So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月| 2017年03月 |- ブログトップ
前の5件 | -

「いび茶の里カフェ」で揖斐川町産深蒸し煎茶セット 〔岐阜県揖斐川町〕 [喫茶店・カフェ・甘味処・酒蔵]

岐阜県産の緑茶は「美濃茶」と呼称されることがあります。

岐阜県が定めた
「岐阜県産緑茶の産地銘柄表示基準」を参照すると、

岐阜県産の原料茶(※注)を100%使用した場合、「美濃茶」と表示することができる。

となっています。

岐阜県産緑茶「美濃茶」には、
西濃地域の「美濃いび茶」と
美濃中央地域を中心とする「美濃白川茶」の
二つの銘柄があります。

170324いび茶の里カフェ⑬、カフェ裏の茶園 (コピー).JPG
~ 「美濃いび茶」の販売所「いび茶の里」裏にある茶園、
2017年3月24日撮影。




さて、
3月24日(金曜日)の午後3時頃、
岐阜県揖斐川町桂にある「いび茶の里カフェ」へ行ってきました。

170324いび茶の里カフェ①、外観 (コピー).JPG

「いび茶の里カフェ」は、
「岐阜いび茶」生産者の直売所「いび茶の里」に
併設された日本茶カフェです。

オーダーしたのは、
揖斐川町初摘み深蒸し煎茶(品種やぶきた)セット。

170324いび茶の里カフェ③、深蒸し煎茶セット (コピー).JPG

1煎目は、
女性スタッフが淹れてくださいました。

170324いび茶の里カフェ⑥、1煎目 (コピー).JPG

170324いび茶の里カフェ⑦、1煎目 (コピー).JPG
~ 1煎目の水色(すいしょく)

170324いび茶の里カフェ⑧、みわ屋(白餡の羊羹巻) (コピー).JPG
~ セットの和菓子は揖斐菓匠庵「みわ屋」の白餡の羊羹巻。

170324いび茶の里カフェ⑨、2煎目 (コピー).JPG
~ 2煎目の水色。

※注:食品表示法に基づく食品表示ルールブックである「食品表示基準」のQ&Aの問5-2を参照すると、「緑茶の原料原産地表示としては、荒茶の製造国を表示してください。」となっていますので、原料茶とは「荒茶」のことだと思われます。「荒茶」とは、摘採した茶葉(生茶)を蒸熱、揉捻、乾燥などの工程を経て製造された緑茶で、仕上げ茶として再加工される前のもののことです。

☆ 「いび茶の里カフェ」
 (岐阜県揖斐郡揖斐川町桂201-2)
☆ 2017年3月24日(金曜日)午後3時頃利用





中村羊一郎のお茶しませんか

中村羊一郎のお茶しませんか

  • 作者: 中村 羊一郎
  • 出版社/メーカー: 羽衣出版
  • 発売日: 2010/10
  • メディア: 単行本



nice!(112)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

green tea & garden cafe 「san grams (サングラム)」へ行ってきました 〔静岡県菊川市〕 [喫茶店・カフェ・甘味処・酒蔵]

静岡県菊川市は、
深蒸し茶(深蒸し菊川茶)で知られています。

170323JR菊川駅②、深蒸し茶発祥の地碑 (コピー).JPG
~ JR菊川駅前にある「深蒸し茶発祥の地」碑。

菊川市茶業協会のリーフレット「深蒸し菊川茶」を参照すると、
「深蒸し菊川茶」の3大ポイントは次の通りです。

1.深い緑色でとろりとまろやか
2.2煎目・3煎目までもおいしさが楽しめる
3.手軽においしくいれられる




さて、
3月23日(木曜日)の午後1時頃に
green tea & garden cafe 「san grams (サングラム)」へ
行ってきました。

170323さんぐらむ②、外観 (コピー).JPG

170323さんぐらむ③、エントランス (コピー).JPG170323さんぐらむ④、店内 (コピー).JPG

ヤマニ製茶の深蒸し茶と
お茶うけの盛り合わせをオーダー。

170323さんぐらむ⑥、ヤマニ深蒸し茶 (コピー).JPG
~ 大きな砂時計は30秒計。

1煎目(茶葉3グラム x 30秒)は、
スタッフが淹れてくださいます。

170323さんぐらむ⑩、ヤマニ深蒸し茶 (コピー).JPG

お茶うけの盛り合わせ。

170323さんぐらむ⑮、お茶うけの盛り合わせ (コピー).JPG
~ (左上から時計回りに)さゝめ(練り羊羹)、薄はり氷(干琥珀)、
黒漆(チョコレートケーキ)、あん丸(松露)。

170323さんぐらむ⑰、お茶うけの盛り合わせ (コピー).JPG

☆ green tea & garden cafe 「san grams (サングラム)」
 (静岡県菊川市堀之内1-1)
☆ 2017年3月23日(木曜日)午後1時利用





nice!(95)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「珈琲屋らんぷ 豊川店」であずきワッフル [喫茶店・カフェ・甘味処・酒蔵]

