So-net無料ブログ作成
検索選択

農業生産法人「深緑茶房」の施設見学〔三重県松阪市飯南町のJGAP取得生産者〕 [深緑茶房]

三重県は、お茶の栽培面積・生産量・生産額が、静岡県、鹿児島県に次いで全国3位です。三重県で生産されたお茶は「伊勢茶」と総称されており、四日市市水沢、鈴鹿市、亀山市、松阪市飯南町・飯高町などがお茶の生産地として知られています。

松阪市飯南町においては、櫛田川沿いに茶園が広がっています。

170706深緑茶房見学会01 (コピー).JPG

170706深緑茶房見学会02 (コピー).JPG




さて、2017年7月6日(木曜日)の午前11時過ぎに、松阪市飯南町を訪ね、茶栽培から製茶(一次加工・仕上げ加工)、販売、カフェ直営までを一貫協業経営で手掛けている農事生産法人・有限会社深緑茶房の施設(茶園・製茶工場・日本茶カフェ)を同社松本社長の案内で見学しました。

最初に、二番茶の摘採が行われている茶園を見学しました。

170706深緑茶房見学会07 (コピー).JPG
~ 乗用型摘採機による二番茶の摘採。

170706深緑茶房見学会06、乗用摘採機 (コピー).JPG

続いて、松阪市飯南町向粥見にある茶工場を訪ねました。

170706深緑茶房見学会10、茶工場 (コピー).JPG

摘採したばかりの生葉(なまは)の受入れから見学しました。

170706深緑茶房見学会13、生葉受け入れコンテナー (コピー).JPG

続いて、蒸熱(蒸し)工程です。

170706深緑茶房見学会15、送帯蒸機 (コピー).JPG

170706深緑茶房見学会18、蒸熱後の茶葉 (コピー).JPG
~ 蒸熱後の茶葉。

粗揉(葉振るい)工程を経て、揉捻(回転揉み)工程。

170706深緑茶房見学会23、揉捻機 (コピー).JPG
~ 揉捻(回転揉み)。

中揉工程を経て精揉(転繰揉み)工程。

170706深緑茶房見学会27、精揉機 (コピー).JPG

170706深緑茶房見学会32、精揉後の茶葉 (コピー).JPG
~ 精揉後の茶葉。

精揉後の茶葉の水分含有率を熱風乾燥でさらに下げれば、荒茶(一次加工茶)が出来上がります。

深緑茶房の茶工場を見学した後、日本茶カフェが併設されている本店へ向かいました。






nice!(74)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理