So-net無料ブログ作成
彦根めぐり ブログトップ
前の5件 | -

彦根城博物館友の会主催現地研修「玄宮園」 [彦根めぐり]

名勝「玄宮楽々園」は、江戸時代に「槻御殿(けやきごてん)」と呼ばれていた旧彦根藩の下屋敷で、庭園部分が玄宮園、建物部分が楽々園と呼ばれています。

玄宮園は、魚躍沼(ぎょやくしょう)と呼ばれる大きな池を中心とした大規模な池泉回遊式庭園です。

s_171210友の会現地研修「玄宮園」14.JPG
~ 魚躍沼畔から見える金亀山に建つ国宝彦根城天守。

※ここまで、彦根市教育委員会文化財課が作成した指定文化財解説シートなどを参照しました。



さて、2017年12月10日(日曜日)午前9時45分頃、午前10時から始まる彦根城博物館友の会主催の現地研修「玄宮園」に参加するために名勝「玄宮楽々園」へ行ってきました。

s_171210友の会現地研修「玄宮園」01.JPG
~ 集合場所の玄宮園東口。

彦根市教育委員会文化財課の三尾さんの案内で玄宮園を回りました。

s_171210友の会現地研修「玄宮園」20.JPG

三尾さんが準備した配布資料によると、玄宮園には「春鶯軒、鳳翔䑓、臨池閣、涵虚亭」の4つの茶室があったそうです。

鳳翔䑓(鳳翔台)と臨池閣は現存していますが、涵虚亭(かんきょてい)と(現在の桜場駐車場にあった)春鶯軒(しゅんおうけん)は現存していません。

s_171210友の会現地研修「玄宮園」12、鳳翔台、臨池閣、御書院.JPG
~ 魚躍沼の対岸に見える鳳翔台と臨池閣。

涵虚亭は、飛梁渓(ひりょうけい)の先にあったそうです。

s_171210友の会現地研修「玄宮園」15、飛梁渓.JPG
~ 飛梁渓。

s_171210友の会現地研修「玄宮園」17、涵虚亭跡.JPG
~ 涵虚亭跡で三尾さんの説明を聞く参加者。

涵虚亭跡から伊吹山、佐和山が見えました。

s_171210友の会現地研修「玄宮園」18、佐和山を見る.JPG
~ 涵虚亭跡から見える佐和山。

三尾さんが作成した資料を参照すると、嘉永4年(1851年)から安政4年(1857年)閏5月までに彦根で行われた茶会の記録である「彦根水屋帳」により、井伊直弼によって開かれた16回の茶会のうち、玄宮園では4回の茶会が開かれたことがわかるそうです。

☆ 名勝「玄宮楽々園」(滋賀県彦根市金亀町3-40)
☆ 2017年12月10日(日曜日)午前9時45分~午後0時



nice!(74)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

名勝「玄宮楽々園」〔滋賀県彦根市〕 [彦根めぐり]

江戸時代に「槻御殿(けやきごてん)」と呼ばれていた旧彦根藩の下屋敷は現在、庭園部分が「玄宮園」、建物部分が「楽々園」と呼ばれています。

「玄宮園」は、魚躍沼(ぎょやくしょう)と呼ばれる大きな池を中心とした大池泉回遊式庭園です。観覧料は「玄宮園」単独で一般200円、年中無休。

s_171120玄宮楽々園⑨、彦根城天守.JPG
~ 魚躍沼畔から見る対岸の臨池閣(りんちかく)、茶席「鳳翔台(ほうしょうだい)」、その先に彦根山に建つ国宝・彦根城天守。

