So-net無料ブログ作成
笹屋伊織の女将塾 ブログトップ
前の5件 | -

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~橙色の会」(2017年度第7回) [笹屋伊織の女将塾]

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~橙色の会」が2017年10月19日(木曜日)、名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルームにおいて開催されました。午前・午後・夜の3部制。

講師は、創業享保元年(1716年)の京菓匠「笹屋伊織」10代目女将の田丸みゆきさん※です。

s_171019女将塾「愛される所作~橙色の会」16.JPG

笹屋伊織の女将塾「愛される所作」は毎月のテーマカラーが決まっています。

「今年度は、毎月の色のテーマを決めました。お召し物や小物に各回のテーマの色を少し意識して楽しんで頂ければと存じます。」
が田丸先生から受講者へのメッセージです。

s_171019女将塾「愛される所作~橙色の会」07.JPG

※田丸先生のプロフィール、定期セミナー情報などについては、「田丸みゆきオフィシャルサイト」をご覧ください。 → こちら

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。 → こちら






さて、10月19日の午後2時頃より始まった笹屋伊織の女将塾「愛される所作~橙色の会」(2017年度第7回)の午後の部を受講しました。

s_171019女将塾「愛される所作~橙色の会」05 (2).JPG

田丸先生が選んだ「今月のお菓子」は、「み月」と干菓子です。

s_171019女将塾「愛される所作~橙色の会」03、み月.JPG

一つ目の「み月」は、「栗羊羹に村雨を重ね、さりげなく金箔をあしらった」お菓子です。

夜空に浮かぶ満月が思い浮かぶ「み月」は、皇室の菩提寺である総本山御寺泉涌寺(みてら・せんにゅうじ)境内で、年内は11月18日~12月3日の期間でしか購入することができないそうです。

JR東海の「そうだ京都、行こう」の2009年初秋のキャンペーンで紹介された泉涌寺のテレビCMのために特別に調整された「み月」は、泉涌寺の第154世長老の上村貞郎(ていろう)猊下(げいか)より御命名・御染筆を賜ったお菓子です。

s_161116和の美人度アップ講座15、み月.JPG

「み月」の「み」がひらがなになっているのは、美しい「美月」、月を観る「観月」、味わう「味月」、実りの「実月」、ますます栄える「弥月」、そして田丸先生(みゆき)の「み月」などいろいろな月を愛でていただくようにという思いが込められているからだそうだです。

「み月」についてのレクチャーが終わると、お抹茶と「み月」をいただいく甘楽茶楽タイム~。

s_171019女将塾「愛される所作~橙色の会」13.JPG

(2つ目のお菓子の干菓子は、省略します。)

次回は、2017年11月9日(木曜日)に開かれる女将塾「愛される所作~藍色の会」です。
 ・今月の色    :茶色
 ・今月のお菓子  :亥の子餅とお火焚きまんじゅう
 ・ワンポイント講座:京の伝統行事
 ・参加費     :1,500円

お申込、問い合わせは、京都イオリカフェ名鉄百貨店(電話:052-585-2924)まで。

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。 → こちら








老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

  • 作者: 田丸 みゆき
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(69)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~藍色の会」〔特別講座:職人による和菓子作り講座〕 [笹屋伊織の女将塾]

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~藍色の会」が2017年9月14日(木曜日)、名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルームにおいて開催されました。午前・午後・夜の3部制。

講師は、創業享保元年(1716年)の京菓匠「笹屋伊織」10代目女将の田丸みゆきさん※です。

s_170914女将塾「愛される所作~藍色の会」18.JPG

笹屋伊織の女将塾「愛される所作」は毎月のテーマカラーが決まっています。

「今年度は、毎月の色のテーマを決めました。お召し物や小物に各回のテーマの色を少し意識して楽しんで頂ければと存じます。」
が田丸先生から受講者へのメッセージです。

※田丸先生のプロフィール、定期セミナー情報などについては、「田丸みゆきオフィシャルサイト」をご覧ください。 → こちら

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。 → こちら






さて、9月14日の午後2時頃から始まった笹屋伊織の女将塾「愛される所作~藍色の会」(2017年度第6回)の午後の部を受講しました。

今回の女将塾は特別講座、笹屋さんの職人の指導による栗薯蕷まんじゅう作り体験です。田丸先生より今年大ブレイクしたスタイルで特別講師2名の紹介がありました。

s_170914女将塾「愛される所作~藍色の会」31、ブルゾンみゆきwith S.JPG
~ 「ブルゾンみゆき。with S!」(「S」は、笹屋さんの「S」、職人の「S」)。

特別講師を務める笹屋さんの職人は、愛知県豊田市出身の伊藤さん(写真左)と岐阜県土岐市出身の川合さん(写真右)です。

紹介が終わると、伊藤さんによる薯蕷生地作りのお手本が始まりました。すり下ろしたつくね芋に砂糖、薯蕷粉(上用粉とも)を合わせて力強く捏ね上げていきます。薯蕷生地が仕上がったら、1個分へと切り分けます。

s_170914女将塾「愛される所作~藍色の会」08.JPG

s_170914女将塾「愛される所作~藍色の会」11.JPG

薯蕷生地の切り分けが終わると、伊藤さんは、あらかじめ白あんで包んだ栗(白あんの薄衣を着た栗)を薯蕷生地で包み始めました。早い!

