So-net無料ブログ作成
検索選択
大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等) ブログトップ
前の5件 | 次の5件

食の文化誌「あじくりげ」展、文化のみち二葉館で6月21日(水曜日)まで [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

名古屋市東区橦木町にある「文化のみち二葉館」(名古屋市旧川上貞奴邸)において6月21日(水曜日)まで、

 食の文化誌「あじくりげ」展

が開かれています。

・開催日時 : 2017年5月24日(水曜日)~6月21日(水曜日)
・開催場所 : 文化のみち二葉館2階展示室(名古屋市東区橦木町3-23)
・入場料  : 無料(要入館料)

食の文化誌「あじくりげ」は、2016年5月号を以って終刊となった「食」をテーマにした1956年創刊の文芸冊子で、総刊行数は693冊にのぼるそうです。

170604文化のみち二葉館⑧、トークイベントのチラシと「あじくりげ」 (コピー).JPG
~ 「あじくりげ」展のチラシと食をテーマにした文芸冊子「あじくりげ」。




さて、6月4日(日曜日)の午後0時40分頃に、「文化のみち二葉館」(名古屋市旧川上貞奴邸)へ行ってきました。

170604文化のみち二葉館① (コピー).JPG
~ 文化のみち二葉館(名古屋旧川上貞奴邸)。

2階の展示室で展示されている文芸冊子「あじくりげ」を観覧した後、1階の大広間で午後1時30分から始まった関連企画 ~トークイベント「あじくりげ」を語る~ に参加しました(参加費:無料)。

トークイベント「あじくりげ」は、進行役の三田村博史さん(中部ペンクラブ会長)、馬場駿吉さん(名古屋ボストン美術館館長、俳人)および安田文吉さん(東海学園大学特任教授)の3名による座談会形式で進められ、「原稿の締め切りにいつも遅れた」といったエピソードなどが披露されました。

170604文化のみち二葉館⑤、鼎談者 (コピー).JPG
~ (左から)入場する安田さん、馬場さん、そして三田村さん。

なお、~食の文化誌「あじくりげ」展~が行われている2階の展示室の隣の部屋で、「あじくりげ」のバックナンバーが無償提供されていました。掲載内容を1冊1冊確かめる時間がなかったので、表紙に載っている特集のテーマで判断して、「甘味」、「コーヒー・紅茶」、「茶のひととき」、「お菓子」などが特集されている「あじくりげ」を10冊ほど持ち帰りました。





nice!(78)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

桑山美術館所蔵日本画展「自然を写す 心を映す ~日本画から一句~」の関連講座「Let's 俳句 in 美術館」 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

名古屋市昭和区山中町にある桑山美術館において2017年7月2日(日曜日)まで、

 所蔵日本画展
自然を写す 心を映す ~日本画から一句」

が開催されています。

170604桑山美術館⑫、本館 (コピー).JPG
~ 「桑山美術館」の本館、「SK」は初代館長の故・桑山清一さんのイニシャルです。

 ・所在地  : 名古屋市昭和区山中町2-12
 ・開催期間 : 2017年7月2日(日曜日)まで
 ・休館日  : 月曜日
 ・開館時間 : 午前10時~午後4時
 ・観覧料  : 一般500円、中・高・大学校生300円

170604桑山美術館⑤、1階展示室 (コピー).JPG
~ 1階展示室、展示室内は撮影禁止です。




さて、所蔵日本画展「自然を写す 心を映す ~日本画から一句~」に関連して次の講座が企画されています。

 ・講座名 : 「Let's 俳句 in 美術館」
 ・日時  : 2017年7月1日(土曜日)午後1時~3時
 ・講師  : 馬場駿吉さん(名古屋ボストン美術館館長・俳人)
 ・参加費 : 1,000円(入館料込)
 ・持ち物 : 筆記用具
 ・定員  : 30名(申込先着順、定員になり次第締め切り)
 ・申込  : 電話(052-763-5188)   

