So-net無料ブログ作成

ガパオガイ(鶏肉のガパオライス)@タイごはんポーヤイ [タイ料理店「タイごはん ポーヤイ」@ぎふ・柳ヶ瀬]

2018年5月6日(日曜日)の午前11時頃、ぎふ・柳ケ瀬の劇場通り南商店街にあるタイ料理店「タイごはん ポーヤイ」へ行ってきました。

s_180506タイごはんポーヤイ①、柳ケ瀬劇場通南.JPG
~ タイごはんポーヤイがある、柳ケ瀬劇場通り南商店街。

s_180506タイごはんポーヤイ⑤.JPG

「タイごはんポーヤイ」の店舗入口前に、タイなどの珍しい食材・食品などが陳列販売されています。

s_180506タイごはんポーヤイ③、カー.JPG
~ 「カー」、生姜の一種。スライスした「カー」は、トムヤムクンなどに使われるそうです。

s_180506タイごはんポーヤイ④、マーノイドン.JPG
~ 「マーノイドン」、自家製タケノコのピクルス。



さて、黒板メニューの中から選んだランチセット(おかず2品付)は、ガパオガイ(鶏肉のガパオライス)です。

s_180506タイごはんポーヤイ⑦、おかず2種.JPG
~ おかず2品(豚肉のサラダ、タケノコの天ぷら)。

s_180506タイごはんポーヤイ⑨、ガパオガイ.JPG
~ ガパオガイ(鶏肉のガパオライス)。

☆ タイ料理「タイごはん ポーヤイ」(岐阜市徹明通1-26)
☆ 2018年5月6日(日曜日)午前11時頃利用

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析



nice!(90)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

西尾市公共茶室「伝想庵」へ行ってきました〔「伝想庵茶会」〕 [茶室めぐり]

西尾市文化会館の日本庭園の一角に、「西尾の抹茶」で知られる西尾市の公共茶室「伝想庵」があります。

s_180505伝想庵②.JPG
~ 西尾市文化会館より日本庭園越しに茶室「伝想庵」が見えます。

西尾市の公共茶室「伝想庵」において、だれでも参加ができる「伝想庵茶会」が開かれています。

・開催日 :西尾市文化会館の休館日および一般利用日を除く日※
・開催時間:正午~午後3時
・呈茶代 :一服300円(お抹茶と和菓子)

※点検日・夏休みなどで休館となる場合があるので、「伝想庵茶会」に参加される際には事前に電話等で確認されることをお勧めします。

s_180505伝想庵④.JPG
~ 茶室「伝想庵」。




さて、2018年5月5日(土曜日/休日)の午前11時50分頃に、西尾市の公共茶室「伝想庵」を訪ねました。

s_180505伝想庵⑦.JPG

この日の「伝想茶会」の席主は、木村弘翠(表千家・黄檗松風流)さんでした。

s_180505伝想庵⑧.JPG

和菓子は、亀屋米津「青楓」でした。

s_180505伝想庵⑩、亀屋米津「青楓」.JPG

煎茶用のお菓子は、葵製茶の葵園せんべいと州浜だんごでした。

s_180505伝想庵⑪.JPG

☆ 西尾市公共茶室「伝想庵」
 (愛知県西尾市山下町泡原30番地西尾市文化会館内)
☆ 2018年5月5日(土曜日)午前11時50分頃利用

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析



nice!(82)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

荒川豊蔵資料館企画展「陶房ぐらしの楽しみ方」、2018年6月24日(日曜日)まで開催中 [東美濃のミュージアム]

岐阜県可児市(かにし)の荒川豊蔵資料館において2018年6月24日(日曜日)まで、

企画展「陶房ぐらしの楽しみ方」

が開かれています。

・会 期 :2018年4月28日(土)~6月24日(日)
・開館時間:午前9時30分~午後4時(最終入館午後3時30分)
・休館日 :毎週月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日
・入館料 :一般200円(新緑イベント期間の4月28日~5月6日は無料)



