So-net無料ブログ作成
甘いもの(和菓子・スイーツ・パン) ブログトップ
前の5件 | -

「栗粉餅」、栗菓子の原点 [甘いもの(和菓子・スイーツ・パン)]

栗と砂糖で作る素朴なお菓子「栗きんとん」は、岐阜県中津川市、恵那市および加茂郡八百津町の名産品です。

170911元祖栗金飩「緑屋老舗」⑥、栗金飩ばら売り (コピー).JPG
~ 元祖栗金飩「緑屋老舗」の「栗きんとん」、2017年9月11日購入。

栗を使った和菓子といえば、「栗きんとん」のほかに、栗羊羹、栗まんじゅうなどがありますが、「栗粉餅」とよばれる和菓子があります。

中津川市、岐阜市、名古屋市などにある和菓子屋で「栗粉餅」は製造販売されていますが、全国的な知名度は低いようです。

s_170916松河屋①、栗粉餅.JPG
~ 「松河屋老舗」本店で2017年9月16日に購入した「栗粉餅」。

s_170916松河屋②、栗粉餅.JPG

虎屋文庫の中山圭子さんの著書「和菓子ものがたり」(朝日文庫、2001年1月1日発行)の「栗菓子ことはじめ」を参照すると、「栗粉餅」は栗菓子の原点だそうです。

この頃になると、栗菓子の原点ともいえそうな栗の加工品が文献にも登場します。その名は栗粉餅。栗羊羹、栗きんとんなどが江戸時代後期に作られる前に、栗粉餅なる栗製品があったことは意外に知られていません。さて、栗粉餅とはどんなお菓子だったのでしょうか。 栗粉餅は、「松屋久政茶日記」の天正6(1578)年9月18日の条に「クリ粉ノモチ」と見える記録が古く、文字どおり、栗の粉をまぶした餅のことです。・・・中山圭子・著「和菓子ものがたり」160~161ページより引用





さて、虎屋文庫による情報が続きますが、虎屋文庫・編著「和菓子を愛した人たち」(山川出版社、2017年6月発行)の「近衛家煕と栗粉餅-さすがの者共なり」を参照すると、「栗粉餅」に関する興味深いエピソードが載っています。

(略)享保16年10月には、虎屋にかかわるエピソードがあります。家煕が嵯峨(京都府)で朝早く栗粉餅を使用するため、晩のうちに納めるよう注文したところ、虎屋と亀屋は品質が保てないと判断したようで辞退しました。栗粉餅は室町時代から日記や茶会記に見える菓子で、餅に栗の粉をまぶした素朴なものと考えられます。菓子屋としては、栗の粉の傷みが早いのを心配したのでしょうか。それとも、あまり早く届けてしまうと、餅が固くなるということだったかもしれません。辞退の言を受けてから近衛家から、それでは栗の粉は重箱に入れ、餅とは別にするように、という新たな指示が出され、夜半過ぎに餅だけが届けられました。栗の粉がいつ届けられたかは記載がなく、実際の状況は不明ですが、当初の条件ではおいしく召し上がっていただけないという判断があったことは間違いがありません。二店の対応について「槐記」には“さすがの者共なり。何と偽っても商品を納めるのが商いの習いだが、それを断るのはよくよくのこと。些細なことかもしれないが、ほめるべきである”と記されています。(略)・・・「和菓子を愛した人たち」220~221ページより引用。


「栗の粉の傷みが早い」のは、現在の「栗粉餅」にも言えることです。栗の保水力の弱さを補うために砂糖を使いますが、砂糖の量が多すぎると、日持ちは長くなっても肝心の栗の風味が砂糖に負けてしまいます。消費期限を1日でも長くするためにトレハロースなどを添加する和菓子屋もあります。

また、「栗粉餅」のことを「栗きんとんをアレンジした人気商品」などと紹介する和菓子店がありますが、室町時代に既にあった「栗粉餅」を100年ほどの歴史しかない「栗きんとん」のアレンジ商品という本末転倒な紹介はとても残念です。





nice!(98)  コメント(0) 

八百津の「緑屋老舗」の栗金飩〔岐阜県八百津町〕 [甘いもの(和菓子・スイーツ・パン)]

