So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

四日市市立博物館企画展「ばんこやき再発見!-受け継がれた萬古不易の心-」、2018年9月2日(日)まで [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

四日市市立博物館において2018年7月21日(土曜日)より9月2日(日曜日)までの期間、

 開館25周年記念 企画展
ばんこやき再発見!-受け継がれた萬古不易の心-

が開催されています。

s_180721四日市市立博物館02.JPG
~ 今年2018年は、萬古焼の創始者沼波弄山(ぬなみろうざん)の生誕300年にあたるそうです。

・会期  :2018年7月21日(土曜日)~9月2日(日曜日)
・開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
・休館日 :月曜日(8月13日は開館)
・観覧料 :一般500円、高・大生300円、中学生以下無料
・会場  :四日市市立博物館4階特別展示室
・備考  :弄山生誕300年萬古焼所蔵館連携事業

 



さて、2018年7月21日(土曜日)午前10時35分頃、四日市市立博物館へ行ってきました。

s_180721四日市市立博物館01、外観.JPG
~ 四日市市立博物館は、近鉄四日市駅・あすなろう四日市駅から西へ徒歩約3分。

企画展「ばんこやき再発見!-受け継がれた萬古不易の心-」は、4階の特別展示室で開催されています。

s_180721四日市市立博物館03、展示室.JPG

企画展「ばんこやき再発見!」において展示品は、次の9つのゾーンに分類されて展示されています。

Ⅰ.ようこそばんこやきの世界へ
Ⅱ.萬古不易の始まり-沼波弄山の理想と挑戦
Ⅲ.ばんこで一服①-茶器-
  ばんこで一服②-喫煙具-
Ⅳ.ばんこで一献-酒器-
Ⅴ.ばんこで祈る仏の世界
Ⅵ.ばんこ動物園
Ⅶ.欧米人を魅了したばんこやき
Ⅷ.ばんこ百態
Ⅸ.ばんこ 美のセレクション-上品・優雅・精巧な作品の数々-

展覧品の写真撮影はOKですが、SNS等への投稿は不可となっていますので写真の掲載は控えます。

s_180721四日市市立博物館12 (1).JPG

☆ 四日市市立博物館(三重県四日市市安島1-3-16)
☆ 2018年7月21日(土曜日)午前10時35分~11時30分利用

 



nice!(35)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

浜松市茶室「松韻亭」で煎茶と和菓子 [茶室めぐり]

浜松城公園の一角にある公共茶室の浜松市茶室「松韻亭(しょういんてい)」は、広間と立礼席(りゅうれいせき)がある主棟、および離棟の小間「萩庵」(四畳半台目)から構成されています。

s_180719浜松市茶室「松韻亭」⑩.JPG
~ 主棟(第一広間・第二広間・立礼席など)。

s_180719浜松市茶室「松韻亭」⑪.JPG
~ 主棟と濡れ縁。

 



さて、2018年7月19日(木曜日)の午前11時20分頃、浜松市茶室「松韻亭」へ行ってきました。

s_180719浜松市茶室「松韻亭」①.JPG
~ 浜松市茶室「松韻亭」の前庭と玄関。

浜松市茶室「松韻亭」の開館日に立礼席において椅子にすわって気軽にお茶をいただくことができる呈茶が行われています。一服400円(お茶・お菓子、税込)。

s_180719浜松市茶室「松韻亭」②.JPG

この日の立礼席における呈茶担当は、煎茶道松月流の方々でした。

s_180719浜松市茶室「松韻亭」④.JPG
~ 床飾り。

s_180719浜松市茶室「松韻亭」⑤.JPG
~ 手前座(お手前はなく、点て出し)。

和菓子は、花鼓の「清流」でした。

s_180719浜松市茶室「松韻亭」⑧.JPG

☆ 浜松市茶室「松韻亭(しょういんてい)
  (浜松市中区鹿谷町11-4浜松城公園内)
☆ 2018年7月19日(木曜日)午前11時20分頃利用

 



nice!(58)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

らんぷスペシャルブレンド+あずきワッフル@珈琲屋らんぷ磐田店 [喫茶店・カフェ・甘味処・酒蔵]

2018年7月19日(木曜日)の午後2時頃に、静岡県磐田市見付にある「珈琲屋らんぷ 磐田店」へ行ってきました。

s_180719珈琲屋らんぷ磐田店①.JPG
~ 朝6時開店、深夜12時まで営業、年中無休。

「珈琲屋らんぷ 磐田店」は、複合商業施設「プラザ21見付」内に、2014年11月13日(木曜日)にオープンした喫茶店です。

 



