So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

佐賀県「うれしの紅茶」とアップルクランブルパイ@紅茶専門店「ティーサロン ユウ」〔名古屋・伏見〕 [喫茶店・カフェ・甘味処・酒蔵]

緑茶、烏龍茶および紅茶はいずれも、ツバキ科の多年性植物で学名がカメリア・シネンシスという茶(チャ)の樹から摘んだ生葉を加工した加工食品です。

緑茶が茶葉中の酵素の働きを止めて作った不発酵茶なのに対し、紅茶は茶葉中の酵素を働かせて作る発酵茶です。

緑茶と紅茶は、上記の通り同じ茶の樹から摘んだ生葉を加工しますが、緑茶に向いている品種、紅茶に向いている品種があるそうです。

「和紅茶」に向いている品種としては、「べにふうき」などが挙げられます。

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(以下、「農研機構」)が2017年12月12日に発行した「茶品種ハンドブック 第五版」を参照すると、「べにふうき」は、農研機構が育成した品種〔交配:べにほまれ(♀)×枕Cd86(♂)、育成地:鹿児島県枕崎市〕で1995年に品種登録(登録番号4591)されています。

紅茶や半発酵茶の紅い水色をイメージし、香気と滋味が豊かであるという意味から 「べにふうき(紅富貴)」と命名されたそうです。






さて、2019年3月26日(火曜日)午前11時45分頃、ヴィア白川1階にある紅茶専門店「ティーサロン ユウ」へ行ってきました。

s_190326ティーサロン ユウ01.JPG
~ ヴィア白川のエントランスにある「ティーサロン ユウ」の案内板「お気軽にお入りください」。

s_190326ティーサロン ユウ02.JPG
~ 日本紅茶協会「おいしい紅茶の店」認定店の紅茶専門店「ティーサロン ユウ」は、名古屋市営地下鉄「伏見」駅4番出口から歩いて5分ほどです(広小路通を東へ進み、広小路長者町交差点を南へ下る)。

3度目の利用となる紅茶専門店「ティーサロン ユウ」で今回オーダーしたのは、アップルクランブルパイのセット(アップルクランブルパイ+ドリンク)です。

s_190312ティーサロン ユウ04.JPG

佐賀県産、奈良県産、三重県産などの和紅茶(国産紅茶)の中から選んだのは、佐賀県「うれしの紅茶(品種:べにふうき)」です。

s_190326ティーサロン ユウ06.JPG

各地の和紅茶(国産紅茶)を楽しむことができる紅茶専門店「ティーサロン ユウ」のメニュー、レッスン、アクセスなどについては、同店のホームページをご覧ください。→こちら

☆ 紅茶専門店「ティーサロン ユウ」
 (名古屋市中区栄2-7-13ヴィア白川1階)






nice!(6)  コメント(0) 

日本六古窯の一つ「常滑」を歩く〔愛知県常滑市〕 [常滑めぐり]

越前(福井県越前町)、瀬戸(愛知県瀬戸市)、常滑(愛知県常滑市)、信楽(滋賀県甲賀市)、丹波(兵庫県篠山市)および備前(岡山県備前市)のやきものは「日本六古窯」と総称され、2017年(平成29年)に「日本遺産」に認定されました(参照:「日本遺産ポータルサイト」STORY#050「きっと恋する六古窯-日本生まれ日本育ちのやきもの産地-」)。






さて、2019年3月23日(木曜日)午前10時10分頃、愛知県常滑市(とこなめし)の名鉄常滑駅前をスタート。日本六古窯の一つである「常滑」を歩きました。

s_190323とこなめ歩き02、やきもの散歩道案内塔.JPG
~ スタート地点は、常滑駅前交差点横にある「やきもの散歩道案内塔」がある広場。

s_190323とこなめ歩き03.JPG
~ 「ようこそ常滑に」。

最初の目的地は、光明寺です。目的は、光明寺の境内から石炭焼成の煙突が残る風景を撮ることです。途中で土管や焼酎瓶がつまれた「土管坂」を抜けました。

s_190323とこなめ歩き04、土管坂.JPG
~ 「常滑やきもの散歩道」にある人気写真スポットの一つ「土管坂」。

s_190323とこなめ歩き08.JPG
~ 光明寺の境内から撮った4本の煙突がある風景。

光明寺の次は、登窯です。

s_190323とこなめ歩き09.JPG
~ 坂道が多い「常滑やきもの散歩道」。

s_190323とこなめ歩き10.JPG
~ 右側の黒い建造物の中に登窯があります。

s_190323とこなめ歩き11、登窯.JPG
~ 1974年(昭和49年)まで実際に使われていた登窯。国指定重要有形民俗文化財。

登窯の裏へ回ると、10本の煙突があります。

s_190323とこなめ歩き12、10本煙突.JPG

登窯の次の目的地は、カフェ+多目的スペース「TSUNE ZUNE 常々」です。

s_190323とこなめ歩き13.JPG

s_190323TSUNEZUNE01.JPG

s_190323TSUNEZUNE03.JPG

s_190323TSUNEZUNE09.JPG
~ カフェ「TSUNE ZUNE 常々」で和紅茶と自家製ベイクドチーズケーキで甘楽茶楽タイム後、平成30年度 常滑陶芸作家協会「土塊(つちくれ)の胎動 Part. Ⅸ」が2019年4月21日(土)まで開催中の「とこなめ陶の森資料館」へと歩きました。

「常滑やきもの散歩道マップ」などの常滑の観光に関する情報は、常滑駅改札口を出て直ぐの所にある常滑市観光プラザ(常滑市観光案内所)で入手することができます。






nice!(71)  コメント(0) 

和紅茶「百年紅茶」とベイクドチーズケーキ@カフェ+多目的スペース「TSUNE ZUNE 常々」〔愛知県常滑市〕 [喫茶店・カフェ・甘味処・酒蔵]

2019年3月23日(土曜日)午前10時35分頃、愛知県常滑市(とこなめし)にある「TSUNE ZUNE 常々」へ行ってきました。

s_190323TSUNEZUNE05.JPG
~ 「TSUNE ZUNE 常々」は、愛知県常滑市の神明社の近くにあるカフェ+多目的スペースです。

s_190323TSUNEZUNE03.JPG
~ 盆栽鉢製陶所(旧・山秋製陶所)の倉庫をリノベーションした「TSUNE ZUNE 常々」は、常滑「やきもの散歩道 Aコース」の南端に位置しています。

「やきもの散歩道 Aコース 」にある「登窯」(案内板番号「13」)から歩いて3分ほどです。

s_190323とこなめ歩き13.JPG
~ この建物にある道標「陶彫のある商店街」に従って歩きます。

道なりに1分ほど歩くと、三叉路に次の案内板があります。

s_190323TSUNEZUNE01.JPG
~ 坂を下ります。






さて、「TSUNE ZUNE 常々」のカフェスペースは、盆栽鉢製陶所(旧・山秋製陶所)倉庫の2階です。

s_190323TSUNEZUNE06.JPG

今回オーダーしたのは、和紅茶「百年紅茶」とベイクドチーズケーキです。

s_190323TSUNEZUNE09.JPG
~ 急須で淹れる和紅茶、愛知県豊田市産です。

s_190323TSUNEZUNE08.JPG
~ 黒板メニュー「本日のおやつ」。

また来たい、カフェ。

s_190323TSUNEZUNE07.JPG
~ 寒さが戻った日でした。

☆ カフェ+多目的スペース「TSUNE ZUNE 常々」
 (愛知県常滑市栄町7丁目164番地)






nice!(115)  コメント(1) 
前の3件 | -