So-net無料ブログ作成
検索選択
四日市の和菓子屋さんめぐり ブログトップ
前の5件 | -

四日市名物なが餅の「なが餅笹井屋 本店」へ行ってきました 〔天文19(1550)年創業の老舗〕 [四日市の和菓子屋さんめぐり]

「四日市の和菓子屋さんめぐり」を始めるきっかけとなったのは、一枚の手書き地図です。

130912四日市和菓子屋マップ.JPG

今年2013年6月9日(日曜日)の午前中、鵜の森公園にある四日市市茶室「泗翠庵(しすいあん)」を利用した後、四日市市街地の旧東海道沿いにある数軒の和菓子屋さんを訪れました。

最初に訪れたのが、創業宝暦年間(1752~1765年)の御菓子所「紅屋」(四日市市中部11-5)です。

130728日永追分から東海道を歩く25、紅屋.JPG
~ 2013年7月28日(日曜日)に利用した時に撮った写真です。

御菓子所「紅屋」のご主人が書いて下さったのが、冒頭の地図です。

この1枚の手書き地図がきっかけ、そして縁となり、「四日市の和菓子屋さんめぐり」が始まりました。

調査も行いました。

「四日市市市立図書館」の地域資料室、「じばさん三重」(三重北勢地域地場産業振興センター)、古書の博物館「西尾市岩瀬文庫」(愛知県西尾市)などを訪れ、四日市の和菓子に関する資料を閲覧または入手しました。





さて、2013年9月12日(木曜日)午前10時半過ぎに、四日市市北町の旧東海道沿いにある四日市名物なが餅の「なが餅笹井屋 本店」へ行ってきました。

130912笹井屋本店①.JPG

「なが餅笹井屋」は、天文19(1550)年創業の和菓子屋です。

130912笹井屋本店②.JPG

本店の他に、三ツ谷店(四日市市三ツ谷町)があります。

130619四日市03、笹井屋三ツ谷店②.JPG
~ 2013年6月19日(水曜日)に撮った「なが餅笹井屋 三ツ谷店」です。

創業の地は、旧東海道の日永(現在の日永1丁目)の鹿化川と大宮神明社の間辺りです。

130728日永追分から東海道を歩く18、鹿化橋から大宮神明社方面を撮る.JPG
~ 2013年7月28日(日曜日)に、鹿化川(かばけがわ)にかかる鹿化橋付近から大宮神明社方面を撮った写真です。

鹿化橋の南側辺りには昔、昭和30年頃に四日市市北町へ移転した「なが餅笹井屋」などの複数の永餅屋さんがあったそうです。

「なが餅笹井屋 本店」では、竹包み7個入りの「なが餅」を買いました。

630円(税込)。

「なが餅笹井屋」では、ばら売り(1個売り)はしておらず、竹包み7個入りが最小販売ロット品です。

130912笹井屋本店④、なが餅7個入り.JPG
~ 竹包みと称していますが、竹皮柄の包装紙を使っています。

竹皮柄の包装紙を開けると、個包装された7個のなが餅がトレ―パックに入っていました。

130912笹井屋本店⑦、なが餅.JPG

130912笹井屋本店⑧、なが餅.JPG

「なが餅笹井屋」の栞を見るとなが餅は、長餅(と餅)、永餅、日永の餅、笹餅、牛の舌などと呼ばれたこともあるそうです。

四日市で最も古い和菓子屋「なが餅笹井屋 本店」で今回、四日市名物なが餅を買ったことで、わたしの「四日市和菓子屋さんめぐり」は一区切りがつきました。

☆ 四日市名物なが餅の「なが餅笹井屋 本店」
  (三重県四日市市北町5-13)
★ 2013年9月12日(木曜日)午前10時35分頃利用





「日永の追分」から「四日市宿」まで東海道を歩きました 〔四日市の和菓子屋さんめぐり(8)〕 [四日市の和菓子屋さんめぐり]

2013年7月28日(日曜日)、みえ歴史街道構想四日市地域推進協議会と三重県四日市地域防災総合事務所が主催した

  「日永の追分から東海道をあるく」
    ~内部・八王子線に乗って~

に参加しました(参加費:無料)。

♪ 協賛 : 四日市市・菰野町・朝日町・川越町
♪ 協力 : 日永郷土史研究会、東海道日永郷土資料館

集合場所は、近鉄内部(うつべ)線の追分駅前。受付開始は、午前8時30分。

130728日永追分から東海道を歩く01、近鉄四日市駅内部線.JPG
~ 近鉄四日市を午前8時14分に発車する近鉄内部線「内部行」に乗車、「追分」に時刻表通りの8時26分に到着。

