So-net無料ブログ作成
検索選択

彦根城博物館でテーマ展「日本刀鑑賞のススメ-井伊家伝来名刀尽-」開催中 [彦根めぐり]

国宝・彦根城が建つ彦根山の麓にある彦根城博物館において2017年9月5日(火曜日)までの期間、

テーマ展「日本刀鑑賞のススメ-井伊家伝来名刀尽-」

が開かれています。

170729彦根城博物館07、テーマ展「日本刀鑑賞のススメ-井伊家伝来名刀尽-」 (コピー).JPG
~ 展示室1で開催中のテーマ展「日本刀鑑賞のススメ-井伊家伝来名刀尽」。

 ・会 期 :2017年7月28日(金曜日)~9月5日(火曜日)
 ・休館日 :会期中無休
 ・開館時間:午前8時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ・観覧料 :一般500円(彦根城とのセットチケットもあります)
 ・アクセス:JR東海道本線・近江鉄道「彦根駅」より徒歩15分ほど

彦根城博物館は1987年(昭和52年)2月に開館したミュージアムで、その建物は彦根藩の政所であった表御殿を復元したものです。

170729彦根城博物館01、玄関 (コピー).JPG
~ 彦根城博物館の玄関。




さて、2017年7月29日(土曜日)の午前10時35分頃に、彦根城博物館へ行ってきました。

170729彦根城博物館05、玄関 (コピー).JPG

午前11時から始まった根城博物館のテーマ展「日本刀鑑賞のススメ-井伊家伝来名刀尽-」に関連したギャラリートーク(学芸員による解説)に参加しました。

170729彦根城博物館08、テーマ展ギャラリートーク (コピー).JPG

彦根城博物館が所蔵する13口の刀剣を観覧しながら、刀剣の観覧のポイント(姿、刃文、地金)などのレクチャーを受けました。太刀と刀の違い、このギャラリートークで初めて知りました。

170729彦根城博物館12、太刀の展示 (コピー).JPG
~ 太刀の展覧、(右から)重要文化財「太刀 銘 国宗(備前二代)、重要文化財「太刀 銘 国宗(伯耆)」。

170729彦根城博物館14、刀装の美 (コピー).JPG
~ 刀装具。

☆ 彦根城博物館(滋賀県彦根市金亀町1-1)
☆ 2017年7月29日(土曜日)午前10時35分~11時50分





nice!(84)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

名勝「玄宮楽々園」へ行ってきました 〔「玄宮園」と「楽々園」〕 [彦根めぐり]

