So-net無料ブログ作成
検索選択
大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等) ブログトップ
前の5件 | -

楽々園「御書院」内部特別公開、7月2日(日曜日)まで [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

江戸時代に「槻御殿(けやきごてん)」と呼ばれた彦根藩の下屋敷は現在、庭園部分が「玄宮園」、建物部分が「楽々園」と呼ばれています。

「玄宮園」は現在、回遊式庭園として一般開放されています。

170626玄宮楽々園①、東口 (コピー).JPG
~ 「玄宮園」東口。

170626玄宮園茶席「鳳翔台」② (コピー).JPG
~ 魚躍沼(ぎょやくしょう)の対岸に、臨地閣(りんちかく)と鳳翔台(ほうしょうだい)、その先に彦根城天守。

一方、「玄宮園」とともに彦根藩4代藩主・井伊直興により延宝5年(1677年)から2年を要して造営された「楽々園」は、11代藩主・井伊直中の隠居時に大規模な増改築が行われ、現在残っている建物の約10倍の規模だったそうです。

170626玄宮楽々園③、楽々園 (コピー).JPG
~ 大きな建物が全解体修理が完了した御書院、その右側が保存整備中の地震の間。

※ここまで、彦根市教育委員会作成の指定文化財解説シートなどを参照しました。




さて、2017年6月26日(月曜日)の午前10時30分頃に、「楽々園」へ行ってきました。

170626玄宮楽々園②、西口 (コピー).JPG
~ 「玄宮園」西口、「楽々園」入口。

「楽々園」において6月24日(土曜日)から7月2日(日曜日)まで、「御書院」内部が特別公開されています(無料)。

170626玄宮楽々園⑤、楽々園御書院(上之御間) (コピー).JPG
~ 「御書院」の上之御間(12畳)。

「御書院」から保存整備が進められている地震の間(御茶座敷)、楽々の間(煎茶の茶室)などが見えました。

170626玄宮楽々園⑦、楽々園(地震の間・雷の間・楽々の間) (コピー).JPG

170626玄宮楽々園⑧、楽々園(地震の間・雷の間・楽々の間) (コピー).JPG
~ (左から)耐震構造になっている地震の間(御茶座敷)、雷の間、楽々の間(煎茶の茶室)。

「楽々園」にある「御書院」内部を時間をかけて観覧した後、隣の「玄宮園」の魚躍沼を臨む高台にある茶席「鳳翔台」でお抹茶とお菓子をいただきました。

170626玄宮園茶席「鳳翔台」⑥ (コピー).JPG

170626玄宮園茶席「鳳翔台」⑧ (コピー).JPG
~ 再興湖東焼の茶碗。お菓子は、いと重菓舗「埋れ木」。

☆ 「楽々園」(滋賀県彦根市金亀町3-40)
☆ 2017年6月26日 (月曜日)午前10時30分頃利用





nice!(87)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

沙羅双樹のミュージアム「三甲美術館」へ行ってきました 〔岐阜市長良福士山〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

岐阜市長良福士山にある「三甲美術館」は、沙羅双樹のミュージアムとして知られています。

170622三甲美術館③、沙羅双樹の花 (コピー).JPG
~ 「三甲美術館」の第一駐車場に咲く沙羅双樹の花。

「三甲美術館」は、プラパレ(プラスチックパレット)、オリコン(折りたたみコンテナ)などのプラスチック物流機器メーカーの三甲株式会社(本社:岐阜県瑞穂市)の創業者の故・丹羽治助さんが1973年に建設した迎賓館・福利厚生施設が前身です。

170622三甲美術館①、表門 (コピー).JPG




さて、2017年6月22日(木曜日)の午前10時5分頃に、「三甲美術館」へ行ってきました。

170622三甲美術館②、表門.JPG

「三甲美術館」において2017年9月4日(月曜日)まで、所蔵品企画展「静物画展」が開かれており、岸田劉生「静物」、小絲源太郎「静物」などが展示されています。入館料一般1,200円(喫茶室での呈茶込み)、火曜休館。

「三甲美術館」の所蔵品は、日本画、茶道具、彫塑など幅広い分野にわたっています。看板作品は、「坐せる浴女」、「裸婦」などのルノワール3点(喫茶室を除く館内は撮影禁止です)。

