So-net無料ブログ作成

彦根城博物館観覧後、茶席「鳳翔台」で一服〔滋賀県彦根市〕 [茶室めぐり]

2017年9月8日(金曜日)の午後0時15分頃、名勝「玄宮楽々園」へ行ってきました。

170908玄宮楽々園03、西口 (コピー).JPG
~ 「玄宮園」西口。

江戸時代に「槻御殿(けやきごてん)」と呼ばれていた旧彦根藩の下屋敷は現在、建物部分が「楽々園」、庭園部分が「玄宮園」と呼ばれています。

「楽々園」には、御書院、地震の間(茶座敷)、楽々の間(煎茶室)などが現存していますが、観覧は原則、外からで中に入ることはできません。

170908玄宮楽々園12、御書院 (コピー).JPG
~ 御書院(左側の大きな建造物)と地震の間(茶座敷)。

170908玄宮楽々園09、地震の間 (コピー).JPG
~ 地震の間(茶座敷)ほかは現在、保存整備工事中です。

「玄宮園」は、魚躍沼(ぎょやくしょう)と呼ばれる大きな池を中心とした大池泉回遊式庭園です。観覧料は「玄宮園」単独で一般200円、年中無休。

170908玄宮楽々園14、臨池閣と鳳翔台 (コピー).JPG
~ 魚躍沼畔から対岸の臨池閣(りんちかく)、茶席「鳳翔台(ほうしょうだい)」および彦根城天守を見る。

※ここまで、彦根市教育委員会文化財課が作成した指定文化財解説シートを参照しました。




さて、「楽々園」にある御書院と耐震構造の地震の間(茶座敷)などを外から観覧した後、「玄宮園」の魚躍沼畔を歩き、龍臥橋、高橋を渡って、築山に建つ茶席「鳳翔台(ほうしょうだい)」でお抹茶と和菓子でいっぷくしました。

170908玄宮楽々園15、魚躍沼 (コピー).JPG
~ 鑑月峯付近から御書院がある「楽々園」を見る。

170908玄宮楽々園16、茶席「鳳翔台」 (コピー).JPG
~ 茶席「鳳翔台」、一服500円(抹茶・和菓子)。

170908玄宮楽々園20、茶席「鳳翔台」 (コピー).JPG

170908玄宮楽々園17、茶席「鳳翔台」 (コピー).JPG

170908玄宮楽々園19、茶席「鳳翔台」(悠然見南山) (コピー).JPG
~ 茶掛は、井伊家16代当主で元彦根市長の井伊直愛(なおよし)書「悠然見南山」。

170908玄宮楽々園22、茶席「鳳翔台」(お抹茶と「埋れ木」) (コピー).JPG
~ 再興湖東焼の茶碗。いと重菓舗の代表銘菓「埋れ木」。

☆ 茶席「鳳翔台(ほうしょうだい)
 (滋賀県彦根市金亀町3-40「玄宮楽々園」内)
☆ 2017年9月8日(金曜日)午後0時25分~午後1時頃





nice!(79)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 79

コメント 4

招き猫

分不相応ながら・・・
一度だけお殿様になりたい(^_^;)
by 招き猫 (2017-09-09 20:24) 

arles

こんばんは
by arles (2017-09-10 19:19) 

wattana

招き猫さん、こんにちは。
旧彦根藩藩主の井伊家の現在の当主は、彦根城博物館館長です。
by wattana (2017-09-11 18:58) 

wattana

arles さん、こんにちは。
いつもありがとうございます。
by wattana (2017-09-11 18:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。