So-net無料ブログ作成

招鶴亭文庫第7回企画展「半田のお酢と江戸のすしのおいしい関係」開催中〔ミツカンミュージアム多目的ホール〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

愛知県半田市にある「MIZKAN MUSEUM(ミツカンミュージアム、愛称MIM)」は、ミツカンの酢づくりの歴史を学ぶことができる体験型博物館です。

170225ミツカンミュージアム① (コピー).JPG
~ ミツカン本社前から撮ったミツカンミュージアム。

170225ミツカンミュージアム② (コピー).JPG
~ ミツカンミュージアムのエントランス。

ミツカンミュージアムがMIZKANグループ本社ビルの隣地にグランドオープンしたのは、2015年11月8日のことです。

170225ミツカンミュージアム④、半田運河 (コピー).JPG
~ ミツカンミュージアムの前にある半田運河。江戸時代、酢や酒が船で江戸まで運ばれたそうです。


さて、ミツカンミュージアム多目的ホールにおいて3月19日(日曜日)まで、

第7回企画展「半田のお酢と江戸のすしおいしい関係」

が開催されています(主催:一般財団法人招鶴亭文庫)。

170227招鶴亭文庫企画展「半田のお酢と江戸のすしのおいしい関係」のチラシ (コピー).JPG

ミツカンミュージアムで行われている醸しの半島、知多 其ノ参 酢造りとすし文化のサブタイトルがつく企画展は、次の4つの展示コーナーから構成されています。

 1.江戸時代の酢造り
 2.酢屋の経営
 3.酢の販売
 4.酢とすし

※企画展会場での撮影は禁止されていますので、展覧されている資料等の写真はありません。

170227招鶴亭文庫企画展の資料 (コピー).JPG
~ 第7回企画展の資料など。

なお、ミツカンミュージアムの観覧はインターネットまたは電話による事前予約が必要ですが、招鶴亭文庫の第7回企画展の観覧だけの場合は予約は不要です。

※企画展のみの観覧は無料ですが、ミツカンミュージアムの観覧には入館料(大人300円など)が必要です。

ミツカンミュージアム観覧に関するブログ記事
→ こちら

☆ MIZKAN MUSEUM(ミツカンミュージアム、愛称MIM)
 (愛知県半田市中村町2-6)
☆ 2017年2月25日(土曜日)午後2時30分頃利用



国指定重要文化財「旧鈴木家住宅」の保存修理工事現場が特別公開されました〔愛知県豊田市足助町〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

足助(愛知県豊田市足助町)は、尾張・三河と飯田を結ぶ伊那街道(中馬街道とも)の中継地点として江戸時代から明治時代にかけて栄えた商人の町です。

170225足助めぐり04、真弓橋から見る風景 (コピー).JPG
~ 真弓橋から見る足助川沿いの住宅。
※この記事に掲載する写真はすべて2017年2月25日に撮ったものです。

安永4年(1775年)の大火で町並みのほとんどが消失したそうですが、大火直後から町は再建され、江戸後期から明治末期に建てられた建物が今も数多く残っている足助の町並みは平成23年(2011年)6月に重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定されました。

170225足助めぐり08、田町(三嶋屋辺り) (コピー).JPG
~ 重伝建保存地区の足助町田町(三嶋屋辺り)。




さて、重伝建保存地区にある国指定重要文化財「旧鈴木家住宅」の修理工事現場が2017年2月25日(土曜日)に特別公開されました。

170225旧鈴木家住宅修理工事現場特別公開②、受付 (コピー).JPG
~ 修理工事現場見学の受付。

「旧鈴木家住宅」においては現在、平成32年度(2020)の部分公開、平成34年度(2022)の全面公開を目指して保存修理工事が行われているそうです。

170225旧鈴木家住宅修理工事現場特別公開⑤ (コピー).JPG
~ 約1,230坪の敷地に主屋をはじめ16棟の建造物がある「旧鈴木家住宅」。

170225旧鈴木家住宅修理工事現場特別公開⑦ (コピー).JPG

170225旧鈴木家住宅修理工事現場特別公開⑧ (コピー).JPG

170225旧鈴木家住宅修理工事現場特別公開⑥、170年前の墨書 (コピー).JPG
~ 「弘化3年」(1846年)と墨書がある。

170225旧鈴木家住宅修理工事現場特別公開⑨ (コピー).JPG

☆ 国指定重要文化財「旧鈴木家住宅」保存修理工事現場(見学)
 (愛知県豊田市足助町本町20番地)
☆ 2017年2月25日(土曜日)午前10時~




タグ:紙屋鈴木家

「第19回中馬のおひなさん in 足助2017」(Hina Dolls in Chuma)、3月12日(日曜日)まで開催中 [足助の古い町並み〔愛知県豊田市〕]

紅葉の名所として知られる香嵐渓(こうらんけい)がある愛知県豊田市足助町(あすけちょう)は、尾張・三河から信州へ向かう伊那街道(中馬街道とも)の中継地点にある商業で栄えた町です。

170225足助めぐり13、連続する妻入家屋.JPG
~ 連続する妻入家屋、足助町田町の旧萬屋田口家辺り。
※この記事に載せた写真はすべて2017年2月25日(土曜日)撮影。

安永4年(1775年)の大火で町並みのほとんどが消失したそうですが、大火直後から町は再建され、江戸後期から明治末期に建てられた建物が今も数多く残っている足助の町並みは平成23年(2011年)6月に重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定されました。

170225足助めぐり31、本町(両口屋辺り) (コピー).JPG
~ 足助町田町の両口屋辺り。




さて、重伝建指定地区「足助の古い町並み」一帯において、

「第19回中馬のおひなさん in 足助2017」
        (Hina Dolls in Chuma)