本日6月4日(日曜日)の午前中に確認したところ、席が数席空いているそうです。

なお、展示作品の背景や見どころなどについての学芸員の前田さんによる説明(ギャラリートーク)が次の日時に企画されています(入館料のみで参加可)。
 ・6月10日(土曜日)午後2時~
 ・6月17日(土曜日)午後2時~





170604桑山美術館⑥、回廊と庭園 (コピー).JPG
~ 回廊と庭園。

170604桑山美術館⑨、庭園と茶室「青山」 (コピー).JPG
~ 庭園にある茶室「青山(せいざん)」。

nice!(73)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

土岐市美濃陶磁歴史館において企画展「やきものの型」、2017年9月10日(日曜日)まで [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

岐阜県土岐市にある「土岐市美濃陶磁歴史館」において本日2017年6月2日(金曜日)より、

企画展「やきものの型」

が始まりました。

170602土岐市美濃陶磁歴史館04、チラシ (コピー).JPG
~ 企画展「やきものの型」のチラシ。

 ・会 期 :2017年6月2日(金曜日)~9月10日(日曜日)
 ・会 場 :土岐市美濃陶磁歴史館第2展示室
       (岐阜県土岐市泉町久尻1263番地)
 ・開館時間:午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
 ・入館料 :一般200円、大学生100円、高校生以下無料
 ・休館日 :月曜日、祝日の翌日(ただし7月17日と8月12日は開館)




さて、2017年6月2日(金曜日)の午前10時20分頃に、「土岐市美濃陶磁歴史館」へいってきました。

170602土岐市美濃陶磁歴史館02 (コピー).JPG

第1展示室においては常設展「美濃桃山陶」が開かれており、同館所蔵の黄瀬戸、瀬戸黒、志野、織部などの茶碗などが展覧されています。

170602土岐市美濃陶磁歴史館18 (コピー).JPG

170602土岐市美濃陶磁歴史館29、織部黒茶碗 (コピー).JPG
~ 織部黒茶碗。

170602土岐市美濃陶磁歴史館30、赤織部茶碗 (コピー).JPG
~ 赤織部茶碗(大鹿コレクション)。

170602土岐市美濃陶磁歴史館32、弥七田織部 (コピー).JPG
~ (可児市の弥七田窯で焼かれた)弥七田織部向付。

第2展示室で開かれている企画展「やきものの型」においては、普段見ることができない茶陶生産に使われた型(窯跡からの出土品)が展示されています。

170602土岐市美濃陶磁歴史館11、茶陶生産に用いた型(六角) (コピー).JPG
~ 土型(六角)→黄瀬戸小鉢(岐阜県立多治見工業高等学校所蔵)。

170602土岐市美濃陶磁歴史館12、茶陶生産に用いた型(入隅四方) (コピー).JPG
~ 土型(四方形)→志野向付(岐阜県立多治見工業高等学校所蔵)。

本企画展「やきものの型」においては、ロクロと型、タタラと型による成形技術についてなどが紹介されています。

170602土岐市美濃陶磁歴史館14、タタラ+型 (コピー).JPG
~ 織部向付(タタラを型で成形)。

☆ 「土岐市美濃陶磁歴史館」
 (岐阜県土岐市泉町久尻1263番地)
☆ 2017年6月2日(金曜日)午前10時20分頃利用





nice!(75)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「たねや美濠美術館」において特集陳列「湖東焼-お茶とお菓子の器(茶道・煎茶道と菓子器)-」、9月中旬まで [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

湖東焼(ことうやき)は、彦根城下の呉服商・絹屋半兵衛らによる文政12年(1829年)の開窯から明治28年(1895年)の山口喜平窯の閉窯までの67年間、彦根で焼かれた焼物です。

170528湖東焼の彦根11、絹屋半兵衛屋敷 (コピー).JPG
~ 湖東焼の開祖と呼ばれている絹屋半兵衛の屋敷(彦根市元町2-16)、2017年5月28日撮影。

