So-net無料ブログ作成

「ブラッスリー ポール・ボキューズ ラ・メゾン」でランチ会食(2017年8月) [ブラッスリー ポール・ボキューズ@名古屋]

2017年8月9日(水曜日)の午前11時頃に、JR名古屋駅上のJRセントラルタワーズ12階にあるフランス料理「ブラッスリー ポール・ボキューズ ラ・メゾン」へ行ってきました。

170809ポール・ボキューズ名古屋② (コピー).JPG

「ブラッスリー ポール・ボキューズ」は、株式会社ひらまつ(本社:東京都渋谷区)が日本において多店舗展開するフランス料理店(ブラッスリー業態※)です。

※ブラッスリー業態とは、玉村豊男さんが書いた「パリのカフェをつくった人々」を参照すると、

ブラッスリーbrasserie はもともとが、‘‘ビール醸造所’’ という意味の言葉であることからもわかるように、はじめはドイツ国境のアルザス地方に発祥した ‘‘ビールを飲ませる食堂’’ であった。それがパリへ進出して、大衆的なレストランの代名詞のようになり、安くて気どらず、ワインもビールも飲め、アルザス地方の名物料理のみならず、いわゆるビストロふうの家庭料理や季節には生ガキをはじめとする海の幸も食べられる店として、人気を博すようになったものである。・・・(同書175ページより引用)


パリのカフェをつくった人々 (中公文庫)

パリのカフェをつくった人々 (中公文庫)

  • 作者: 玉村 豊男
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1997/08/01
  • メディア: 文庫






さて、わたしが主宰する「勉強会」のメンバーとのランチ会食で利用した「ブラッスリー ポール・ボキューズ ラ・メゾン」。今回の料理はこんな感じでした。

170809ポール・ボキューズ名古屋④、西瓜と完熟トマトのガスパチョ (コピー).JPG
~ 西瓜と完熟トマトのガスパチョ パスティスのアイス添え

主菜は、魚料理を選びました。

170809ポール・ボキューズ名古屋⑥、真鯛のポワレ (コピー).JPG
~ 真鯛のポワレ 空心菜と小ヤリイカのソテー ヴァンブランソース

170809ポール・ボキューズ名古屋⑧、オレンジパウンドケーキ (コピー).JPG
~ 本日のデザートは、オレンジパウンドケーキ。

☆ 「ブラッスリー ポール・ボキューズ ラ・メゾン」
  (名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ12階)
☆ 2017年8月9日(水曜日)午前11時頃利用





nice!(80)  コメント(6) 

nice! 80

コメント 6

森田惠子

ガスパチョ、久しく食していない!
今日のように暑い日はさらに美味しいと・・・。
名古屋へ行く機会があったらと( ..)φメモメモ
by 森田惠子 (2017-08-09 18:55) 

arles

美味しそうです☆
by arles (2017-08-10 01:05) 

riverwalk

フランス料理では真鯛をこんな風に調理するんですね。
見た目も良くて、美味しそうです。
私が釣った真鯛は、そのままの塩焼がほとんどです(^-^;
by riverwalk (2017-08-10 05:36) 

wattana

森田恵子さん、おはようございます。
このレストランは、JR名古屋駅の真上にあり便利なので、よく利用してます。
by wattana (2017-08-10 08:20) 

wattana

arles さん、おはようございます。
平日は、お得な女性限定のレディースランチがあります。
by wattana (2017-08-10 08:27) 

wattana

riverwalk さん、おはようございます。
「ポワレ」という焼き方だそうです。
by wattana (2017-08-10 08:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。