So-net無料ブログ作成

近江・奥永源寺「政所茶」~(1)「政所茶」産地を訪ねる [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

2017年12月8日(金曜日)の午前11時過ぎに、「政所茶」産地の政所町(まんどころちょう)へ行ってきました。

s_171208政所町⑩.JPG
~ 東近江市政所運動公園付近より御池川の対岸の茶畑を見る。

東近江市の奥永源寺エリアにある政所町の茶栽培は、リーフレット「近江・奥永源寺 政所茶」(道の駅「奥永源寺渓流の里」発行)を参照すると、室町時代にまで遡るそうです。

s_171208政所町④.JPG
~ 愛知川(えちがわ)上流の御池川に架かる橋より対岸の茶畑を見る。

s_171208政所町⑦、茶園.JPG



さて、愛知川上流の御池川沿いの急斜面にある茶畑で農薬を使わないで栽培されている茶樹はほとんどが在来種。「政所茶」は、生産量が限られていることから「幻の銘茶」と呼ばれることがあるそうだです。

s_171208政所町⑨.JPG
~ 御池川に架かる橋より上流を見る。

s_171208政所町⑧、茶園.JPG
~ ススキが敷かれている茶畑。

三重県境に近い政所町は冬期、多いところで1メートル以上の雪が積もるそうです。



nice!(69)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「原料原産地表示制度 事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー」が開催されます。 [食品表示]

消費者庁は2017年9月1日、食品表示法に基づく食品表示基準を改正し、全ての加工食品を対象として、重量割合上位1位の原材料について原料原産地表示が義務付けられました(経過措置期間:2022年3月31日まで)。

食品表示法を所管するのは消費者庁ですが、原料原産地表示義務化に関しては農林水産省も深くかかわっています。

全加工食品を対象とする原料原産地表示義務化は、政府の「農林水産業・地域の活力創造本部」が2016年11月29日に策定した「農業競争力強化プログラム」の5番目の柱です。「原料原産地表示義務化」がどのような理由から「農業競争力強化プログラム」に組み込まれたのでしょうか。「農業競争力強化プログラム」の中に次の記載があります。

5. 全ての加工食品への原料原産地表示の導入:消費者がより適切に食品を選択するための機会の確保や、消費者の需要に即した食品の生産の振興に資するよう、全ての加工食品について、実行可能な方法で原料原産地を表示することとし、国民の日々の選択が日本の食と農を支える社会を実現する。(略)・・・「農業競争力強化プログラム」より引用。




さて、農林水産省は2018年1月22日(月曜日)から2月27日(火曜日)まで、食品関係事業者、団体等を対象とした「原料原産地表示制度 事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー」を全国10ヶ所(札幌、仙台、東京4回、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、福岡、那覇)で開催します。

農林水産省の2017年11月13日付発表資料を参照すると、同省は中小規模の食品事業者における新制度への対応方法を示すマニュアルを作成するとともに、事業者向けにそのマニュアル内容を解説するセミナーを開くそうです。

「原料原産地表示制度 事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー」の開催概要、参加申込方法などにつきましては、農林水産省の発表資料(下記のサイト)をご参照願います(参加費無料、先着順)。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/hyoji/seminar20171113.html





新しい食品表示がわかる本

新しい食品表示がわかる本

  • 作者: 森田 満樹
  • 出版社/メーカー: 女子栄養大学出版部
  • 発売日: 2016/11/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(71)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

師走の九條家遺構「拾翠亭」〔京都御苑〕 [茶室めぐり]

2017年12月1日(金曜日)の午後0時10分頃に、九條家遺構「拾翠亭(しゅうすいてい)」へ行ってきました。

s_171201旧九條家遺構「拾翠亭」⑦、高倉橋より見る (1).JPG
~ 九條池にかかる高倉橋から撮った九條家遺構「拾翠亭」。

s_171201旧九條家遺構「拾翠亭」⑧、厳島神社.JPG
~ 厳島神社から撮った九條家遺構「拾翠亭」。

五摂家の一つであった九條家の別邸だった「拾翠亭(しゅうすいてい)」は、江戸時代に200もの公家や宮家の邸宅が立ち並ぶ公家町だった京都御苑の一角にあります。

s_171201旧九條家遺構「拾翠亭」①.JPG
~ 九條家遺構「拾翠亭」は、京都市営地下鉄烏丸線の丸太町駅の1番出入口より歩いて2~3分です。



さて、江戸時代後期に九條家の茶室として建てられた「拾翠亭」は現在、通年公開されています。

 ・参観日 :年末・年始を除く毎週木・金・土曜日および
       葵祭(5月15日)、時代祭(10月22日)
 ・参観時間:午前9時30分~午後3時30分
 ・参観料 :100円(高校生以上)

