So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ
前の5件 | -

「栗粉餅」、栗菓子の原点 [甘いもの(和菓子・スイーツ・パン)]

栗と砂糖で作る素朴なお菓子「栗きんとん」は、岐阜県中津川市、恵那市および加茂郡八百津町の名産品です。

170911元祖栗金飩「緑屋老舗」⑥、栗金飩ばら売り (コピー).JPG
~ 元祖栗金飩「緑屋老舗」の「栗きんとん」、2017年9月11日購入。

栗を使った和菓子といえば、「栗きんとん」のほかに、栗羊羹、栗まんじゅうなどがありますが、「栗粉餅」とよばれる和菓子があります。

中津川市、岐阜市、名古屋市などにある和菓子屋で「栗粉餅」は製造販売されていますが、全国的な知名度は低いようです。

s_170916松河屋①、栗粉餅.JPG
~ 「松河屋老舗」本店で2017年9月16日に購入した「栗粉餅」。

s_170916松河屋②、栗粉餅.JPG

虎屋文庫の中山圭子さんの著書「和菓子ものがたり」(朝日文庫、2001年1月1日発行)の「栗菓子ことはじめ」を参照すると、「栗粉餅」は栗菓子の原点だそうです。

この頃になると、栗菓子の原点ともいえそうな栗の加工品が文献にも登場します。その名は栗粉餅。栗羊羹、栗きんとんなどが江戸時代後期に作られる前に、栗粉餅なる栗製品があったことは意外に知られていません。さて、栗粉餅とはどんなお菓子だったのでしょうか。 栗粉餅は、「松屋久政茶日記」の天正6(1578)年9月18日の条に「クリ粉ノモチ」と見える記録が古く、文字どおり、栗の粉をまぶした餅のことです。・・・中山圭子・著「和菓子ものがたり」160~161ページより引用





さて、虎屋文庫による情報が続きますが、虎屋文庫・編著「和菓子を愛した人たち」(山川出版社、2017年6月発行)の「近衛家煕と栗粉餅-さすがの者共なり」を参照すると、「栗粉餅」に関する興味深いエピソードが載っています。

(略)享保16年10月には、虎屋にかかわるエピソードがあります。家煕が嵯峨(京都府)で朝早く栗粉餅を使用するため、晩のうちに納めるよう注文したところ、虎屋と亀屋は品質が保てないと判断したようで辞退しました。栗粉餅は室町時代から日記や茶会記に見える菓子で、餅に栗の粉をまぶした素朴なものと考えられます。菓子屋としては、栗の粉の傷みが早いのを心配したのでしょうか。それとも、あまり早く届けてしまうと、餅が固くなるということだったかもしれません。辞退の言を受けてから近衛家から、それでは栗の粉は重箱に入れ、餅とは別にするように、という新たな指示が出され、夜半過ぎに餅だけが届けられました。栗の粉がいつ届けられたかは記載がなく、実際の状況は不明ですが、当初の条件ではおいしく召し上がっていただけないという判断があったことは間違いがありません。二店の対応について「槐記」には“さすがの者共なり。何と偽っても商品を納めるのが商いの習いだが、それを断るのはよくよくのこと。些細なことかもしれないが、ほめるべきである”と記されています。(略)・・・「和菓子を愛した人たち」220~221ページより引用。


「栗の粉の傷みが早い」のは、現在の「栗粉餅」にも言えることです。栗の保水力の弱さを補うために砂糖を使いますが、砂糖の量が多すぎると、日持ちは長くなっても肝心の栗の風味が砂糖に負けてしまいます。消費期限を1日でも長くするためにトレハロースなどを添加する和菓子屋もあります。

また、「栗粉餅」のことを「栗きんとんをアレンジした人気商品」などと紹介する和菓子店がありますが、室町時代に既にあった「栗粉餅」を100年ほどの歴史しかない「栗きんとん」のアレンジ商品という本末転倒な紹介はとても残念です。





nice!(75)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「たねや美濠美術館」において特集陳列「絵師たちの仕事・美しい絵図の器」、2018年1月下旬まで [彦根めぐり]

湖東焼(ことうやき)は、彦根城下の呉服商・絹屋半兵衛らによる文政12年(1829年)の開窯から明治28年(1895年)の山口喜平窯の閉窯までの67年間、彦根で焼かれた焼物です。

170528湖東焼の彦根11、絹屋半兵衛屋敷 (コピー).JPG
~ 湖東焼の開祖と呼ばれている絹屋半兵衛の屋敷(彦根市元町2-16)。

170528湖東焼の彦根12、絹屋半兵衛屋敷 (コピー).JPG

湖東焼が主に焼かれた佐和山山麓の餅木谷(もちのきだに)の湖東焼窯場跡(彦根市古沢町字石ケ崎の合計8,550㎡)は、平成3年(1991年)3月30日に滋賀県の指定史跡に指定されています。