が2017年3月12日(日曜日)まで、開催されています。

170225足助めぐり06、中馬のおひなさん(90莨屋塩座) (コピー).JPG
~ 中馬のおひなさん展示場所番号90「莨屋塩座」。

170225足助めぐり34、中馬のおひなさん(115松美屋).JPG
~ 中馬のおひなさん展示場所番号115「松美屋」。

170225足助めぐり12、中馬のおひなさん(65旧萬屋田口家) (コピー).JPG
~ 中馬のおひなさん展示場所番号65「旧萬屋田口家」。

170225足助めぐり25、中馬のおひなさん(60両口屋).JPG
~ 中馬のおひなさん展示場所番号60御菓子司「両口屋」。




代表銘菓「中馬柿」で知られる「両口屋」においては、お雛祭りのお菓子などが販売されています。

170225足助めぐり19、両口屋 (コピー).JPG

購入したお菓子は、店内でいただくことができます。

170225足助めぐり18、両口屋.JPG

昔なつかしいお雛祭りのお菓子「いがまんじゅう」(いがもち)と無料サービスのほうじ茶で一服しました。

170225足助めぐり24、両口屋(イガまんじゅうとほうじ茶) (コピー).JPG

この日の重伝建指定地区「足助の古い町並み」、多くの人で賑わっていました。

170225足助めぐり30、新町(足助糧穀本店辺り) (コピー).JPG
~ 足助町新町(足助糧穀本店辺り)。




nice!(0)  コメント(0) 

企画展「土岐市の古窯-定林寺古窯跡群-」開催中、土岐市美濃陶磁歴史館 [美濃桃山陶ミュージアム]

岐阜県土岐市にある「土岐市美濃陶磁歴史館」において2月24日(金曜日)より、

企画展「土岐市の古窯-定林寺古窯跡群-

が始まりました。

170224美濃陶磁歴史館01 (コピー).JPG

 ・会 期 :2017年2月24日(金曜日)~5月28日(日曜日)
 ・会 場 :土岐市美濃陶磁歴史館第2展示室
       (岐阜県土岐市泉町久尻1263番地)
 ・開館時間:午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
 ・入館料 :一般200円、大学生100円、高校生以下無料
 ・休館日 :月曜日、祝日の翌日(ただし3月20日、
       4月29日~5月7日は開館

今回の企画展「土岐市の古窯-定林寺古窯跡群-」は、志野、織部といった美濃桃山陶を生産した窯として知られる国指定史跡「元屋敷陶器窯跡」と同じ時期に稼働していた土岐市泉町定林寺地区にある「定林寺古窯跡群」にスポットを当てた企画展です。

大窯4基と連房式登窯5基が確認されている「定林寺古窯跡群」における各窯の変遷と生産様相、窯詰にみる窯場の特徴が紹介されています。

170224美濃陶磁歴史館21、円錐ピン (コピー).JPG
~ 溶着資料(長石釉丸皿・灰釉丸皿)。

170224美濃陶磁歴史館24、トチ (コピー).JPG
~ 溶着資料(志野織部向付)。



さて、土岐市美濃陶磁歴史館の第1展示室においては、重要文化財公開「元屋敷陶器窯跡出土品展」が開かれており、同館所蔵の美濃桃山茶陶などが展覧されています。

170224美濃陶磁歴史館03 (コピー).JPG

170224美濃陶磁歴史館04 (コピー).JPG

170224美濃陶磁歴史館11、多治見工業高校による発掘 (コピー).JPG
~ 黒織部茶碗(左)と織部黒茶碗(多治見工業高校による発掘)。

170224美濃陶磁歴史館18 (コピー).JPG
~ 青織部燭台(奥右)など。

☆ 「土岐市美濃陶磁歴史館」
 (岐阜県土岐市泉町久尻1263番地)
☆ 2017年2月24日(金曜日)午前10時50分頃利用



「イノーヴェ INNOVER」のカウンター席でランチ [ビストロ「イノーヴェ」]

2017年2月22日(水曜日)の午後1時前に、名古屋市東区代官町の「イノーヴェ INNOVER」へ行ってきました。

160628イノーヴェ①、入口 (コピー).JPG
~ 「イノーヴェ INNOVER」は、2005年9月7日にオープンしたフランス料理店(ビストロ業態)です。




さて、「イノーヴェ INNOVER」のランチ(税込1,500円)は、前菜、メイン、プティデセール、紅茶またはコーヒーから構成されています。

本日の前菜5種類の中から大府市山田さんの青ネギ ヴィネグレットを選択。

170222イノーヴェ④、大府市山田さんの長ネギ ヴィネグレット (コピー).JPG

170222イノーヴェ⑤、大府市山田さんの長ネギ ヴィネグレット (コピー).JPG

5種類の中から選ぶことができるメインは、福岡産サワラのムニエルを選びました。

170222イノーヴェ⑦、福岡産サワラのムニエル (コピー).JPG

紅茶とプティデセール。

170222イノーヴェ⑧、紅茶とデザート (コピー).JPG

170222イノーヴェ⑨、井上さん (コピー).JPG
~ 店主の井上毅彦(たけひろ)さんの後ろ姿。

☆ 「イノーヴェ INNOVER」
 ・住 所 : 名古屋市東区代官町29-18 柴田ビル1階・2階
 ・電 話 : (052)936-5038
 ・ランチ : 午前11時30分~午後2時30分(ラストオーダー)
 ・ディナー: 午後6時~午後9時(ラストオーダー)

 ※ご利用される時は、電話予約をお勧めします。