So-net無料ブログ作成

美濃桃山陶の聖地「平成29年度 随縁に集う」、12月3日(日曜日)まで開催中 [東美濃のミュージアム]

志野と瀬戸黒で国の重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に認定された荒川豊蔵さん(1894~1985年)は昭和5年(1930年)4月11日、岐阜県可児市大萱の牟田洞古窯跡で志野筍絵陶片を発見しました。

s_171129荒川豊蔵作陶の地24、石碑「隨縁」.JPG
~ 志野筍絵陶片発見場所に建つ石碑「随縁(ずいえん)」、2017年11月29日撮影。

瀬戸黒、黄瀬戸、志野などの桃山陶が愛知県瀬戸市で焼かれていたというそれまでの日本陶磁史の定説を覆す大発見をした荒川豊蔵さんは以降、大萱において志野の再現を志しました。豊蔵さんが生活と作陶の拠点とした地は現在、「荒川豊蔵作陶の地」として一般公開されています。

s_171129荒川豊蔵作陶の地23.JPG
~ 豊蔵さんの居宅へのアプローチ。

s_171129荒川豊蔵作陶の地22.JPG
~ 豊蔵さんの居宅。



さて、「荒川豊蔵作陶の地」において可児市が美濃桃山陶の聖地をPRするために企画したイベント「平成29年度 随縁に集う」が11月29日(水曜日)より12月3日(日曜日)まで行われています。

s_171129美濃桃山陶の聖地「隨縁に集う」、チラシ.JPG
~ イベント「随縁に集う」のチラシ。

イベント「随縁に集う」には、豊蔵さんの茶碗でお茶を飲みながら、荒川豊蔵資料館の学芸員の話を聞き豊蔵さんの暮らしぶりを体験する「追体験」、久々利保育園の園児がおもてなしをする「久々利保育園茶会」などが組まれています。

このイベント「平成29年度 随縁に集う」の初日に行われたプログラム「追体験」(豊蔵作志野茶碗など豊蔵づくしの茶会)に参加しました。

s_171129荒川豊蔵作陶の地06、囲炉裏の間.JPG
~ 豊蔵さんの居宅の囲炉裏の間。

s_171129荒川豊蔵作陶の地08、梅園「山秋」.JPG
~ 豊蔵さんが好んだ多治見・梅園菓子舗「山秋(さんしゅう)」。

s_171129荒川豊蔵作陶の地09、座敷.JPG
~ 豊蔵さんの居宅の座敷。

s_171129荒川豊蔵作陶の地11、豊蔵作瀬戸黒茶碗.JPG
~ 豊蔵作・瀬戸黒茶碗。

s_171129荒川豊蔵作陶の地12、座敷.JPG

s_171129荒川豊蔵作陶の地16、梅園.JPG
~ 梅園菓子舗「栗羊羹・美濃織部羊羹・黄瀬戸羊羹・瀬戸黒羊羹・和三盆」。

s_171129荒川豊蔵作陶の地20.JPG
~ 豊蔵作・志野茶碗。

イベント「平成29年度 随縁に集う」開催期間中、荒川豊蔵資料館と蟹郷土歴史館は入館無料です。



nice!(70)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

茶カフェ深緑茶房「お茶教室」(2017年11月度) [深緑茶房]

茶カフェ深緑茶房の「お茶教室」が2017年11月28日(火曜日)午前11時より開かれました。

s_171128茶カフェ深緑茶房「お茶教室」②、外観.JPG
~ 三重県松阪市の茶農家(農事生産法人・有限会社深緑茶房)が直営する茶カフェ深緑茶房は、名駅ミヤコ地下街4番出口を出てセブンイレブンの裏隣です。

講師は、深緑茶房社長で日本茶インストラクターの松本浩さん。今回のテーマは、~「急須で淹れる」、面倒ですか?~です。



さて、前回の「お茶教室」(2017年10月度)に続いて、「急須」を切り口とした飲み比べを行いました。

最初は、急須の材質の違い「耐熱ガラス製、炻器(せっき)製、磁器製の3種類の急須」の比較です。抽出条件は「茶葉5g、70℃の湯150cc、浸出時間60秒」。

s_171128茶カフェ深緑茶房「お茶教室」⑤、飲み比べ(材質の違う急須).JPG
~ (左から)耐熱ガラス製、炻器製そして磁器製の急須。

s_171128茶カフェ深緑茶房「お茶教室」⑥、飲み比べ(材質の違う急須).JPG

続いて、耐熱ガラス製急須の湯温の違いによる飲み比べです。抽出条件は「茶葉5g、浸出時間60秒、湯150cc」で60℃・75℃・90℃の3温度帯で比較しました。

s_171128茶カフェ深緑茶房「お茶教室」⑧、飲み比べ(滲出温度の違い).JPG
~ 耐熱ガラス製急須で淹れたお茶は、イメージしていたよりも渋味が抑えられていました。

s_171128茶カフェ深緑茶房「お茶教室」⑨、ハリオ茶茶急須の外箱.JPG
~ 耐熱ガラスメーカーのハリオ「茶茶急須」の化粧箱に記載されている4つの特徴。

なお、11月度の「お茶教室」は12月19日(火曜日)午前11時より開かれる予定です。

☆ 茶カフェ深緑茶房「お茶教室」(2017年11月度)
 (名古屋市中村区名駅四丁目26-25メイフィス名駅ビル1階)
☆ 2017年11月28日(火曜日)午前11時~午後0時10分頃



nice!(72)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビストロ「イノーヴェ」で一人ランチ [ビストロ「イノーヴェ」]

