So-net無料ブログ作成
たねやグループ ブログトップ
前の5件 | -

美濠茶屋でかき氷(黒糖)@彦根美濠の舎 [たねやグループ]

「あてなるもの。…削り氷にあまづら入れて、新しき金鋺に入れたる。」と「枕草子」第四十二段にあることから、平安時代にかき氷はあてなるもの(上品なもの)だったことがわかります。

しかし、かき氷が貴重品の時代は長く、暑い時期に手軽に食べることができるようになったのは、明治時代のことだそうです(参照:虎屋文庫「和菓子を愛した人たち」72ページ「石川啄木とかき氷」の項)。


和菓子を愛した人たち

和菓子を愛した人たち

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 山川出版社
  • 発売日: 2017/06/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





さて、2018年6月17日(日曜日)の午前10時20分頃、和洋菓子製造販売のたねやグループが運営する複合施設「彦根美濠の舎(みほりのや)」へ行ってきました。

s_180617たねや彦根美濠の舎②.JPG
~ 「彦根美濠の舎」にある和菓子「たねや」。

2階の美濠茶屋でかき氷を注文しました。

黒糖、抹茶、いちごの3種類の中から選んだのは、黒糖です。

s_180617たねや彦根美濠の舎③、かき氷(黒糖).JPG
~ 黒糖蜜と小豆のかき氷。

s_180617たねや彦根美濠の舎④、かき氷(黒糖).JPG

☆ たねや「彦根美濠の舎」(滋賀県彦根市本町1-2-33)
☆ 2018年6月17日(日曜日)午前10時20分頃利用

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析



nice!(89)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

カステラショップ「栗百本」で「焼きたて八幡カステラセット」 [たねやグループ]

2018年4月5日(木曜日)の午前10時45分頃に、たねやグループの本社・旗艦店などから構成される複合施設「ラ コリーナ近江八幡」にあるカステラショップ「栗百本」へ行ってきました。

s_180405ラ コリーナ近江八幡22、カステラショップ「栗百本」.JPG
~ 2016年7月15日にオープンしたカステラショップ「栗百本」、たねやグループの本社が入る銅屋根が奥に見えます。



さて、カステラショップ「栗百本」のドアを開けると、「栗百本」の三文字が焼印された栗の木の柱が目に飛び込んできました。

s_180405ラ コリーナ近江八幡23、カステラショップ「栗百本」(店名).JPG
~ 焼印された「栗百本」の三文字は山本徳次名誉会長(たねや前当主)による書を形どったものだそうです。

店内に入ると、左側に販売所、正面にカステラ工房、右側にカフェがあります。

s_180405ラ コリーナ近江八幡24、カステラショップ「栗百本」(店内).JPG
~ カステラ工房、カステラが焼き上がるのがガラス越しに見えます。

メインショップ2階のカフェで焼きたてバームクーヘンを食べたばかりですが、「栗百本」のカフェのレジカウンターで、焼きたて八幡カステラセットをオーダーしました(前払い方式)。

スタッフは外が見える窓際の席を勧めてくれましたが、最も太い栗の木があるカウンター席を選びました。

s_180405ラ コリーナ近江八幡25、カステラショップ「栗百本」カフェ.JPG

s_180405ラ コリーナ近江八幡27、焼きたて八幡カステラセット.JPG
~ コーヒーは取っ手がないカップで提供されました。

八幡カステラをそのまま食べた後、付いてきたつぶ餡をトッピングしてみました。

s_180405ラ コリーナ近江八幡28、焼きたて八幡カステラセット.JPG
~ ふわふわなスフレの様なカステラです。

カフェでひと休みした後、田んぼ、棚田があるエリアを歩きました。

s_180405ラ コリーナ近江八幡20、銅屋根(本社).JPG
~ 本社が入る銅屋根の展望室とシンボルツリーのモミの木が見えます。

次の写真は、2016年7月15日に撮った写真です。

s_160715ラ コリーナ近江八幡37、銅屋根と田んぼ.JPG

オープン当日のカステラショップ「栗百本」の草屋根も青々としていました。

s_160715ラ コリーナ近江八幡44、カステラショップ「栗百本」.JPG

☆ カステラショップ「栗百本」
 (滋賀県近江八幡市北之庄町615-1「ラ コリーナ近江八幡」内)
☆ 2018年4月5日(木曜日)午前10時45分頃利用

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析



nice!(72)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

滋賀県で最も集客力がある観光施設「ラ コリーナ近江八幡」 [たねやグループ]