「楽々園」にある建物へ入ることはできませんが、外から観覧することができます(観覧無料)。

s_171120玄宮楽々園④、御書院と地震の間.JPG
~ 「楽々園」にある御書院(左)と地震の間。

※ここまで、彦根市教育委員会文化財課が作成した指定文化財解説シートを参照しました。また、今回掲載した写真はすべて、2017年11月20日に撮ったものです。



さて、2017年11月20日(月曜日)の午前11時40分頃、名勝「玄宮楽々園」へ行ってきました。

s_171120玄宮楽々園①、東口.JPG
~ 「玄宮園」東口。

魚躍沼畔を歩き、龍臥橋、高橋を渡って、築山に建つ茶席「鳳翔台」へ向かいました。

s_171120玄宮楽々園⑫、茶席「鳳翔台」.JPG
~ 茶席「鳳翔台」。

s_171120玄宮楽々園⑭、古い茶室.JPG
~ 茶席「鳳翔台」の横にある古い茶室。

なお、「玄宮園」においては11月18日(土曜日)より12月3日(日曜日)までの期間(18時~21時)、夜間特別公開「錦秋の玄宮園ライトアップ」が開かれています(昼間の観覧券での入場はできませんのでご注意ください)。詳しいことは、彦根観光協会のウェブサイト「彦根観光ガイド」をご覧ください。

s_171120玄宮楽々園②、ライトアップの案内.JPG



nice!(97)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「湖東焼窯場跡採取品展」へ行ってきました〔@旧彦根藩足軽組屋敷 善利組 服部家住宅〕 [彦根めぐり]

国宝・彦根城で知られる滋賀県彦根市には、江戸時代の足軽屋敷の町割りが静かな住宅地として今も残っています。

彦根市文化財解説シート「善利組足軽屋敷」を参照すると、「足軽く疾走する歩卒(ほそつ)」という意味の「足軽」屋敷は、城下町のもっとも外側に、城下を取り囲むように屋敷を連ね、彦根城と城下町を守る役割を担っていたそうです。

足軽屋敷の中で最大規模だったのは「善利(せり)組足軽屋敷」(現在の芹橋2丁目辺り)で、外堀と善利川(芹川)の間の東西約 750m、南北約 300mを占めたそうです。

この「善利組足軽組屋敷」が2017年10月14日(土曜日)と15日(日曜日)に特別公開されました。

s_171015足軽組屋敷特別公開①.JPG
~ 昭和新道(旧外堀)より辻番所通りを撮る。

s_171015足軽組屋敷特別公開②、吉居家住宅.JPG
~ 今回特別公開された足軽組屋敷の一つ「吉居家住宅」。

s_171015足軽組屋敷特別公開⑲、辻番所.JPG
~ 辻番所・旧磯島家住宅。足軽屋敷解説板が設置されています。



さて、2017年10月15日(日曜日)の午後0時20分頃に、特別公開された足軽組屋敷の一つ服部家住宅を訪ねました。

s_171015足軽組屋敷特別公開⑥、服部家住宅.JPG
~ 服部家住宅の解説板。

服部家住宅においては、NPO法人湖東焼を育てる会による「湖東焼窯場跡採集品展」が行われており、コンテナボックスに入った佐和山麓に残る湖東焼窯場跡より採集された陶磁片、窯道具などが展示されていました。

s_171015足軽組屋敷特別公開⑦、服部家住宅(湖東焼窯場跡出土品).JPG

s_171015足軽組屋敷特別公開⑧、服部家住宅(湖東焼窯場跡出土品).JPG

湖東焼を育てる会のメンバーが服部家住宅において、これらの陶磁片、窯道具などを一つ一つていねいに整理分類しているそうです。

s_171015足軽組屋敷特別公開⑮、作業机.JPG
~ 採集した陶磁片、窯道具の整理分類などを行う作業机。

s_171015足軽組屋敷特別公開⑩、服部家住宅(湖東焼窯場跡出土品).JPG

美術品として価値がある「湖東焼」は、彦根城博物館やたねや美濠美術館で観覧することができます。一方、歴史的な価値がある湖東焼窯場跡で採集された陶磁片、窯道具などを観覧する機会は少ないと思います。

