So-net無料ブログ作成
検索選択
茶室めぐり ブログトップ
前の5件 | -

茶席「鳳翔台」でお抹茶と和菓子[名勝 玄宮園] [茶室めぐり]

2017年6月19日(月曜日)の午前10時10分頃に、彦根城の第二郭に位置する名勝 玄宮園へ行ってきました。

170619玄宮園①、東口 (コピー).JPG
~ 名勝 玄宮園の東門。

玄宮園は江戸時代、隣接する楽々園とともに「槻御殿(けやきごてん)」と呼ばれた下屋敷でした。延宝年間(1673~1681年)に彦根藩4代藩主・井伊直興によって築造されたと伝わる玄宮園は現在、回遊式庭園として一般開放されています(彦根市教育委員会作成の解説シートなどを参照しました)。

170619玄宮園③ (コピー).JPG
~ 魚躍沼(ぎょやくしょう)の対岸に臨池閣(りんちかく、現在の八景亭)と鳳翔台(ほうしょうだい)、その先に彦根城天守。




さて、名勝 玄宮園の回遊式庭園を魚躍沼沿いに歩いた後、築山にある茶席「鳳翔台」でお抹茶とお菓子をいただきました。

170619玄宮園④、鳳翔台 (コピー).JPG
~ 茶席「鳳翔台」
 ・呈茶時間:午前9時~午後4時(年中無休)
 ・呈茶代 :500円(お抹茶・お菓子)

170619玄宮園⑤、鳳翔台 (コピー).JPG
~ 風が通る茶席「鳳翔台」。

回遊式庭園と彦根城天守の両方を望めることができる席でお抹茶とお菓子をいただきました。

170619玄宮園⑨ (コピー).JPG

170619玄宮園⑩ (コピー).JPG

170619玄宮園⑧、埋れ木 (コピー).JPG
~ 創業文化6年(1809年)のいと重菓舗の代表銘菓「埋れ木」。

☆ 名勝 玄宮園の茶席「鳳翔台」
  (滋賀県彦根市金亀町3-40)
☆ 2017年6月19日 (月曜日)午前10時10分頃利用





nice!(77)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

市民茶会「水無月茶会」@名古屋市「東山荘」 [茶室めぐり]

名古屋市の「東山荘(とうざんそう)」は、綿布商の故伊東信一さんにより山崎川の東丘に大正時代に建てられた別邸です。

170609東山荘①、正門 (コピー).JPG
~ 「東山荘」の茅葺の正門と銅板葺の塀。

明治末期から大正期の建築様式が残る「東山荘」は、茶道、華道、俳句・短歌・朗読会、結婚式の前撮り、会合・会議、食事会などに貸室ベースで利用できます。

170609東山荘⑧、第一和室 (コピー).JPG
~ 第1和室の12畳の間。

170609東山荘⑨、第一和室 (コピー).JPG

「東山荘」は貸室ベースが基本ですが、毎月1回、作法を気にしないで気楽に楽しむことができる茶室「仰西庵(こうさいあん)」における市民茶会が企画されています(4月と11月は野点)。




さて、2017年6月9日(金曜日)午前10時頃に、市民茶会「水無月茶会」が開かれる「東山荘」を訪ねました。

170609東山荘②、正門 (コピー).JPG
~ 「東山荘」の茅葺の正門。

市民茶会「水無月茶会」は、茶室「仰西庵(こうさいあん)」において定刻よりも10分ほど早く午前10時20分頃より1席目が始まりました。

170609東山荘⑦、茶室「仰西庵」 (コピー).JPG

170609東山荘⑫、茶室「仰西庵」 (コピー).JPG

一服450円(抹茶・和菓子)。

170609東山荘⑮、美濃忠「水辺の花」 (コピー).JPG
~ この日の和菓子は、美濃忠「水辺の花」(羽二重餅)でした。

7月の市民茶会「水無月茶会」は7月22日(土曜日)に開かれます。

・ 月 日:2017年7月22日(土曜日)
・ 時 間:午前10時30分~午後3時(室内見学は午後3時30分まで)
・ 会 場:名古屋市東山荘茶室「仰西庵(こうさいあん)
・ 定 員:40名(3日前までに要予約)
・ 呈茶代:一服450円(お抹茶・和菓子)

参加の申込、問い合わせは;