滋賀県の2017年の観光客数(延観光入込客数)は、京都新聞の2018年3月28日付記事を参照すると、5,226万2,400人(速報値)だったそうです。

この数字は、滋賀県が2017年12月15日に公表した2016年の観光客数(延観光入込客数)の5,076万7,300人(確定値)よりも149万5,100人(前年比2.9%増)多く、過去最高の数字となります。

滋賀県の観光客数の増加に大きく寄与したのは、2016年の観光客数(延観光入込客数)が最も多かった施設である和洋菓子製造販売・飲食店経営のたねやグループの「ラ コリーナ近江八幡」(近江八幡市北之庄町615-1)だと思います。

s_180405ラ コリーナ近江八幡01、表門.JPG
~ たねやグループの「ラ コリーナ近江八幡」の銅葺き屋根の表門。※この記事に掲載した写真はすべて2018年4月5日に撮影したものです。

s_180405ラ コリーナ近江八幡02、メインショップ(草屋根).JPG
~ 「ラ コリーナ近江八幡」のメインショップ(草屋根)。

「ラ コリーナ近江八幡」の2016年観光客数は、前出の滋賀県の公表数字を参照すると、2,130,700人です。これに対して、「ラ コリーナ近江八幡」の2017年12月29日付のブログ記事(ラ コリーナ日誌)に「今年は260万人を超える来店者数となりました」との記載がありますので、2017年の滋賀県で最も観光客数が多かった施設は「ラ コリーナ近江八幡」だと推察できます。



さて、たねやグループの「ラ コリーナ近江八幡」に現在ある、主な施設は次の通りです。

s_180405ラ コリーナ近江八幡04、メインショップ(草屋根).JPG
~ 2015年1月9日にオープンしたメインショップ(草屋根)、芝生の新芽が見えます。

メインショップ(草屋根)の1階に、和菓子「たねや」とバームクーヘン「クラブハリエ」があります。

s_180405ラ コリーナ近江八幡05、メインショップたねや.JPG

s_180405ラ コリーナ近江八幡07、メインショップクラブハリエ.JPG

メインショップ(草屋根)2階にはカフェがあります。

s_180405ラ コリーナ近江八幡12、メインショップカフェ(カウンター席).JPG
~ メインショップ(草屋根)カフェのカウンター席。

s_180405ラ コリーナ近江八幡20、銅屋根(本社).JPG
~ 2016年6月に本社が移転した銅屋根。

メインショップ(草屋根)と本社(銅屋根)の間に、カステラショップ「栗百本」があります。

s_180405ラ コリーナ近江八幡25、カステラショップ「栗百本」カフェ.JPG
~ 2016年7月15日にオープンしたカステラショップ「栗百本」。

s_180405ラ コリーナ近江八幡18、フードガラージ.JPG
~ フードガレージにあるギフトショップ。

260万人超えという「ラ コリーナ近江八幡」の2017年の来店者数は、三菱UFJリーサーチ&コンサルティングが取りまとめた東海3県(愛知・岐阜・三重)の2016年度主要集客施設の集客数ランキングに当てはめると、11位の名古屋城の約192万人、7位の名古屋市東山動植物公園の約241万人を上回る数字です。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析



nice!(78)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

「彦根美濠の舎」へ行ってきました〔黒胡麻しるこ@美濠茶屋〕 [たねやグループ]

国宝彦根城のお堀端にある「彦根美濠の舍(みほりのや)」は、滋賀県近江八幡市を本拠地とする和洋菓子製造販売のたねやグループが直営する和菓子の「たねや」、洋菓子の「クラブハリエ」、彦根藩湖東焼「たねや美濠美術館」などから構成される複合施設です。

s_180203たねや彦根美濠の舎①、たねや.JPG
~ 和菓子の「たねや」。

s_180203たねや彦根美濠の舎②、クラブハリエ.JPG
~ 洋菓子の「クラブハリエ」。

s_180203たねや彦根美濠の舎③、美濠美術館.JPG
~ 彦根藩湖東焼「たねや美濠美術館」。



さて、2018年2月3日(土曜日)の午前9時40分頃、「彦根美濠の舎」へ行ってきました。「たねや美濠美術館」において5月末まで開催されている特集展示「春を迎える器」を観覧するのが目的ですが、その前に「たねや」の2階にある「美濠茶屋」を利用しました。

