So-net無料ブログ作成

「桑山美術館」で所蔵日本画展「自然を写す 心を映す」7月2日(日曜日)まで開催中〔名古屋市昭和区〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

名古屋市昭和区山中町にある桑山美術館において本日2017年4月8日(土曜日)より、

 所蔵日本画展
自然を写す 心を映す ~日本画から一句」

が始まりました。7月2日(日曜日)まで。

170408桑山美術館03、本館 (コピー).JPG
~ 「桑山美術館」の本館、「SK」は初代館長の故・桑山清一さんのイニシャルです。

※この記事に掲載した写真はすべて2017年4月8日に撮影したものです。

 ・所在地  : 名古屋市昭和区山中町2-12
 ・開催期間 : 2017年4月8日(土曜日)~7月2日(日曜日)
 ・休館日  : 月曜日
 ・開館時間 : 午前10時~午後4時
 ・観覧料  : 一般500円、中・高・大学校生300円

170408桑山美術館01、表門 (コピー).JPG
~ 表門。

「桑山美術館」は、名古屋市営地下鉄鶴舞線「川名」駅から歩いて8分ほどです。




さて、2017年4月8日(土曜日)の午前10時頃に、「桑山美術館」へ行ってきました。

170408桑山美術館07、庭園 (コピー).JPG
~ 「桑山美術館」本館の屋上から庭園を撮影。

今回の所蔵日本画展「自然を写す 心を映す ~日本画から一句」においては、展示されていた川合玉堂ほかの(季語が入った画題、季語を主題とした)作品に、作品と同じ季語が入った俳句が添えられていました。ミュージアムでも俳句ブーム。

170408桑山美術館06、展示室 (コピー).JPG
~ 一階展示室、二階にも展示室があります(館内の撮影は禁止されています)。

今回の展示の見どころについては、開催中に3回開催されるギャラリートークへの参加がお勧めです。

■ギャラリートークの日時
 ・5月27日(土曜日)午後2時~
 ・6月10日(土曜日)午後2時~
 ・6月17日(土曜日)午後2時~

なお、「桑山美術館」は「名古屋 お茶会スタンプラリー2017春」の対象施設で、庭園にある小間「青山(せいざん)」において茶会「にじり口から一服」がスタンプラリー期間中に開かれます。開催概要は次の通りです。

■お茶会「にじり口から一服」の開催概要
 ・開催日:4月8日(土)・9日(日)
      5月3日(水/祝)・4日(木/祝)・5日(金/祝)
 ・時 間:各日午前11時・午後1時・午後2時30分の3席
 ・定 員:各席8名
 ・参加費:1,000円(入館料別途必要)
 ・予 約:電話にて受付(電話:052-763-5188)

♪ お茶会「にじり口から一服」の様子は、別冊「甘楽茶楽部」のブログ記事をご覧ください。→こちら