So-net無料ブログ作成

「氷砂糖資料館」へ行ってきました 〔中日本氷糖南濃工場併設〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

「氷砂糖資料館」は、馬印の氷砂糖で知られる中日本氷糖株式会社(本社:名古屋市中川区)の南濃工場(岐阜県海津市南濃町)に併設されています。

170728氷砂糖資料館06 (コピー).JPG

事前に予約をすれば、中日本氷糖南濃工場と氷砂糖資料館の見学ができます。工場見学の内容、申込方法など、「氷砂糖資料館」の開館時間、閉館日などにつきましては、中日本氷糖のホームページでご確認ください。




さて、2017年7月28日(金曜日)の午前10時35分頃に、事前にインターネット予約をして、中日本氷糖南濃工場を訪れました(電話またはFAXでの予約もできます)。

170728氷砂糖資料館05 (コピー).JPG
~ 大垣駅から養老鉄道の「桑名行き」に乗車、美濃津屋駅で降車。美濃津屋駅から(わたしの速歩で)15分ほど歩くと、中日本氷糖南濃工場に着きました。

事務所で受付をすませ、午前11時から始まる工場見学まで待ちました。

20分ほどの工場見学の内容は、クリスタル氷糖製造ライン、袋入り原料の解袋ライン、氷砂糖の包装ラインなどの見学でした(工場内のライン、機械などの撮影不可)。

170728氷砂糖資料館38 (コピー).JPG
~ (左から)十六面体の結晶のクリスタル、シード(種になる小さな氷砂糖)、ひと粒ひと粒の形が違う自然結晶タイプのロック。

工場見学に続いて、「氷砂糖資料館」の見学です。

170728氷砂糖資料館07 (コピー).JPG

工場から「氷砂糖資料館」までの通路には、氷砂糖製造の機械などが展示されています。

170728氷砂糖資料館08 (コピー).JPG

170728氷砂糖資料館10 (コピー).JPG
~ 唐時代の氷砂糖製造模型。

170728氷砂糖資料館17 (コピー).JPG
~ 三角屋根の「氷砂糖資料館」。

170728氷砂糖資料館19、エントランス (コピー).JPG
~ 「氷砂糖資料館」の入館料は、大人300円、学生(小・中・高)100円。事務所での受付時に支払ます。

170728氷砂糖資料館30 (コピー).JPG
~ 結晶室「ムロ」の変遷。

170728氷砂糖資料館22、12種類の砂糖の仲間たち (コピー).JPG
~ 「12種類の砂糖の仲間たち」。

40分ほどの「氷砂糖資料館」の見学が終わると、おみやげをいただきました。

170728氷砂糖資料館36 (コピー).JPG
~ 馬印の氷砂糖と関連会社のメイホウ食品のどら焼き。

☆ 中日本氷糖南濃工場と「氷砂糖資料館」
 (岐阜県海津市南濃町津屋2812-100)
☆ 2017年7月28日(金曜日)午前10時35分~午後0時5分頃





nice!(74)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 74

コメント 2

招き猫

個人的にはノスタルジーを感じますね。
by 招き猫 (2017-07-28 20:47) 

wattana

招き猫さん、こんばんは。
氷砂糖は今、梅酒などの果実酒作りに使われてるケースがほとんどですが、昔はキャンディーとして食べた記憶があります。
by wattana (2017-07-30 21:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0