130728日永追分から東海道を歩く04、追分駅.JPG
~ 追分駅の近くの東海道沿いに以前、和菓子屋さんがありましたが、残念なことに今は営業していません。

起点の追分駅前を午前9時5分過ぎにスタート。

130728日永追分から東海道を歩く05、追分駅前.JPG
~ スタート前に撮った追分駅前の写真です。午前8時43分発「四日市行」の電車がホームに停車中です。




さて、最初に見学をしたのは「日永の追分」。

130728日永追分から東海道を歩く07、追分交差点.JPG
~ 東海道(右)と伊勢街道(左)の分岐点です。

次の見学地は、7月28日が開館初日の「東海道日永郷土資料館」。

130728日永追分から東海道を歩く09、東海道日永郷土資料館.JPG
~ 日永の歴史などについてのお話を聞き、館内を見学しました。

「東海道日永郷土資料館」を見学した後、東海道を北(「四日市宿」方面)へと歩きました。

日永の一里塚、日永神社を見学した後、三重県指定伝統工芸品の「日永うちわ」を製造している日永2丁目にある株式会社稲藤(いなとう)を訪ねました。

明治14(1881)年創業の稲藤は、「日永うちわ」を作っている唯一の会社だそうです。

130728日永追分から東海道を歩く14、稲藤の日永うちわ.JPG

稲藤の稲垣社長から「日永うちわ」の歴史などのお話を聞いた後、「日永うちわ」の製造(すべて手作り)を見学しました。

稲藤の見学で、「日永の追分から東海道をあるく」の全行程が終了。

稲藤から遠くない南日永駅から内部線に乗って近鉄四日市駅に行く方法がありますが、わたしは「四日市宿」を目指して東海道をさらに北へと歩きました。

130728日永追分から東海道を歩く16、団扇最中の太平老舗.JPG
~ 団扇最中の太平屋老舗。

130728日永追分から東海道を歩く18、鹿化橋から大宮神明社方面を撮る.JPG
~ 鹿化川(かばけがわ)にかかる鹿化橋付近から大宮神明社方面を撮った写真です。鹿化橋の南側辺りには昔、昭和30年頃に四日市市北町へ移転した「笹井屋」などの複数の、なが餅屋さんがあったそうです。

鹿化橋からさらに「四日市宿」を目指し歩きましたが、あまりにも暑いので南浜田町で東海道から外れ、鵜の森公園へ向かいました。

鵜の森公園内にある四日市市茶室「泗翠庵(しすいあん)」でひと休み。

130728日永追分から東海道を歩く19、泗翠庵.JPG

130728日永追分から東海道を歩く22、泗翠庵.JPG
~ 諏訪栄町にある「芳乃舎」製のお菓子です(菓銘は「まりも(毬藻)」だったと思います)。

「泗翠庵」で涼をとった後、東海道へ戻り、さらに歩きました。

商店街(諏訪栄発展会と表参道スワマエ発展会)、諏訪神社前を通り、到着したのが、ここです。

130728日永追分から東海道を歩く24、道標(複製).JPG
~ 四日市市中部にある道標(複製)。「すぐ江戸道」の「すぐ」は、「まっすぐ」という意味だそうです。

ここまで、近鉄追分駅前から6kmほど歩きました。

今回の「東海道を歩く」は、ここで終了。

打ち上げは、道標(複製)の近くにある創業宝暦年間(1752~1765年)の御菓子所「紅屋」。

130728日永追分から東海道を歩く25、紅屋.JPG

130728日永追分から東海道を歩く26、紅屋(水ようかんと汐見).JPG
~ 水ようかんと「紅屋」の代表銘菓「汐見」をいただきました。




「みえ歴史街道ウォーキングマップ」と「近鉄内部線」 〔四日市の和菓子屋さんめぐり(7)〕 [四日市の和菓子屋さんめぐり]

四日市の和菓子屋さんめぐりで、
とても役にたっているものが
二つあります。

一つは、
「みえ歴史街道ウォーキングマップ」です。

130704みえ歴史街道ウォーキングマップ.JPG
~ 三重県が発行している「みえ歴史街道ウォーキングマップ」の東海道編、伊勢街道編、伊勢別街道/伊勢本街道編です。