ただの欠片(かけら)と言ってしまえば、それまでですが、出土陶磁片・窯道具を眺めながら幸田真音さんの「藍色のベンチャー」に書かれた湖東焼が焼かれた江戸時代末期へと時間旅行ができました。

nice!(89)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

名勝「玄宮楽々園」〔夜間特別公開「観月の夕べ」開催中〕 [彦根めぐり]

江戸時代に「槻御殿(けやきごてん)」と呼ばれていた旧彦根藩の下屋敷は現在、庭園部分が「玄宮園」、建物部分が「楽々園」と呼ばれています。

「玄宮園」は、魚躍沼(ぎょやくしょう)と呼ばれる大きな池を中心とした大池泉回遊式庭園です。観覧料は「玄宮園」単独で一般200円、年中無休。

s_171008玄宮楽々園⑩.JPG
~ 魚躍沼畔から見る対岸の臨池閣(りんちかく)、茶席「鳳翔台(ほうしょうだい)」、その先に彦根山に建つ国宝・彦根城天守。

「楽々園」にある建物へ入ることはできませんが、外から観覧することができます(観覧無料)。

s_171008玄宮楽々園⑦、書院.JPG
~ 「楽々園」にある御書院(左)と地震の間。

※ここまで、彦根市教育委員会文化財課が作成した指定文化財解説シートを参照しました。また、今回掲載した写真はすべて、2017年10月8日に撮ったものです。



さて、2017年10月8日(日曜日)の午前11時45分頃、名勝「玄宮楽々園」へ行ってきました。

s_171008玄宮楽々園①、東口.JPG
~ 「玄宮園」東口。

三連休の中日ということもあるのでしょうか、名勝「玄宮楽々園」は混んでいました。

s_171008玄宮楽々園⑨.JPG

魚躍沼畔を歩き、龍臥橋、高橋を渡って、築山に建つ茶席「鳳翔台」へ向かいました。

s_171008玄宮楽々園⑪.JPG

茶席「鳳翔台」も混んでいました。

s_171008玄宮楽々園⑫、茶席「鳳翔台」.JPG

なお、「玄宮園」においては9月30日より10月22日までの土日祝日9日間(午後6時30分~9時)、夜間特別公開「観月の夕べ」が開かれています(昼間の観覧券での入場はできませんのでご注意ください)。詳しいことは、彦根観光協会のウェブサイト「彦根観光ガイド」をご覧ください。




nice!(80)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

講演「湖東焼の盛衰と美」@彦根城博物館 [彦根めぐり]

2017年10月8日(日曜日)の午後0時20分頃、国宝彦根城が建つ彦根山(金亀山)の麓にある彦根城博物館へ行ってきました。

s_171008彦根城博物館①.JPG
~ 彦根城博物館の玄関。

午後1時30分より講堂において開催される講演「湖東焼の盛衰と美」に参加するためですが、早く着きすぎたので、江戸時代の能舞台を眺めることができるお茶席でお抹茶と和菓子をいただきました。

s_171008彦根城博物館③、お茶席.JPG
~ お茶席。



さて、彦根城博物館のお茶席は、椅子に腰かけてお抹茶をいただくことができる立礼席(りゅうれいせき)です。

s_171008彦根城博物館⑤、お茶席.JPG

一服500円(抹茶・和菓子)。

この日の和菓子は、おおすが「ささ栗」でした。

s_171008彦根城博物館⑥、おおすが「ささ栗」.JPG

お茶席で一服した後、講演「煎茶の美意識と常滑」が行われる講堂へ向かいました。

s_171008彦根城博物館⑫、講演「湖東焼の盛衰と美」.JPG

☆ 彦根城博物館(滋賀県彦根市金亀町1-1)
☆ 2017年10月8日(日曜日)午後0時20分頃入館




nice!(73)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 彦根めぐり ブログトップ