170528湖東焼の彦根12、絹屋半兵衛屋敷 (コピー).JPG

湖東焼が主に焼かれた佐和山山麓の餅木谷(もちのきだに)の湖東焼窯場跡(彦根市古沢町字石ケ崎の合計8,550㎡)は、平成3年(1991年)3月30日に滋賀県の指定史跡に指定されています。

170528湖東焼の彦根07、湖東焼窯場跡の説明板 (コピー).JPG

湖東焼窯場跡は、近江鉄道本線の佐和山トンネルの彦根側の西側にあります。

170528湖東焼の彦根08、佐和山と近江鉄道 (コピー).JPG
~ 正面の山が佐和山です。

170528湖東焼の彦根10、近江鉄道と湖東焼窯場跡 (コピー).JPG
~ 佐和山トンネルを抜けてきた近江鉄道「貴生川行」の左側(西側)にある竹林に湖東焼窯場跡があります。

170528湖東焼の彦根05、湖東焼窯場跡 (コピー).JPG
~ 湖東焼窯場跡は個人所有の土地にあるので立入禁止です。




さて、2017年5月28日(日曜日)の午前10時55分頃に、湖東焼窯場跡、絹屋半兵衛の屋敷などを訪ねた後、「たねや美濠(みほり)美術館」へ行ってきました。入館料一般500円。

170528湖東焼の彦根29、たねや美濠美術館.JPG

「たねや美濠美術館」は、たねやグループの「たねや彦根美濠の舍(みほりのや)」併設の湖東焼に特化された美術館です。

170528湖東焼の彦根28、たねや美濠美術館.JPG
~ 「たねや彦根美濠の舍」。

「たねや彦根美濠美術館」において9月中旬までの期間、特集陳列「湖東焼-お茶とお菓子の器(茶道・煎茶道と菓子器)-」が行われています(作品展示数:56点)。

170528湖東焼の彦根30、たねや美濠美術館.JPG

湖東焼の急須、煎茶碗などが展示されていますが、写真撮影禁止です。

♪ 湖東焼は、6月20日(火曜日)までテーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」が開かれている彦根城博物館においても観覧することができます。関連記事は →こちら

☆ 「たねや美濠美術館」
 (滋賀県彦根市本町1丁目2-33「たねや彦根美濠の舍」内)
☆ 2017年5月28日(日曜日)午前10時55分頃利用





nice!(86)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

テーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」、彦根城博物館において6月20日(火曜日)まで開催中 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

彦根城博物館において6月20日(火曜日)まで、

テーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」

が開催されています。

 ・会期  :2017年6月20日(火曜日)まで
 ・休館日 :会期中無休
 ・開館時間:午前8時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ・観覧料 :一般500円、小中学生250円(彦根城とのセット券あり)




さて、2017年5月20日(土曜日)の午前10時30分頃に、彦根城博物館へ行ってきました。

170520彦根城博物館①、入口 (コピー).JPG

展示室1で開かれているテーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」において、現存する煎茶の解説書としては最も古いという大枝流芳作「青湾茶話」(1756年)、井伊直弼作「楽焼急須」(江戸時代後期)など48点が展示されています。

170520彦根城博物館②、テーマ展「煎茶」 (コピー).JPG

テーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」の展示作品48点は、次の4つのセクションに分類されています。

 ・ 煎茶の伝来と広まり
 ・ 煎茶の道具
 ・ 湖東焼の煎茶道具
 ・ 煎茶の飾り

170520彦根城博物館④、テーマ展「煎茶」 (コピー).JPG

午前11時から始まった学芸員によるギャラリートークに参加しました。

☆ 「彦根城博物館」
 (滋賀県彦根市金亀町1番1号)
☆ 2017年5月20日(土曜日)午前10時30分~11時30分利用





nice!(110)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | 次の5件 大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等) ブログトップ