2017年11月28日(火曜日)の午後1時20分頃に、名古屋市東区代官町の「イノーヴェ INNOVER」へ行ってきました。

s_150608イノーヴェ①.JPG

「イノーヴェ INNOVER」は、2005年9月7日にオープンしたフランス料理店(ビストロ業態)です。

s_171128イノーヴェ⑤、井上店主.JPG
~ 店主の井上さんの後ろ姿。



さて、一人ランチ(@税込1,500円)で利用した「イノーヴェ INNOVER」、本日の前菜5種類の中から選んだのは、フランス産ムール貝です。

s_171128イノーヴェ④、厨房.JPG

s_171128イノーヴェ③、フランス産ムール貝のマリニエール風.JPG
~ フランス産ムール貝のマリニエール風。

5種類の中から選ぶことができるメインは、フランス産子羊腕肉を選びました。

s_171128イノーヴェ⑦、フランス産子羊肉腕肉 根菜のブレゼ.JPG
~ フランス産子羊腕肉 根菜のブレゼ。

紅茶とプチデセール。

s_171128イノーヴェ⑨、プティデセールと紅茶.JPG

☆ 「イノーヴェ INNOVER」
 ・住 所 : 名古屋市東区代官町29-18 柴田ビル1階・2階
 ・電 話 : (052)936-5038
 ・定休日 : 毎週水曜日
 ・ランチ : 午前11時30分~午後2時(ラストオーダー)
 ・ディナー: 午後6時~午後9時(ラストオーダー)

※ご利用される時は、電話予約をお勧めします。



nice!(76)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

笹屋伊織の栗入り最中「だるまさん」〔最中の種に残る「短冊形の跡」のナゾ〕 [和菓子の京都]

創業享保元年(1716年)の京菓匠「笹屋伊織」の代表銘菓は「どら焼」ですが、栗入り最中「だるまさん」もお勧めです。

s_171126笹屋伊織京都大丸店①、だるまさん.JPG
~ 2017年11月26日(日曜日)に笹屋伊織大丸京都店で購入。

包み紙に入っている「だるまさん」を取り出します。

s_171126笹屋伊織京都大丸店②、だるまさん.JPG
~ 斜め前から見た「だるまさん」。



では、「だるまさん」の後ろ姿はどんな感じでしょうか。

s_171126笹屋伊織京都大丸店③、だるまさん.JPG
~ 「だるまさん」の背中に短冊形の跡があります。

もち米を原料とする最中の種は短冊形に切り分けた餅を金型にはさんで焼いています。したがい、この短冊形の跡は元の餅の跡なのです。

「だるまさん」の正面にも実は、(短冊形の)餅の跡が残っています。次の「だるまさん」の正面からの写真でご確認願います。

s_171126笹屋伊織京都大丸店⑤、だるまさん.JPG

最中の種に残る「短冊の跡」の種明かし。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析



nice!(79)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

荒川豊蔵資料館で特別展「染野コレクションより “荒川志野” に魅せられて」、2017年12月3日(日)まで開催中 [東美濃のミュージアム]

岐阜県可児市(かにし)の「荒川豊蔵資料館」において2017年12月3日(日曜日)まで、

豊蔵陶房および居宅公開記念特別展
染野コレクションより “荒川志野” に魅せられて

が開かれています。

s_171123荒川豊蔵資料館⑯、特別展ポスター.JPG
~ 特別展のポスター。

・会 期:2017年10月6日(金)~12月3日(日)
・休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日
・入館料:一般200円



さて、2017年11月23日(木曜日/祝日)の午後0時50分頃に、「荒川豊蔵資料館」へ行ってきました。

s_171123荒川豊蔵資料館①.JPG
~ 岐阜県道84号線(通称:五斗蒔街道)沿いにある駐車場から坂道を「荒川豊蔵資料館」まで歩きます。

s_171123荒川豊蔵資料館③、石碑「牟田洞古窯趾」.JPG
~ 牟田洞古窯趾の碑(昭和43年建立)。奥に見えるのが陶房。

牟田洞古窯趾の碑の裏の階段を上ると、荒川豊蔵資料館です。

s_171123荒川豊蔵資料館⑫.JPG
~ かなり急な階段です。

s_171123荒川豊蔵資料館⑬.JPG

s_171123荒川豊蔵資料館⑭.JPG

豊蔵陶房および居宅の公開を記念する今回の特別展においては、染野義信さん(元日本大学法学部教授)が集めた「染野コレクション」の「荒川志野」約40点が東京国立近代美術館と山口県立萩美術館・浦上記念館より里帰りして展示されています。

(展示品の写真撮影禁止)

志野と瀬戸黒で国の重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に認定された荒川豊蔵さん(1894~1985年)の居宅付近は、紅葉が見ごろになっていました。

s_171123荒川豊蔵資料館⑧、居宅.JPG

s_171123荒川豊蔵資料館⑩、居宅.JPG

☆ 「荒川豊蔵資料館」(岐阜県可児市久々利柿下入会352番地)
☆ 2017年11月24日(木曜日)午後0時50分頃利用



nice!(108)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理