So-net無料ブログ作成

春の名勝「玄宮楽々園」 [彦根めぐり]

2018年3月30日(金曜日)午前11時5分頃、国指定名勝「玄宮楽々園」へ行ってきました。

s_180330玄宮楽々園①、東口.JPG
~ 名勝「玄宮楽々園」の東口。観覧時間:午前8時30分~午後4時、年中無休。玄宮園単独の観覧料:200円。

名勝「玄宮楽々園」は、江戸時代に「槻御殿(けやきごてん)」と呼ばれていた旧彦根藩の下屋敷で、庭園部分が玄宮園、建物部分が楽々園と呼ばれています。

玄宮園は、魚躍沼(ぎょやくしょう)と呼ばれる大きな池を中心とした大規模な池泉回遊式庭園です。

s_180330玄宮楽々園⑩、魚躍沼越しに見る彦根城天守 (1).JPG
~ 魚躍沼畔から見える金亀山に建つ国宝彦根城天守。

※ここまで、彦根市教育委員会文化財課が作成した指定文化財解説シートなどを参照しました。



さて、玄宮園にはかつて「春鶯軒、鳳翔䑓、臨池閣、涵虚亭」の4つの茶室があったそうですが、現在残っているのは、鳳翔䑓(鳳翔台)と臨池閣です。

s_180330玄宮楽々園⑥、臨池閣と鳳翔台.JPG
~ (左から)鳳翔台、隣池閣、(楽々園の)御書院。

築山に建つ茶席「鳳翔台」においては、お抹茶(薄茶)と和菓子をいただくことができます。呈茶時間:午前9時~午後4時、年中無休。呈茶代:税込500円(お抹茶と和菓子)。

s_180330玄宮楽々園④、茶席「鳳翔台」.JPG
~ 茶席「鳳翔台」。

涵虚亭跡(かんきょてい・あと)からは、佐和山城があった佐和山が見えます。

s_180330玄宮楽々園⑦、涵虚亭跡から見る佐和山.JPG

一方、楽々園には、茶座敷の「地震の間・雷の間・楽々の間」が残っています。

s_180330玄宮楽々園⑪、御書院.JPG
~ 楽々園の(左から)御書院、地震の間、雷の間、楽々の間(遠景)。

s_180330玄宮楽々園⑫、地震の間.JPG
~ (左から)地震の間、雷の間、楽々の間。

楽々園の建造物は保存修理が進められているので通常は内部の見学ができませんが、御書院の内部が今年も6月末頃に特別公開されると期待しています。

☆ 名勝「玄宮楽々園」(滋賀県彦根市金亀町3-40)
☆ 2018年3月30日(金曜日)午前11時5分頃利用



nice!(82)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

彦根城博物館テーマ展「柳桜をこきまぜて-柳と桜のデザイン-」、2018年4月10日(火曜日)まで開催中 [彦根めぐり]

国宝・彦根城が建つ彦根山(金亀山)の麓にある彦根城博物館は1987年(昭和52年)2月に開館したミュージアムで、その建物は彦根藩の政所であった表御殿を復元したものです。

s_180330彦根城博物館②.JPG
~ 彦根城博物館の玄関、今回掲載する写真はすべて2018年3月30日に撮ったものです。

彦根城博物館において2018年4月10日(火曜日)までの期間、

テーマ展「柳桜をこきまぜて-柳と桜のデザイン-」

が開催されています。

 ・会 期 :2018年3月10日(土曜日)~4月10日(火曜日)
 ・休館日 :会期中無休
 ・開館時間:午前8時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ・観覧料 :一般500円(彦根城とのセットチケットもあります)
 ・アクセス:JR東海道本線・近江鉄道「彦根駅」より徒歩15分ほど

s_180330彦根城博物館③.JPG
~ テーマ展「柳桜をこきまぜて-柳と桜のデザイン-」が行われている展示室1。

s_180330彦根城博物館⑤.JPG



さて、2018年3月30日(金曜日)の午前11時40分頃、彦根城博物館へ行ってきました。

展示室1で行われているテーマ展においては、狩野了承「観楓桜柳図」、徳川綱吉「桜樹馬図」、能装束「枝垂柳に桜尾長鳥文様長絹」などのほか、井伊直弼「楽焼柳燕図茶碗」が展示されていました。