さて、2018年5月4日(木曜日/祝日)午前11時15分頃、新緑のイベントが行われている美濃桃山陶の聖地「荒川豊蔵作陶の地」のメイン施設である荒川豊蔵資料館を訪ねました。

s_180503荒川豊蔵資料館01、入口.JPG
~ 岐阜県道84号線(通称:五斗蒔街道)沿いにある駐車場から坂道を荒川豊蔵資料館まで歩きます。

s_180503荒川豊蔵資料館02、牟田洞古窯跡(石碑).JPG
~ 牟田洞古窯趾の碑(昭和43年建立)。

牟田洞古窯趾の碑の裏の急な階段を上ると、荒川豊蔵資料館です。

s_180503荒川豊蔵資料館28、資料館.JPG

荒川豊蔵資料館のホームページに載っている今回の企画展の展示内容についての紹介文の最後に次の行があります。

簡素な暮らしの中から自分なりの楽しみ方を見つけ、豊かな生活を満喫した豊蔵にスポットをあてます。展示作品を通して、豊蔵の暮らしぶりを想像するひと時をお過ごしいただけましたら幸いです。・・・荒川豊蔵資料館ホームページより引用。


それでは、今回の企画展で展示されている志野と瀬戸黒で国の重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に認定された荒川豊蔵さん(1894~1985年)の作品の一部をご覧ください。

s_180503荒川豊蔵資料館38、志野山絵茶碗.JPG
~ 志野山絵茶碗。

s_180503荒川豊蔵資料館34、瀬戸黒茶碗.JPG
~ 瀬戸黒茶碗。

s_180503荒川豊蔵資料館33、織部呼継茶碗.JPG
~ 織部呼継茶碗。

なお、荒川豊蔵資料館の学芸員による展示品についての解説「ギャラリートーク」が企画展開催中に2回行われます。

♪ 荒川豊蔵資料館「ギャラリートーク」
 ・開催日時:2018年5月6日(日曜日)午後1時30分~
       同6月9日(土曜日)午後1時30分~
 ・所要時間:約30分
 ・参加費 :無料(ただし要入館料)
 ・集合場所:荒川豊蔵資料館ロビー

☆ 荒川豊蔵資料館(岐阜県可児市久々利柿下入会352番地)
☆ 2018年5月4日(木曜日/祝日)午前11時15分頃利用

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析



nice!(67)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

美濃桃山陶の聖地「荒川豊蔵作陶の地」で新緑イベント、2018年5月6日(日)まで [東美濃のミュージアム]

志野と瀬戸黒で国の重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に認定された荒川豊蔵さん(1894~1985年)の生活と作陶の拠点が、美濃桃山陶の聖地「荒川豊蔵作陶の地」(岐阜県可児市久々利大萱)として2017年4月28日より一般公開されています。

s_180503荒川豊蔵資料館02、牟田洞古窯跡(石碑).JPG
~ 石碑「牟田洞古窯趾」、まっすぐ進むと居宅、左の階段を上ると荒川豊蔵資料館です。

荒川豊蔵さんは1930年(昭和5年)4月11日に、この地「荒川豊蔵作陶の地」において「志野筍絵陶片」を発見しました。瀬戸黒、黄瀬戸、志野などの桃山陶が愛知県瀬戸市で焼かれていたというそれまでの日本陶磁史の定説を覆す大発見をした荒川豊蔵さんは以降、大萱において志野の再現を志したそうです(参照:「荒川豊蔵資料館」のパンフレットなど)。