s_180203たねや彦根美濠の舎④、美濠茶屋.JPG
~ 2階には「美濠カフェ」もあります。

床暖房が設置されているフロア席でオーダーしたのは、2階への階段を上るとき目に入った「黒胡麻しるこ(黍餅付き)」です。

s_180203たねや彦根美濠の舎⑥、美濠茶屋(店内).JPG

炭火の七輪と黍餅が先に運ばれてきました。

s_180203たねや彦根美濠の舎⑧.JPG
~ 黍餅(生餅)2個、黒胡麻、昆布。

黍餅が焼き上がった頃に、「黒胡麻しるこ」が運ばれてきました。

s_180203たねや彦根美濠の舎⑪.JPG

焼き上がった黍餅、1つは「黒胡麻しるこ」に入れて、もう1つはすった黒胡麻をつけていただきました。

s_180203たねや彦根美濠の舎⑬.JPG

☆ 「彦根美濠の舍(みほりのや)」(滋賀県彦根市本町1丁目2-33)
☆ 2018年2月3日(土曜日)午前9時40分頃~11時頃



nice!(85)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「ラ コリーナ近江八幡」で揚げたてのアランチーノ 〔新商品提案の場「コンテナショップ」〕 [たねやグループ]

和菓子の「たねや」、バームクーヘンの「クラブハリエ」などで知られる「たねやグループ」(CEO山本昌仁さん、本社:滋賀県近江八幡市)の情報と商品の発信基地である「ラ コリーナ近江八幡」に2016年7月21日、新しい商品を提案する場「コンテナショップ」が誕生しました。

160822ラ コリーナ近江八幡10、コンテナショップ (コピー).JPG
~ パンショップ、ギフトショップなどのショップから構成されているコンテナショップ。

コンテナショップは、「ラ コリーナ近江八幡」の草屋根(メインショップ)の裏側にあります。

160822ラ コリーナ近江八幡02、草屋根 (コピー).JPG
~ 「ラコリーナ近江八幡」の草屋根(メインショップ)。

草屋根(メインショップ)のロビーを通り抜けて裏側へ出ると、田んぼ、棚田、銅屋根などが目に飛び込んできます。

160822ラ コリーナ近江八幡05、銅屋根 (コピー).JPG
~ 田んぼの先に見える建物が、たねやグループの本社が入る銅屋根です。

銅屋根の田んぼをはさんで反対側にめぐらされた回廊、この回廊をすこし歩くと、コンテナショップに着きます。

160822ラ コリーナ近江八幡08、回廊 (コピー).JPG

コンテナショップには、クラブハリエのパン専門店「ジュブリルタン」も出店しています。

160822ラ コリーナ近江八幡11、コンテナショップ(ジュブリルタン) (コピー).JPG



さて、2016年8月22日(月曜日)の午前11時30分頃に、「ラ コリーナ近江八幡」へ行ってきました。

160822ラ コリーナ近江八幡01、草屋根 (コピー).JPG

最初に目指したのは、コンテナショップで販売されている揚げたてのアランチーノです。

160822ラ コリーナ近江八幡12、アランチーノ (コピー).JPG

アランチーノは、イタリアのライスコロッケ。

160822ラ コリーナ近江八幡13、アランチーノ (コピー).JPG
~ 店内奥のキッチンで揚げています。

形状は、ブラジルのコシーニャ似です。

160822ラ コリーナ近江八幡14、アランチーノ (コピー).JPG

中身はこんな風です。

160822ラ コリーナ近江八幡15、アランチーノ (コピー).JPG
~ たくさんの具材が入った混ぜご飯をパン粉で包み揚げています。

ゆで卵入りアランチーノの味見がすんだら、カステラショップ「栗百本」で焼きたて八幡カステラセットです。

♪ 焼きたて八幡カステラセットについては次のブログ記事をご覧ください。 ↓  ブログ「甘楽茶楽部」(「行ってきました」シリーズ別冊)の8月25日付記事 ~カステラショップ「栗百本」で焼きたて八幡カステラセット~


☆ 「ラ コリーナ近江八幡」のコンテナショップ
 (滋賀県近江八幡市北之庄町615-1)
☆ 2016年8月22日(月曜日)午前11時30分頃利用



nice!(96)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - たねやグループ ブログトップ