So-net無料ブログ作成
検索選択
大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等) ブログトップ
前の5件 | -

招鶴亭文庫第7回企画展「半田のお酢と江戸のすしのおいしい関係」開催中〔ミツカンミュージアム多目的ホール〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

愛知県半田市にある
「MIZKAN MUSEUM(ミツカンミュージアム、愛称MIM)」は、
ミツカンの酢づくりの歴史を学ぶことができる体験型博物館です。

170225ミツカンミュージアム① (コピー).JPG
~ ミツカン本社前から撮ったミツカンミュージアム。

170225ミツカンミュージアム② (コピー).JPG
~ ミツカンミュージアムのエントランス。

ミツカンミュージアムが
MIZKANグループ本社ビルの隣地にグランドオープンしたのは、
2015年11月8日のことです。

170225ミツカンミュージアム④、半田運河 (コピー).JPG
~ ミツカンミュージアムの前にある半田運河。江戸時代、酢や酒が船で江戸まで運ばれたそうです。




さて、
ミツカンミュージアム多目的ホールにおいて3月19日(日曜日)まで、

第7回企画展「半田のお酢と江戸のすしおいしい関係」

が開催されています(主催:一般財団法人招鶴亭文庫)。

170227招鶴亭文庫企画展「半田のお酢と江戸のすしのおいしい関係」のチラシ (コピー).JPG

ミツカンミュージアムで行われている
醸しの半島、知多 其ノ参 酢造りとすし文化
のサブタイトルがつく企画展は、
次の4つの展示コーナーから構成されています。

 1.江戸時代の酢造り
 2.酢屋の経営
 3.酢の販売
 4.酢とすし

※企画展会場での撮影は禁止されていますので
展覧されている資料等の写真はありません。

170227招鶴亭文庫企画展の資料 (コピー).JPG
~ 第7回企画展の資料など。

なお、
ミツカンミュージアムの観覧は
インターネットまたは電話による事前予約が必要ですが、
招鶴亭文庫の第7回企画展の観覧だけの場合は予約は不要です。

※企画展のみの観覧は無料ですが、
ミツカンミュージアムの観覧には入館料(大人300円など)が必要です。

ミツカンミュージアム観覧に関するブログ記事
→ こちら

☆ MIZKAN MUSEUM(ミツカンミュージアム、愛称MIM)
 (愛知県半田市中村町2-6)
☆ 2017年2月25日(土曜日)午後2時30分頃利用




nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

国指定重要文化財「旧鈴木家住宅」の保存修理工事現場が特別公開されました〔愛知県豊田市足助町〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

足助(愛知県豊田市足助町)は、
尾張・三河と飯田を結ぶ伊那街道(中馬街道とも)の中継地点として
江戸時代から明治時代にかけて栄えた商人の町です。

170225足助めぐり04、真弓橋から見る風景 (コピー).JPG
~ 真弓橋から見る足助川沿いの住宅。
※この記事に掲載する写真はすべて2017年2月25日に撮ったものです。

安永4年(1775年)の大火で
町並みのほとんどが消失したそうですが、
大火直後から町は再建され、
江戸後期から明治末期に建てられた建物が今も数多く残っている
足助の町並みは平成23年(2011年)6月に
重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定されました。

170225足助めぐり08、田町(三嶋屋辺り) (コピー).JPG
~ 重伝建保存地区の足助町田町(三嶋屋辺り)。




さて、
重伝建保存地区にある
国指定重要文化財「旧鈴木家住宅」の修理工事現場が
2月25日(土曜日)に特別公開されました。

170225旧鈴木家住宅修理工事現場特別公開②、受付 (コピー).JPG
~ 修理工事現場見学の受付。

「旧鈴木家住宅」においては現在、
平成32年度(2020)の部分公開、
平成34年度(2022)の全面公開を目指して
保存修理工事が行われているそうです。

170225旧鈴木家住宅修理工事現場特別公開⑤ (コピー).JPG
~ 約1,230坪の敷地に主屋をはじめ16棟の建造物がある
「旧鈴木家住宅」。

170225旧鈴木家住宅修理工事現場特別公開⑦ (コピー).JPG

170225旧鈴木家住宅修理工事現場特別公開⑧ (コピー).JPG

170225旧鈴木家住宅修理工事現場特別公開⑥、170年前の墨書 (コピー).JPG
~ 「弘化3年」(1846年)と墨書がある。

170225旧鈴木家住宅修理工事現場特別公開⑨ (コピー).JPG

☆ 国指定重要文化財「旧鈴木家住宅」保存修理工事現場(見学)
 (愛知県豊田市足助町本町20番地)
☆ 2017年2月25日(土曜日)午前10時~





歴史と文化の町並み事典―重要伝統的建造物群保存地区全109

歴史と文化の町並み事典―重要伝統的建造物群保存地区全109

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 中央公論美術出版
  • 発売日: 2015/08
  • メディア: 単行本



