So-net無料ブログ作成
検索選択
揚輝荘 ブログトップ
前の5件 | -

「聴松閣」の定期セミナーに参加しました 〔講師:安田文吉さん〕 [揚輝荘]

名古屋・覚王山(かくおうざん)にある「揚輝荘」は大正から昭和初期にかけて、
株式会社松坂屋初代社長の15代伊藤次郎左衛門佑民さんによって構築された別邸です。

「揚輝荘」南園にある「聴松閣(ちょうしょうかく)」は、
迎賓館だった建物です。

161225揚輝荘南園②、聴松閣 (コピー).JPG
~ 「聴松閣」への入館は観覧料300円(一般/高校・大学生)が必要です。

「聴松閣」では2017年3月31日(金曜日)まで、
第15回企画展「聴松閣 再発見」が開かれています。

161225揚輝荘南園⑩、企画展「揚輝荘 再発見」 (コピー).JPG
~ 「聴松閣探検マップ」。

161225揚輝荘南園④、喫茶べんがら (コピー).JPG
~ 1階の喫茶べんがら。

161225揚輝荘南園⑤、2階 (コピー).JPG
~ 2階。

161225揚輝荘南園⑥、地階 (コピー).JPG
~ 地階。




さて、
12月25日(日曜日)の午後0時40分頃に
「聴松閣」へ行ってきました。

161225揚輝荘南園③、聴松閣玄関 (コピー).JPG
~ 「聴松閣」の玄関。

午後1時30分から「聴松閣」地階の多目的室において、
2016年12月度の定期セミナーに参加するためです。

161225揚輝荘南園⑦、定期セミナーの案内 (コピー).JPG
~ 「聴松閣」の玄関前にあった案内板。

・ 演題 : 名古屋飲食夜話(おんじきやわ)パートⅡ
     ~残したい 伝えたい 尾張名古屋の人と暮らし」続~
・ 講師 : 安田文吉さん(東海学園大学人文学部教授・南山大学名誉教授)

161225揚輝荘南園⑧、多目的ホール (コピー).JPG
~ 開演前のセミナー会場の多目的室。





名古屋生まれ名古屋育ちの安田文吉さんから、
愛知県、名古屋市などが今、PRしている「なごやめし」ではなく

 ・クドには荒神ボキ(箒)
 ・冬の活力七草粥
 ・踊初めはお汁粉 むず痒い
 ・初ゑびすには鮒
 ・今年しゃ酉年
 ・海鼠 海鼠腸
 ・助六寿司は名古屋発

などについての話がありました。

☆ 「聴松閣(ちょうしょうかく)」地階多目的室
  (名古屋市千種区法王町2-5-17 「揚輝荘(ようきそう)」)
☆ 2016年12月25日(日曜日)午後0時40分~2時40分頃利用

なごや飲食夜話 二幕目

なごや飲食夜話 二幕目

  • 作者: 安田 文吉
  • 出版社/メーカー: 中日新聞社
  • 発売日: 2014/08/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)








nice!(89)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「揚輝荘秋のお茶会2016」が始まりました。〔「名古屋 お茶会スタンプラリー2016秋」対象茶会〕 [揚輝荘]

揚輝荘北園にある茶室「三賞亭」において本日10月2日(日曜日)から、
日曜日が主体の「揚輝荘秋のお茶会2016」※が始まりました。

※和菓子で巡る「名古屋 お茶会スタンプラリー2016秋」の対象茶会)

161002揚輝荘北園①、正門 (コピー).JPG
~ 揚輝荘北園にある旧正門。

161002揚輝荘北園⑥、茶室「三賞亭」(外観) (コピー).JPG
~ 煎茶の茶室「三賞亭」。

池の畔に建つ煎茶の茶室「三賞亭」は1918年(大正7年)に、
茶屋町(現在の中区丸の内二丁目)の松坂屋創業家の伊藤家本宅から移築された
揚輝荘における最初の建物だそうです。