蒸した栗をほぐし、砂糖を加えて炊き上げ、茶巾で絞り形を整える素朴なお菓子「栗きんとん」は、岐阜県中津川市と恵那市の特産品として広く知られています。

170901中津川栗きんとん⑦、仁太郎 (コピー).JPG
~ 中津川市加子母の「仁太郎」の「栗きんとん」、2017年9月1日に中津川駅前にある「にぎわい特産館」で購入。

あまり知られていないようですが、木曽川畔に位置する岐阜県加茂郡八百津町(やおつちょう)も「栗きんとん」の名産地です。




さて、2017年9月11日(月曜日)の午前8時30分頃、八百津町八百津にある元祖栗金飩「緑屋老舗」へ行ってきました(緑屋さんは「栗金飩」と表記しています)。

170911元祖栗金飩「緑屋老舗」②、店舗 (コピー).JPG
~ 「緑屋老舗」は明治5年(1872年)創業の和菓子屋です。

栗金飩6個入り(税込1,180円、うち箱代100円)を注文すると、試食用の栗金飩とお茶が出てきました。

170911元祖栗金飩「緑屋老舗」③、試食 (コピー).JPG
~ 試食用。ちょっと小振りですが、全形です。

試食用とは別に栗金飩ばら売り(税込180円)を1個購入、店内でいただきました。

170911元祖栗金飩「緑屋老舗」⑤、栗金飩ばら売り (コピー).JPG

170911元祖栗金飩「緑屋老舗」⑥、栗金飩ばら売り (コピー).JPG

元祖栗金飩「緑屋老舗」の栗金飩、「ここら辺の栗を使って」大正時代より作り続けらているそうです。

「緑屋」さんは、朝8時より営業しています。定休日:水曜日。緑屋さんはネット販売に対応しています。





nice!(98)  コメント(0) 

カヌレとレアチーズケーキ@「& Anne」〔滋賀県彦根市〕 [甘いもの(和菓子・スイーツ・パン)]

2017年9月8日(金曜日)の午前10時30分頃、滋賀県彦根市の中央商店街にある「& Anne」へ行ってきました。

170908菓心おおすが②、& Anne (コピー).JPG

170908菓心おおすが③、& Anne (コピー).JPG
~ 「& Anne」(滋賀県彦根市中央町4-35)。

「& Anne」は、代表銘菓「三十五万石(求肥餅入)」で知られる菓心「おおすが」がプロデュースする洋菓子、書店および展示室から構成される複合ショップ、2013年3月1日オープン。

170908菓心おおすが①、本店 (コピー).JPG
~ 菓心「おおすが」本店(滋賀県彦根市中央町4-39)。




さて、「& Anne」に入店すると、すぐ左側に洋菓子店がありました。

170908菓心おおすが⑤、& ANNE(洋菓子店) (コピー).JPG

女性スタッフに店内で喫食できるかとたずねると、フリースペースで喫食可とのこと。

170908菓心おおすが⑥、& Anne(洋菓子店) (コピー).JPG

選んだのは、カヌレとレアチーズケーキ。

170908菓心おおすが⑦、カヌレとレアチーズケーキ (コピー).JPG
~ お茶は無料サービス。

170908菓心おおすが⑪ (コピー).JPG

170908菓心おおすが⑨ (コピー).JPG

☆「& Anne」(滋賀県彦根市中央町4-35)
 ・電 話 :(0749)22-5288
 ・営業時間:午前10時30分~午後6時
 ・休業日 :水・木曜日
 ・駐車場 :あり(菓心「おおすが」本店の駐車場)

170908菓心おおすが⑬、& Anne(ショップカード) (コピー).JPG





nice!(73)  コメント(0) 

栗きんとんの詰め合わせ中津川「栗きんとんめぐり[レジスタードトレードマーク]」(2017栗きんとんシーズン)の販売が始まりました 〔岐阜県中津川市〕 [甘いもの(和菓子・スイーツ・パン)]

岐阜県中津川市のJR中津川駅前にある「にぎわい特産館」において2017年9月1日より

14店舗の栗きんとんを味わうことができる
 中津川「栗きんとんめぐり[レジスタードトレードマーク]