包餡のお手本が終わると、受講者各自が栗を薯蕷生地で包む実習です。

s_170914女将塾「愛される所作~藍色の会」14、包餡.JPG

s_170914女将塾「愛される所作~藍色の会」15、包餡.JPG

セミナー受講生全員の包餡が終わると、最終工程の蒸し上げです。

s_170914女将塾「愛される所作~藍色の会」20、栗薯蕷まんじゅう(お手本).JPG
~ 蒸し上がった伊藤さんのお手本の「栗薯蕷まんじゅう」、白あんの薄衣をまとった栗が純白の薯蕷生地に包まれています。

次回は、2017年10月19日(木曜日)に開かれる女将塾「愛される所作~橙色の会」です。
 ・今月の色  :橙色
 ・今月のお菓子:み月と干菓子
 ・特別講座  :木型のお話
 ・参加費   :1,500円

お申込、問い合わせは、京都イオリカフェ名鉄百貨店(電話:052-585-2924)まで。







老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

  • 作者: 田丸 みゆき
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(98)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~黄色の会」(2017年度第5回) [笹屋伊織の女将塾]

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~空色の会」が2017年8月17日(木曜日)、名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルームにおいて開催されました。午前・午後・夜の3部制。

講師は、創業享保元年(1716年)の京菓匠「笹屋伊織」10代目女将の田丸みゆきさん※です。

170817女将塾「愛される所作~黄色の会」02 (コピー).JPG

笹屋伊織の女将塾「愛される所作」は毎月のテーマカラーが決まっています。

「今年度は、毎月の色のテーマを決めました。お召し物や小物に各回のテーマの色を少し意識して楽しんで頂ければと存じます。」
が田丸先生から受講者へのメッセージです。

170817女将塾「愛される所作~黄色の会」03 (コピー).JPG
※田丸先生のプロフィール、定期セミナー情報などについては、「田丸みゆきオフィシャルサイト」をご覧ください。 → こちら

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。 → こちら






さて、8月17日の午後2時頃から始まった笹屋伊織の女将塾「愛される所作~黄色の会」(2017年度第5回)の午後の部を受講しました。

170817女将塾「愛される所作~黄色の会」01 (コピー).JPG

8年目となる田丸先生のセミナーで今回、初めて「紅茶」が取り上げられました。田丸先生が選んだ「今月のお菓子」の栗入り最中「だるまさん」に合う紅茶をゲスト講師の奥村裕美子先生(紅茶専門店「ラティス」オーナー)が選ぶという老舗京菓匠の女将とティーアドバイザーによるコラボ企画です。

170817女将塾「愛される所作~黄色の会」08 (コピー).JPG
~ 田丸先生とゲスト講師の奥村先生。

田丸先生が選んだ「今月のお菓子」は、栗入り最中「だるまさん」です。

170817女将塾「愛される所作~黄色の会」05、だるまさん(正面) (コピー).JPG

正面だけでなく、後ろ姿(背中)もご覧ください。

170817女将塾「愛される所作~黄色の会」07、だるまさん(後ろ姿) (コピー).JPG

田丸先生による「最中」の由来、最中の種(皮)についてレクチャー、奥村先生によるワンポイントレッスン「ティーバッグタイプの紅茶の上手な淹れ方」が終わると、「だるまさん」と奥村先生が選んだダージリンで甘楽茶楽タイム。

170817女将塾「愛される所作~黄色の会」16 (コピー).JPG

次回は、2017年9月14日(木曜日)に開かれる女将塾「愛される所作~藍色の会」です。
 ・今月の色  :藍色
 ・今月のお菓子:栗薯蕷まんじゅう
 ・特別講座  :職人による和菓子作り講座
 ・参加費   :2,500円

お申込、問い合わせは、京都イオリカフェ名鉄百貨店(電話:052-585-2924)まで。

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。 → こちら








老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

  • 作者: 田丸 みゆき
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(83)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~水色の会」(2017年度第4回) [笹屋伊織の女将塾]

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~空色の会」が2017年7月20日(木曜日)、名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルームにおいて開催されました。午前・午後・夜の3部制。

講師は、創業享保元年(1716年)の京菓匠「笹屋伊織」10代目女将の田丸みゆきさん※です。

170720女将塾「愛される所作」15、檜扇(ひおうぎ) (コピー).JPG
~ 田丸先生が持っている花は、祇園祭の花「檜扇(ひおうぎ)」です。扇の形をした葉をもつことから「檜扇」、なるほど。

