So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ
前の5件 | -

テーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」、彦根城博物館において6月20日(火曜日)まで開催中 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

彦根城博物館において6月20日(火曜日)まで、

テーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」

が開催されています。

 ・会期  :2017年6月20日(火曜日)まで
 ・休館日 :会期中無休
 ・開館時間:午前8時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ・観覧料 :一般500円、小中学生250円(彦根城とのセット券あり)




さて、5月20日(土曜日)の午前10時30分頃に、彦根城博物館へ行ってきました。

170520彦根城博物館①、入口 (コピー).JPG

展示室1で開かれているテーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」において、現存する煎茶の解説書としては最も古いという大枝流芳作「青湾茶話」(1756年)、井伊直弼作「楽焼急須」(江戸時代後期)など48点が展示されています。

170520彦根城博物館②、テーマ展「煎茶」 (コピー).JPG

テーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」の展示作品48点は、次の4つのセクションに分類されています。

 ・ 煎茶の伝来と広まり
 ・ 煎茶の道具
 ・ 湖東焼の煎茶道具
 ・ 煎茶の飾り

170520彦根城博物館④、テーマ展「煎茶」 (コピー).JPG

午前11時から始まった学芸員によるギャラリートークに参加しました。

☆ 「彦根城博物館」
 (滋賀県彦根市金亀町1番1号)
☆ 2017年5月20日(土曜日)午前10時30分~11時30分利用





「吟月」@体験茶房「喫茶さくらえん」〔道の駅「茶の里東白川」〕 [喫茶店・カフェ・甘味処・酒蔵]

2017年5月17日(水曜日)の午後1時50分頃に、道の駅「茶の里東白川」へ行ってきました。

170517道の駅茶の里東白川② (コピー).JPG
~ 岐阜県加茂郡東白川村越原の国道256号線沿いにある道の駅「茶の里東白川」。





さて、道の駅「茶の里東白川」内にある体験茶房「喫茶さくらえん」で今年4月よりメニューに入った3つの温度帯で愉しむ特上煎茶「吟月」セットをオーダー、税込500円。

170517道の駅茶の里東白川⑦、特上煎茶「吟月」1煎目 (コピー).JPG
~ 「吟月」セット、(上の写真、時計回りに)60秒砂時計、氷が入ったグラス、大きい湯呑み、水が入った水差し、1煎目を入れた急須、小さい湯呑み、白川町黒川の大黒屋製「草餅」。

1煎目は、茶葉「吟月」4g x 60℃ x 1分で淹れたお茶が急須で提供されました。小さい湯呑みに入れて愉しみました(上の写真)。

2煎目は、「水出し」です。急須に水を注ぎ、60秒経ってから氷の入ったグラスに入れてオンザロックで愉しみました(下の写真2枚)。

170517道の駅茶の里東白川⑨、特上煎茶「吟月」2煎目 (コピー).JPG

170517道の駅茶の里東白川⑧、特上煎茶「吟月」2煎目 (コピー).JPG

3煎目は、ポットのお湯を大きい湯呑みに入れ、さらに湯呑みから急須に移し、蒸らし時間なしで大きい湯呑みで愉しました。

170517道の駅茶の里東白川⑩、特上煎茶「吟月」3煎目 (コピー).JPG
~ 草餅は3煎目と一緒にいただきました。

なお、道の駅「茶の里東白川」において今週末の5月20日(土曜日)と21日(日曜日)に新茶まつりが開かれます。

170517道の駅茶の里東白川⑫、新茶まつり (コピー).JPG

☆ 体験茶房「喫茶さくらえん」
 (岐阜県加茂郡東白川村越原1061 道の駅「茶の里東白川」内)
☆ 2017年5月17日(水曜日)午後1時50分頃利用






5月の「琥珀流し」@甘味処「栖園」〔大極殿本舗六角店〕 [京都の喫茶店・カフェ・甘味処・洋菓子店]