s_180330彦根城博物館⑥、井伊直弼作.JPG
~ 井伊直弼「楽焼柳燕図茶碗」。

テーマ展のほか、「武家の備え」、「幽玄の美」、「数寄の世界」、「風雅のたしなみ」、「古文書が語る世界」などの常設展を観覧することができます。

s_180330彦根城博物館⑧.JPG
~ 井伊直弼「毎回水屋帳」。

s_180330彦根城博物館⑩.JPG
~ 玳皮盞(たいひさん)梅花文天目茶碗と堆朱(ついしゅ)花卉文天目台。

なお、2018年4月13日(金曜日)より特別公開「国宝・彦根屏風」が始まります。



nice!(75)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

名古屋名物みそかつ「矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店」へ行ってきました [とんかつ店・豚肉料理店]

尾張名古屋のうまいもの街「金シャチ横丁」が2018年3月29日(木曜日)、グランドオープンしました。

s_180329名古屋城金シャチ横丁②.JPG
~ 加藤清正像、名古屋能楽堂の先に名古屋城。

「金シャチ横丁」は、名古屋城の正門側に義直ゾーンと東門側に宗春ゾーンの2つのゾーンから構成されています。

s_180329名古屋城金シャチ横丁③、義直.JPG
~ 「金シャチ横丁」義直ゾーンの入口。

s_180329名古屋城金シャチ横丁④、義直.JPG
~ 「金シャチ横丁」義直ゾーンの混雑具合、2018年3月29日午前10時20分頃撮影。



さて、2018年3月29日(木曜日)の午前10時25分頃、名古屋名物みそかつ「矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店」へ行ってきました。

s_180329名古屋城金シャチ横丁⑦、みそかつ矢場とん.JPG
~ 名古屋名物みそかつ「矢場とん」のイメージキャラクター「ぶーちゃん」。

s_180329名古屋城金シャチ横丁⑥、みそかつ矢場とん.JPG
~ 名古屋名物みそかつ「矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店」の入口。

カウンター席でオーダーしたのは「ロースとんかつ御膳」、ちょっと早いランチ。

s_180329名古屋城金シャチ横丁⑩、矢場とん(ロースとんかつ御膳).JPG
~ ロースとんかつ御膳(ロースとんかつ、おかず2品、ごはん、みそ汁、漬物)。

s_180329名古屋城金シャチ横丁⑬、矢場とん(ロースとんかつ).JPG

ロースとんかつ御膳を食べ終えた後、高い天井を見上げると、「ぶーちゃん」と金のしゃちほこがいました。

s_180329名古屋城金シャチ横丁⑭、矢場とん.JPG

☆ 名古屋名物みそかつ「矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店」
  (名古屋市中区三の丸1-2-5)
☆ 2018年3月29日(木曜日)午前10時30分頃利用

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析



nice!(59)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「まるや八丁味噌」の味噌蔵見学〔愛知県岡崎市八帖町〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

みそは使用している原材料により、米みそ、麦みそ、豆みそおよび調合みその4種類に分類されます。

全国味噌工業協同組合連合会のホームページに載っている「みその種類別出荷数量<全味工連集計>」を参照すると、2016年の出荷数量の81.0%が米みそです。主に東海3県(愛知・岐阜・三重)で生産されている豆みそのシェアは、みそ全体の出荷数量のわずか4.8%です(麦みそは4.5%、調合みそは9.8%)。



さて、2018年3月25日(日曜日)の午後1時頃、八丁味噌の味噌蔵を見学するために、愛知県岡崎市八帖町にある創業延元2年(1337年)の「まるや八丁味噌」(株式会社まるや八丁味噌)へ行ってきました。

s_180325まるや八丁味噌②.JPG
~ 「まるや八丁味噌」工場内売店にある看板。

大豆と塩だけで造る豆みそに分類される「まるや八丁味噌」の八丁味噌は、岡崎城から西へ八丁(約870m)の距離にある八丁村(現在の岡崎市八帖町)で造っていたことから、その地名を冠して「八丁味噌」と呼称されているそうです。

s_180325まるや八丁味噌①.JPG
~ 旧東海道沿いに「まるや八丁味噌」(左側)と正保2年(1645年)創業の「カクキュー八丁味噌」(右側)の2社が向かい合っています。