江戸時代に「槻御殿(けやきごてん)」と呼ばれていた旧彦根藩の下屋敷は現在、庭園部分が「玄宮園」、建物部分が「楽々園」と呼ばれています。

「玄宮園」は、魚躍沼(ぎょやくしょう)と呼ばれる大きな池を中心とした大池泉回遊式庭園です。観覧料は「玄宮園」単独で一般200円、年中無休。

170729玄宮楽々園15、玄宮園(漁躍沼) (コピー).JPG
~ 魚躍沼畔から見る対岸の臨地閣(りんちかく)、茶席「鳳翔台(ほうしょうだい)」、彦根城天守。

「楽々園」にある建物へ入ることはできませんが、外から観覧することができます(観覧無料)。

170729玄宮楽々園13、御書院 (コピー).JPG
~ 「楽々園」にある御書院(左)と地震の間。

※ここまで、彦根市教育委員会文化財課が作成した指定文化財解説シートを参照しました。




さて、2017年7月29日(土曜日)の午前9時40分頃、名勝「玄宮楽々園」へ行ってきました。

170729玄宮楽々園01、東口 (コピー).JPG
~ 「玄宮園」東口。

「玄宮園」東口を通り過ごし、西口を目指しました。

170729玄宮楽々園02 (コピー).JPG

「楽々園」にある御書院と耐震構造の地震の間(御茶座敷)を外から観覧しました。

170729玄宮楽々園07、御書院 (コピー).JPG
~ 御書院。

170729玄宮楽々園08、御書院 (コピー).JPG
~ 御書院の御入側、上之御間。

170729玄宮楽々園10、地震の間 (コピー).JPG
~ 地震の間などは保存整備工事が行われています。

170729玄宮楽々園11、地震の間 (コピー).JPG
~ (左から)地震の間、雷の間、楽々の間(煎茶茶室)。

「楽々園」を後に、「玄宮園」へと歩きました。

170729玄宮楽々園16、玄宮園(魚躍沼) (コピー).JPG
~ 臨地閣、茶席「鳳翔台」、彦根城天守。

魚躍沼畔を歩き、龍臥橋、高橋を渡って、築山に建つ茶席「鳳翔台」でお抹茶と和菓子でいっぷくしました。

170729玄宮楽々園18、茶席「鳳翔台」 (コピー).JPG
~ 茶席「鳳翔台」、一服500円(抹茶・和菓子)。

170729玄宮楽々園20、茶席「鳳翔台」 (コピー).JPG

170729玄宮楽々園22 (コピー).JPG
~ 和菓子は、いと重菓舗「埋れ木」。

☆ 名勝「玄宮楽々園」(滋賀県彦根市金亀町3-40)
☆ 2017年7月29日(土曜日)午前9時40分~10時20分




nice!(94)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「氷砂糖資料館」へ行ってきました 〔中日本氷糖南濃工場併設〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

「氷砂糖資料館」は、馬印の氷砂糖で知られる中日本氷糖株式会社(本社:名古屋市中川区)の南濃工場(岐阜県海津市南濃町)に併設されています。

170728氷砂糖資料館06 (コピー).JPG

事前に予約をすれば、中日本氷糖南濃工場と氷砂糖資料館の見学ができます。工場見学の内容、申込方法など、「氷砂糖資料館」の開館時間、閉館日などにつきましては、中日本氷糖のホームページでご確認ください。




さて、2017年7月28日(金曜日)の午前10時35分頃に、事前にインターネット予約をして、中日本氷糖南濃工場を訪れました(電話またはFAXでの予約もできます)。

170728氷砂糖資料館05 (コピー).JPG
~ 大垣駅から養老鉄道の「桑名行き」に乗車、美濃津屋駅で降車。美濃津屋駅から(わたしの速歩で)15分ほど歩くと、中日本氷糖南濃工場に着きました。

事務所で受付をすませ、午前11時から始まる工場見学まで待ちました。

20分ほどの工場見学の内容は、クリスタル氷糖製造ライン、袋入り原料の解袋ライン、氷砂糖の包装ラインなどの見学でした(工場内のライン、機械などの撮影不可)。

170728氷砂糖資料館38 (コピー).JPG
~ (左から)十六面体の結晶のクリスタル、シード(種になる小さな氷砂糖)、ひと粒ひと粒の形が違う自然結晶タイプのロック。

工場見学に続いて、「氷砂糖資料館」の見学です。

170728氷砂糖資料館07 (コピー).JPG

工場から「氷砂糖資料館」までの通路には、氷砂糖製造の機械などが展示されています。

170728氷砂糖資料館08 (コピー).JPG

170728氷砂糖資料館10 (コピー).JPG
~ 唐時代の氷砂糖製造模型。

170728氷砂糖資料館17 (コピー).JPG
~ 三角屋根の「氷砂糖資料館」。

170728氷砂糖資料館19、エントランス (コピー).JPG
~ 「氷砂糖資料館」の入館料は、大人300円、学生(小・中・高)100円。事務所での受付時に支払ます。

170728氷砂糖資料館30 (コピー).JPG
~ 結晶室「ムロ」の変遷。

170728氷砂糖資料館22、12種類の砂糖の仲間たち (コピー).JPG
~ 「12種類の砂糖の仲間たち」。

40分ほどの「氷砂糖資料館」の見学が終わると、おみやげをいただきました。

170728氷砂糖資料館36 (コピー).JPG
~ 馬印の氷砂糖と関連会社のメイホウ食品のどら焼き。

☆ 中日本氷糖南濃工場と「氷砂糖資料館」
 (岐阜県海津市南濃町津屋2812-100)
☆ 2017年7月28日(金曜日)午前10時35分~午後0時5分頃





nice!(74)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「名鉄百貨店グルメきっぷ」を利用して文化洋食店でカニクリームコロッケセット [その他のレストラン]

