So-net無料ブログ作成
検索選択
和菓子の京都 ブログトップ
前の5件 | 次の5件

北野天満宮献茶祭「菓匠会協賛席」 〔御題菓展/2016年の菓題:冬めく〕 [和菓子の京都]

毎年12月1日、
京都・北野天満宮において献茶祭が開かれます。

161201北野天満宮献茶祭03、楼門 (コピー).JPG
~ 北野天満宮の楼門、2016年12月1日撮影。

この北野天満宮の献茶祭において、
江戸時代に結成された上菓子屋仲間の流れをくむ菓匠会(現在19同人)が協賛席を設け、
御題菓展(御題をテーマにした創作菓子展)を開いています。

今年2016年の御題(菓題)は、
「冬めく」でした。

161201北野天満宮献茶祭06、菓匠会菓題菓子展「題:冬めく」 (コピー).JPG

161201北野天満宮献茶祭08、菓題「冬めく」 (コピー).JPG




さて、
今年12月1日の御題菓展に出展されたお菓子の一部をご覧ください。

161201北野天満宮献茶祭33、長久堂「榾あかり」 (コピー).JPG
~ 長久堂「榾あかり」。

161201北野天満宮献茶祭25、笹屋伊織「冬の使者」 (コピー).JPG
~ 笹屋伊織「冬の使者」。

161201北野天満宮献茶祭27、塩芳軒「冬の色」 (コピー).JPG
~ 塩芳軒「冬の色」。

これらの御題菓展に出展されるお菓子は工芸菓子なので、
食用としてつくられたお菓子ではありません。

残念ながら、
展示されたお菓子をいただくことはできませんが、
協賛席においては呈茶があり京菓子をいただくことができます。
(観覧料は呈茶代金込み)

161201北野天満宮献茶祭51、菓匠会協賛席(梅の香) (コピー).JPG
~ 「梅の香」。

161201北野天満宮献茶祭52、菓匠会協賛席(霜白き) (コピー).JPG
~ 「霜白き」。

今年2016年12月1日の
菓匠会同人による「御題菓展」については、
甘楽茶楽部(「行ってきました」シリーズ別冊)の記事をご覧ください。
→ こちら






nice!(87)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

老舗 京菓子の女将による「和のワンランクアップセミナー」(2015年度第9回)を受講しました。 [和菓子の京都]

創業享保元年(1716年)の京菓匠「笹屋伊織」、
江戸時代の上菓子屋仲間の流れを受け継いでいる
菓匠会の同人です。

笹屋さんの本店は、
七条大宮の交差点(南西角)近くで
バス停「七条大宮・京都水族館前」の前です。

DSC02095 (コピー).JPG
~ 今年2月6日に新築・再開店(リニューアルオープン)した笹屋さんの本店。
2015年2月7日撮影。

代表銘菓は、
「どら焼」。

どら焼といっても、
一般的などら焼とは形状が異なり、
笹屋さんの「どら焼」は銅鑼の形はしていません。

竹皮に包まれた円柱形をした棹物で、
販売日は原則、
毎月20日・21日・22日の3日間だけです。
(21日は弘法大師のご命日)

140721笹屋伊織①、どら焼き (コピー).JPG
~ 2014年7月21日に名鉄百貨店本店本館地下1階の「笹屋伊織」で撮影。

笹屋さんの公式サイトを参照すると、
「どら焼」の由来は次の通りです。

 ~江戸時代末期、5代目当主笹屋伊兵衛が京都の東寺のお坊さんより、
   副食となる菓子を作って欲しいとの依頼を受けました。
   そこでお寺でもお作り出来るようにと鉄板の変わりに銅鑼を使うことを考えついたのが
   笹屋伊織の「どら焼」の始まりです。~



               - 広告 -



さて、
名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルームにおいて12月16日(水曜日)、

老舗 京菓子の女将による
「和のワンランクアップセミナー」(全12回)