企画展「静物画展」、常設展などを観覧した後、沙羅双樹の花が咲く中庭を眺めながら喫茶室で抹茶と羊羹をいただきました。

170622三甲美術館⑥、喫茶室 (コピー).JPG

170622三甲美術館⑨、中庭 (コピー).JPG

170622三甲美術館⑦、お抹茶と羊羹 (コピー).JPG

沙羅双樹の花は例年、6月中旬~下旬が見頃だそうです。

170622三甲美術館⑤、沙羅双樹の花 (コピー).JPG
~ 第一駐車場の沙羅双樹の花。

☆ 沙羅双樹のミュージアム「三甲美術館」(公益財団法人三甲美術館)
 (岐阜市長良福土山3535番地)
☆ 2017年6月22日(木曜日)午前10時5分頃利用





nice!(95)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

湖東焼の彦根めぐり [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

湖東焼(ことうやき)は、彦根城下の呉服商・絹屋半兵衛らによる文政12年(1829年)の開窯から明治28年(1895年)の山口喜平窯の閉窯までの67年間、彦根で焼かれた焼物です(参照:「彦根城博物館」の「湖東焼」展示解説シートなど)。

2017年6月19日(月曜日)の午前中、湖東焼にゆかりのある地を訪ねました。題して「湖東焼の彦根めぐり」。午前9時30分頃、彦根駅東口を出発。

170619湖東焼の彦根めぐり01、彦根駅東口 (コピー).JPG

最初に向かったのは、近江鉄道本線の佐和山トンネルの彦根側の西側にある湖東焼窯場跡ですが、直行しないで、JR琵琶湖線と近江鉄道を跨ぐ県道518号線(彦根城線)の跨線橋より佐和山山麓にある窯場跡の位置を確認しました。

170619湖東焼の彦根めぐり02、佐和山(茶碗山) (コピー).JPG
~ 正面の山が佐和山(別名:茶碗山)です。

170619湖東焼の彦根めぐり03、佐和山とガチャコン電車 (コピー).JPG
~ 佐和山トンネルを抜けてきた近江鉄道「多賀大社前行」の左側(西側)にある竹林に湖東焼窯場跡があります。

跨線橋から降り、近江鉄道線沿いを歩いて湖東焼窯場跡を目指しました。

170619湖東焼の彦根めぐり04、湖東焼窯場跡 (コピー).JPG
~ 正面が湖東焼窯場跡、左へ行くと佐和山城跡です。

170619湖東焼の彦根めぐり06、湖東焼窯場跡 (コピー).JPG
~ 湖東焼窯場跡は個人所有の土地にあるので立入禁止です。

170619湖東焼の彦根めぐり07、湖東焼窯場跡 (コピー).JPG
~ 湖東焼窯場跡(彦根市古沢町字石ケ崎の合計8,550㎡)は、平成3年(1991年)3月30日に滋賀県の指定史跡に指定されています。

次に目指したのは、湖東焼の開祖と呼ばれている絹屋半兵衛の屋敷(彦根市元町2-16)です。

170619湖東焼の彦根めぐり09、絹屋半兵衛の屋敷 (コピー).JPG

170619湖東焼の彦根めぐり11、絹屋半兵衛の屋敷 (コピー).JPG
~ 幸田真音・著「藍色のベンチャー」(2003年10月、新潮社刊/2006年4月の新潮文庫化に際し「あきんど絹屋半兵衛」に改題)の舞台になった絹屋半兵衛の屋敷です。

あきんど―絹屋半兵衛〈上〉 (新潮文庫)

あきんど―絹屋半兵衛〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: 幸田 真音
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 文庫






さて、絹屋半兵衛の屋敷の次の目的地は「彦根城博物館」ですが、ちょっと寄り道して名所 玄宮園にある茶席「鳳翔台」でお抹茶とお菓子で一服しました。

彦根藩の政庁でもあった表御殿を復元した「彦根城博物館」(彦根市金亀町1-1)においては本日6月20日(火曜日)まで、テーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」が開かれていました。

170619湖東焼の彦根めぐり13、彦根城博物館 (コピー).JPG

170619湖東焼の彦根めぐり14、彦根城博物館 (コピー).JPG
~ テーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」が開かれていた第1展示室。

テーマ展終了後も、常設展示されている湖東焼を観覧することができます。

次に訪ねたのは、たねや彦根美濠の舍内にある「たねや彦根美濠美術館」(彦根市本町1丁目2-33)です。

170619湖東焼の彦根めぐり30、たねや美濠美術館 (コピー).JPG

170619湖東焼の彦根めぐり27、たねや美濠美術館 (コピー).JPG

170619湖東焼の彦根めぐり28、たねや美濠美術館 (コピー).JPG
~ 「たねや彦根美濠美術館」において9月中旬までの期間、特集陳列「湖東焼-お茶とお菓子の器(茶道・煎茶道と菓子器)-」が行われています(作品展示数:56点)。湖東焼の急須、煎茶碗などが展示されていますが、写真撮影禁止です。

