So-net無料ブログ作成

カフェ「ヴァンサンク」@ぎふ・柳ヶ瀬でコーヒーブレイク [ぎふの喫茶店]

2018年1月29日(月曜日)の午後2時20分頃、岐阜・柳ヶ瀬にあるカフェ「ヴァンサンク」へ行ってきました。

s_180129カフェ・ヴァンサンク①.JPG
~ カフェ「ヴァンサンク」の看板。

カフェ「ヴァンサンク」は、岐阜タカシマヤの北隣にあるカフェです。



さて、カフェ「ヴァンサンク」でブレンドコーヒーをオーダー。

s_180129カフェ・ヴァンサンク③、ブレンドコーヒー.JPG
~ マイセンのカップでブレンドコーヒー。

s_180129カフェ・ヴァンサンク②、ブレンドコーヒー.JPG

☆ カフェ 「ヴァンサンク」(岐阜市日ノ出町2-11〔2階〕)
☆ 2018年1月29日 (月曜日)午後2時20分頃利用

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析



nice!(94)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

カフェ・アダチで刀匠ブレンド〔岐阜県関市小瀬〕 [ぎふの喫茶店]

2018年1月29日(月曜日)の午前8時25分頃、岐阜県関市小瀬にあるカフェ・アダチへ行ってきました。

s_180129カフェ・アダチ①、表門.JPG
~カフェ・アダチの表門。

カフェ・アダチは、自家焙煎珈琲とマイセンで知られるカフェです。



さて、カフェ・アダチのテラス席でオーダーしたのは、本日のおすすめコーヒー「刀匠ブレンド」です。

s_180129カフェ・アダチ③.JPG

刀匠ブレンドは、関市の刃物をイメージしたシャープでキレのよいコーヒーだそうです。

s_180129カフェ・アダチ⑤、本日のおすすめコーヒー(刀匠ブレンド).JPG

開店時間の午前8時から午前11時30分までのモーニングサービス時間帯での入店なので、飲物をオーダーすると飲物代金でトースト2種類、なめらかプリン、フルーツがついてきます。

s_180129カフェ・アダチ⑥、モーニングサービス.JPG

☆ カフェ・アダチ(岐阜県関市小瀬1833)
☆ 2018年1月29日(月曜日)午前8時25分頃利用

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析



nice!(81)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

岐阜県現代陶芸美術館コレクション展「お茶の時間」、2018年3月25日(日曜日)まで [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

岐阜県現代陶芸美術館は、岐阜県多治見市のセラミックパークMINO内にある2002年に開館したミュージアムです。

s_180126岐阜県現代陶芸美術館③.JPG
~ セラミックパークMINOのカスケード広場、最上段の池の向こう側は茶室です。2018年1月26日撮影。

公共交通機関を利用して岐阜県現代陶芸美術館へ行く場合、土日祝日なら、JR中央本線の多治見駅前(南口)より、多治見市コミュニティバス「ききょうバス(おりべ観光ルート)」を利用するのが便利です。

s_180126岐阜県現代陶芸美術館⑦.JPG
~ 「ききょうバス(おりべ観光ルート)」、2018年1月26日撮影。

神言修道会多治見修道院、多治見市美濃焼ミュージアムなどを経由してセラミックパークMINOまでの所要時間は23分ほどです。



さて、2018年1月26日(金曜日)の午前10時頃、岐阜県現代陶芸美術館へ行ってきました。

s_180126岐阜県現代陶芸美術館②.JPG
~ セラミックパークMINOのバス停より本館棟へのアプローチ。

岐阜県現代陶芸美術館のギャラリーⅡにおいては2018年3月25日(日曜日)まで、

コレクション展「お茶の時間」

が開催されています(観覧料一般330円)。

s_180126岐阜県現代陶芸美術館④、「お茶の時間」.JPG

展示室(A室~D室)において同館所蔵の喫茶にまつわる器が展示されています。具体的には、人間国宝の荒川豊蔵の絵志野茶碗、同鈴木藏の志野茶碗、同加藤孝造の志野茶碗、マイセンの花飾りカップ&ソーサー、ヘレンドのティーセット「ウィーンのバラ」などが展示されていますが、展示品の撮影は禁止されています。

s_180126岐阜県現代陶芸美術館⑤、ティーセット(ロドチェンコ).JPG
~ 展示室前に展示されていた撮影用のティーセット(ロドチェンコデザイン)。

なお、土日祝日運行の多治見市コミュニティバス「ききょうバス(おりべ観光ルート)」を利用する場合、一日券(300円)の購入をお勧めします。

s_180126岐阜県現代陶芸美術館⑧、ききょうバス一日券.JPG
~ 土日祝日運行の多治見市コミュニティバス「ききょうバス(おりべ観光ルート)」の時刻表と一日乗車券。

