So-net無料ブログ作成
深緑茶房 ブログトップ
前の5件 | -

茶カフェ深緑茶房「お茶教室」(2017年11月度) [深緑茶房]

茶カフェ深緑茶房の「お茶教室」が2017年11月28日(火曜日)午前11時より開かれました。

s_171128茶カフェ深緑茶房「お茶教室」②、外観.JPG
~ 三重県松阪市の茶農家(農事生産法人・有限会社深緑茶房)が直営する茶カフェ深緑茶房は、名駅ミヤコ地下街4番出口を出てセブンイレブンの裏隣です。

講師は、深緑茶房社長で日本茶インストラクターの松本浩さん。今回のテーマは、~「急須で淹れる」、面倒ですか?~です。



さて、前回の「お茶教室」(2017年10月度)に続いて、「急須」を切り口とした飲み比べを行いました。

最初は、急須の材質の違い「耐熱ガラス製、炻器(せっき)製、磁器製の3種類の急須」の比較です。抽出条件は「茶葉5g、70℃の湯150cc、浸出時間60秒」。

s_171128茶カフェ深緑茶房「お茶教室」⑤、飲み比べ(材質の違う急須).JPG
~ (左から)耐熱ガラス製、炻器製そして磁器製の急須。

s_171128茶カフェ深緑茶房「お茶教室」⑥、飲み比べ(材質の違う急須).JPG

続いて、耐熱ガラス製急須の湯温の違いによる飲み比べです。抽出条件は「茶葉5g、浸出時間60秒、湯150cc」で60℃・75℃・90℃の3温度帯で比較しました。

s_171128茶カフェ深緑茶房「お茶教室」⑧、飲み比べ(滲出温度の違い).JPG
~ 耐熱ガラス製急須で淹れたお茶は、イメージしていたよりも渋味が抑えられていました。

s_171128茶カフェ深緑茶房「お茶教室」⑨、ハリオ茶茶急須の外箱.JPG
~ 耐熱ガラスメーカーのハリオ「茶茶急須」の化粧箱に記載されている4つの特徴。

なお、11月度の「お茶教室」は12月19日(火曜日)午前11時より開かれる予定です。

☆ 茶カフェ深緑茶房「お茶教室」(2017年11月度)
 (名古屋市中村区名駅四丁目26-25メイフィス名駅ビル1階)
☆ 2017年11月28日(火曜日)午前11時~午後0時10分頃



nice!(72)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

伊勢深蒸し茶「千寿」と「しんさぼまんじゅう」@茶カフェ深緑茶房 [深緑茶房]

2017年11月7日(火曜日)の午前10時30分頃に、名古屋・名駅4丁目にある茶カフェ「深緑茶房」へ行ってきました。

s_171031深緑茶房「お茶教室」①.JPG
~ 場所は、名駅ミヤコ地下街の4番出口を出てセブンイレブンの裏隣りです。

茶カフェ「深緑茶房」は、三重県松阪市飯南町にある農業生産法人の有限会社深緑茶房が直営する日本茶カフェです。



さて、茶カフェ「深緑茶房」でオーダーしたのは、伊勢深蒸し茶「千寿」と「しんさぼまんじゅう」です。

s_171107深緑茶房①、伊勢深蒸し茶(千寿)としんさぼまんじゅう.JPG
~ 一煎目の「千寿」。

s_171107深緑茶房④、しんさぼまんじゅう.JPG
~ しんさぼまんじゅうは、お茶をたっぷり餡に練り込んだ上用饅頭です。

s_171107深緑茶房⑤、伊勢深蒸し茶(千寿).JPG

店頭に新製品「伊勢茶オイル」が並んでいました。

s_171107深緑茶房⑥、伊勢茶オイル.JPG

s_171107深緑茶房⑦、伊勢茶オイル.JPG

☆ 茶カフェ「深緑茶房」
 (名古屋市中村区名駅4-26-25メイフィス名駅1階)
☆ 2017年11月7日(火曜日)午前10時30分頃利用



nice!(74)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

茶カフェ深緑茶房「お茶教室」(2017年10月度)を受講しました [深緑茶房]

茶カフェ深緑茶房の「お茶教室」が2017年10月31日(火曜日)午前11時より開かれました。

s_171031深緑茶房「お茶教室」①.JPG
~ 三重県松阪市の茶農家(農事生産法人・有限会社深緑茶房)が直営する茶カフェ深緑茶房は、名駅ミヤコ地下街4番出口を出てセブンイレブンの裏隣です。

講師は、深緑茶房の茶長(社長のこと)で日本茶インストラクターの松本浩さん。今回のテーマは、~「茶筌で点てる抹茶」vs「急須で淹れる煎茶」~です。



さて、抹茶と煎茶の栽培法・製法における違い、抽出方法(茶筌で点てる抹茶・急須で淹れる煎茶)、抹茶にとっての茶筌と煎茶にとっての急須の重要性、急須の材質による緑茶成分の変化などについて松本さんよりレクチャーを受けた後、3種の飲み比べを行いました。

