So-net無料ブログ作成

旧彦根藩主井伊家菩提寺「龍潭寺」へ行ってきました〔茶室「飄々庵」〕 [茶室めぐり]

旧彦根藩主井伊家菩提寺の「龍潭寺(りょうたんじ)」は、井伊直政が慶長5年(1600年)に佐和山城主になったのを機に、遠州国井伊谷の龍潭寺より分寺した臨済宗妙心寺派の名刹です(参照:滋賀県観光情報サイト)。

170702彦根めぐり13、龍潭寺 (コピー).JPG

「龍潭寺」は、庭の寺、だるま寺、花の寺などと呼ばれているそうです。

170702彦根めぐり14、龍潭寺 (コピー).JPG

170702彦根めぐり25、龍潭寺(沙羅の花) (コピー).JPG
~ 書院東庭に咲く沙羅の花。




さて、2017年7月2日(日曜日)の午前9時35分頃に、佐和山山麓の「龍潭寺」へ行ってきました。

170702彦根めぐり16、龍潭寺 (コピー).JPG
~ 「龍潭寺」の参道。

美しい庭園で広く知られている「龍潭寺」の書院北側に井伊直弼(なおすけ)が茶の湯を楽しんだといわれる茶室「飄々庵(ひょうひょうあん)」があります。

170702彦根めぐり21、龍潭寺(書院) (コピー).JPG
~ 書院。

170702彦根めぐり18、龍潭寺(茶室「飄々庵」) (コピー).JPG
~ 正面が茶室「飄々庵」。

170702彦根めぐり19、龍潭寺(茶室「飄々庵」) (コピー).JPG
~ 「〆切」となっていました。

170702彦根めぐり20、龍潭寺(茶室「飄々庵」) (コピー).JPG
~ 四畳半茶室(向切) 文化年間西村氏寄進。

☆ 「龍潭寺(りょうたんじ)」(滋賀県彦根市古沢町1104)
☆ 2017年7月2日(日曜日)午後9時40分頃利用





nice!(79)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理