So-net無料ブログ作成

西尾市岩瀬文庫特別展「考古遺物の美と謎」、2019年10月6日(日)まで開催中 [西尾市岩瀬文庫(愛知県西尾市)]

愛知県西尾市にある古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」では2019年10月6日(日曜日)まで、

西尾市岩瀬文庫特別展「新編西尾市史 資料1 考古」刊行記念
考古遺物の(ミステリー)
が開かれています。

s_190713西尾市岩瀬文庫10.JPG
~ 西尾市岩瀬文庫特別展「新編西尾市史 資料編1 考古」刊行記念 『考古遺物の美と謎(ミステリー)』チラシ。






さて、2019年7月13日(土曜日)の午前11時45分頃、古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」へ行ってきました。

s_190713西尾市岩瀬文庫01.JPG

・ 会 期  : 2019年7月6日(土)~10月6日(日)
・ 開館時間 : 午前9時~午後5時(文庫資料の閲覧は午後4時まで)
・ 休館日  : 毎週月曜日(7月15日・8月12日・9月16日を除く)・
       9月19日(木)~25日(水)(特別整理期間のため)
・ 入館料  : 無料

2019年春に刊行された「新編西尾市史 資料編」に収載されている出土品の中から「美」と「謎」をテーマに選ばれた優品が展示されていますが、撮影禁止のために写真はありません。

s_190713西尾市岩瀬文庫08、企画展自室(今回は撮影禁止).JPG

特別展を観覧後、閲覧室に移動し、「御歯固図(オンハガタメノズ)」と「神供幷十種菓子図(シンクナラビニジュッシュカシズ)」を閲覧しました。

s_190713西尾市岩瀬文庫09、閲覧室.JPG
~ 西尾市岩瀬文庫2階にある閲覧室。

閲覧室内での資料の撮影は不可なので、前回の企画展「御即位慶賀 帝」で撮った写真をご覧ください。

s_190510西尾市岩瀬文庫09.JPG
~ 「御歯固図(オンハガタメノズ)」。

歯固めの行事で供されたは菱葩、新年を寿ぐお菓子として全国的に定着した「花びら餅」の原形だと言われています。

s_190510西尾市岩瀬文庫10.JPG
~ 「神供幷十種菓子図(シンクナラビニジュッシュカシズ)」。

2つの古書を閲覧後、1階の休憩室において、西尾の抹茶をいただきました。1服200円(干菓子付)。

s_190713西尾市岩瀬文庫11.JPG

☆ 日本初の古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」(愛知県西尾市亀沢町480番地)






nice!(80)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 80

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。