So-net無料ブログ作成
検索選択
茶室めぐり ブログトップ
前の5件 | -

大垣市指定文化財「無何有荘大醒榭(むかゆうそう・たいせいしゃ)〔「大垣市 奥の細道むすびの地記念館」内〕 [茶室めぐり]

2017年7月31日(月曜日)の午後0時15分頃に、「大垣市 奥の細道むすびの地記念館」へ行ってきました。

170731奥の細道結びの地記念館① (コピー).JPG
~ 「奥の細道むすびの地記念館」の観光・交流館(左の建物)と芭蕉館(正面の建物)。

2012年4月8日にオープンした「大垣市 奥の細道むすびの地記念館」は、芭蕉館、先賢館、観光・交流館、多目的室などから構成されている複合文化施設です(休館日:12月29日~1月3日)。

170731奥の細道結びの地記念館③ (コピー).JPG
~ 観光・交流館。観光・交流館への入館は無料ですが、芭蕉館/先賢館への入館は有料(一般300円など)です。




さて、「大垣市 奥の細道むすびの地記念館」の芭蕉館企画展示室において2017年8月27日(日曜日)まで、

 第20回企画展
「博士のまち・大垣(3)世界初の地震学教授で理学博士 関谷清景」

が開催されており、地震予知と震災予防の調査・研究に一生を捧げた関谷清景さんの生涯が紹介されています。

170731奥の細道結びの地記念館④ (コピー).JPG

この企画展を観覧する前に、大垣藩藩老の小原鉄心の別荘「無何有荘(むかゆうそう)」にあった一亭「大醒榭(たいせいしゃ)」を見学しました。

170731奥の細道結びの地記念館⑤、無何有荘大醒榭 (コピー).JPG
~ 「大醒榭(たいせいしゃ)」の屋根は茅葺、外装は紅殻塗装。

煎茶室・湯殿・水屋・厠の4室で構成されている安政3年(1856年)築の「大醒榭(たいせいしゃ)」は、2度の移築を経て「大垣市 奥の細道結びの地記念館」に移管されたそうです(大垣市ホームページ参照)。

170731奥の細道結びの地記念館⑥、無何有荘大醒榭 (コピー).JPG
~ 煎茶室の天井は葦の網代天井。

170731奥の細道結びの地記念館⑦、無何有荘大醒榭 (コピー).JPG
~ 写真左側の衝立(展示品はレプリカ、実物は別途保管)には、「ギヤマン」と呼ばれた色ガラスがはめ込まれているそうです。

170731奥の細道結びの地記念館⑧、無何有荘大醒榭 (コピー).JPG
~ 扁額「大醒榭」。

※「無何有荘大醒榭」の見学については、芭蕉館の受付で申込が必要です。

☆ 「無何有荘大醒榭(むかゆうそう・たいせいしゃ)
 (岐阜県大垣市船町2丁目26番地1「奥の細道むすびの地記念館」内)
☆ 2017年7月31日(月曜日)午後0時15分頃利用





nice!(79)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東山荘市民茶会「文月茶会」〔名古屋市瑞穂区〕 [茶室めぐり]

2017年7月22日(土曜日)午前10時5分頃に、市民茶会「文月茶会」が開かれる「東山荘」を訪ねました。

170722東山荘①、正門 (コピー).JPG
~ 「東山荘」の茅葺の正門と銅板葺の塀。

170722東山荘③、正門 (コピー).JPG

「東山荘(とうざんそう)」は、綿布商の故伊東信一さんにより山崎川の東丘に大正時代に建てられた別邸です(伊東さんの山荘で「東山荘」)。

明治末期から大正期の建築様式が残る「東山荘」の主屋には、茶道、華道、俳句・短歌・朗読会、結婚式前撮り、会合・会議、食事会などに貸室ベースで利用できる茶室(仰西庵・東丘庵)、和室(第1・第2・第3)、洋室(第1・第2)があります。

170722東山荘⑬、2階和室 (コピー).JPG
~ 第2和室(8畳)。

170722東山荘⑭、茶室「東丘庵」 (コピー).JPG
~ 茶室「東丘庵(とうきゅうあん)」。




さて、作法がわからない方でも参加することができる市民茶会「文月茶会」は、茶室「仰西庵(こうさいあん)」において午前10時30分頃より1席目が始まりました。

170722東山荘⑥、茶室「仰西庵」 (コピー).JPG

170722東山荘⑧、茶室「仰西庵」 (コピー).JPG

170722東山荘⑪、お抹茶と和菓子 (コピー).JPG

一服450円(抹茶・和菓子)。

170722東山荘⑫、美濃忠「夕立」(薯蕷製) (コピー).JPG
~ この日の和菓子は、美濃忠「夕立」(薯蕷製)でした。

8月の市民茶会「月茶会」は8月18日(金曜日)に開かれます。

・ 月 日:2017年8月18日(金曜日)
・ 時 間:午前10時30分~午後3時(室内見学は午後3時30分まで)
・ 会 場:名古屋市東山荘茶室「仰西庵(こうさいあん)
・ 定 員:40名(3日前までに要予約)
・ 呈茶代:一服450円(お抹茶・和菓子)

参加の申込、問い合わせは;

 名古屋市東山荘(とうざんそう)
  ・住所:名古屋市瑞穂区初日町2丁目3番地 
  ・電話:(052)831-2672





nice!(83)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

旧彦根藩主井伊家菩提寺「龍潭寺」へ行ってきました〔茶室「飄々庵」〕 [茶室めぐり]

旧彦根藩主井伊家菩提寺の「龍潭寺(りょうたんじ)」は、井伊直政が慶長5年(1600年)に佐和山城主になったのを機に、遠州国井伊谷の龍潭寺より分寺した臨済宗妙心寺派の名刹です(参照:滋賀県観光情報サイト)。