「たねや美濠美術館」からそれほど遠くないところに、再興湖東焼の「一志郎窯」のお店があります。

170619湖東焼の彦根めぐり26、一志郎窯 (コピー).JPG
~ 再興湖東焼 彦根「一志郎窯」(彦根市本町1-6-22)。

彦根駅西口に着いたのは午後0時40分頃。3時間ほどの「湖東焼の彦根めぐり」でした。





あきんど―絹屋半兵衛〈下〉 (新潮文庫)

あきんど―絹屋半兵衛〈下〉 (新潮文庫)

  • 作者: 幸田 真音
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 文庫



nice!(95)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

山県市文化の里「古田紹欽記念館」へ行ってきました〔「紹欽茶会」〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

2017年6月11日(日曜日)の午後0時50分頃に、岐阜市の北側に隣接する山県市(やまがたし)にある文化の里「古田紹欽記念館」へ行ってきました。

170611古田紹欽記念館①、外観 (コピー).JPG
~ 山県市文化の里「古田紹欽記念館」。

古田紹欽(ふるたしょうきん)(1911年~2001年)は、山県市生まれの仏教学者です。

170611古田紹欽記念館②、正面玄関 (コピー).JPG
~ 「古田紹欽記念館」の表玄関。

平成15年(2003年)11月3日に開館した「古田紹欽記念館」は、第一展示室、第二展示室、学びの間、百道庵(呈茶スペース)、茶室などから構成されています。

170611古田紹欽記念館⑥、回廊 (コピー).JPG
~ 本館へ続く回廊。

170611古田紹欽記念館⑧、入口 (コピー).JPG
~ 「古田紹欽記念館」本館の入り口。

・入館料 :無料
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日 :月曜日(祝日にあたる場合はその翌日)、
      祝日の翌日(土・日曜の場合は開館)、
      12月28日~1月3日、特別整理期間(前もって掲示)




さて、山県市文化の里「古田紹欽記念館」において6月11日、紹欽さんの好日会「バンジョー・アコーディオンコンサート&紹欽茶会」が企画されていました。

170611古田紹欽記念館④、イベント案内 (コピー).JPG
~ 「古田紹欽記念館」の正面玄関にあったコンサートとお茶会の案内。

「紹欽茶会」は「古田紹欽記念館」ではなく、隣の「花咲きホール」で開かれました。

170611山県市花咲きホール① (コピー).JPG
~ 山県市文化の里「花咲きホール」。

170611古田紹欽記念館⑪、紹欽茶会 (コピー).JPG

170611古田紹欽記念館⑬、紹欽茶会 (コピー).JPG

一服500円(お抹茶・和菓子)。

170611古田紹欽記念館⑭、紹欽茶会 (コピー).JPG

☆ 山県市文化の里「古田紹欽記念館」(紹欽茶会)
 (岐阜県山県市洞田127番地131)
☆ 2017年6月11日(日曜日)午後0時50分頃利用





nice!(93)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

<なごや学>公開講座「名古屋の和菓子文化~愛されてきた歴史」、名古屋市西生涯学習センター [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

名古屋市西生涯学習センターにおいて6月6日(火曜日)午後1時30分より、
平成29年度前期講座の <なごや学>「尾張名古屋の和菓子文化~和菓子作り体験を通して~」(全5回)の第1回目が開かれました。

 ・日時:2017年6月6日(火曜日)午後1時30分~3時20分
 ・講師:大竹敏之さん(名古屋市在住のフリーライター)
 ・演題:「名古屋の和菓子文化~愛されてきた歴史」

170606名古屋西生涯学習センター①、なごや学公開講座 (コピー).JPG
~ 名古屋西生涯学習センターの掲示板にあった公開講座のポスター。




さて、定刻の午後1時30分より始まった <なごや学> 第1回は、受講者が定員の60名をオーバーするほどの人気でした。第1回だけは公開講座なので<なごや学>受講者以外の参加もOKでした。

170606名古屋西生涯学習センター②、なごや学公開講座 (コピー).JPG

「名古屋の喫茶店」、「名古屋めし」などの著書がある講師の大竹敏之さんは、森崎美穂子さんとの共著「東海の和菓子名店」(2015年4月、ぴあ発行)をベースにして、「名古屋が和菓子処って本当?」、「背景は尾張徳川時代からの茶の湯の文化にあり」、「喫茶店とお茶文化の意外な関係」など9つのポイントについて話を進めました。

名古屋の和菓子だけでなく、三河のいがまんじゅう、中津川・恵那の栗きんとん・からすみ、岐阜市のあゆ菓子などの紹介もありました。





東海の和菓子名店―伝統を受け継ぐ銘菓ベストガイド 保存版

東海の和菓子名店―伝統を受け継ぐ銘菓ベストガイド 保存版

  • 作者: 大竹 敏之
  • 出版社/メーカー: ぴあ中部支局
  • 発売日: 2015/04/14
  • メディア: 単行本



nice!(79)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等) ブログトップ