タグ:紙屋鈴木家
nice!(93)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

企画展「土岐市の古窯-定林寺古窯跡群-」開催中、土岐市美濃陶磁歴史館 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

岐阜県土岐市にある「土岐市美濃陶磁歴史館」において
2月24日(金曜日)より、

企画展「土岐市の古窯-定林寺古窯跡群-

が始まりました。

170224美濃陶磁歴史館01 (コピー).JPG

 ・会 期 :2017年2月24日(金曜日)~5月28日(日曜日)
 ・会 場 :土岐市美濃陶磁歴史館第2展示室
       (岐阜県土岐市泉町久尻1263番地)
 ・開館時間:午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
 ・入館料 :一般200円、大学生100円、高校生以下無料
 ・休館日 :月曜日、祝日の翌日(ただし3月20日、
       4月29日~5月7日は開館

今回の企画展「土岐市の古窯-定林寺古窯跡群-」は、
志野、織部といった美濃桃山陶を生産した窯として知られる
国指定史跡「元屋敷陶器窯跡」と同じ時期に稼働していた
土岐市泉町定林寺地区にある「定林寺古窯跡群」に
スポットを当てた企画展です。

大窯4基と連房式登窯5基が確認されている「定林寺古窯跡群」における
各窯の変遷と生産様相、窯詰にみる窯場の特徴が紹介されています。

170224美濃陶磁歴史館21、円錐ピン (コピー).JPG
~ 溶着資料(長石釉丸皿・灰釉丸皿)。

170224美濃陶磁歴史館24、トチ (コピー).JPG
~ 溶着資料(志野織部向付)。




さて、
土岐市美濃陶磁歴史館の第1展示室においては、
重要文化財公開「元屋敷陶器窯跡出土品展」が開かれており、
同館所蔵の美濃桃山茶陶などが展覧されています。

170224美濃陶磁歴史館03 (コピー).JPG

170224美濃陶磁歴史館04 (コピー).JPG

170224美濃陶磁歴史館11、多治見工業高校による発掘 (コピー).JPG
~ 黒織部茶碗(左)と織部黒茶碗(多治見工業高校による発掘)。

170224美濃陶磁歴史館18 (コピー).JPG
~ 青織部燭台(奥右)など。

☆ 「土岐市美濃陶磁歴史館」
 (岐阜県土岐市泉町久尻1263番地)
☆ 2017年2月24日(金曜日)午前10時50分頃利用





nice!(73)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

三州足助屋敷 食の学校 ~ふるさと食の再発見「寒茶」~ 〔愛知県豊田市足助町〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

三州足助屋敷(株式会社三州足助公社足助屋敷事業部)は、
手間ひまかけて作る楽しさ、美味しさを感じて学ぶ料理教室
「足助屋敷 食の学校」を開いています。

1月29日(日曜日)に開催された
足助屋敷 食の学校 ~ふるさと食の再発見「寒茶」~
に参加しました。

170129ふるさと食の再発見「寒茶」01、会場(楓風亭) (コピー).JPG
~ 受付&講演会場の「薫楓亭(くんぷうてい)」。

参加費2,200円(昼食代込み)。

スケジュールは下記の通りです。
 10:00~11:00 講演(講師:松下智さん、河合廣美さん)
 11:00~11:35 質疑応答
 11:45~12:30 昼食(桧茶屋で桧定食)
 12:50~13:15 茶の木狩り(場所:足助町水戸)
 13:30~14:45 寒茶作り(桧茶屋前、蒸し工程まで)

170129ふるさと食の再発見「寒茶」03、講演会場 (コピー).JPG
~ 講演開始5分前の会場。

170129ふるさと食の再発見「寒茶」08、桧茶屋で昼食 (コピー).JPG
~ 桧茶屋で昼食(桧定食:五平餅・鮎の塩焼き・山菜そば・季節の小皿)




