So-net無料ブログ作成

彦根城博物館のお茶席で抹茶と和菓子 [彦根めぐり]

国宝彦根城が建つ彦根山(金亀山)の麓にある彦根城博物館には、江戸時代の能舞台を眺めることができるお茶席があります。

170702彦根めぐり57、彦根城博物館(お茶席) (コピー).JPG





さて、7月2日(日曜日)の午前11時55分頃に、彦根城博物館へ行ってきました。

170702彦根めぐり54、彦根城博物館 (コピー).JPG

7月25日(日曜日)まで展示室1において開催されている企画展「能面再興の立役者 近代の名工・中村直彦」を観覧した後、お茶席へ向かいました。

170702彦根めぐり55、彦根城博物館(お茶席) (コピー).JPG
~ 椅子に腰かけてお抹茶をいただくことができる立礼席(りゅうれいせき)

能舞台を眺めながらお抹茶と和菓子をいただきました。一服500円。

この日の和菓子は、菓心おおすが「朝顔」(ねりきり製)でした。

170702彦根めぐり58、彦根城博物館(おおすが「朝顔」・ねりきり) (コピー).JPG

☆ 彦根城博物館(滋賀県彦根市金亀町1-1)
☆ 2017年7月2日(日曜日)午前11時55分頃入館





nice!(83)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理