170702彦根めぐり13、龍潭寺 (コピー).JPG

「龍潭寺」は、庭の寺、だるま寺、花の寺などと呼ばれているそうです。

170702彦根めぐり14、龍潭寺 (コピー).JPG

170702彦根めぐり25、龍潭寺(沙羅の花) (コピー).JPG
~ 書院東庭に咲く沙羅の花。




さて、2017年7月2日(日曜日)の午前9時35分頃に、佐和山山麓の「龍潭寺」へ行ってきました。

170702彦根めぐり16、龍潭寺 (コピー).JPG
~ 「龍潭寺」の参道。

美しい庭園で広く知られている「龍潭寺」の書院北側に井伊直弼(なおすけ)が茶の湯を楽しんだといわれる茶室「飄々庵(ひょうひょうあん)」があります。

170702彦根めぐり21、龍潭寺(書院) (コピー).JPG
~ 書院。

170702彦根めぐり18、龍潭寺(茶室「飄々庵」) (コピー).JPG
~ 正面が茶室「飄々庵」。

170702彦根めぐり19、龍潭寺(茶室「飄々庵」) (コピー).JPG
~ 「〆切」となっていました。

170702彦根めぐり20、龍潭寺(茶室「飄々庵」) (コピー).JPG
~ 四畳半茶室(向切) 文化年間西村氏寄進。

☆ 「龍潭寺(りょうたんじ)」(滋賀県彦根市古沢町1104)
☆ 2017年7月2日(日曜日)午後9時40分頃利用





nice!(79)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

市民茶会「水無月茶会」@名古屋市「東山荘」 [茶室めぐり]

名古屋市の「東山荘(とうざんそう)」は、綿布商の故伊東信一さんにより山崎川の東丘に大正時代に建てられた別邸です。

170609東山荘①、正門 (コピー).JPG
~ 「東山荘」の茅葺の正門と銅板葺の塀。

明治末期から大正期の建築様式が残る「東山荘」は、茶道、華道、俳句・短歌・朗読会、結婚式の前撮り、会合・会議、食事会などに貸室ベースで利用できます。

170609東山荘⑧、第一和室 (コピー).JPG
~ 第1和室の12畳の間。

170609東山荘⑨、第一和室 (コピー).JPG

「東山荘」は貸室ベースが基本ですが、毎月1回、作法を気にしないで気楽に楽しむことができる茶室「仰西庵(こうさいあん)」における市民茶会が企画されています(4月と11月は野点)。




さて、2017年6月9日(金曜日)午前10時頃に、市民茶会「水無月茶会」が開かれる「東山荘」を訪ねました。

170609東山荘②、正門 (コピー).JPG
~ 「東山荘」の茅葺の正門。

市民茶会「水無月茶会」は、茶室「仰西庵(こうさいあん)」において定刻よりも10分ほど早く午前10時20分頃より1席目が始まりました。

170609東山荘⑦、茶室「仰西庵」 (コピー).JPG

170609東山荘⑫、茶室「仰西庵」 (コピー).JPG

一服450円(抹茶・和菓子)。

170609東山荘⑮、美濃忠「水辺の花」 (コピー).JPG
~ この日の和菓子は、美濃忠「水辺の花」(羽二重餅)でした。

7月の市民茶会「水無月茶会」は7月22日(土曜日)に開かれます。

・ 月 日:2017年7月22日(土曜日)
・ 時 間:午前10時30分~午後3時(室内見学は午後3時30分まで)
・ 会 場:名古屋市東山荘茶室「仰西庵(こうさいあん)
・ 定 員:40名(3日前までに要予約)
・ 呈茶代:一服450円(お抹茶・和菓子)

参加の申込、問い合わせは;

 名古屋市東山荘(とうざんそう)
  ・住所:名古屋市瑞穂区初日町2丁目3番地 
  ・電話:(052)831-2672





nice!(89)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

九條家遺構「拾翠亭」〔京都御苑〕 [茶室めぐり]

2017年6月1日(木曜日)の午前10時30分頃に、九條家遺構「拾翠亭(しゅうすいてい)」へ行ってきました。

170601拾翠亭⑱ (コピー).JPG
~ 九條池にかかる高倉橋から撮った九條家遺構「拾翠亭」。

170601拾翠亭⑲ (コピー).JPG
~ 厳島神社から撮った九條家遺構「拾翠亭」。

五摂家の一つであった九條家の別邸だった「拾翠亭(しゅうすいてい)」は、江戸時代に二百もの公家や宮家の邸宅が立ち並ぶ公家町だった京都御苑の一角にあります。

170601拾翠亭③ (コピー).JPG
~ 九條家遺構「拾翠亭」は、京都市営地下鉄烏丸線の丸太町駅の1番出入口より歩いて2~3分です。




さて、江戸時代後期に九條家の茶室として建てられた「拾翠亭」は現在、通年公開されています。

 ・参観日 :年末・年始を除く毎週木・金・土曜日および
       葵祭(5月15日)、時代祭(10月22日)
 ・参観時間:午前9時30分~午後3時30分
 ・参観料 :100円(高校生以上)

170601拾翠亭④ (コピー).JPG
~ 一階の広間。

170601拾翠亭⑥ (コピー).JPG

170601拾翠亭⑦ (コピー).JPG

170601拾翠亭⑪ (コピー).JPG
~ 一階の広縁。

170601拾翠亭⑫ (コピー).JPG
~ 二階の座敷。

「拾翠亭(しゅうすいてい)」は、茶会、句会、謡曲などの会合に利用できます(年末・年始、参観日を除く)。

詳しいことは、国民公園協会「京都御苑」の公式サイトをご覧ください。






nice!(66)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 茶室めぐり ブログトップ