「珈琲屋らんぷ」は、
珈琲香房グループの株式会社珈琲屋らんぷがフランチャイズ展開している
名古屋スタイルのフルサービス型喫茶店チェーンです。

170320らんぷ豊川店④、店内 (コピー).JPG
~ 天井が高い蔵造りの店内。

「珈琲屋らんぷ」のホームページを参照すると、
愛知県、岐阜県および三重県の東海三県を中心に店舗展開、
店舗数は70店舗を超えています。




さて、
3月20日(月曜日/祝日)の午後2時30分頃に、
「珈琲屋らんぷ 豊川店」へ行ってきました。

170320らんぷ豊川店③、店内 (コピー).JPG

注文を受けてからドリップする
らんぷスペシャルブレンドとあずきワッフルをオーダー。

170320らんぷ豊川店⑤、らんぷスペシャルブレンド (コピー).JPG

170320らんぷ豊川店⑥、らんぷスペシャルブレンド (コピー).JPG

170320らんぷ豊川店⑩、あずきワッフル (コピー).JPG
~ アイスクリーム+ホイップクリーム+あずきの下にワッフルが隠れています。

170320らんぷ豊川店⑪、あずきワッフル (コピー).JPG

☆ 「珈琲屋らんぷ 豊川店」
 (愛知県豊川市中部町2-43)
☆ 2017年3月20日(月曜日/祝日)午後2時30分頃利用





続・名古屋の喫茶店

続・名古屋の喫茶店

  • 作者: 大竹 敏之
  • 出版社/メーカー: 星雲社
  • 発売日: 2014/02/28
  • メディア: 単行本



nice!(106)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

体験茶房「極み」で煎茶とお菓子 〔道の駅「茶の里東白川」〕 [喫茶店・カフェ・甘味処・酒蔵]

わたしが住む岐阜県には、
2つの村があります。

1つは、
世界文化遺産「ひだ白川郷」(白川郷・五箇山の合掌造り集落)で知られる
西北部に位置する大野郡白川村。

もう1つは、
美濃白川茶(ひがし白川茶)で知られる
中南部に位置する加茂郡白川町の東側にある東白川村です。




さて、
3月17日(金曜日)の午前11時20分頃に、
加茂郡東白川村にある道の駅「茶の里東白川」へ行ってきました。

170317道の駅茶の里白川①、看板 (コピー).JPG

170317道の駅茶の里白川③、周年記念祭の案内 (コピー).JPG
~ 道の駅「茶の里東白川」オープン16周年感謝祭の案内。

道の駅「茶の里東白川」には、
美濃白川茶製造直売コーナー、地元特産品お土産、
おいしい自然工房カフェ、体験茶房「極み」などがあります。

今回、久しぶりに
体験茶房「極み」を利用しました。

170317道の駅茶の里白川④、体験茶房「極み」 (コピー).JPG
~ アプローチ。

170317道の駅茶の里白川⑤、体験茶房「極み」(店内) (コピー).JPG
~ 店内。

ひがし白川茶「極み」をいただきました。

170317道の駅茶の里白川⑥、体験茶房「極み」(茶葉「極み」) (コピー).JPG

4グラムの茶葉「極み」を急須に入れ、
60℃のお湯を注ぎ、砂時計(1分計)をセット。

170317道の駅茶の里白川⑩、体験茶房「極み」(茶葉「極み」1煎目) (コピー).JPG
~ 1煎目。

170317道の駅茶の里白川⑪、体験茶房「極み」(草餅) (コピー).JPG
~ 隣町の加茂郡白川町黒川にある白川菓匠「大黒屋」の草餅。

170317道の駅茶の里白川⑫、体験茶房「極み」(茶葉「極み」3煎目) (コピー).JPG
~ 茶葉「極み」の3煎目の水色。

☆ 体験茶房「極み」
 (岐阜県加茂郡東白川村越原1061)
☆ 2017年3月17日(金曜日)午後0時20分頃利用




nice!(97)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

西尾の抹茶「香嘉園 matcha cafe」へ行ってきました 〔ヴェルサウォーク西尾1階〕 [喫茶店・カフェ・甘味処・酒蔵]

「西尾の抹茶」で知られる愛知県西尾市の
西尾駅前に建つ「ヴェルサウォーク西尾」は、
2014年3月21日にグランドオープンした
アピタ西尾店が核店舗のモール型のショッピングセンターです。

150710ヴェルサウォーク西尾 (コピー).JPG
~ ヴェルサウォーク西尾、2015年7月10日撮影。

ヴェルサウォーク西尾1階のデリシャスフードゾーンには、
喫茶スペース併設のお茶専門店の「香嘉園」と「南山園」があります。





さて、
3月14日(金曜日)の午後1時35分頃に、
「香嘉園 matcha cafe」へ行ってきました。

170314香嘉園matcha cafe②、喫茶コーナー (コピー).JPG

「香嘉園 matcha cafe」は、
抹茶・緑茶製造販売の株式会社香嘉園(本社:西尾市西浅井町)が直営する
喫茶スペース併設のお茶専門店です。

オーダーしたのは、
「西尾の抹茶」ではなく、
煎茶セット(選べる和菓子付き)です。

170314香嘉園matcha cafe③、煎茶セット(1煎目) (コピー).JPG
~ 1煎目は急須にお湯が入った状態で提供されました。

2煎目からは自分で淹れるスタイルですが、
お湯を入れる前に少量の抹茶を添加します。

170314香嘉園matcha cafe⑧、2煎目(抹茶を添加) (コピー).JPG

煎茶に抹茶のこくが加わる
「ことで、よりまろやかに」なるそうです。

170314香嘉園matcha cafe⑨、2煎目の水色 (コピー).JPG

☆ 「香嘉園 matcha cafe」
 (愛知県西尾市高畠町三丁目23-9)
☆ 2017年3月14日(火曜日)午後1時35分頃利用






nice!(97)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | -
2017年02月|2017年03月 |- ブログトップ