二夏二冬以上の間、伝統製法で天然醸造で仕上げる八丁味噌に欠かせないのが、木桶と重石です。

s_180325まるや八丁味噌⑧.JPG
~ 木桶と重石。

s_180325まるや八丁味噌④、重石.JPG
~ 重石の見本。

木桶には約6トンのみそが入っており、石積み職人により円錐状に手積みされた重石の重さは約3トンあるそうです。

s_180325まるや八丁味噌③、味噌蔵.JPG
~ 江戸時代末からの味噌蔵の梁を見ると、白っぽく見えます。住みついているこうじだそうです。

「まるや八丁味噌」の隣にある「カクキュー八丁味噌」(合資会社八丁味噌)においても、工場見学ができます。「まるや八丁味噌」、「カクキュー八丁味噌」とも工場見学は無料です。工場見学受付時間などにつきましては、両社のホームページでご確認ください。

s_180325カクキュー八丁味噌①.JPG
~ 「カクキュー八丁味噌」の本社事務所。

☆ 「まるや八丁味噌」(株式会社まるや八丁味噌)
  (愛知県岡崎市八帖町往還通52番地)
☆ 2018年3月25日(日曜日)午後1時頃利用

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析



nice!(64)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

愛知県指定文化財「旧糟谷邸」へ行ってきました〔愛知県西尾市吉良町〕 [茶室めぐり]

2018年3月25日(日曜日)の午後2時45分頃に、愛知県西尾市吉良町にある愛知県指定文化財「旧糟谷(かすや)邸」へ行ってきました。

s_180325旧糟谷邸①、長屋門.JPG
~ 「旧糟谷邸」の長屋門。

愛知県指定文化財「旧糟谷邸」は、江戸時代を通じて、大地主で三河木綿の総問屋として繁栄した旧家・糟谷家(かすやけ)の屋敷です。「旧糟谷邸」には現在、主屋、長屋門、土蔵(2棟)、屋敷神などの建造物が残っています(参照:2009年3月31日旧吉良町教育委員会編集・発行「旧糟谷邸 」)。

s_180325旧糟谷邸⑤、主屋.JPG
~ 主屋。



さて、「旧糟谷邸」の主屋は、みせ部、座敷部および数寄屋部から構成されています。みせ部は、宝暦13年(1763年)以前の建築であることが判明しているそうです。

※「旧糟谷邸」にある部屋名などは、前出の「旧糟谷邸」にある表記を用いました。

みせ部の入口を入ると、大きな暖簾がありました。

s_180325旧糟谷邸⑦.JPG

みせ部から座敷部を通り、主屋の西側にある数寄屋部へと進みました。

s_180325旧糟谷邸③、庭園.JPG
~ 庭園から見る数寄屋部。

数寄屋部、茶庭、よりつきは、12代当主・糟谷縫右衛門重禮(1842~1871年)と交流があった久田流を尾張に広めた久田栄甫(1817~1883年)の設計により明治元年(1868年)に建てられたそうです。

s_180325旧糟谷邸⑩、お部屋.JPG
~ 数寄屋部にある「お部屋」(入室不可)。

s_180325旧糟谷邸⑭、茶室.JPG
~ 数寄屋部にある「茶室」(入室不可)。

s_180325旧糟谷邸⑮、茶室.JPG

数寄屋部において以前、お茶会が開かれていたそうですが、現在は開かれていないそうです。

☆ 愛知県指定文化財「旧糟谷邸(かすやてい)
 (愛知県西尾市吉良町萩原大道通18-1)
☆ 2018年3月25日(日曜日)午後2時45分頃~午後3時30分頃観覧



nice!(77)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理