最初は、①粉末煎茶、②抹茶(400円/30g)、③抹茶(2000円/40g)を茶筌で点てた緑茶の飲み比べました。

s_171031深緑茶房「お茶教室」③、粉末煎茶と抹茶の飲み比べ.JPG
~ 上の写真は水で練った状態です。この後、お湯を注いで茶筌を振って緑茶を点てました。

次は、①ガラス製、②アルミ製、③せっ器製(焼締め)の急須で淹れた煎茶(90℃x1分で抽出)を飲み比べました。

s_171031深緑茶房「お茶教室」⑨、急須の材質の違い.JPG

s_171031深緑茶房「お茶教室」⑩、急須の材質の違い.JPG
~ 違いが明らかでした。

最後は、四日市萬古焼急須と常滑焼急須で淹れた煎茶(70℃x1分で抽出)の飲み比べです。

s_171031深緑茶房「お茶教室」⑪、四日市萬古vs常滑焼.JPG

s_171031深緑茶房「お茶教室」⑫、四日市市萬古vs常滑焼.JPG
~ 急須の材質により味が違うことがよくわかりました。

なお、11月度の「お茶教室」は11月29日(火曜日)午前11時より開かれる予定です。

☆ 茶カフェ深緑茶房「お茶教室」(2017年10月度)
 (名古屋市中村区名駅四丁目26-25メイフィス名駅ビル1階)
☆ 2017年10月31日(火曜日)午前11時~午後0時10分頃



nice!(78)  コメント(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

次の茶カフェ深緑茶房「お茶教室」、10月31日(火曜日)に開かれます。 [深緑茶房]

名古屋・名駅4丁目の茶カフェ深緑茶房は、茶農家(農業生産法人有限会社深緑茶房、三重県松阪市飯南町)が直営する日本茶カフェです。

170321深緑茶房「お茶教室」01、名駅ミヤコ地下街の案内板 (コピー).JPG
~ 名駅ミヤコ地下街4番出口を出て、セブンイレブンの裏隣です。

茶カフェ深緑茶房において新茶で繁忙な5月を除いて毎月、「お茶教室」が開かれています。



さて、茶カフェ「お茶教室」(2017年10月度)が10月31日(火曜日)午前11時から開かれます。

10月の「お茶教室」では、煎茶を淹れる道具としてなくてはならない「急須」を取り上げ、材質が違う急須(ガラス、磁器、陶器)を使って抽出したお茶を飲み比べ、風味の違い、特に渋味の違いを確かめるなどの試飲が組まれています。

 ・日 時:2017年10月31日(火曜日)午前11時より(1時間ほど)
 ・場 所:茶カフェ深緑茶房
      (名古屋市中村区名駅4丁目26-25メイフィス名駅ビル1階)
 ・講 師:松本浩さん(有限会社深緑茶房茶長、日本茶インストラクター)
 ・参加費:1,500円(税込、お茶と甘味のセット付)

s_170926深緑茶房「お茶教室」⑩、深緑と栗きんとん.JPG
~ 伊勢深蒸し煎茶「深緑」と栗きんとん、2017年9月26日撮影。

茶カフェ深緑茶房の「お茶教室」についてのお問合せおよび参加申し込みは;
 茶カフェ「深緑茶房」
 電話:(052)551-3366



nice!(75)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

茶カフェ深緑茶房「お茶教室」(2017年9月度)を受講しました。 [深緑茶房]

茶カフェ深緑茶房の「お茶教室」が2017年9月26日(火曜日)午前11時より開かれました。

170829深緑茶房「お茶教室」01 (コピー).JPG
~ 三重県松阪市の茶農家(農事生産法人・有限会社深緑茶房)が直営する茶カフェ深緑茶房は、名駅ミヤコ地下街4番出口を出てセブンイレブンの裏隣です。

講師は、深緑茶房の茶長(社長のこと)で日本茶インストラクターの松本浩さん。今回のテーマは、~「ほうじ茶(※注)」の飲み比べ~ です。

(※注)、公益社団法人日本茶業中央会が定めた「緑茶の表示基準」は「ほうじ茶は、煎茶や番茶を強い火で焙って製造したもの」と定義しています。



さて、今回の「お茶教室」で行った「ほうじ茶」の飲み比べは3回です。

飲み比べ(その1)は、「炒り度(焙じ度)の違い/使用茶葉:茎茶のほうじ茶」」です。

s_170926深緑茶房「お茶教室」①、ほうじ茶飲み比べ(焙煎度).JPG
~ 「炒り度(焙じ度)」は、一番左が浅煎りで、右側へ行くほど炒り度が深くなっています。

s_170926深緑茶房「お茶教室」②、ほうじ茶飲み比べ(焙煎度).JPG
~ 水色(すいしょく)の違い。

飲み比べ(その2)は、「抽出温度の違い/使用茶葉:白い茎ほうじ茶」です。

s_170926深緑茶房「お茶教室」③、ほうじ茶飲み比べ(抽出温度).JPG
~ (左から)抽出温度(湯温)60℃、75℃、90℃。(白い茎ほうじ茶)は、碾茶の茎茶を焙じたお茶です。

s_170926深緑茶房「お茶教室」④、ほうじ茶飲み比べ(抽出温度).JPG

飲み比べ(その3)は、「部位の違い」です。

s_170926深緑茶房「お茶教室」⑤、ほうじ茶飲み比べ(抽出温度).JPG
~ (左上から時計回りに)柳茶を焙じたお茶、煎茶を焙じたお茶、白い茎ほうじ茶、秋番茶を焙じたお茶。

s_170926深緑茶房「お茶教室」⑥、ほうじ茶飲み比べ(抽出温度).JPG

なお、10月度の「お茶教室」は10月31日(火曜日)午前11時より開かれる予定です。

☆ 茶カフェ深緑茶房「お茶教室(2017年9月度)」
 (名古屋市中村区名駅四丁目26-25メイフィス名駅ビル1階)
☆ 2017年9月26日(火曜日)午前11時~午後0時10分頃



nice!(77)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 深緑茶房 ブログトップ