So-net無料ブログ作成

テーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」、彦根城博物館において6月20日(火曜日)まで開催中 [彦根めぐり]

彦根城博物館において6月20日(火曜日)まで、

テーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」

が開催されています。

 ・会期  :2017年6月20日(火曜日)まで
 ・休館日 :会期中無休
 ・開館時間:午前8時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ・観覧料 :一般500円、小中学生250円(彦根城とのセット券あり)




さて、2017年5月20日(土曜日)の午前10時30分頃に、彦根城博物館へ行ってきました。

170520彦根城博物館①、入口 (コピー).JPG

展示室1で開かれているテーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」において、現存する煎茶の解説書としては最も古いという大枝流芳作「青湾茶話」(1756年)、井伊直弼作「楽焼急須」(江戸時代後期)など48点が展示されています。

170520彦根城博物館②、テーマ展「煎茶」 (コピー).JPG

テーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」の展示作品48点は、次の4つのセクションに分類されています。

 ・ 煎茶の伝来と広まり
 ・ 煎茶の道具
 ・ 湖東焼の煎茶道具
 ・ 煎茶の飾り

170520彦根城博物館④、テーマ展「煎茶」 (コピー).JPG

午前11時から始まった学芸員によるギャラリートークに参加しました。

☆ 「彦根城博物館」
 (滋賀県彦根市金亀町1番1号)
☆ 2017年5月20日(土曜日)午前10時30分~11時30分利用





nice!(110)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:グルメ・料理