So-net無料ブログ作成

「水無月」を食べましたか?〔夏越祓の行事菓子〕 [和菓子の京都]

「水無月」は、三角形をした外郎生地に小豆を重ねた京都のお菓子です。

170615女将塾「愛される所作」25、水無月 (コピー).JPG
~ 京菓匠「笹屋伊織」の「水無月」、2017年6月15日撮影。

三角形をした白い外郎は暑気払いの氷を表していて、赤い小豆は邪気払いの意味があるそうですが、虎屋文庫の中山圭子さんが書いた「事典 和菓子の世界」(岩波書店、2006年2月24日発行)を参照すると、「水無月」が現在のような形になるのは昭和に入ってからだそうです(同書136ページ)。

虎屋文庫の機関誌「和菓子(第9号)」(2002年3月20日発行)に載っている和菓子研究「水無月考」(浅田ひろみ・著)を参照すると、浅田ひろみさんは、かつてはいろいろな形の「水無月」があったのが、三角形の「水無月」だけになった理由を「京都の和菓子屋が6月30日の行事菓子に6月1日の行事を結び付けたから」と推察しています。

浅田ひろみさんがこの推察の参考にしたのは、菓匠会同人の「三條若狭屋」二代目当主・藤本如泉さん(明治28年生まれ)が書いた「日本の菓子」(1968年7月10日河原書店発行)の次の文です。

お菓子の「水無月」は、生菓子の「氷室」より考案されたもので、加茂の水無月祓の神事にこじつけて、京都では、毎年6月30日に暑気払いのおまじないとして市民が頂くように、菓子屋の知恵で創られました。(「日本の菓子」206ページより引用。)





さて、京都のお菓子「水無月」を製造販売する和菓子屋が名古屋圏でも年々増えています。

170609山田餅本店③、水無月 (コピー).JPG
~ 山田餅本店「水無月」、2017年6月9日購入。

170623小ざくらや一清④、水無月 (コピー).JPG
~ 小ざくらや一清「水無月」、2017年6月23日購入。

彦根市でも「水無月」を販売していました。

170619小林製菓舗⑤、水無月 (コピー).JPG
~ 彦根ういろで知られる小林菓舗「水無月」、2017年6月19日購入。

170619小林製菓舗②、彦根ういろ (コピー).JPG





150627今宮神社④、茅の輪 (コピー).JPG
~ 今宮神社の夏越祓、2015年6月27日撮影。

150627今宮神社⑥、茅の輪(説明) (コピー).JPG
nice!(107)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

楽々園「御書院」内部特別公開、7月2日(日曜日)まで [彦根めぐり]

江戸時代に「槻御殿(けやきごてん)」と呼ばれた彦根藩の下屋敷は現在、庭園部分が「玄宮園」、建物部分が「楽々園」と呼ばれています。

「玄宮園」は現在、回遊式庭園として一般開放されています。

170626玄宮楽々園①、東口 (コピー).JPG
~ 「玄宮園」東口。

170626玄宮園茶席「鳳翔台」② (コピー).JPG
~ 魚躍沼(ぎょやくしょう)の対岸に、臨地閣(りんちかく)と鳳翔台(ほうしょうだい)、その先に彦根城天守。

一方、「玄宮園」とともに彦根藩4代藩主・井伊直興により延宝5年(1677年)から2年を要して造営された「楽々園」は、11代藩主・井伊直中の隠居時に大規模な増改築が行われ、現在残っている建物の約10倍の規模だったそうです。

170626玄宮楽々園③、楽々園 (コピー).JPG
~ 大きな建物が全解体修理が完了した御書院、その右側が保存整備中の地震の間。

※ここまで、彦根市教育委員会作成の指定文化財解説シートなどを参照しました。




さて、2017年6月26日(月曜日)の午前10時30分頃に、「楽々園」へ行ってきました。

170626玄宮楽々園②、西口 (コピー).JPG
~ 「玄宮園」西口、「楽々園」入口。

「楽々園」において6月24日(土曜日)から7月2日(日曜日)まで、「御書院」内部が特別公開されています(無料)。

170626玄宮楽々園⑤、楽々園御書院(上之御間) (コピー).JPG
~ 「御書院」の上之御間(12畳)。

「御書院」から保存整備が進められている地震の間(御茶座敷)、楽々の間(煎茶の茶室)などが見えました。

170626玄宮楽々園⑦、楽々園(地震の間・雷の間・楽々の間) (コピー).JPG

170626玄宮楽々園⑧、楽々園(地震の間・雷の間・楽々の間) (コピー).JPG
~ (左から)耐震構造になっている地震の間(御茶座敷)、雷の間、楽々の間(煎茶の茶室)。

「楽々園」にある「御書院」内部を時間をかけて観覧した後、隣の「玄宮園」の魚躍沼を臨む高台にある茶席「鳳翔台」でお抹茶とお菓子をいただきました。

170626玄宮園茶席「鳳翔台」⑥ (コピー).JPG

170626玄宮園茶席「鳳翔台」⑧ (コピー).JPG
~ 再興湖東焼の茶碗。お菓子は、いと重菓舗「埋れ木」。

☆ 「楽々園」(滋賀県彦根市金亀町3-40)
☆ 2017年6月26日 (月曜日)午前10時30分頃利用





nice!(97)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

あじさい@甘楽花子[きんとん2種] [甘楽花子]

