瀬文庫01.JPG
~ 西尾市岩瀬文庫の外観、奥にある国登録有形文化財の煉瓦造りの旧書庫は現在、屋根瓦修復工事です。

s_181017西尾市岩瀬文庫05、企画展.JPG
~ 企画展「読み書きそろばん~江戸庶民の学びの本~」が開かれている「西尾市岩瀬文庫」2階の企画展示室。






さて、2018年10月17日(水曜日)の午前10時25分頃、古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」へ行ってきました(館内での撮影可、ただしフラッシュ使用不可)。

s_181017西尾市岩瀬文庫07、企画展.JPG

・ 開館時間 : 午前9時~午後5時(文庫資料の閲覧は午後4時まで)
・ 休館日  : 毎週月曜日(10月8日は開館)・第3木曜日
・ 入館料  : 無料
・ 図 録  :300円(1階の休憩室で販売)

企画展「読み書きそろばん~江戸庶民の学びの本~」においては、五つのテーマに分類されて古書が展示されています。

 一. 初等教育の教科書-往来物-
 二. 算学
 三. 江戸の教育熱
 四. 女子の教育
 五. 近世から近代へ

s_181017西尾市岩瀬文庫09.JPG
~ 「寺子教訓往来」天保2年(1831年)刊。

s_181017西尾市岩瀬文庫15.JPG
~ 「女芸文三才図絵」(鳥飼酔雅編、江戸時代中期刊)

なお、「西尾市岩瀬文庫」1階の休憩室において、西尾の抹茶をいただくことができます。1服200円(干菓子付)。

s_181017西尾市岩瀬文庫18、休憩室で西尾の抹茶.JPG

☆ 古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」(愛知県西尾市亀沢町480番地)
☆ 2018年10月17日(水曜日)午前10時25分頃利用






nice!(86)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | -
2018年09月|2018年10月 |- ブログトップ