So-net無料ブログ作成

深緑茶房の茶園と茶工場へ行ってきました〔三重県松阪市飯南町〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

紅茶、烏龍茶および緑茶はいずれも、学名がカメリア・シネンシスという茶(チャ)の樹から摘んだ生葉が原料です。食品表示法に基づく表示ルール「食品表示基準」は緑茶を次の通り定義しています。

緑茶の定義:緑茶とは、茶葉(一部茎を含む。)を蒸熱又は釜炒り等の方法により茶葉中の酵素を失活させた後、飲食用に供せられる状態に製造したものとし、一般に緑茶であると認識されているものが原料原産地表示の対象となる。・・・「食品表示基準Q&A」(最終改正 平成27年12月24日消食表第660号)より引用。

次の写真をご覧ください。農業生産法人の有限会社深緑茶房(本社:三重県松阪市飯南町)の茶園における秋番茶の摘採です。

s_171010深緑茶房見学06、3番茶摘採.JPG
~ 乗用型摘採機による摘採、2017年10月10日撮影。

s_171010深緑茶房見学02、茶園(リバーサイド茶倉付近).JPG

摘採された生葉(なまは)は、トラックで荒茶工場へと運ばれます。

s_171010深緑茶房見学10、茶工場.JPG
~ 深緑茶房の茶工場(荒茶工場)における生葉の受入れ。



さて、受入れた生葉は、蒸熱という工程で茶葉中の酵素が失活されます(この工程のことを「殺青」(さっせい)と呼ぶことがあります)。

s_171010深緑茶房見学11、茶工場(蒸熱).JPG
~ 蒸熱工程。

s_171010深緑茶房見学13、茶工場(蒸熱後の茶葉).JPG
~ 茶葉中の酵素が失活された蒸熱後の茶葉。

この後、葉打ち、粗揉、揉捻、中揉、精揉、乾燥の各工程を経て、荒茶が出来上がります。

s_171010深緑茶房見学16.JPG
~ 精揉機。

s_171010深緑茶房見学18.JPG

s_170706深緑茶房見学会32、精揉後の茶葉.JPG
~ 精揉後の茶葉。(この写真だけ2017年7月6日撮影)。

深緑茶房の茶工場(荒茶工場)は完全自動化されているので、スタッフ一人で荒茶の製造管理をしています。

☆ 農業生産法人・有限会社深緑茶房
 (本社)三重県松阪市飯南町粥見4209-2

s_171010深緑茶房見学05、お茶の花.JPG
~ 深緑茶房の茶園に咲いていた茶の花。



nice!(74)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理