の2015年度第9回(午後2時の部)が開催されました。

笹屋さんがプロデュースする
和カフェ「京都イオリカフェ」が主催するこのセミナー、
毎月1回開催されています(午前・午後・夕方・夜の4部制)。

講師は、
笹屋さんの10代目女将の田丸みゆきさん。

151216和のワンランクアップセミナー① (コピー).JPG

2015年度第9回のセミナーのテーマは、
~元祖「どら焼」を食べましょう~
でした。

田丸先生による
「どら焼」についてのレクチャーが終わると、
試食です。

151216和のワンランクアップセミナー⑪、どら焼 (コピー).JPG

揚げた「どら焼」も出てきました。

151216和のワンランクアップセミナー⑫、揚げどら (コピー).JPG

揚げるほか、
焼いても、電子レンジで温めても、
味を楽しむことができるそうです。

「どら焼」の試食が終わると、
実践コーナー。

お正月の箸袋の作り方。

151216和のワンランクアップセミナー⑦、箸袋の作り方 (コピー).JPG

151216和のワンランクアップセミナー⑩、箸袋の作り方 (コピー).JPG


江戸時代の上菓子屋仲間の流れを受け継ぐ
菓匠会同人の京菓匠「笹屋伊織」、
来年2016年は創業300年の節目を迎えます。

☆ 老舗 京菓子の女将による「和のワンランクアップセミナー」」(2015年度第9回)
  (名古屋市中村区名駅1-2-1名鉄百貨店本店本館9階バンケットルーム)
☆ 2015年12月16日(水曜日)午後2時5分頃~午後3時頃



               - 広告 -





nice!(112)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

北野天満宮献茶祭「菓匠会協賛席」(2015年)へ行ってきました [和菓子の京都]

12月1日(月曜日)の午前10時半頃に、
北野天満宮へ行ってきました。

151201北野天満宮献茶祭01、壱の鳥居 (コピー).JPG
~ 北野天満宮の一の鳥居。

北野天満宮では毎年12月1日に
「献茶祭」が行われます。

151201北野天満宮献茶祭02、楼門 (コピー).JPG
~ 北野天満宮の楼門。

北野天満宮の公式サイトを参照すると、
豊臣秀吉公が天正15(1587)年10月1日に
北野天満宮で催した「北野大茶湯(きたのおおちゃのゆ)」を縁に
「献茶祭」が毎年行われるそうです。









さて、
「北野天満宮」の絵馬所においては、
江戸時代に結成された上菓子屋仲間の流れをくむ「菓匠会」による協賛席が設けられおり、
2015年の菓題「京の山」をもとに「菓匠会」の同人による創作菓子が展示されていました。

151201北野天満宮献茶祭06、菓匠会協賛席 (コピー).JPG

151201北野天満宮献茶祭61、菓匠会協賛席 (コピー).JPG

それでは、
「菓匠会」同人(現在19同人)の作品の一部をご覧ください。

151201北野天満宮献茶祭11、亀屋清永「京の四季」 (コピー).JPG
~ 亀屋清永「京の四季」。

151201北野天満宮献茶祭30、亀屋良永「琳派風」 (コピー).JPG
~ 亀屋良永「琳派風」。

151201北野天満宮献茶祭33、嘯月「京北」 (コピー).JPG
~ 嘯月「京北」。

151201北野天満宮献茶祭35、鶴屋吉信「初雪」 (コピー).JPG
~ 鶴屋吉信「初雪」。

151201北野天満宮献茶祭23、長久堂「北山初雪」 (コピー).JPG
~ 長久堂「北山初雪」。

151201北野天満宮献茶祭48、笹屋伊織「嵐山」 (コピー).JPG
~ 笹屋伊織「嵐山」。


☆ 「北野天満宮」献茶祭、菓匠会協賛席
  (京都市上京区馬喰町「北野天満宮」絵馬所)
☆ 2015年12月1日(火曜日)午前10時30分~










nice!(125)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「有斐斎 弘道館」へ行ってきました・・・8 〔琳派400年「手のひらの自然 京菓子と琳派」展 2015〕 [和菓子の京都]

11月4日(水曜日)の午後0時過ぎに、
京都御所の西にある
「有斐斎 弘道館 (ゆうひさい こうどうかん)」へ行ってきました。

151104有斐斎弘道館01 (コピー).JPG

「有斐斎 弘道館」は、
江戸中期の儒者・皆川淇園(みながわきえん)
1806年に創立した学問所「弘道館」址に建つ邸宅で、
茶室、広間、ギャラリースペースなどがあり
茶会、講座、勉強会、展覧会などが開催されています。