さて、
桧茶屋での昼食後、
マイクロバスに乗って足助町水戸の国道420号線沿いの
巴川急斜面へ移動しました。

170129ふるさと食の再発見「寒茶」10、水戸地区で茶の木狩り (コピー).JPG
~ 写真の左下に見えるのが巴川。

170129ふるさと食の再発見「寒茶」09、水戸地区で茶の木狩り (コピー).JPG
~ 講師の河合さんの説明を聞く参加者。

足助の寒茶の原材料となる
急斜面に自生している(栽培ではない)茶の木を
枝ごと刈り取ります。

170129ふるさと食の再発見「寒茶」13、水戸地区で茶の木狩り (コピー).JPG

170129ふるさと食の再発見「寒茶」12、水戸地区で茶の木狩り (コピー).JPG

茶の枝を刈り取ったら桧茶屋へ戻り、
桶で蒸す前に刈り取った茶の枝からゴミや古い葉を取り除きます。

170129ふるさと食の再発見「寒茶」16、寒茶作り(ゴミ・古い葉の除去) (コピー).JPG

枝ごと樽に入れます。

170129ふるさと食の再発見「寒茶」18、寒茶づくり(枝ごと桶に入れる) (コピー).JPG

170129ふるさと食の再発見「寒茶」24、寒茶づくり(蒸す) (コピー).JPG

40分ほど蒸します。

170129ふるさと食の再発見「寒茶」25、寒茶づくり(蒸す) (コピー).JPG

170129ふるさと食の再発見「寒茶」30、寒茶づくり(茶葉取り出し) (コピー).JPG

蒸し終わったら、
茶葉を枝から外します(簡単に外れます)。

170129ふるさと食の再発見「寒茶」31、寒茶作り(茶葉は外し) (コピー).JPG

今回の食の学校では、
蒸すまでの工程で終わりですが、
次の工程として日干しがあります。

170129ふるさと食の再発見「寒茶」32、寒茶作り(日干し乾燥) (コピー).JPG
~ 広場で日干し中の寒茶。

乾燥したら
「足助の寒茶」の出来上がりです。

☆ 三州足助屋敷 食の学校 ~ふるさと食の再発見「寒茶」~
 (愛知県豊田市足助町稲盛36)
☆ 2017年1月29日(日曜日)午前10時~午後2時45分





番茶と庶民喫茶史 (日本歴史民俗叢書)

番茶と庶民喫茶史 (日本歴史民俗叢書)

  • 作者: 中村 羊一郎
  • 出版社/メーカー: 吉川弘文館
  • 発売日: 2015/02/24
  • メディア: 単行本



nice!(103)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「生駒市高山竹林園」へ行ってきました 〔国指定伝統的工芸品「高山茶筌」の資料館〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

奈良県北部の生駒市高山地区で
室町時代より作られている国指定伝統的工芸品「高山茶筌」は、
国内シェア9割以上を占めているそうです。

この高山地区に1989年(平成元年)、
「高山茶筌(ちゃせん)」を始めとする茶道具、編針などの竹製品の紹介・普及と
茶道文化の推進のために「生駒市高山竹林園」が開設されました。

170111高山竹林園② (コピー).JPG
~ 2017年1月11日(水曜日)撮影。




さて、
1月11日(水曜日)の午後0時35分頃に、
「生駒市高山竹林園」へ行ってきました。

170111高山竹林園④、資料館 (コピー).JPG
~ 「生駒市高山竹林園」内にある資料館のエントランス。

「生駒市高山竹林園」は、
資料館、茶室「竹生庵」、竹の生態園、
日本庭園、多目的広場などから構成されています。

資料館には、
研修室、茶会などに利用できる和室、
「高山茶筌」などが展示されている展示室、
茶筌制作実演コーナーがあります(見学無料)。

170111高山竹林園⑨、資料館の展示室 (コピー).JPG
~ いろいろな竹の見本。

170111高山竹林園⑫、資料館 (コピー).JPG
~ 「高山茶筌」工程の紹介(各工程の見本あり)。

170111高山竹林園⑩、資料館 (コピー).JPG
~ 茶筌制作実演コーナー。

土・日・祝日には抹茶の呈茶が行われています。
お菓子付税込400円、お抹茶のみ税込300円。
(平日の呈茶については要確認、電話0743-79-3344)

資料館の展示コーナーを観覧し、
抹茶コーナーでお抹茶とお菓子をいただいた後、
多目的広場に向かいました。

170111高山竹林園⑰、竹の寒干し(多目的広場) (コピー).JPG
~ 高山地区の冬の風物詩となっている竹の寒干し(天日干し)。

☆ 「生駒市高山竹林園」
 (奈良県生駒市高山町3440番地)
☆ 2017年1月11日(水曜日)午後0時35分頃利用





nice!(102)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等) ブログトップ