170528湖東焼の彦根07、湖東焼窯場跡の説明板 (コピー).JPG

湖東焼窯場跡は、近江鉄道本線の佐和山トンネルの彦根側の西側にあります。

170528湖東焼の彦根08、佐和山と近江鉄道 (コピー).JPG
~ 正面の山が佐和山です。

※以上4枚の写真は、2017年5月28日に撮影したものです。




さて、2017年9月19日(火曜日)の午前11時5分頃に、たねや美濠(みほり)美術館」へ行ってきました。

s_170919彦根美濠の舎③、たねや美濠美術館.JPG

「たねや美濠美術館」は、たねやグループの「たねや彦根美濠の舍(みほりのや)」に併設された湖東焼に特化された美術館です。

s_170919彦根美濠の舎①.JPG
~ 「たねや彦根美濠の舍」。

「たねや彦根美濠美術館」において2018年1月下旬までの期間、特集陳列「絵師たちの仕事・美しい絵図の器」が行われています。

s_170919彦根美濠の舎④、たねや美濠美術館.JPG

湖東焼の急須、煎茶碗などが展示(作品展示数:54点)されていますが、写真撮影禁止です。

☆ 「たねや美濠美術館」
 ・住 所 :滋賀県彦根市本町1丁目2-33「たねや彦根美濠の舍」内)
 ・開館時間:午前10時~午後5時
 ・休館日 :不定休(年末年始、展示替え期間中)
 ・入館料 :500円(税込)
 ・備 考 :湖東焼についての詳しいご説明が必要な場合は、
       土日祝日に限り美術館担当者による案内可。





nice!(93)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

和菓子で巡る「名古屋 お茶会スタンプラリー2017秋冬」、10月1日(日曜日)スタート [茶室めぐり]

名古屋市内の茶室がある11施設を巡る

和菓子で巡る~
「名古屋 お茶会スタンプラリー2017秋冬」

が2017年10月1日(日曜日)から2018年1月31日(水曜日)まで開催されます。

s_170918お茶会スタンプラリー2017秋①、チラシ兼台紙.JPG
~ 「お茶会スタンプラリー2017秋冬」のチラシ兼スタンプ台紙。

期間中に対象となる茶会に参加してチラシを提示しスタンプを集めると、素敵なプレゼントの抽選に応募できます。

s_170918お茶会スタンプラリー2017秋②、チラシ兼台紙.JPG

「名古屋 お茶会スタンプラリー2017秋冬」のチラシ兼スタンプ台紙は、対象施設で入手できるほか、名古屋駅、オアシス21および金山駅にある名古屋市観光案内所で入手できます。

対象となる11の施設は次の通りです(五十音順)。

 1.桑山美術館(昭和区山中町2-12)
 2.興正寺 (昭和区八事本町78)
 3.昭和美術館 (昭和区汐見町4-1)
 4.白鳥庭園 (熱田区熱田西町2-5)
 5.鶴舞公園 (昭和区鶴舞1-1-168)
 6.東山荘 (瑞穂区初日町2-3)
 7.徳川園 (東区徳川町1001)
 8.富部神社 (南区呼続4-13-38)
 9.古川美術館分館「爲三郎記念館」 (千種区堀割町1-9)
10.文化のみち橦木館(東区橦木町2-18)
11.揚輝荘北園 三賞亭 (千種区法王町2-5-17)

※茶会開催日時は各施設によって違いますので、ご利用前にチラシ、各施設のホームページなどでご確認願います。





さて、「名古屋 お茶会スタンプラリー」が始まったのは2014年秋のことです。春と秋の年2回開催なので、今回の「お茶会スタンプラリー2017秋冬」は7回目の開催となります。

それでは、記念すべき第1回目の「お茶会スタンプラリー」で撮った茶室の写真などをご覧ください。

141009文化のみち撞木館⑤、茶室「撫松庵」 (コピー).JPG
~ 「文化のみち橦木館」にある茶室「撫松庵」、2014年10月9日撮影。

141025揚輝荘④、三賞亭(白雲橋から) (コピー).JPG
~ 「楊輝荘」北園にある茶室「三賞亭」、2014年10月25日撮影。

141106東山荘⑤、野点 (コピー).JPG
~ 2014年11月6日に行われた「東山荘」の野点。

141123昭和美術館⑩、扇面透しの欄間 (コピー).JPG
~ 裏千家十一代家元・玄々斎好みの扇面透かし欄間がある「昭和美術館」の南山寿荘2階の書院、2014年11月23日撮影。

※茶会開催日時は各施設によって違いますので、ご利用前にチラシ、各施設のホームページなどでご確認願います。






nice!(76)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~藍色の会」〔特別講座:職人による和菓子作り講座〕 [笹屋伊織の女将塾]

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~藍色の会」が2017年9月14日(木曜日)、名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルームにおいて開催されました。午前・午後・夜の3部制。