151104有斐斎弘道館03 (コピー).JPG






さて、
「有斐斎 弘道館」では11月7日(土曜日)まで、

琳派400年
「手のひらの自然 京菓子と琳派」展 2015

が開かれています。

入館料500円、呈茶代1,000円。

和菓子は入館時に受付で
4種類の中から選びます。

151104有斐斎弘道館04 (コピー).JPG
~ 選んだお菓子は、「裏表」(薯蕷製)です。

「琳派」をテーマに
京菓子のデザインを公募した中から入選した作品が、
1階の広間などに展示されています。

151104有斐斎弘道館09 (コピー).JPG

151104有斐斎弘道館11 (コピー).JPG

151104有斐斎弘道館14 (コピー).JPG

入選作品の観覧の途中で、
お茶席で一服しました。

151104有斐斎弘道館12、茶室 (コピー).JPG

151104有斐斎弘道館13、裏表(薯蕷製) (コピー).JPG
~ 「裏表」(薯蕷製)。

「有斐斎弘道館」における
琳派400年「手のひらの自然 京菓子と琳派」展 は、
11月7日(土曜日)まで開催されています。

☆ 「有斐斎 弘道館(ゆうひさい こうどうかん)
  (京都市上京区上長者町通新町東入元土御門町524-1)
☆ 2015年11月4日(水曜日)午後0時10分頃利用

京菓子と琳派: 食べるアートの世界

京菓子と琳派: 食べるアートの世界

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 淡交社
  • 発売日: 2015/08/05
  • メディア: 単行本





               - 広告 -



nice!(122)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「有斐斎 弘道館」へ行ってきました・・・7 〔個展「鈴木里美展」〕 [和菓子の京都]

9月25日(金曜日)の午後0時半過ぎに、
京都御所の西(上長者町通新町東入ル)にある
「有斐斎 弘道館 (ゆうひさい こうどうかん)」へ行ってきました。

150925有斐斎弘道館① (コピー).JPG

150925有斐斎弘道館③ (コピー).JPG

「有斐斎 弘道館」は、
江戸中期の儒者・皆川淇園(みながわきえん)
1806年に創立した学問所「弘道館」址に建つ邸宅で、
茶室、広間、ギャラリースペースなどがあり
茶会、講座、勉強会、展覧会などが開催されています。




さて、
「有斐斎 弘道館」では、
2014年に開かれた「手のひらの自然-京菓子と琳派展」において
デザイン大賞を受賞した鈴木里美さんの
個展「鈴木里美展」が開催されていました。

150925有斐斎弘道館⑤ (コピー).JPG
~ 入館料500円、開催期間は9月15日(火曜日)~27日(日曜日)。

館内の展示を観覧する前に
お抹茶と京菓子をいただきました。

150925有斐斎弘道館⑨ (コピー).JPG

呈茶代500円。

150925有斐斎弘道館⑩ (コピー).JPG

鈴木里美さんの個展、
今年のミラノサローネで好評だった椅子などが
展示されていました。

150925有斐斎弘道館⑥ (コピー).JPG

150925有斐斎弘道館⑦ (コピー).JPG

150925有斐斎弘道館⑧ (コピー).JPG

なお、
「手のひらの自然―京菓子と琳派展2015」は、
10月25日(日曜日)から11月7日(土曜日)まで
本会場の「有斐斎 弘道館」において開催されるそうです(入館料500円)。

今年は本会場のほか、
特別会場「京都高島屋6階美術画廊」においても、
10月21日(水曜日)から27日(火曜日)まで
開催されるそうです(入館料無料)。


☆ 「有斐斎 弘道館(ゆうひさい こうどうかん)
  (京都市上京区上長者町通新町東入元土御門町524-1)
☆ 2015年9月25日(金曜日)午後0時30分頃利用



               - 広告 -



淡交別冊 京の茶の湯 2012年 01月号 [雑誌]

淡交別冊 京の茶の湯 2012年 01月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 淡交社
  • 発売日: 2011/12/02
  • メディア: 雑誌


nice!(111)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | 次の5件 和菓子の京都 ブログトップ