現在公開されているのは、居宅、陶房、東屋(旧風呂場跡)、石碑「随縁」、石碑「牟田洞古窯趾」などです。豊蔵の窯、作業小屋は原則、非公開です。

s_180503荒川豊蔵資料館09、居宅.JPG
~ 居宅。



さて、2018年5月3日(木曜日/祝日)の午前9時5分頃、新緑イベントが開催されている美濃桃山陶の聖地「荒川豊蔵作陶の地」へ行ってきました。

s_DSC07364.JPG
~ 新緑イベントのチラシ。

新緑イベントは、2018年4月28日(土曜日)から5月6日(日曜日)まで開催され、日替わり企画が組まれています。主な企画は次の通りです。

・荒川豊蔵資料館と可児歴史郷土館の入館料無料
 新緑イベント開催中毎日
・美濃桃山陶の聖地で一服(煎茶と干菓子、一服100円)
 5月3日(木/祝)~5日(土/祝)
・窯跡・陶片見学(牟田洞古窯跡と豊蔵の窯見学、陶片に触れる)
 4月29日(日/祝)、5月3日(木/祝)
・豊蔵クエスチョン(3問のクイズに答えるとグッズがもらえる)
 深緑イベと開催期間中毎日

午前10時から始まった窯跡・陶片見学に参加しました(参加費無料)。

s_180503荒川豊蔵資料館11、窯跡・陶片見学.JPG
~ 可児市文化財課の長江さんの説明を聞く参加者。

最初に見学したのは、牟田洞古窯跡の斜面下にある窯道具、陶片などが堆積している物原(ものはら)です。

s_180503荒川豊蔵資料館14、窯跡・陶片見学.JPG
~ 400年ほど前の窯道具、陶片が見えます。

次に見学したのは、約400年前に稼働していたという牟田洞古窯1号窯跡です。

s_180503荒川豊蔵資料館15、牟田洞古窯1号窯跡.JPG
~ ブルーシートがかけてある場所が、牟田洞古窯1号窯跡です。

続いて、豊蔵さんの窯(大窯)を見学しました。

s_180503荒川豊蔵資料館16、豊蔵の窯.JPG

s_180503荒川豊蔵資料館17、豊蔵の窯.JPG

窯跡を見学した後、陶房横の広場において出土した陶片について説明を受けた後、陶片を手で触れることができました。

s_180503荒川豊蔵資料館20、陶片に触れる.JPG
~ 長江さんの陶片についての説明を聞く参加者。

s_180503荒川豊蔵資料館22.JPG

s_180503荒川豊蔵資料館23.JPG

窯跡・陶片見学終了後、「美濃桃山陶の聖地で一服」に参加しました。

s_180503荒川豊蔵資料館25、呈茶.JPG

☆ 美濃桃山陶の聖地「荒川豊蔵作陶の地」
 (岐阜県可児市久々利柿下入会352番地荒川豊蔵資料館敷地内)
☆ 2018年5月3日(木曜日/祝日)午前9時5分~11時30分頃

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析



nice!(75)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

「新茶」クイックカップとチーズケーキ@茶カフェ深緑茶房 [深緑茶房]

2018年5月2日(水曜日)の午後0時20分頃に、名古屋・名駅4丁目にある茶カフェ「深緑茶房」へ行ってきました。

s_180417深緑茶房「お茶教室」②.JPG
~ 場所は、名駅ミヤコ地下街の4番出口を出てセブンイレブンの裏隣りです。

茶カフェ「深緑茶房」は、三重県松阪市飯南町にある農業生産法人の有限会社深緑茶房が直営する緑茶カフェです。



さて、茶カフェ「深緑茶房」でオーダーしたのは、急須で淹れた「新茶」クイックカップとチーズケーキです。

s_180502茶カフェ深緑茶房①.JPG

s_180502茶カフェ深緑茶房④.JPG
~ チーズに粉末緑茶を練り込んで焼き上げたチーズケーキ。

s_180502茶カフェ深緑茶房⑤.JPG

☆ 茶カフェ「深緑茶房」
 (名古屋市中村区名駅4-26-25メイフィス名駅1階)
☆ 2018年5月2日(水曜日)午後0時20分頃利用

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析



nice!(90)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理