So-net無料ブログ作成

菓銘「水の彩」と菓銘「草の露」 [甘楽花子(京都・聖護院)]

甘楽花子(かんらく はなご)は、京都・東山丸太町交差点の東(聖護院山王町)にある京菓子のお店です。

s_190716甘楽花子01.JPG

s_190716甘楽花子02.JPG

ご主人の内藤豪剛さんが、あん炊き、生地作り、包餡などのすべての工程をお一人でこなされています。店内には16席ほど(テーブル席+カウンター席)の喫茶スペースがあり、ショーケースに並んでいる生菓子からお好みの生菓子を選び、抹茶または煎茶といっしょにいただくことができます(予約不要)。






さて、2019年7月16日(火曜日)午後1時頃、甘楽花子さんへ行ってきました。

s_190716甘楽花子03.JPG

今回はテーブル席で、生菓子2個とお抹茶をいただきました。

s_190716甘楽花子06、水の彩.JPG
~ そぼろの代わりに、さいの目に切った錦玉で三彩の餡玉を包んでいます。キラキラ光る錦玉が水面を連想させます。

s_190716甘楽花子09、草の露.JPG
~ 菓銘「草の露」(きんとん製)。

☆ 甘楽花子(かんらくはなご)
 (京都市左京区聖護院山王町16-21メゾン・ハギタ101号)






nice!(74)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 74

コメント 2

ピストン

こんばんは。
京大病院の近くのお店ですね。
おいしそうな和菓子ですね。しかもキレイ。
お土産にしても喜ばれそうですね♪

by ピストン (2019-07-17 00:52) 

wattana

はい、去年の6月末に、烏丸丸太町より移転されました。
by wattana (2019-07-17 18:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。