さて、「珈琲屋らんぷ 磐田店」では、らんぷスペシャルブレンド(コーヒー)とあずきワッフルをオーダーしました。

s_180719珈琲屋らんぷ磐田店③.JPG

s_180719珈琲屋らんぷ磐田店②.JPG

s_180719珈琲屋らんぷ磐田店⑤.JPG

☆ 「珈琲屋らんぷ 磐田店」
  (静岡県磐田市見付1843-20 「プラザ21見付」内)
☆ 2018年7月19日(木曜日)午後2時頃利用

 



nice!(66)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

八坂神社献茶祭「菓匠会協賛席」〔菓匠会同人作品展/2018年の菓題:伝統〕・・・その2 [菓匠会同人作品展]

京都・八坂神社常盤新殿の鳳凰の間において祇園祭の宵山の2018年7月16日(月曜日/海の日)に開かれた八坂神社献茶祭「菓匠会協賛席」(菓匠会同人作品展=菓題をテーマにした創作菓子展)で撮った作品の続きです。

s_180716八坂神社献茶祭04、菓匠会協賛席.JPG
~ 菓匠会(現在19同人)は、江戸時代の上菓子屋仲間の有志により明治21年1月10日に結成されたそうです。

2018年の菓題は「伝統」。

s_180716八坂神社献茶祭05、菓題「伝統」.JPG

 




それでは、菓匠会同人による創作菓子の一部をご観覧ください(順不同)。

s_180716八坂神社献茶祭18、亀屋陸奥「共に生きる」.JPG
~ 亀屋陸奥「共に生きる」。

s_180716八坂神社献茶祭12、先斗町駿河屋「夏座敷」.JPG
~ 先斗町駿河屋「夏座敷」。

s_180716八坂神社献茶祭21、長久堂「美しき心」.JPG
~ 長久堂「美しき心」。

s_180716八坂神社献茶祭23、亀屋良長「うけつぐ」.JPG
~ 亀屋良長「うけつぐ」。

s_180716八坂神社献茶祭26、亀末廣「祭り」.JPG
~ 亀末廣「祭り」。

s_180716八坂神社献茶祭43、亀屋清永「翔SHOU」.JPG
~ 亀屋清永「翔SHOU」。

s_180716八坂神社献茶祭34、塩芳軒「結」.JPG
~ 塩芳軒「結」。

s_180716八坂神社献茶祭31、千本玉壽軒「星合い」.JPG
~ 千本玉壽軒「星合い」。

s_180716八坂神社献茶祭28、本家玉壽軒「雅」.JPG
~ 本家玉壽軒「雅」。

s_180716八坂神社献茶祭48、亀廣保「めぐりゆく」.JPG
~ 亀廣保「めぐりゆく」。

s_180716八坂神社献茶祭57、亀屋良永「のれん」.JPG
~ 亀屋良永「のれん」。

s_180716八坂神社献茶祭46、末富「夏けしき」.JPG
~ 末富「夏けしき」。

 



nice!(73)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

八坂神社献茶祭「菓匠会協賛席」〔菓匠会同人作品展/2018年の菓題:伝統〕 [菓匠会同人作品展]

祇園祭の宵山の2018年7月16日(月曜日/海の日)の午前10時頃、京都・八坂神社を訪ねました。

s_180716八坂神社献茶祭01、西楼門.JPG
~ 八坂神社の西楼門、今回掲載の写真はすべて2018年7月16日に撮ったものです。

西楼門から入り境内を抜けて、「菓匠会協賛席」(菓匠会同人作品展)が設けられている常磐新殿鳳凰の間へ向かいました。

s_180716八坂神社献茶祭03、菓匠会協賛席入口.JPG

「菓匠会協賛席」(菓匠会同人作品展=菓題をテーマにした創作菓子展)は、祇園祭の宵山7月16日に八坂神社で行われる献茶祭の協賛席として、 1953年(昭和28年)から毎年開かれているそうです。

s_180716八坂神社献茶祭04、菓匠会協賛席.JPG
~ 菓匠会(現在19同人)は、江戸時代の上菓子屋仲間の有志により明治21年1月10日に結成されたそうです。

 



さて、2018年夏の菓匠会同人作品展の菓題は、「伝統」です。

s_180716八坂神社献茶祭05、菓題「伝統」.JPG

それでは、菓匠会同人による創作菓子の一部をご観覧ください(順不同)。

s_180716八坂神社献茶祭09、鶴屋吉信「市松」.JPG
~ 鶴屋吉信「市松」。

s_180716八坂神社献茶祭15、鍵善良房「宵宮」.JPG
~ 鍵善良房「宵宮」。

s_180716八坂神社献茶祭37、笹屋伊織「京の礎」.JPG
~ 笹屋伊織「京の礎」。

s_180716八坂神社献茶祭41、京華堂利保「積み重ね」.JPG
~ 京華堂利保「積み重ね」。

s_180716八坂神社献茶祭52、嘯月「白南風」.JPG
~ 嘯月「白南風」。

s_180716八坂神社献茶祭54、二條若狭屋「バトン」.JPG
~ 二條若狭屋「バトン」。

 



nice!(77)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | -