So-net無料ブログ作成
検索選択

企画展「幻のナカヤマ 華麗なる洋食器の世界」、8月29日(日曜日)まで開催中〔多治見市美濃焼ミュージアム [美濃桃山陶ミュージアム]

2017年8月5日(土曜日)の午前11時55分頃に、岐阜県多治見市にある「多治見市美濃焼ミュージアム」へ行ってきました。

170805美濃焼ミュージアム① (コピー).JPG

「多治見市美濃焼ミュージアム」は、平成24年(2012年)に開館した美濃焼をいろいろな角度から紹介するミュージアムです。

170805美濃焼ミュージアム③ (コピー).JPG





さて、「多治見市美濃焼ミュージアム」において8月27日(日曜日)まで、

企画展「幻のナカヤマ 華麗なる洋食器の世界」

が開催されています。

企画展「幻のナカヤマ 華麗なる洋食器の世界」においては、「美濃の大倉陶園」と呼ばれるほどの評価を得た故・中山保夫さんが興した中山製陶所(多治見市平井町)の洋食器が紹介されています。

・ 開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
・ 休館日 :月曜日(休日の場合は翌平日)、年末年始
・ 入館料 :大人310円、大学生210円

170805美濃焼ミュージアム④ (コピー).JPG
~ 多治見市美濃焼ミュージアムのギャラリーM1の入口にある企画展の案内板。

170805美濃焼ミュージアム⑩ (コピー).JPG

※ 企画展「幻のナカヤマ 華麗なる洋食器の世界」の展示品の撮影はOK。

170805美濃焼ミュージアム⑦ (コピー).JPG

「多治見市美濃焼ミュージアム」においては、企画展「幻のナカヤマ」のほかに、黄瀬戸、瀬戸黒、志野、織部などの美濃桃山陶の流れがわかる常設展示「美濃焼の1300年の流れ」、人間国宝・加藤孝造コレクションによる「荒川豊蔵展示室」などの展示も行われています。

また、立礼茶室において、9つの「今月の茶碗」の中から好きなお茶碗を選んでお抹茶とお菓子をいただくことができます。

170506多治見市美濃焼ミュージアム⑨、加藤卓男ラスター彩茶碗 (コピー).JPG
~ ラスター彩茶碗(人間国宝・加藤卓男)、2017年5月6日撮影。

☆ 「多治見市美濃焼ミュージアム」(岐阜県多治見市東町1-9-27)
☆ 2017年8月5日(土曜日)午前11時55分頃利用





nice!(105)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理