さて、
10月2日(日曜日)の午前10時前に、
揚輝荘北園にある茶室「三賞亭」へ行ってきました。

161002揚輝荘北園④、茶室「三賞亭」(外観) (コピー).JPG

「揚輝荘秋のお茶会2016」初日の席主は、
煎茶道・皇風煎茶禮式(中根香和社中)でした。

161002揚輝荘北園②、お茶会の案内板 (コピー).JPG

一席500円(お茶・お菓子、税込)。

161002揚輝荘北園⑨、茶室「三賞亭」(室内) (コピー).JPG

161002揚輝荘北園⑩、すすり茶とお菓子 (コピー).JPG

和菓子は、
御菓子司「葉月」(名古屋市緑区)の「秋のみのり」でした。

161002揚輝荘北園⑫、葉月「秋のみのり」 (コピー).JPG

これから開かれる「揚輝荘秋のお茶会2016」の予定は
次の通りです(10月2日時点)。

 ・10月 9日(日) 表千家(青木裕子)
 ・10月16日(日) 表千家(神田千代、谷川明江) *名古屋まつり協賛
 ・10月21日(金) 表千家(横井博子)
 ・10月23日(日) 松尾流(松尾尚子)
 ・10月30日(日) 松尾流(中村宗暉)
 ・11月 5日(土) 表千家(野本エリ子) *揚輝荘秋の文化祭
 ・11月 6日(日) 薫風流(加藤靖風*煎茶) *揚輝荘秋の文化祭
 ・11月13日(日) 表千家清和会(加藤登美子)
 ・11月20日(日) 裏千家(荒木宗鈴) *紅葉を楽しむ会
 ・11月27日(日) 表千家みれい会 (西本宗俊)

☆ 茶室「三賞亭」
 (名古屋市千種区法王町2-5-21 揚輝荘北園内)
☆ 2016年10月2日(日曜日)午前9時45分頃利用





揚輝荘と祐民―よみがえる松坂屋創業者の理想郷 (東海 風の道文庫)

揚輝荘と祐民―よみがえる松坂屋創業者の理想郷 (東海 風の道文庫)

  • 作者: 揚輝荘の会
  • 出版社/メーカー: 風媒社
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 単行本


nice!(98)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「聴松閣」定期セミナー(2015年12月度)が開かれました・・・13 〔「揚輝荘」南園〕 [揚輝荘]

12月27日(日曜日)の午後1時前に、
名古屋・覚王山(かくおうざん)にある「揚輝荘」へ行ってきました。

「揚輝荘」は大正から昭和初期にかけて、
株式会社松坂屋初代社長の15代伊藤次郎左衛門佑民さんによって構築された別邸。

「揚輝荘」南園にある「聴松閣(ちょうしょうかく)」は、
昭和12年(1937年)に建てられた迎賓館だった建物です。

151227揚輝荘⑥、聴松閣 (コピー).JPG
~ 「聴松閣」への入館は観覧料300円(一般/高校・大学生)が必要です。

「聴松閣」では原則、
毎月第4日曜日に定期セミナーが開催されています。





さて、
午後1時30分から「聴松閣」の地階にある多目的室において、
2015年12月度の定期セミナーが開かれました。

151227揚輝荘⑦、本日のセミナー (コピー).JPG
~ 聴松閣の玄関前にあった案内板。

・ 演題 : なごや飲食夜話(おんじきやわ)~残したい 伝えたい 尾張名古屋の人と暮らし
・ 講師 : 安田文吉さん(東海学園大学人文学部教授・南山大学名誉教授)





名古屋生まれ名古屋育ちの講師の安田文吉さんから、
名古屋の伝統的な食文化(名古屋ごはん)と暮らしについて
名古屋弁との関わりを交えたお話がありました。

151227揚輝荘⑨、定期セミナー(安田文吉さん) (コピー).JPG

「なごやご飯」はB級グルメではない、
伝統ある食文化だと説く安田文吉さん。

だから、
「なごやメシ」とはとんでもない「なごやご飯」に改めてもらいたい。

☆ 「聴松閣(ちょうしょうかく)」地階多目的室
  (名古屋市千種区法王町2-5-17 「揚輝荘(ようきそう)」)
☆ 2015年12月27日(日曜日)午後0時40分~2時35分頃利用