2017年5月16日(火曜日)の午後1時55分頃に、甘味処 「栖園 (せいえん) 」へ行ってきました。

170516和菓子の京都めぐり25、大極殿本舗(栖園) (コピー).JPG

「栖園」は、京菓子「大極殿本舗 六角店」に併設されている甘味処です。





さて、甘味処「栖園」の人気メニューは、色と香りが毎月変わる「琥珀 (こはく) 流し」です。

5月の「琥珀流し」は、小豆と抹茶蜜でした。

170516和菓子の京都めぐり29、栖園(琥珀流し) (コピー).JPG
~ ゆる~い寒天 (腰抜け寒天)が特徴です。

170516和菓子の京都めぐり26、栖園(琥珀流し) (コピー).JPG

久しぶりに利用した甘味処「栖園」、記録を見ると、最後に利用したのは、2012年8月26日のことでした。

★ 甘味処 「栖園 (せいえん)
  (京都市中京区六角町高倉東入堀之上町120「大極殿本舗六角店」内)
☆ 2017年5月16日 (火曜日)午後1時55分頃利用

blockquote>




「敷島珈琲店岐阜駅店」へ行ってきました [喫茶店・カフェ・甘味処・酒蔵]

日本の統計の中核機関である総務省統計局は毎年3月、「家計調査(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市※ランキング(過去3年間の平均)」を公表しています。

※2010年4月1日現在で政令指定都市であった都道府県庁所在市以外の都市(川崎市,相模原市,浜松市,堺市及び北九州市)。

今年3月16日に公表されたランキングを参照すると、年間喫茶代支出(2014年~2016年平均)において岐阜市が名古屋市を抜きトップに返り咲きました。

           平均   (2016年単年)
 1. 岐阜市  15,018円 (15,296円)
 2. 名古屋市 12,945円 (10,323円)
 3. 東京都区部 9,307円 (10,305円)
 4. 神戸市   8,992円 (10,296円)
 5. 大阪市   8,599円 ( 9,370円)
 6. 横浜市   8,588円 (10,490円)
 7. 京都市   7,776円 ( 8,858円)
    全 国   6,045円 (-)


さて、2017年5月15日(木曜日)午前10時10分頃に、JR岐阜駅に隣接する商業ビル「アクティブG」にある「敷島珈琲店岐阜駅店」へ行ってきました。

170515敷島珈琲店岐阜駅店① (コピー).JPG

2016年7月1日にオープンした「敷島珈琲店岐阜駅店」でオーダーしたのは、ブレンド珈琲です。

170515敷島珈琲店岐阜駅店③、ブレンド珈琲 (コピー).JPG
~ サイフォン式で抽出したブレンド珈琲、税込440円。

午前10時30分までのモーニングサービス時間帯に入店し、ドリンクをオーダーしたので、無料のモーニングプレートがつきました。

170515敷島珈琲店岐阜駅店④、モーニングプレート(無料) (コピー).JPG
~ 無料のモーニングプレート、自家製のパン、サラダとヨーグルト。

170515敷島珈琲店岐阜駅店②、メニュー (コピー).JPG
~ ドリンクをオーダーすると朝食が無料でついてくるモーニングサービスの説明。

お得なサービスには、モーニングサービス(午前7時~10時30分)のほかに、ランチサービス(午前11時~午後2時)、ディナーセット(午後5時~9時)があります。

☆ 「敷島珈琲店岐阜駅店」
 (岐阜県岐阜市橋本町1-10-1アクティブG2階)
☆ 2017年5月15日(月曜日)午前10時10分頃利用

170515敷島珈琲店岐阜駅店⑥、店内 (コピー).JPG



名鉄「西尾お抹茶きっぷ」を利用して「西尾めぐり」(その3)〔愛知県西尾市〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