甘楽花子(かんらくはなご)は、京都・烏丸丸太町交差点の南東角近くにある京菓子のお店です。

170601甘楽花子① (コピー).JPG
~ 地下鉄烏丸線の「丸太町」駅の3番出入口を出て直ぐです。

店内には8席ほどの喫茶スペースがあり、ショーケースに並んでいる生菓子から好みの生菓子を選び、抹茶または煎茶といっしょにいただくことができます(予約不要)。




さて、2017年6月1日(木曜日)の午前11頃、花子さんでお抹茶ときんとん2種(銘はいずれも、あじさい)をいただきました。

170601甘楽花子② (コピー).JPG

170601甘楽花子③、あじさい (コピー).JPG
~ さいの目に切った錦玉のきんとん(あじさい)。

170601甘楽花子⑤、あじさい (コピー).JPG
~ そぼろのきんとん(あじさい)。

花子さんのご主人・内藤豪剛さんは、あん炊き、生地作り、包餡などのすべての工程をお一人でこなされています。

☆ 甘楽花子(かんらくはなご)
 (京都市中京区烏丸丸太町下る大倉町206オクムラビル1階)
☆ 2017年6月1日(木曜日)午前11時頃利用




nice!(72)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「喫茶エーデルワイス」へ行ってきました〔岐阜市徹明通1丁目〕 [喫茶店・カフェ・甘味処・酒蔵]

日本の統計の中核機関である総務省統計局は毎年3月、「家計調査(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市※ランキング(過去3年間の平均)」を公表しています。

※2010年4月1日現在で政令指定都市であった都道府県庁所在市以外の都市(川崎市,相模原市,浜松市,堺市及び北九州市)。

今年3月16日に公表されたランキングを参照すると、年間喫茶代支出(2014年~2016年平均)において岐阜市が名古屋市を抜きトップに返り咲きました。

           平均    2016年単年
 1. 岐阜市  15,018円 (15,296円)
 2. 名古屋市 12,945円 (10,323円)
 3. 東京都区部 9,307円 (10,305円)
 4. 神戸市   8,992円 (10,296円)
 5. 大阪市   8,599円 ( 9,370円)
 6. 横浜市   8,588円 (10,490円)
 7. 京都市   7,776円 ( 8,858円)
    全 国   6,045円 

♪ 総務省統計局が発表した「家計調査(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市※ランキング(過去3年間の平均)」は、  →こちら





さて、2017年6月24日(土曜日)の午前10時30分頃に、金神社(こがねじんじゃ)の近くにある「喫茶エーデルワイス」へ行ってきました。

170624喫茶エーデルワイス① (コピー).JPG
~ 「喫茶エーデルワイス」は、昭和30年代の半ばに開店した喫茶店。

アイスコーヒーをオーダー。

170624喫茶エーデルワイス④ (コピー).JPG
~ バナナがトッピングされたヨーグルトとトーストが無料で付いてきました、モーニングサービスです。

170624喫茶エーデルワイス③ (コピー).JPG

☆ 「喫茶エーデルワイス」
  (岐阜市徹明通1丁目11番地)
☆ 2017年6月24日(土曜日)午前10時30分頃利用




nice!(79)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

沙羅双樹のミュージアム「三甲美術館」へ行ってきました 〔岐阜市長良福士山〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

岐阜市長良福士山にある「三甲美術館」は、沙羅双樹のミュージアムとして知られています。

170622三甲美術館③、沙羅双樹の花 (コピー).JPG
~ 「三甲美術館」の第一駐車場に咲く沙羅双樹の花。

「三甲美術館」は、プラパレ(プラスチックパレット)、オリコン(折りたたみコンテナ)などのプラスチック物流機器メーカーの三甲株式会社(本社:岐阜県瑞穂市)の創業者の故・丹羽治助さんが1973年に建設した迎賓館・福利厚生施設が前身です。

170622三甲美術館①、表門 (コピー).JPG




さて、2017年6月22日(木曜日)の午前10時5分頃に、「三甲美術館」へ行ってきました。

170622三甲美術館②、表門.JPG

「三甲美術館」において2017年9月4日(月曜日)まで、所蔵品企画展「静物画展」が開かれており、岸田劉生「静物」、小絲源太郎「静物」などが展示されています。入館料一般1,200円(喫茶室での呈茶込み)、火曜休館。

「三甲美術館」の所蔵品は、日本画、茶道具、彫塑など幅広い分野にわたっています。看板作品は、「坐せる浴女」、「裸婦」などのルノワール3点(喫茶室を除く館内は撮影禁止です)。

企画展「静物画展」、常設展などを観覧した後、沙羅双樹の花が咲く中庭を眺めながら喫茶室で抹茶と羊羹をいただきました。

170622三甲美術館⑥、喫茶室 (コピー).JPG

170622三甲美術館⑨、中庭 (コピー).JPG

170622三甲美術館⑦、お抹茶と羊羹 (コピー).JPG

沙羅双樹の花は例年、6月中旬~下旬が見頃だそうです。

170622三甲美術館⑤、沙羅双樹の花 (コピー).JPG
~ 第一駐車場の沙羅双樹の花。

☆ 沙羅双樹のミュージアム「三甲美術館」(公益財団法人三甲美術館)
 (岐阜市長良福土山3535番地)
☆ 2017年6月22日(木曜日)午前10時5分頃利用





nice!(96)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理