「みえ歴史街道ウォーキングマップ」は、
三重県環境生活部文化振興課が設置管理している
ウェブサイト「みえの歴史街道」から
ダウンロードすることができます。

冊子を希望される方は、
申し込めば(送料負担)郵送してくれます。

もう一つ役に立っているのが、
近鉄内部(うつべ)線です。

※内部・八王子線とも呼ぶそうです。

近鉄内部線は、
近鉄四日市~内部間を走る鉄道です。

東海道の近くを走っているので、
東海道を歩く時に便利です。

7月2日(火曜日)、
東海道を歩いた時に、
近鉄内部線を利用しました。

130702四日市の和菓子屋めぐり01、近鉄四日市駅.JPG
~ 近鉄四日市駅を午前9時23分に発車する内部行に乗車しました。3両、ワンマン運転。

二つ目の
日永駅で下車。

130702四日市の和菓子屋めぐり02、日永駅.JPG
~ 駅舎の間に見える黄色い電車は、近鉄八王子線(日永~西日野)です。

日永駅から鹿化橋(かばけばし)まで歩き(戻り)、
そこから采女町の采女の一里塚まで
7km弱を歩きました。

帰りは、
内部駅から近鉄四日市まで
近鉄内部(うつべ)線を利用しました。

130702四日市の和菓子屋めぐり38、近鉄内部駅.JPG

特殊狭軌というそうで、
レールの間がとても狭い鉄道です。

130702四日市の和菓子屋めぐり39、近鉄内部線.JPG

エアコンはなく、
扇風機です。

130702四日市の和菓子屋めぐり40、近鉄内部線.JPG

四日市市内の東海道(日永~追分~采女町)を歩くとき、
「みえ歴史街道ウォーキングマップ」と「近鉄内部線」は
欠かすことができないものです。

乗って残そう。内部・八王子線!

御菓子司「菊屋本店」へ行ってきました 〔四日市の和菓子屋さんめぐり(6)〕 [四日市の和菓子屋さんめぐり]

7月2日(火曜日)午前11時20分頃に、三重県四日市市采女町(うねめちょう)にある御菓子司「菊屋本店」へ行ってきました。

130702四日市の和菓子屋めぐり30、菊屋本店.JPG
~ 近鉄内部(うつべ)線の内部駅から歩いて10分ほどです。

御菓子司「菊屋本店」は、大正7(1918)年に創業した国道1号線沿いにある和菓子屋さんです。

130702四日市の和菓子屋めぐり29、菊屋本店.JPG
~ 茶房「滴水亭」(立礼席)が併設されています。写真の右側に国道1号線を走るトラックが写っています。


さて、御菓子司「菊屋本店」では茶房「滴水亭」の立礼席(りゅうれいせき)でお抹茶とお菓子をいただきました。

130702四日市の和菓子屋めぐり33、菊屋本店(紫陽花と薄皮まんじゅう).JPG

130702四日市の和菓子屋めぐり35、菊屋本店(紫陽花と薄皮まんじゅう).JPG
~ 選んだお菓子は、きんとん製の「紫陽花」と、薄皮まんじゅう。

お抹茶とお菓子をいただいた後、代表銘菓の「采女の杖衝」と「都まんじゅう」を買い、持ち帰りました。

130702四日市の和菓子屋めぐり36、菊屋本店(采女の杖衝).JPG

「采女の杖衝(つえつき)」は、羽二重餅が入った最中です。

130702四日市の和菓子屋めぐり37、菊屋本店(采女の杖衝).JPG

杖衝は、
「菊屋本店」の近くを通る東海道の
通行の難所「杖衝峠」のことです。

東海道の中でも急坂で知られる。神代の昔日本武尊が東征の帰りにここにさしかかった際、大変疲れていたので杖をついて歩いたと言われる事からその名が付けられたと言う。・・・みえ歴史街道ウォーキングマップ「東海道」(三重県発行)の26ページより引用しました。

130702四日市の和菓子屋めぐり23、杖衝坂(上り).JPG
~ 杖衝坂の上りです。

130702四日市の和菓子屋めぐり28、杖衝坂(下り).JPG
~ 杖衝坂の下りです。

杖衝坂を実際に歩きました。

かなり急な坂で、上りは息があがりました。

☆ 御菓子司「菊屋本店」
  (三重県四日市市采女町1878-1)
☆ 2013年7月2日(火曜日)午前11時20分頃利用


JR四日市駅に近い和菓子屋さん 〔四日市の和菓子屋さんめぐり(5)〕 [四日市の和菓子屋さんめぐり]

人口約31万人の三重県四日市市には、
東海道沿い以外にも和菓子屋さんがあります。

近鉄四日市駅周辺が
四日市市の中心商業地区ですが、
和菓子屋さんが多いのは、
JR四日市駅に近い地区です。

JR四日市駅から歩いて2~3分の所に、
銘菓采女の里で知られる「花月堂」、
太白永餅の「金城軒」などがあります。

130619四日市28、花月堂①采女の里.JPG
~ 「花月堂」の代表銘菓采女の里、中に羽二重餅が入っているちょっと大きめサイズの最中。

130619四日市26、金城軒①太白永餅.JPG
~ 焼いた餅。

JR四日市駅から
歩いて7~8分のところには、
うすかわ饅頭(酒素饅頭)で知られる「岩嶋屋」があります。

130624四日市和菓子屋さんめぐり07、岩嶋屋.JPG
~ 創業天保8(1837)年となっています。

岩嶋屋から2分ほど歩くと
栄昌堂、大福餅本店があります。

130609栄昌堂1.JPG

130609大福餅本店②1.JPG

東海道の宿場町だった四日市市、
思っていた以上に和菓子屋さんがあります。

(備考)
 三重県菓子工業組合の公式サイトなどを参照しました。

前の5件 | - 四日市の和菓子屋さんめぐり ブログトップ