s_171201旧九條家遺構「拾翠亭」②、1階広間.JPG
~ 一階の広間。

s_171201旧九條家遺構「拾翠亭」③、1階広縁.JPG
~ 一階の広縁。

s_171201旧九條家遺構「拾翠亭」④、1階小間.JPG
~ 一階の小間(立ち入り禁止)。

「拾翠亭(しゅうすいてい)」は、茶会、句会、謡曲などの会合に利用できます(年末・年始、参観日を除く)。

詳しいことは、国民公園協会「京都御苑」の公式サイトをご覧ください。




nice!(95)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ランチ会食@イノーヴェ [ビストロ「イノーヴェ」]

2017年12月4日(月曜日)の午前10時半前に、名古屋市東区代官町の「イノーヴェ INNOVER」へ行ってきました。

s_171204イノーヴェ①、外観.JPG

「イノーヴェ INNOVER」は、2005年9月7日にオープンしたフランス料理店(ビストロ業態)です。

s_171204イノーヴェ⑦.JPG
~ 店主の井上さんの後ろ姿。



さて、知人とのランチ会食で利用した「イノーヴェ INNOVER」、本日の前菜5種類の中から選んだのは、岐阜県産ボーノポークのリエットです。

s_171204イノーヴェ③、ボーノポークのリエット.JPG
~ 岐阜県産ボーノポークのリエット。

5種類の中から選ぶことができるメインも、岐阜県産ボーノポークを選びました。

s_171204イノーヴェ⑤、ボーノポーク腕肉 根菜のブレゼ.JPG
~ 岐阜県産ボーノポーク腕肉 根菜のブレゼ。

紅茶とプチデセール。

s_171204イノーヴェ⑧、プチデセールと紅茶.JPG

「イノーヴェ INNOVER」のランチは、
選べる前菜+選べるメイン+プチデセール+飲み物=@1,500円(税込)。

s_171204イノーヴェ⑫.JPG
~ 別料金のチーズの盛り合わせ。

☆ 「イノーヴェ INNOVER」
 ・住 所 : 名古屋市東区代官町29-18 柴田ビル1階・2階
 ・電 話 : (052)936-5038
 ・定休日 : 毎週水曜日
 ・ランチ : 午前11時30分~午後2時(ラストオーダー)
 ・ディナー: 午後6時~午後9時(ラストオーダー)

※ご利用される時は、電話予約をお勧めします。



nice!(76)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「カオパットロットファイ(タイのおしょうゆチャーハン)」 [タイ料理店「タイごはん ポーヤイ」@ぎふ・柳ヶ瀬]

2017年12月3日(日曜日)の午前11時頃、ぎふ・柳ヶ瀬の劇場通り南商店街にあるタイ料理店「タイごはん ポーヤイ」へ行ってきました。

s_171203タイごはんポーヤイ①.JPG
~ ランチタイム午前11時~午後2時、おかず2品付きランチセット税込1,000円。

「タイごはんポーヤイ」の店舗入口前には、自家農園などで採れた野菜のほか、タイなどの珍しい調味料・食材が店頭販売されています。

s_171203タイごはんポーヤイ⑥、調味料など.JPG

s_171203タイごはんポーヤイ⑤、調味料など.JPG



さて、黒板メニューに書いてある本日のランチメニューから今回選んだのは、カオパットロットファイ(タイのおしょうゆチャーハン)セットです。

s_171203タイごはんポーヤイ④、カオパットロットファイ.JPG
~ カオパットロットファイ(タイのおしょうゆチャーハン)、おかず2品がつきます。

黒板メニューに載っていない単品メニューをランチセットにすることもできます。

☆ タイ料理「タイごはん ポーヤイ」(岐阜市徹明通1-26)
☆ 2017年12月3日(日曜日)午前11時頃利用



nice!(78)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理