2017年5月11日(木曜日)の午前10時頃、名鉄西尾線の西尾駅口から歩いて矢作川左岸の丘陵地にある稲荷山茶園公園を目指しました。約2.8km。

西尾口駅から30分ほど歩くと、稲荷山茶園公園近くにある葵製茶本店(西尾市上町上屋敷7)に着きました。

170511西尾の抹茶めぐり06、葵製茶本店 (コピー).JPG

団体観光客が多い新茶シーズン、呈茶席は2階です。

170511西尾の抹茶めぐり07、葵製茶本店2階 (コピー).JPG

今回も利用した名鉄「西尾お抹茶きっぷ」に含まれる抹茶スイーツ・体験のお試しチケット1枚を利用して、極上お薄抹茶(お菓子付)をいただきました。

170511西尾の抹茶めぐり09、葵製茶本店(お抹茶とお菓子) (コピー).JPG

葵製茶本店でいっぷくした後、すぐ近くの稲荷山茶園公園へ向かいました。

170511西尾の抹茶めぐり19、稲荷山茶園公園 (コピー).JPG
~ 稲荷山茶園公園周辺には多くの軽トラックが路駐していました。

稲荷山茶園公園横の棚式被覆栽培茶園においては、一番茶の茶摘みが行われていました。

170511西尾の抹茶めぐり21、丸憲製茶工場の茶園 (コピー).JPG

既に茶摘みが終わった茶園もありました。

170511西尾の抹茶めぐり28、葵製茶園 (コピー).JPG
~ 既に茶摘みが終わった茶園。

♪ 5月25日(木曜日)までの毎日、観光農園で一番茶の茶摘み体験ができる「一番茶茶摘み体験」を西尾観光協会が企画しています。詳しいことは、西尾観光協会のホームページをご覧ください。






さて、稲荷山茶園公園横の茶園で手摘み作業を見学した後、茶祖之寺と呼ばれる紅樹院(西尾市上町浜屋敷83)へ向かいました。約1.0km。

170511西尾の抹茶めぐり30、茶祖之寺「紅樹院」 (コピー).JPG
~ 明治5年(1872年)頃に、紅樹院の住職・安立順道師が宇時から茶種と製茶技術を導入したそうです((参照:組合法人西尾抹茶協同組合発行のリーフレット「西尾の抹茶」)。

170511西尾の抹茶めぐり32、茶祖之寺「紅樹院」 (コピー).JPG
~ 小学生が写生をしていました。

紅樹院の次に向かったのは、文永8年(1271年)創建の実相寺(西尾市上町下屋敷15)です。約0.8km。

170511西尾の抹茶めぐり36、実相寺 (コピー).JPG
~ 「西尾の抹茶」の歴史は、実相寺境内に、開祖・聖一国師がお茶の種を播いたことに始まるそうです(参照:組合法人西尾抹茶協同組合発行のリーフレット「西尾の抹茶」)。

170511西尾の抹茶めぐり40、実相寺 (コピー).JPG
~ 室町時代に建てられた釈迦堂(愛知県指定文化財)。

実相寺の次は、最後の目的地のあいや本店(西尾市上町横町屋敷15)。約0.5km。

170511西尾の抹茶めぐり45、あいや (コピー).JPG

あいや本店の喫茶スペースで、抹茶スイーツ・体験のお試しチケット1枚を利用して、西尾の抹茶(ほうじ茶フィナンシェ付)をいただきました。

170511西尾の抹茶めぐり46、あいや (コピー).JPG

あいや本店でいっぷくした後、徒歩と西尾市コミュニティーバスの「六万石くりりんバス」を利用して名鉄西尾駅に午後1時頃着きました。約2.8km。

なお、2017年5月31日(水曜日)まで開催中の六万石の城下町「西尾の抹茶いっぷくキャンペーン」の期間中、名鉄から企画きっぷ「西尾お抹茶きっぷ」が発売されています。

「西尾お抹茶きっぷ」は、
 名鉄電車の往復乗車券(割引)+抹茶スイーツ・体験のお試しチケット2枚
 +西尾っ茶引換券
の内容で名鉄名古屋駅からは「1,830円」です。

170329西尾めぐり48、名鉄西尾お抹茶きっぷ (コピー).JPG
~ 名鉄「西尾の抹茶いっぷくキャンペーン」のチラシ。






前の5件 | -
2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