講師は、創業享保元年(1716年)の京菓匠「笹屋伊織」10代目女将の田丸みゆきさん※です。

s_170914女将塾「愛される所作~藍色の会」18.JPG

笹屋伊織の女将塾「愛される所作」は毎月のテーマカラーが決まっています。

「今年度は、毎月の色のテーマを決めました。お召し物や小物に各回のテーマの色を少し意識して楽しんで頂ければと存じます。」
が田丸先生から受講者へのメッセージです。

※田丸先生のプロフィール、定期セミナー情報などについては、「田丸みゆきオフィシャルサイト」をご覧ください。 → こちら

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。 → こちら






さて、9月14日の午後2時頃から始まった笹屋伊織の女将塾「愛される所作~藍色の会」(2017年度第6回)の午後の部を受講しました。

今回の女将塾は特別講座、笹屋さんの職人の指導による栗薯蕷まんじゅう作り体験です。田丸先生より今年大ブレイクしたスタイルで特別講師2名の紹介がありました。

s_170914女将塾「愛される所作~藍色の会」31、ブルゾンみゆきwith S.JPG
~ 「ブルゾンみゆき。with S!」(「S」は、笹屋さんの「S」、職人の「S」)。

特別講師を務める笹屋さんの職人は、愛知県豊田市出身の伊藤さん(写真左)と岐阜県土岐市出身の川合さん(写真右)です。

紹介が終わると、伊藤さんによる薯蕷生地作りのお手本が始まりました。すり下ろしたつくね芋に砂糖、薯蕷粉(上用粉とも)を合わせて力強く捏ね上げていきます。薯蕷生地が仕上がったら、1個分へと切り分けます。

s_170914女将塾「愛される所作~藍色の会」08.JPG

s_170914女将塾「愛される所作~藍色の会」11.JPG

薯蕷生地の切り分けが終わると、伊藤さんは、あらかじめ白あんで包んだ栗(白あんの薄衣を着た栗)を薯蕷生地で包み始めました。早い!

包餡のお手本が終わると、受講者各自が栗を薯蕷生地で包む実習です。

s_170914女将塾「愛される所作~藍色の会」14、包餡.JPG

s_170914女将塾「愛される所作~藍色の会」15、包餡.JPG

セミナー受講生全員の包餡が終わると、最終工程の蒸し上げです。

s_170914女将塾「愛される所作~藍色の会」20、栗薯蕷まんじゅう(お手本).JPG
~ 蒸し上がった伊藤さんのお手本の「栗薯蕷まんじゅう」、白あんの薄衣をまとった栗が純白の薯蕷生地に包まれています。

次回は、2017年10月19日(木曜日)に開かれる女将塾「愛される所作~橙色の会」です。
 ・今月の色  :橙色
 ・今月のお菓子:み月と干菓子
 ・特別講座  :木型のお話
 ・参加費   :1,500円

お申込、問い合わせは、京都イオリカフェ名鉄百貨店(電話:052-585-2924)まで。







老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

  • 作者: 田丸 みゆき
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(98)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

東山荘市民茶会「長月茶会」 [茶室めぐり]

名古屋市瑞穂区にある国の登録有形文化財(建造物)「東山荘(とうざんそう)」は、綿布商の故伊東信一さんにより山崎川の東丘に大正時代に建てられた別邸です(伊東さんの山荘で「東山荘」)。

s_170915東山荘①、正門.JPG
~ 「東山荘」の茅葺の正門と銅板葺の塀。

明治末期から大正期の建築様式が残る「東山荘」の主屋には、茶道、華道、俳句・短歌・朗読会、結婚式前撮り、会合・会議、食事会などに貸室ベースで利用できる茶室(仰西庵・東丘庵)、和室(第1・第2・第3)、洋室(第1・第2)があります。

s_170915東山荘③、主屋.JPG
~ 「東山荘」の主屋。

s_170915東山荘④、第1和室・控室.JPG
~ 第1和室(主室12畳半、次の間10畳)、菊花絵付桐板欄間。

s_170915東山荘⑥、第1和室.JPG
~ 第1和室の床の間。




さて、2017年9月15日(金曜日)午前10時頃に、市民茶会「長月茶会」が開かれる「東山荘」を訪ねました。

s_170915東山荘②、正門.JPG

作法がわからない方でも参加することができる市民茶会「長月茶会」は、茶室「仰西庵(こうさいあん)」において開かれます(要予約)。

s_170915東山荘⑩、茶室「仰西庵」.JPG

s_170915東山荘⑪、茶室「仰西庵」.JPG

一服450円(抹茶・和菓子)。

s_170915東山荘⑫、美濃忠「栗きんとん」.JPG
~ この日の和菓子は、美濃忠「栗きんとん(こし餡入り)」でした。

10月の市民茶会「神無月茶会」は10月13日(金曜日)に開かれます。

・ 月 日:2017年10月13日(金曜日)
・ 時 間:午前10時30分~午後3時(室内見学は午後3時30分まで)
・ 会 場:名古屋市東山荘茶室「仰西庵(こうさいあん)
・ 定 員:40名(3日前までに要予約)
・ 呈茶代:一服450円(お抹茶・和菓子)
・ 備 考:和菓子で巡る名古屋「お茶会スタンプラリー2017秋」対象茶会

参加の申込、問い合わせは;

 名古屋市東山荘(とうざんそう)
  ・住所:名古屋市瑞穂区初日町2丁目3番地 
  ・電話:(052)831-2672





nice!(75)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | -
2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