 名古屋市東山荘(とうざんそう)
  ・住所:名古屋市瑞穂区初日町2丁目3番地 
  ・電話:(052)831-2672





nice!(89)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

九條家遺構「拾翠亭」〔京都御苑〕 [茶室めぐり]

2017年6月1日(木曜日)の午前10時30分頃に、九條家遺構「拾翠亭(しゅうすいてい)」へ行ってきました。

170601拾翠亭⑱ (コピー).JPG
~ 九條池にかかる高倉橋から撮った九條家遺構「拾翠亭」。

170601拾翠亭⑲ (コピー).JPG
~ 厳島神社から撮った九條家遺構「拾翠亭」。

五摂家の一つであった九條家の別邸だった「拾翠亭(しゅうすいてい)」は、江戸時代に二百もの公家や宮家の邸宅が立ち並ぶ公家町だった京都御苑の一角にあります。

170601拾翠亭③ (コピー).JPG
~ 九條家遺構「拾翠亭」は、京都市営地下鉄烏丸線の丸太町駅の1番出入口より歩いて2~3分です。




さて、江戸時代後期に九條家の茶室として建てられた「拾翠亭」は現在、通年公開されています。

 ・参観日 :年末・年始を除く毎週木・金・土曜日および
       葵祭(5月15日)、時代祭(10月22日)
 ・参観時間:午前9時30分~午後3時30分
 ・参観料 :100円(高校生以上)

170601拾翠亭④ (コピー).JPG
~ 一階の広間。

170601拾翠亭⑥ (コピー).JPG

170601拾翠亭⑦ (コピー).JPG

170601拾翠亭⑪ (コピー).JPG
~ 一階の広縁。

170601拾翠亭⑫ (コピー).JPG
~ 二階の座敷。

「拾翠亭(しゅうすいてい)」は、茶会、句会、謡曲などの会合に利用できます(年末・年始、参観日を除く)。

詳しいことは、国民公園協会「京都御苑」の公式サイトをご覧ください。






nice!(66)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

名勝 玄宮園の茶席「鳳翔台」でお抹茶とお菓子で一服〔滋賀県彦根市〕 [茶室めぐり]

2017年5月28日(日曜日)の午前9時15分頃、「湖東焼の彦根」めぐりの途中で、名勝 玄宮園へ行ってきました。

170528玄宮園01、東門 (コピー).JPG
~ 名勝 玄宮園の東門。玄宮園単独の観覧料一般200円(彦根城との共通券あり)。

彦根城の北東に位置する名勝 玄宮園は江戸時代、隣接する楽々園とともに「槻御殿(けやきごてん)」と呼ばれた下屋敷でした。延宝年間(1673~1681年)に彦根藩4代藩主・井伊直興によって築造されたと伝わる玄宮園は現在、回遊式庭園として一般開放されています(参照:彦根市教育委員会作成の解説シートなど)。

池(魚躍沼、ぎょやくしょう))に臨んで建てられた臨池閣(りんちかく、現在の八景亭)、鳳翔台(ほうしょうだい)、そして彦根城天守を眺めることができる場所まで歩きました。

170528玄宮園02、臨池閣、鳳翔台と彦根城天守 (コピー).JPG
~ 築山にある建物が、藩主が客をもてなすための客殿だった鳳翔台です。

170528玄宮園05、臨地閣、鳳翔台と彦根城天守 (コピー).JPG

鳳翔台は現在、茶席として利用されています。

170528玄宮園06、鳳翔台(茶席) (コピー).JPG
~ 茶席「鳳翔台(ほうしょうだい)
 ・呈茶時間:午前9時~午後4時(年中無休)
 ・呈茶代 :500円(お抹茶・お菓子)




さて、名勝 玄宮園の回遊式庭園を歩いた後、茶席「鳳翔台」でお抹茶とお菓子をいただきました。

170528玄宮園08、鳳翔台(茶席) (コピー).JPG
~ 10畳半の主室(手前)と7畳半の次室。

170528玄宮園10、鳳翔台(茶席) (コピー).JPG
~ 使われていない古い茶室が見えます。

170528玄宮園14、鳳翔台(茶席) (コピー).JPG
~ 薫風の通る茶席「鳳翔台」。

170528玄宮園13、いとう重菓舗「埋れ木」 (コピー).JPG
~ 創業文化6年(1809年)のいと重菓舗の代表銘菓「埋れ木(うもれぎ)」。

☆ 名勝 玄宮園の茶席「鳳翔台(ほうしょうだい)
  (滋賀県彦根市金亀町3-40)
☆ 2017年5月28日 (日曜日)午前9時15分頃利用





nice!(101)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

~お茶とお花を楽しむ~「名古屋 お茶会スタンプラリー2017春」開催中〔6月21日(水)まで〕 [茶室めぐり]