の販売が始まりました(12月15日までの期間限定販売)。

170901中津川④、にぎわい特産館 (コピー).JPG
~ 中津川駅前にある「にぎわい特産館」の外観。

栗きんとんの詰め合わせ中津川「栗きんとんめぐり[レジスタードトレードマーク]」は、「風流(ふりゅう)」と「ささゆり」の2種類です。

「風流」には、一休・ヤマツ食品・七福・しん・美濃屋・川上屋・信玄堂の7店舗の栗きんとんとお茶が入っています。

「ささゆり」には、仁太郎・松月堂・恵那福堂・新杵堂・柿の木・松葉・梅園の7店舗の栗きんとんとお茶が入っています。

いずれも税込2,000円。




さて、2017年9月1日(金曜日)の午前10時50分頃に、「にぎわい特産館」へ行ってきました。

170901中津川⑤、にぎわい特産館 (コピー).JPG

「にぎわい特産館」においては、14店舗の栗きんとんの詰め合わせ中津川「栗きんとんめぐり[レジスタードトレードマーク]」(2種類)のほか、14店舗の栗きんとんがばら売りされています。

170901中津川⑥、栗きんとんめぐり(風流、ささゆり) (コピー).JPG
~ 中津川「栗きんとんめぐり[レジスタードトレードマーク]」、風流(左)とささゆり(右)。

170901中津川⑦、栗きんとん(ばら売り) (コピー).JPG

170901中津川⑧、栗きんとん(ばら売り) (コピー).JPG

1個だけでも購入できます。味比べをするために2個購入してみました。

170901中津川栗きんとん①、川上屋と仁太郎 (コピー).JPG
~ 川上屋(左側)と仁太郎の栗きんとん。

170901中津川栗きんとん③、川上屋 (コピー).JPG
~ 川上屋の栗きんとん。

170901中津川栗きんとん⑦、仁太郎 (コピー).JPG
~ 仁太郎の栗きんとん。

ばら売り用の栗きんとんは生菓子用セパレート容器に入って販売されているので、食品表示ルール(食品表示基準)に基づき、義務表示事項(名称・原材料名・内容量・消費期限・保存方法・製造者または販売者)が記載されています。

170901中津川栗きんとん②、川上屋 (コピー).JPG
~ 株式会社川上屋(中津川市本町3-1-8)の栗きんとんバラ。

170901中津川栗きんとん⑤、仁太郎 (コピー).JPG
~ 株式会社仁太郎(中津川市加子母4939-8)の栗きんとん(にぎわい特産館)。

☆ 「にぎわい特産館」(岐阜県中津川市栄町1-1にぎわいプラザ)
  ・TEL:(0573)62-2277  ・FAX:(0573)65-2479
  ・営業時間:8:30〜18:00   ・休館日:12月29日〜1月3日






nice!(80)  コメント(4) 

「カエルのミルク風呂」@青柳総本家 KITTE名古屋店 [甘いもの(和菓子・スイーツ・パン)]

2017年4月1日にオープンした「KITTE 名古屋」1階に、名古屋名物「青柳ういろう」で全国的に知られる「青柳総本家」があります。

170817青柳総本家KITTE名古屋店② (コピー).JPG

「青柳総本家 KITTE 名古屋店」においては、「青柳ういろう」、「きしめんパイ」、「カエルまんじゅう」などの商品の販売のほか、併設されている席数6席のカウンター席で甘味を楽しむこともできます。




さて、8月17日(木曜日)の午後6時55分頃に、「青柳総本家 KITTE名古屋店」へ行ってきました。

人気の「カエルまんじゅう」がミルクシェイクのお風呂に入った「カエルのミルク風呂」と「ひとくち生ういろう(こしあん)」をオーダー、カウンター席でいただきました。

170817青柳総本家KITTE名古屋店③、カエルのミルク風呂 (コピー).JPG
~ 「カエルのミルク風呂」。

170817青柳総本家KITTE名古屋店④、カエルのミルク風呂 (コピー).JPG

170817青柳総本家KITTE名古屋店⑦、ひとくち生こしあん (コピー).JPG
~ 「ひとくち生ういろう(こしあん)」。

☆ 「青柳総本家 KITTE名古屋店」
 (名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋1階)
☆ 2017年8月17日(木曜日)午後6時55分頃利用





nice!(85)  コメント(4) 
前の5件 | - 甘いもの(和菓子・スイーツ・パン) ブログトップ