So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「横井照子ひなげし美術館」へ行ってきました〔「恵那川上屋本社恵那峡店」東側〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

2018年9月28日(木曜日)午前10時10分頃、栗きんとんを始めとする栗菓子で知られる恵那川上屋本社恵那峡店の東側にある「横井照子ひなげし美術館」へ行ってきました。

s_180928横井照子ひなげし美術館①.JPG
~ 恵那川上屋本社恵那峡店の駐車場の奥に見える2棟の建物が「横井照子ひなげし美術館」です。

2004年11月に開館した「横井照子ひなげし美術館」は、スイス・ベルンに創作活動・生活の拠点を置く国際的な画家・横井照子さんの作品を集めた美術館です。

s_180928横井照子ひなげし美術館③.JPG
~ 「横井照子ひなげし美術館」は、飛騨から移築改築した板倉二棟から構成されています。

恵那川上屋本社恵那峡店の駐車場から坂を上ると、「横井照子ひなげし美術館」です。

s_180928横井照子ひなげし美術館④.JPG

s_180928横井照子ひなげし美術館⑥.JPG
~ 「横井照子ひなげし美術館」の入口。






さて、「横井照子ひなげし美術館」においては2018年10月14日(日曜日)まで、企画展「スイス・ベルン」が行われており、初公開7点を含む32点が展示されています(展示作品の写真撮影は禁止)。

s_180928横井照子ひなげし美術館⑨、リーフレットと展示目録.JPG
~ 「横井照子ひなげし美術館」のリーフレットと展示目録。「恵那川上屋」の手提紙袋に描かれている「栗」(エッグテンペラ・紙)の原画も展示されています。

エントランスホールから展示室への渡り廊下から枝垂れ梅が見えました。

s_180928横井照子ひなげし美術館⑦.JPG

2階展示室からは、株式会社恵那川上屋二代目社長の鎌田真悟さんの著書「日本一の栗を育て上げた男の 奇跡のビジネス戦略」に「美術館の二階からは、季節の草花や栗畑の風景が一望できます。恵那峡本店に来店されたお客様には、絵の鑑賞とともにくつろぎの時間を過ごしていただいています。」(同書264ページより引用)とある通り、美術館の裏山の風景が見えました。

☆ 「横井照子ひなげし美術館」
 ・ 住 所 :岐阜県恵那市大井町2632-105
       (恵那川上屋本社恵那峡店の東側)
 ・ 開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ・ 休館日 :毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始
 ・ 入館料 :大人400円、 小・中・高校生300円

※詳しいことは、「横井照子ひなげし美術館」の公式サイトをご確認ください。


日本一の栗を育て上げた男の奇跡のビジネス戦略

日本一の栗を育て上げた男の奇跡のビジネス戦略

  • 作者: 鎌田 真悟
  • 出版社/メーカー: 総合法令出版
  • 発売日: 2010/10/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)








nice!(83)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 83

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。