「名鉄百貨店グルメきっぷ」は、「名鉄電車全線1DAYフリーきっぷ」に名鉄百貨店本店グルメステーションの「食事券」がついたきっぷです。

170727名百グルメきっぷチラシ① (コピー).JPG
~ 「名鉄百貨店グルメきっぷ」のチラシ。

1DAYフリーきっぷ+食事券=大人1人3,300円、こども1,900円、予約不要、当日購入OK。

食事は、グルメステーションにあるカフェ・レストラン11店舗の「名鉄百貨店グルメきっぷ」利用者用メニューの中から一つのメニューを選べます。




さて、2017年7月27日(木曜日)に「名鉄百貨店グルメきっぷ」を利用しました。

豊橋から名鉄岐阜への帰路、名鉄名古屋駅の真上に建つ名鉄百貨店本店本館9階のグルメステーションで夕食。

選んだのは、文化洋食店のカニクリームコロッケセットです。

170727名百グルメきっぷチラシ② (コピー).JPG

カニクリームコロッケセットの内容は、サラダ、スープ、カニクリームコロッケ、ごはんまたはライスです。

170727文化洋食店①、スープとサラダ (コピー).JPG
~ カップスープ。

170727文化洋食店③、サラダ (コピー).JPG
~ グラスに入ったコールスローサラダ。

170727文化洋食店④、カニクリームコロッケ (コピー).JPG
~ カニコロ。

170727文化洋食店⑤、カニクリームコロッケ (コピー).JPG

☆ 「文化洋食店」
 (名古屋市中村区名駅1-2-1名鉄百貨店本店本館9階)
☆ 2017年7月27日(木曜日)午後7時10分頃利用





nice!(71)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日本初の古書ミュージアム「西尾市岩瀬文庫」で企画展「音」開催中〔愛知県西尾市〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

「西尾の抹茶」で知られる愛知県西尾市にある
古書ミュージアム「西尾市岩瀬文庫」において2017年9月3日(日曜日)まで、

西尾市岩瀬文庫企画展「音」

が開かれています。

170726西尾市岩瀬文庫06、企画展「音」 (コピー).JPG
~ 企画展「音」が開かれている「西尾市岩瀬文庫」2階の企画展示室。





さて、2017年7月26日(水曜日)の午前10時30分頃に、古書ミュージアム「西尾市岩瀬文庫」へ行ってきました。

170726西尾市岩瀬文庫01 (コピー).JPG

企画展「音」を観覧する前に、1階の休憩室で西尾のお抹茶をいただきました。一服200円。

170726西尾市岩瀬文庫04、お抹茶 (コピー).JPG

2階の企画展示室で開催されている企画展「音」の会期などは次の通りです。

・ 開催期間:2017年9月3日(日曜日)まで
・ 開館時間: 午前9時~午後5時(文庫資料の閲覧は午後4時まで)
・ 休館日 : 毎週月曜日
・ 入館料 : 無料

170726西尾市岩瀬文庫08、企画展「音」 (コピー).JPG
~ 企画展示室内撮影可です。

企画展「音」においては、次の5つのテーマに分類されて古書が展示されています。

 1.珍しい音
 2.奏でる音
 3.音のい・ろ・は
 4.記される音
 5.楽しむ音

170726西尾市岩瀬文庫11、企画展「音」(Ⅱ.奏でる音) (コピー).JPG
~ 2.奏でる音。

170726西尾市岩瀬文庫19、企画展「音」 (コピー).JPG
~ 「千代田之大奥」。

170726西尾市岩瀬文庫17、企画展「音」(Ⅴ.楽しむ音) (コピー).JPG
~ 5.楽しむ音。

170726西尾市岩瀬文庫18、企画展「音」(Ⅴ.楽しむ音) (コピー).JPG
~ 「江戸名所図会」。

☆ 古書ミュージアム「西尾市岩瀬文庫」(愛知県西尾市亀沢町480番地)
☆ 2017年7月26日(水曜日)午前10時35分頃利用





nice!(86)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理