☆ 岐阜県現代陶芸美術館
 (岐阜県多治見市東町4-2-5セラミックパークMINO内)
☆ 2018年1月26日(金曜日)午前10時頃利用



nice!(81)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

桑山美術館年間パスポート会員向け講座「第2回 見て触れて 備前の器」 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

名古屋市昭和区山中町にある桑山美術館は、所蔵する日本画、茶道具を中心とした展覧会を年3回開いています。

s_180127桑山美術館①、表門.JPG
~ 2018年2月4日(日曜日)まで新春展「水を満たす器-多彩なる壺・花入・水指-」が開かれています。

s_180127桑山美術館③、本館.JPG
~ 桑山美術館の本館。

桑山美術館は2016年4月より年間パスポートの販売を始めました。
 ・有効期間:入会日より1年間
 ・販売価格:1,300円

年間パスポート会員になると次の特典があります。
 ・入館料無料(期間中何度でも入館可)
 ・同伴者の入館料を100円割引
 ・提携美術館でパスポートを提示すると、入館料団体料金扱い
 ・年3回開催の展覧会の案内ハガキの送付  
 ・学芸員によるパスポート会員向け講座の無料受講など



さて、2018年1月27日(土曜日)午後2時から桑山美術館別館2階の立礼席(りゅうれいせき)において年間パスポート会員向けの講座が開かれました。年間パスポート会員向けの第2回目となる講座のテーマは;
~見て触れて 備前の器~。

s_180127桑山美術館⑥、第2回年間パスポート会員講座.JPG
~ 桑山美術館年間パスポート会員向け第2回講座のテキスト。

講師は、桑山美術館の学芸員・前田明美さん。

1.備前焼とは?、2.備前焼の歴史、3.備前焼の土味と景色(胡麻、桟切り、牡丹餅など)についてレクチャーを受けた後、実際に備前の器を箱から出して、作品の調査(採寸、景色の確認など)を行いました。

s_180127桑山美術館⑦、備前掛花入(木村陶峰).JPG
~ わたしが担当したのは「備前掛花入(木村陶峰・作)」です。

s_180127桑山美術館⑨.JPG

各受講者が1作品ずつを受け持ちました。

s_180127桑山美術館⑫.JPG
~ 採寸中。

s_180127桑山美術館⑬.JPG

なお、年間パスポート会員についての問い合わせ、受講の申し込みは、
桑山美術館(電話番号:052-763-5188)へお問い合わせ願います。

s_180127桑山美術館⑭.JPG



nice!(79)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「竹の丸カフェ」でケーキセット〔掛川市指定有形文化財「竹の丸」内〕 [喫茶店・カフェ・甘味処・酒蔵]

2018年1月25日(木曜日)の午後1時10分頃、掛川市指定有形文化財「竹の丸」へ行ってきました。

s_180125掛川市竹の丸①、表門.JPG

主屋、離れ、日本庭園から構成される「竹の丸」は、江戸時代に葛布問屋「松屋」を営んでいた松本家の本宅だった建物で、現在は掛川市が所有し一般公開されています。

s_180125掛川市竹の丸③、主屋外観.JPG
~ 主屋外観。

s_180125掛川市竹の丸④、離れ外観.JPG
~ 離れ外観。



さて、「竹の丸」の主屋内にある「竹の丸カフェ」と称した喫茶席を利用しました。

s_180125掛川市竹の丸⑦、竹の丸カフェ(台所).JPG
~ 「竹の丸カフェ」(旧台所)。

わたしが今回利用した席は、旧台所ではなく、茶の間です。ケーキセットをオーダーしました。選んだ飲み物は、掛川深蒸し茶です。

s_180125掛川市竹の丸⑧、掛川深蒸し茶とロールケーキ.JPG
~ 帯網式朱泥急須で淹れます。白い急須には二煎分のお湯が入っています。

s_180125掛川市竹の丸⑨、掛川深蒸し茶とロールケーキ.JPG
~ ケーキは、掛川深蒸し茶ロールケーキ。

日本一のお茶生産県の静岡県の中でも有数なお茶の産地である掛川市は、深蒸し茶(深蒸し煎茶)で知られています。

☆ 「竹の丸カフェ」
 (静岡県掛川市掛川1200番地の1「竹の丸」内)
☆ 2018年1月25日(木曜日)午後1時10分頃利用



nice!(75)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理