名古屋市内にある茶室がある11施設を巡る

       ~お茶とお花を楽しむ~
「名古屋 お茶会スタンプラリー2017春」

が2017年6月21日(水曜日)まで開催中です。

170310お茶会スタンプラリー2017春のチラシ兼台紙① (コピー).JPG

期間中に対象となる茶会に参加してチラシを提示しスタンプを3つ以上を集めて応募すると、抽選で55組110名様に招待券・呈茶券などが当たります。

「名古屋 お茶会スタンプラリー2017春」のチラシ兼スタンプ台紙は、対象施設で入手できるほか昭和美術館のホームページからもダウンロードできます。

「名古屋 お茶会スタンプラリー2017春」のチラシ兼スタンプ台紙の
ダウンロードは → こちら

対象となる11の施設は次の通りです(五十音順)。

 1.桑山美術館(昭和区山中町2-12)
 2.興正寺 (昭和区八事本町78)
 3.昭和美術館 (昭和区汐見町4-1)
 4.白鳥庭園 (熱田区熱田西町2-5)
 5.鶴舞公園 (昭和区鶴舞1-1-168)
 6.東山荘 (瑞穂区初日町2-3)
 7.徳川園 (東区徳川町1001)
 8.富部神社 (南区呼続4-13-38)
 9.古川美術館分館「爲三郎記念館」 (千種区堀割町1-9)
10.文化のみち橦木館(東区橦木町2-18)
11.揚輝荘北園 三賞亭 (千種区法王町2-5-17)

170310お茶会スタンプラリー2017春のチラシ兼台紙 (コピー).JPG

※茶会開催日時は各施設によって違いますので、ご利用前にチラシ、各施設のホームページなどでご確認願います。




それでは、主な対象施設におけるこれから開催されるお茶会は次の通りです。

1.東山荘(名古屋市瑞穂区初日町2-3)
  ・5月12日(金曜日)市民茶会 10:30~15:00 予約制
  ・6月 9日(金曜日)市民茶会 10:30~15:00 予約制
  ※呈茶代450円(和菓子:美濃忠)

170310東山荘①、正門 (コピー).JPG
~ 東山荘の正門、2017年3月10日撮影。

170310東山荘⑧、茶室「仰西庵」 (コピー).JPG
~ 東山荘茶室「仰西庵(こうさいあん)」、2017年3月10日撮影。

2.昭和美術館(名古屋市昭和区汐見町4-1)
  ・4月29日(土曜日/祝)新緑の呈茶 14:00~15:30
  ・4月30日(日曜日)  新緑の呈茶 14:00~15:30
  ※呈茶代800円(和菓子:両口屋是清)、入館料別途必要、予約不要

170415昭和美術館② (コピー).JPG
~ 昭和美術館、2017年4月15日撮影。

170415昭和美術館⑥ (コピー).JPG
~ 南山寿荘、2017年4月15日撮影。

3.桑山美術館(昭和区山中2-12)「にじり口から一服」
  ・5月3日(水曜日/祝)11:00~、13:00~、14:30~
  ・5月4日(木曜日/祝)11:00~、13:00~、14:30~
  ・5月5日(金曜日/祝)11:00~、13:00~、14:30~
  ※呈茶代1,000円(和菓子:両口屋是清)、各席8名、事前予約優先、
   入館料別途必要

170415桑山美術館⑤、本館 (コピー).JPG
~ 「桑山美術館」本館、2017年4月15日撮影。

170415桑山美術館⑧、茶室「青山」 (コピー).JPG
~ 「桑山美術館」の茶室「青山(せいざん)」、2017年4月15日撮影。

※茶会開催日時につきましては、ご利用前にチラシ、各施設のホームページなどでご確認願います。





nice!(99)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 茶室めぐり ブログトップ