笹屋伊織の女将塾「愛される所作」は毎月のテーマカラーが決まっています。

「今年度は、毎月の色のテーマを決めました。お召し物や小物に各回のテーマの色を少し意識して楽しんで頂ければと存じます。」
が田丸先生から受講者へのメッセージです。

※田丸先生のプロフィール、定期セミナー情報などについては、「田丸みゆきオフィシャルサイト」をご覧ください。 → こちら

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。 → こちら






さて、7月20日の午後2時頃から始まった笹屋伊織の女将塾「愛される所作~水色の会」(2017年度第4回)の午後の部を受講しました。

170720女将塾「愛される所作」02 (コピー).JPG

今年4月よりコメンテーターとしてレギュラー出演しているフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」の裏話で始まった田丸先生のトークが終わると、今月のお菓子「竹入り水ようかん」の美しいいただきかたのレッスンです。

170720女将塾「愛される所作」06、竹入り水ようかん (コピー).JPG
~ 国産の青竹に入った水ようかん、代表的な涼菓の一つです。

針金入りの紐を外します。

170720女将塾「愛される所作」25 (コピー).JPG

笹の葉を、懐紙代わりに使います。

170720女将塾「愛される所作」26 (コピー).JPG

竹筒の底にあらかじめ穴を開けておけば、水ようかんはかんたんに出てきます。

170720女将塾「愛される所作」28 (コピー).JPG
~ スナップをきかせて竹筒を振ると、水ようかんがでてきました。さすが、元やり投げ選手。

盛りつけが終わったら、黒文字を使って一口サイズにカットしていただきます。

170720女将塾「愛される所作」30 (コピー).JPG
~ プラスチック製ではなく、中国製青竹でもない水ようかんサイズの国産の青竹は希少です。

食べ終わったら、笹の葉と針金入りの紐を使ってきれいに後片付けします。

170720女将塾「愛される所作」31 (コピー).JPG

青竹の香りがする「竹入水ようかん」と水で点てたお抹茶でいっぷくした後、ワンポイント講座「祇園祭と大文字」が始まりました(詳細は省略)。

170720女将塾「愛される所作」17 (コピー).JPG

次回は、2017年8月17日(木曜日)に開かれる女将塾「愛される所作~黄色の会」です。
 ・今月の色    :黄色
 ・今月のお菓子  :紅茶に合う和菓子
 ・ワンポイント講座:秋の京都 おすすめスポット

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。 → こちら








老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

  • 作者: 田丸 みゆき
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(79)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~紫色の会~」(2017年度第3回) [笹屋伊織の女将塾]

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~紫色の会~」が2017年6月15日(木曜日)、名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルームにおいて開催されました。

170615女将塾「愛される所作」03 (コピー).JPG
~ 講師は、笹屋伊織10代目女将の田丸みゆきさん※です。

笹屋伊織の女将塾「愛される所作」は毎月のテーマカラーが決まっています。

「今年度は、毎月の色のテーマを決めました。お召し物や小物に各回のテーマの色を少し意識して楽しんで頂ければと存じます。」
が田丸先生から受講者へのメッセージです。

※田丸みゆきさんのプロフィール、定期セミナー情報などについては、「田丸みゆきオフィシャルサイト」をご覧ください。 → こちら

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。 → こちら






さて、投扇興(とうせんきょう)体験が組まれている笹屋伊織の女将塾「愛される所作~紫色の会~」は午後2時5分頃に始まりました。

投扇興体験の前に、和室での挨拶の仕方について田丸先生のレクチャーを受けました。ライフスタイルの欧米化により機会が少なくなっていますが、和室で正座して挨拶をしなければならない場面はあるので、このような実践につながる和のマナー講座は機会があれば受けておきたいですね。

170615女将塾「愛される所作」05、和室での挨拶の仕方 (コピー).JPG

170615女将塾「愛される所作」09 (コピー).JPG

和室での挨拶の仕方を学んだ後、待ちに待った投扇興体験です。投扇興とは、扇を投げて枕(桐箱)の上の蝶(的)を落として、蝶(的)と扇の位置関係などにより点数表を参照して採点し勝敗を決める日本の伝統遊戯のことです。

170615女将塾「愛される所作」16、投扇興の道具 (コピー).JPG

参加者が体験する前に、田丸先生がお手本を示してくださいました。

170615女将塾「愛される所作」23 (コピー).JPG

170615女将塾「愛される所作」22 (コピー).JPG

田丸先生のお手本の後、参加者による投扇興体験が始まりました。各参加者5投の合計点数で順位を争いました。扇を投げて的を落とすというシンプルなゲームですが、力が入ると、扇は思うように飛んでくれません。

なお、今月のお菓子は、名古屋の餅屋、和菓子屋も最近販売するようになった「水無月」(白・黒糖)でした。

170615女将塾「愛される所作」25、水無月 (コピー).JPG


老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

  • 作者: 田丸 みゆき
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


2017年度4回目は、7月20日(木曜日)に開かれる女将塾「愛される所作~空色の会」です。 ■今月のお菓子:竹入り水ようかん ■ワンポイント講座:祇園祭と大文字のお話

開催概要などについては、「田丸みゆきオフィシャルサイト」をご覧ください。 → こちら

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。 → こちら






nice!(101)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 笹屋伊織の女将塾 ブログトップ