なごや飲食夜話 二幕目

なごや飲食夜話 二幕目

  • 作者: 安田 文吉
  • 出版社/メーカー: 中日新聞社
  • 発売日: 2014/08/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)








nice!(114)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

茶室「三賞亭」へ行ってきました・・・10 〔「揚輝荘秋のお茶会」〕  [揚輝荘]

名古屋・覚王山の日泰寺参道において
10月31日(土曜日)と11月1日(日曜日)に、
「覚王山秋祭(かくおうざん・あきさい)」が行われました。

151101覚王山秋祭① (コピー).JPG
~ 11月1日午前9時40分頃に撮った写真です。

午前10時のオープン前の日泰寺参道では、
物販、飲食などの出店者が準備をしていました。






さて、
11月1日の午前10時前に、
日泰寺の東にある「揚輝荘」北園へ行ってきました。

151025揚輝荘北園① (コピー).JPG
~ 「揚輝荘」北園にある正門、2015年10月25日撮影。

茶室「三賞亭」で開かれる
煎茶茶会に参加するためです。

151101揚輝荘北園③、お茶会の案内板 (コピー).JPG

茶室「三賞亭」は1918年(大正7年)に、
茶屋町(現在の中区丸の内二丁目)の松坂屋創業家の伊藤家本宅から
移築された「揚輝荘」における最初の建物です。

151101揚輝荘北園④、茶室「三賞亭」(白雲橋から) (コピー).JPG
~ 白雲橋から撮った茶室「三賞亭」。






151101揚輝荘北園⑧、茶室「三賞亭」 (コピー).JPG

この日の「揚輝荘秋のお茶会」(薫風流/加藤靖風社中)は、
名古屋市内の9茶席をめぐる「お茶会スタンプラリー2015秋」の
対象となるお茶会です。

一服500円(お煎茶・和菓子、税込)。

151101揚輝荘北園⑩、梅屋光孝「銀杏」 (コピー).JPG
~ 和菓子は、梅屋光孝の「銀杏(いちょう)」。

151101揚輝荘北園⑬、升半茶舗「青嶂」 (コピー).JPG
~ 煎茶は、升半茶舗の「青嶂(せいしょう)」。

☆ 茶室「三賞亭」
  (名古屋市千種区法王町2-5-21「揚輝荘」北園内)
☆ 2015年11月1日(日曜日)午前10時頃利用



               - 広告 -



nice!(110)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

茶室「三賞亭」へ行ってきました・・・9 〔「揚輝荘秋のお茶会」〕  [揚輝荘]

10月25日(日曜日)の午前11時半頃に、
名古屋・覚王山の「揚輝荘」北園へ行ってきました。

151025揚輝荘北園① (コピー).JPG
~ 「揚輝荘」北園にある正門。

「揚輝荘」北園には、
煎茶の茶室「三賞亭」があります。

151025揚輝荘北園④、茶室「三賞亭」 (コピー).JPG

茶室「三賞亭」は1918年(大正7年)に、
茶屋町(現在の中区丸の内二丁目)の松坂屋創業家の伊藤家本宅から
移築された「揚輝荘」における最初の建物です。

茶室「三賞亭」では10月~11月、
「揚輝荘秋のお茶会」が開催されています。









さて、
この日の「揚輝荘秋のお茶会」(表千家みれい会/西本宗俊社中)は、
名古屋市内の9茶席をめぐる「お茶会スタンプラリー2015秋」の
対象となるお茶会です。

151025揚輝荘北園②、お茶会の案内 (コピー).JPG

一服500円(お抹茶・和菓子、税込)。

151025揚輝荘北園⑤、茶室「三賞亭」 (コピー).JPG

151025揚輝荘北園⑥、川村屋「初霜」 (コピー).JPG

和菓子は、
新栄・川村屋の「初霜」。

☆ 茶室「三賞亭」
  (名古屋市千種区法王町2-5-21「揚輝荘」北園内)
☆ 2015年10月25日(日曜日)午前11時30分頃利用



               - 広告 -



nice!(113)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 揚輝荘 ブログトップ