So-net無料ブログ作成

講演会「常滑の井戸筒(いどつ)」@とこなめ陶の森資料館 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

2019年8月24日(土曜日)午前9時45分頃、愛知県常滑市の「とこなめ陶の森」資料館へ行ってきました。

s_190824とこなめ陶の森資料館09.JPG
~ 「とこなめ陶の森」資料館の表門、奥に見える建物が資料館。

「とこなめ陶の森」資料館の特別展示室において2019年10月14日(月曜日/祝日)まd、企画展「常滑の井戸筒(いどつ)」が開催されています。

s_190824とこなめ陶の森資料館12、チラシ.JPG
~ 企画展「常滑の井戸筒」関連の配布資料「見に来てね……」。

「縦に堀り抜いた井戸が崩れないようにするための防護壁として使用されたやきもの」のことを指す「井戸筒」は常滑において200年ほど前から生産が始まり、昭和30年代に電動ポンプや愛知用水の普及によって大きく衰退したそうです(出所:配布資料「常滑の井戸筒」)。

s_190824とこなめ陶の森資料館05.JPG
~ 企画展「常滑の井戸筒」が開かれている特別展示室。




さて、「とこなめ陶の森」資料館2階の講座室において午前10時より、講演会「常滑の井戸筒」が開催されました(参加費無料、予約不要)。

s_190824とこなめ陶の森資料館10.JPG

講師は、「とこなめ陶の森」の学芸員・小栗康寛さんです。

s_190824とこなめ陶の森資料館14.JPG
~ 開演前の講座室。

井戸の歴史と名称、常滑の井戸筒などについての約95分間の講演「常滑の井戸筒」は、とても勉強になり、これまで土管だと思っていたものが井戸筒だということに気づきました。

「とこなめ陶の森」資料館においては、特別展示室以外にも井戸筒が展示されています。

s_190824とこなめ陶の森資料館07.JPG
~ 常設展示室に展示されている雷文形井戸筒。

s_190824とこなめ陶の森資料館15.JPG
~ 資料館の前に展示されている屋号入りの井戸筒(明治時代)。

☆ 「とこなめ陶の森」資料館(愛知県常滑市瀬木町4丁目203番地)






nice!(86)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 86

コメント 4

lamer

常滑の急須で入れるとお茶が美味しくいただけると
聞いた覚えがあります。
我が家にはピンク色の常滑の急須があります。
by lamer (2019-08-25 19:28) 

リュカ

面白そうな展覧会ですね
by リュカ (2019-08-26 09:46) 

wattana

lamer さん、こんにちは。
伊勢湾をはさんで常滑市の対岸にある
四日市市の四日市萬古の急須も有名ですね。
by wattana (2019-08-26 17:42) 

wattana

リュカ さん、こんにちは。
常滑では「井戸筒」と呼んでいますが、
他の地域では井戸側、井筒などとも呼ぶそうです。
by wattana (2019-08-26 17:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。