So-net無料ブログ作成

「石橋(しゃっきょう)」@甘楽花子〔京都・烏丸丸太町〕 [甘楽花子]

甘楽花子(かんらくはなご)は、京都・烏丸丸太町交差点の南東角近くにある京菓子のお店です。

170303甘楽花子② (コピー).JPG
~ 地下鉄烏丸線の「丸太町」駅の3番出入口を出て直ぐです。

店内には8席ほどの喫茶スペースがあり、ショーケースに並んでいる生菓子から好みの生菓子を選び、抹茶または煎茶といっしょにいただくことができます(予約不要)。




さて、2017年5月16日(火曜日)の午前11時45分頃、花子さんで「石橋(しゃっきょう)」とお抹茶をいただきました。

170516和菓子の京都めぐり13、甘楽花子(石橋) (コピー).JPG

ご主人の内藤さんが、あん炊き、生地作り、包餡などのすべての工程をお一人でこなされています。

170516和菓子の京都めぐり15、甘楽花子(石橋) (コピー).JPG
~ 薄く伸ばした外郎で包んであるので、中の餡の色が透けて見えます。

☆ 甘楽花子(かんらくはなご)
 (京都市中京区烏丸丸太町下る大倉町206オクムラビル1階)
☆ 2017年5月16日(火曜日)午前11時45分頃利用




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

5月の「琥珀流し」@甘味処「栖園」〔大極殿本舗六角店〕 [京都の喫茶店・カフェ・甘味処・洋菓子店]

2017年5月16日(火曜日)の午後1時55分頃に、甘味処 「栖園 (せいえん) 」へ行ってきました。

170516和菓子の京都めぐり25、大極殿本舗(栖園) (コピー).JPG

「栖園」は、京菓子「大極殿本舗 六角店」に併設されている甘味処です。





さて、甘味処「栖園」の人気メニューは、色と香りが毎月変わる「琥珀 (こはく) 流し」です。

5月の「琥珀流し」は、小豆と抹茶蜜でした。

170516和菓子の京都めぐり29、栖園(琥珀流し) (コピー).JPG
~ ゆる~い寒天 (腰抜け寒天)が特徴です。

170516和菓子の京都めぐり26、栖園(琥珀流し) (コピー).JPG

久しぶりに利用した甘味処「栖園」、記録を見ると、最後に利用したのは、2012年8月26日のことでした。

★ 甘味処 「栖園 (せいえん)
  (京都市中京区六角町高倉東入堀之上町120「大極殿本舗六角店」内)
☆ 2017年5月16日 (火曜日)午後1時55分頃利用

blockquote>




nice!(82)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理